デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

蝋梅が満開

2015年12月29日 | デジカメ散歩日記

蝋梅

  好天気だが、時折通り抜ける風はとても冷たい。そんななか所要を済ませ午後カメラ持って出かけた。川岸を川下側へおよそ1.5キロ下った地点でUターンし、反対岸を我が家までの一周コース。川土手に植栽されている蝋梅が黄色の花をいっぱいつけていて甘い香りをただよわせていた。そんな蝋梅を今日の一枚とする。図鑑によると原産地は中国で日本には江戸時代の初期に渡来し観賞用として植栽されてきたとのこと。そしてもう一枚は桜の小枝に留まって羽を休めていたカワラヒワとする。加えての一枚は散歩道の風景とする。

カワラヒワ

 


ヤブツバキが美しい

2015年12月22日 | デジカメ散歩日記

ヤブツバキ

  今日は予報どおりの好天気。しかも12月とはおもえぬほどの暖かさである。そんななか所要の合間をぬって山地の集落(岩杖地区)を歩いた。フユイチゴやヒヨドリジョウゴ、サネカズラ、ノイバラなど「赤い実」をカメラに収めつつ奥へ奥へと歩をすすめた。林のなかでヤブツバキが花をいっぱいつけているのを見かけたのでこれを今日の一枚とする。高い位置に咲いていたのでズームアップして撮った。その近くでは赤い実をいっぱいつけたアオキを見かけたのでこれを今日のもう一枚とするほか、まだまだ楽しませてくれるハゼの赤い葉、そして遠くからは雪がついたように見えた「センニンソウの種毛」をUPする。

アオキの実

まだまだ楽しませてくれる赤い葉

センニンソウの「種毛」・・・雪がついたように見えた


寒さに耐えて

2015年12月18日 | デジカメ散歩日記

寒さに耐え咲いていた野菊

  昨日は時折小雪がちらつくなど寒い一日であった。今日は「晴れ」との予報であったが、いっこうに晴れ間が見えず寒い。そんななか「寒さ対策」をして所要を兼ね山地の集落(大山路)周辺を歩いた。この寒いのに野菊(ノコンギクもしくはヨメナ)が咲いているのを見かけた。後ろが小高い丘になっていて、風のあたらない南側に位置していることから、この寒さにも耐え花を咲かせたのであろう。そんな野菊を今日の一枚とする。その近くではサネカズラの赤い実を見かけたのでこれを今日のもう一枚とするほか、電線に留まって羽を休めていたカワラヒワの集団、そして、ご近所のお宅の庭で見かけたジョウビタキのオスをUPする。

サネカズラの実

カワラヒワの集団・・・五線譜に書いた音符に見える

ご近所の庭に遊びにきたジョウビタキのオス


オオイヌノフグリが咲いていた

2015年12月14日 | デジカメ散歩日記

オオイヌノフグリ (ゴマノハグサ科:ヨーロッパ原産の帰化植物)

  薄雲が出ている程度でとても好天気である。しかも12月とはおもえない暖かさ。そんななかカメラ持って出かける。川岸を川下へ向かっておよそ1.5キロ地点でUターンし我が家までの一周コース。道端でオオイヌノフグリが数輪開いているのを見かけたのでこれを今日の一枚とする。日のあたるときだけ開くこの花、ここのところ日中の気温が高めに推移したことに加え今日のこの暖かさが開花に至ったのであろう。以下、まだまだ健在なコシロノセンダングサ、および川岸の林のあちこちで見かけてアオキの赤い実をUPする。ホオジロやセグロセキレイ、カワラヒワなど幾種類かの野鳥たちに出会ったが、その表情をうまくとらえることができなかった。

コシロノセンダングサ

アオキの実


小春日和

2015年12月09日 | デジカメ散歩日記

ホトケノザ

  薄い雲が出ている程度で今日も好天気である。風もなく12月とはおもえない暖かさだ。そんななか朝の散歩に出かける。田園地帯を経て山地の集落(大山路地区)を一周し我が家までのコース。出るとき「万歩計」をセットし帰宅してその表示を見たらおよそ8千歩を示していた。このぶんだと今日は軽く一万歩を超すであろう。散歩道のあちこちでナズナが白い小さな花を咲かせているのを見かけたほかホトケノザやハコベ、ノゲシ、セイヨウタンポポなど、散歩道はまるで春がやってきたかのようだ。これらのうちホトケノザを今日の一枚とするほか、散歩道の風景を掲載する。集落を包む山々がとても美しい。

 


八丁峠の紅葉

2015年12月08日 | デジカメ散歩日記

  昨日同様今日も好天気。そんななか所要で佐々並地域へ行くことになり、通称「八丁峠」経由で目的地へ向かった。ここの紅葉はほぼ終わっていたが、部分的には名残があり楽しませてくれる。


公園のもみじ

2015年12月07日 | デジカメ散歩日記

  朝から雲ひとつない好天気である。そんななか所要を済ませ「亀山公園」に立ち寄ってみた。ここの紅葉はいままさに見頃を迎えていた。朝の光をいっぱいうけて一段と美しく見えた。・・・最後の画像は帰宅途中に立ち寄った「香山公園」のもみじ・・・。

・・・帰りに立ち寄った香山公園にて・・・


まだまだ健在 アキノキリンソウ

2015年12月06日 | デジカメ散歩日記

まだまてだ健在・・・アキノキリンソウ

  曇り空から時折薄日が射す。そんななかカメラ持って出かけた。久々、我が家からおよそ1キロ西側の山地にある法明院という曹洞宗の寺院近辺を歩いた。お寺の境内のもみじの葉はほとんど落ちていたが、いくつか残った秋色に染まっ葉がとてもきれいだった。このお寺周辺の林の縁では、アキノキリンソウが元気な姿を見せてくれたのでこれを今日の一枚とするほか、その近くで見かけた赤や黄色に染まった小木、そしてお寺の境内のもみじをUPする。


まだまだ楽しめる紅葉

2015年12月05日 | デジカメ散歩日記

  雲は多いめながらもまずまずの天候。しかし風は冷たい。そんななか、小1の孫と一緒に散歩に出かけた。我が家からおよそ1キロ地点の「スホーツの森」周辺へ。過日、ここで小学校の「持久走大会」があったところで、そのコースをもう一度孫と一緒に辿った後、野球場周辺に植栽されている「イロハモミジ」のところへ。過日訪れたときはイマイチだったが、今日はまさに真っ盛り。朝の光をいっぱいうけ一段と美しく見えた。帰り道では、川面であそぶヒドリガモの集団を見かけた。


はやくも水仙

2015年12月01日 | デジカメ散歩日記

散歩道に水仙

  今日も好天気「小春日和」である。そんななか朝の散歩は川岸をおよそ1.5キロ下った地点で反対岸を我が家までの一周およそ3キロ余コース。水辺で遊ぶマガモやヒドリガモをカメラに収めながらひたすら歩く。12月にはいったというのにいまだヒメジョオンが健在である。これをカメラに収めていると、その近くで早くも水仙が咲いているのを見かけた。これを今日の一枚とするほか、この時期も花をつけて楽しませてくれているヒメジョオンおよび、あちこちで見かけたマガモのペアをUPする。

ヒメジョオン

ヒメジョオン

マガモのペア