デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

ミズタビラコ

2010年06月29日 | 山野草

Mizutabirako100629   今日も梅雨空。それなりに「雨対策」をして朝の散歩に出かける。今日は我が家からおよそ4キロ奥の杖坂という山地の集落までの往復コース。

  山地の渓流近くで,小さな小さな淡青紫の花をつけたミズタビラコを見つけた。キュウリグサに似ていて花径はおよそ3㍉くらいで,余程目的意識的に探さないとつい見過ごしてしまう。図鑑によると,本州~九州に分布し広葉樹林の渓流沿いや谷筋などの水分の多いところに生育するとのこと。今日の一枚はそんなミズタビラコ(ムラサキ科/キュウリグサ属)とする。

コメント (2)

はやくもヤマホトトギスとサイヨウシャジン

2010年06月28日 | 山野草

Yqmahottogisu100628m   ここのところ連日雨で,昨日は一日中降り続き「警報」も出た。その雨も今朝はあがったが,午後からはまた大雨が降るとの予報。

  雨が降り出さないうちに,それなりに「雨対策」をして朝の散歩に出かけた。田園地帯から二つの山地の集落を経て我が家までの一周コース。およそ6キロは歩いたであろう。

Saiyoushiajin100628m   山地の集落では,早くもサイヨウシャジンが咲きはじめているのを見かけた。そして,すぐその側では,これまた早くもヤマホトトギスが花をつけているのを見かけた。今日の画像はヤマホトトギス(ユリ科)と,サイヨウシャジン(キキョウ科)とする。この二つの花,これから秋口にかけての長きにわたり楽しませてくれる。

コメント (2)

ササユリ

2010年06月24日 | 山野草

Sasayuri100624m   今日は朝から青空が出ている。今日は久々隣に住む義兄と一緒にドライブに出かけることとした。目的地は長野山(周南鹿野 標高1015m)で,ササユリがまだ咲いているとの情報によるものだ。

  山頂に至る林道では,ウツギ,ヤマアジサイ,コアジサイ,イワガラミなどのほか,ここでしか見かけないタマザキクサフジなどに出合った。そして,山頂近くの山の斜面で目的のササユリの姿を見ることができた。

Koajisai100624m  今日の画像は今年も出会うことのできたササユリとコアジサイとする。

  ササユリはかつて,近くの山地でも見かけたものだが今はこうして特定の場所でしか見れないのが残念だ。薪炭林としての利用や柴木を刈り取るということもなくなり山は荒れ放題ということに起因しているいるらしく「希少種」になりつつあることは確か。

コメント (2)

オカトラノオ(サクラソウ科)

2010年06月23日 | 山野草

Okatoranoo10062302_2   梅雨空だが時折薄日もさしてくる。朝の散歩は我が家からおよそ1キロ地点にある「スポーツの森」周辺へ。

   林の縁でオカトラノオを見つけた。この時期となればどこかでその姿が見えるはずだと随分探していたところようやく見つけることができた。しかも,ここには十数株まとまって生えており生育条件を満たしているのであろう。

   今日の一枚はそんなオカトラノオとする。ひとつひとつが小さな小さな花でおよそ20センチくらいの花穂を構成している。その姿をトラの尻尾に例えこの名があるらしい。

コメント (2)

ワルナスビ

2010年06月22日 | 山野草

Warunasubi100622_2   今朝は時折晴れ間も見える。朝の散歩は所要を兼ねて我が家近辺から山地の集落までの往復コース。

  山地の集落の畑縁でワルナスビが白い花をつけているのを見かけた。今日の一枚はワルナスビ(ナス科)とする。ワルナスビはその名のとおり,嫌われ者の「帰化植物」である。茎には鋭い棘があり退治するには一苦労。北アメリカ原産で,牧草の種子に混ざって国内に入ってきたとのこと。地下茎で繁殖するらしく,一旦浸入するとなかなか根絶できない厄介者らしい。

コメント (2)

イチヤクソウ(一薬草)と川土手で見かけたノビル

2010年06月19日 | 山野草

Itiyakusou100619   昨日は一日中小雨が降ったり止んだりのあいにくの天候だったが,今日は薄日がさすくらいに回復した。

  朝の散歩は我が家から川土手に出て,下流に向かって進んだのち,田園地帯を経て山地の集落を経由して我が家までの一周コース。およそ5キロは歩いたであろう。川土手ではツユクサ,ノビル,ヒメジヨォンの群生,ナワシロイチゴの赤い実などをカメラにおさめる。

Nobiru100619   山地の林の縁で,ミズタビラコが小さな小さな花をつけているのを見かけた。そして,そのすぐ近くでイチヤクソウを見つけた。久々の出会いである。今日の一枚はイチヤクソウとする。そしてもう一枚は川土手で見かけたノビルとする。

   イチヤクソウ(一薬草)は茎の長さが15センチくらいで,その中ほどあたりから花径1センチくらいの可憐な花をいっぱいつけている。薬草(利尿剤,止血剤などの薬効がある)として優れているからこの名がついたらしい。

コメント (2)

散歩道のコヒルガオと旅先の風景

2010年06月17日 | 山野草

Kohirugao100617m   長旅をしていたことなどから久々の書き込みである。今日は朝からまさに真夏の暑さで,今日の最高気温は30度を越すであろうと報じている。

  朝の散歩は息子の店(糸米2丁目)周辺の平地コースをひたすら歩くことに。道端でイヌホオヅキが可憐な花をつけているのを見かけたのをはじめ,この時期ドクダミソウの白い花が目立つ。空き地でコヒルガオが薄いピンクの花をいっぱいつけているのを見かけた。今日の一枚はコヒルガオとする。

Koukugakaigan100615m   そしてもう一枚は,旅先(島根県・隠岐の島)で撮った風景写真(国賀海岸:くにがかいがん)とする。

   数十年前,入社までの一年間,同じ寮でくらし共に学んだ級友たちと毎年のように開催している「同期会」。今年は島根県での開催となり,同会終了後,級友たちと二泊三日の「隠岐の島の旅」をした次第。参加のみなさんと楽しい旅ができ何より。企画はもとより「添乗員」の役割まで果たしてくれた今回幹事のO君ありがとう・・・感謝,感謝・・・。来年また元気で会おう。

コメント (2)

コモチマンネングサ(子持万年草)

2010年06月10日 | インポート

Komathimannengusa100610    昨日に続き今日も好天気。朝の散歩は我が家近くを流れる川の土手道をひたすら歩くことに。およそ2キロ地点まで川下に向かい復路は対岸・・・。

   この時期,ヒメジョオンが急速に目立つようになったほか,スイカズラやブタナ,コウゾリナ,ドクダミ,イヌホオヅキ,ノビルなどに出合った。

   そんななか,小さい黄色い花の集団を見かけた。コモチマンネングサだ。茎の長さは10センチくらいでとてもやわらかく,径が5ミリくらいの星形の可憐な花をつけている。今日の一枚はそんなコモチマンネングサとする。葉のわきに珠芽(ムカゴ)をつけるので「子持ち」の名があるとか。

コメント (2)

ソクシンラン(束心蘭)

2010年06月09日 | 山野草

Sokushiran100609    昨日は時折小雨が降ったりしてすっきりしない一日だったが,今日は一転して雲ひとつない好天気。

   朝の散歩は「兄弟山」(おとどいやま)周辺の山林道へ。ここは静か。聞こえてくるのは野鳥たちの声と谷川の流れだけ。時折,林のなかから爽やかな風が・・・。コガクウツギやウツギ,スイカズラ,ニガナなどが競うように咲いている。

   山の斜面で茎の長さが30~40センチの中ほどから白い穂状の小さな花をつけているソクシラン(ユリ科)を見かけた。近くで観察してみると6枚の花弁からなる立派な花であることに気づく。今日の一枚はサクシランのクローズアップ画像とする。

コメント (2)

シライトソウ

2010年06月07日 | デジカメ散歩

Shiraitosou10060602   今日は朝から小雨がぱらついていることからデジカメ散歩は断念した。よって,今日の一枚fは,昨日,息子の店の手伝いで青海島に行った際見かけたシライトソウ(ユリ科)とする。

  ブラシのような白い花穂が特徴で,その名もここからきているらしい。図鑑によると西日本に多く分布,山野で普通に見られるとのことだが,毎年ここ青海島の山の同じ場所でしか見たことがない。こちらでは貴重種かもしれない。

  この島にはネズモモチがとても多く,この時期あっちでもこっちでも白い泡状の花をいっぱいつけている。また,オカトラノオが白い蕾をつけはじめているのを見かけた。

   そして海岸ではハマエンドウがいまだ健在であるほか,ハマボッスやハマヒルガオ,マンテマなど競うように咲いているのを見かけた。

コメント (2)