デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

ツグミやセグロセキレイ

2016年12月21日 | デジカメ散歩日記

ツグミ

  朝のうちは濃霧で見通しが悪かったが次第に晴れ間が見えるようになってきた。そんななか、朝の散歩は、川岸を川下側におよそ1.5キロ下った地点から反対岸を我が家までの一周コース。花のない散歩道は殺風景だが、幾種類かの野鳥たちが癒してくれる。川面であそぶカモたちをはじめ、モズ、カワラヒワ、ヒヨドリ、セグロセキレイ、ツグミ、ホオジロ、ジョウビタキなどに出会った。これらのうち、ツグミ、モズおよびセグロセキレイをUPするほか、真っ赤な実をいっぱいつけたトキワサンザシとヤブランの実をUPする。

モズ

セグロセキレイ

トキワサンザシ

ヤブランの実


ヒドリガモの集団

2016年12月15日 | デジカメ散歩日記

公園の池が賑やか・・・ヒドリガモの集団・・・

  今日もそうだが、ここのところ雨模様の日が多い。しかも今日は寒く、日中の最高気温は7~8度と報じている。そんななか、所要を済ませ、久々「維新公園」を訪れてみた。当然のことながら野鳥ねらいである。しかし、幾種類かの野鳥の「鳴き声」は聞こえるも、その姿を捉えることはできなかった。ひたすら公園内を歩き、池のある場所へ、そこは、ヒドリガモの集団で賑わっていた。毎年10月頃から見かけるようになり5月頃には北の国へと帰っていく。そんなヒドリガモの集団を今日の一枚とする。以下、もう一枚ヒドリガモの集団(別の場所では陸にあがってお休みしていた)UPするほか、ヒヨドリの集団、そして公園内のあちこちに植栽されているドウダンツツジなどをUPする。

陸に上がって「お休み」しているヒドリガモの集団

ヒヨドリの集団

ドウダンツツジの紅葉

未だに一部健在な楓も見かけた

我が家の庭にやってきたジョウビタキのオス


散歩道にて

2016年12月06日 | デジカメ散歩日記

  雲は多めながらもおおむね晴れといったところだが、時折「冬の風」が通り抜けていき寒い。そんななか、朝の散歩は山地の集落・大山路地区周辺一周コース。散歩コースの林や、散歩道から見える山々などが今日の撮影対象。そんな散歩道の風景を紹介することにしよう。

散歩道から見える遠くの集落(熊坂地区)をズームアップ


五重塔と紅葉

2016年12月05日 | デジカメ散歩日記

  朝のうちは「濃霧」で見通しが悪かったが、、次第に晴れ間も見えるようになってきた。そんななか所要を済ませ帰宅途中、国宝 瑠璃光寺五重塔のある香山公園に立ち寄ってみた。同公演周辺の紅葉はすでに終わったであろうと期待していなかったが、意外にも未だ健在で大勢の観光客で賑わっていた。そんな五重塔およびその周辺の紅葉7枚UPする。


まだまだ美しい森の樹々

2016年12月02日 | デジカメ散歩日記

まだまだ楽しめる紅葉

  雲ひとつない「秋晴れ」ではなくて「冬晴れ」である。風もなく暖かでとても心地よい。そんななか、まだまだ紅葉が楽しめるだろうと、山地の集落・稔畑地区周辺を散策したのち、通称「八丁峠」方面へも車を走らせた。まだまだ場所によっては美しい紅葉を観ることができた。好天気であったが故に一段と美しく目に映った。数多くカメラに収めて帰ったが、うち7枚UPする。

ススキが朝の光をうけて眩しかった