デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

「もみじ寺」の紅葉

2016年11月29日 | デジカメ散歩日記

通称「もみじ寺」(両足寺)の紅葉

  ところどころに薄雲が出ているくらいでとても好天気である。そんななか、市内南部地区で鋳銭司という地区の山地にある両足寺(りょうそくじ:臨済宗のお寺・・・通称、もみじ寺と呼ばれている)へ紅葉を観に出かけた。昨年、久々に訪れたものの時期を逸していたことから、「今年こそは」と、「天気もいいし、今日あたりが見頃では」とおもい訪れてみた。予感は的中。場所によっては終わってしまっところもあったが、大部分はまさに「見頃」を迎えていた。そんな「もみじ寺」の紅葉、7枚UPする。


SLマニアに仲間入り

2016年11月24日 | デジカメ散歩日記

試験運行の「SLやまぐち号」

・・・営業運行ではないため、前面の「やまぐち号」の看板は外されていた・・・

  雲は多めながらもおおむね晴れといったところ。しかし、時折冷たい北風が通り抜けていき寒い。今日は日中の気温もあまり上がらず13度止まりだという。東京では「11月としては54年ぶりの初雪が降った」と報じている。そんななかカメラ持って出かけた。田園地帯を経て山地の集落・大山路一周のおよそ4キロコース。秋色に染まった樹々の葉などを撮りつつ歩をすすめ、JR山口線の踏切にさしかかったところで、大勢のカメラマンたちが三脚を据え付けたり、カメラをセットしたりしていた。今日は平日だし、しかも、今シーズンの「SLやまぐち号」の運行は、過日の休日で終わったはず。皆さんに尋ねると「今日、試験運行されるとの情報を得たので撮りに来た。」そして「今日は営業運転ではない。よって、いつもつけている ”やまぐち号”  の看板を外して走る。それがねらいだ。だから、わざわざ遠くからも来ている。」とも付け加えた。さすが「SLマニア」だ。・・・でないとそんな情報など得ようはずがない。そんなことから、九州や下関方面、広島方面からもやってきたマニアの皆さんにおつきあいすることに・・・。よって今日の一枚は「SLやまぐち号」とする。そして、以下3枚「SL」および散歩道の紅葉3枚UPする。マニアの皆さん、それぞれがお気に入りの写真が撮れたようで「ニコニコ顔」だ。


寺院の境内にて

2016年11月22日 | デジカメ散歩日記

寺院の境内にて

  曇り空だが時折晴れ間も見える。そんななか所要を済ませ、久々、我が家より西へおよそ1キロ余地点にある寺院(法明院:大内氏ゆかりの曹洞宗の寺)を訪れてみた。境内の楓は今が見頃だったし、近くの林も秋色に染まっていた。

寺院の境内にて

寺院側の林にて

寺院側の林にて

赤い実をいっぱいつけたサルトリイバラ


「秋色」スポーツの森

2016年11月21日 | デジカメ散歩日記

  曇り空だが時折薄日がさす。そんななか「スポーツの森」周辺へ。過日訪れたときは「秋色」に染まった銀杏や桜の葉が楽しめたが、ほとんどが落葉し丸裸状態。それに代わって楓や幾種類かの落葉樹の葉が秋色に染まっていて綺麗である。そうした秋色に染まった樹々をUPする。


津和野 旧堀庭園の紅葉

2016年11月16日 | デジカメ散歩日記

津和野・旧堀氏庭園の紅葉

  雲ひとつない好天気「秋晴れ」である。数日前、津和野の「旧堀氏庭園」(国指定 名勝)の紅葉が見頃との報道に接し、好天気ではあるし、「今日しかない」と、思い切って出かけた。車でおよそ1時間で目的地に到着。ここを訪れるのは随分久しぶりである。平日というのに観光バスまでも横付けしていて、大勢の皆さんでごったかえしていた。よって、近くの駐車場は満車で少し離れたところの駐車場でなんとか止めることができた。報道どおり、紅葉は今まさに見頃を迎えていていた。秋の日ざしをいっぱいうけ実に美しい。シャッターをバシバシ切った。うち代表的な7枚をUPする。・・・・・ スライジショー・・・堀庭園の紅葉・・・


   堀庭園の紅葉を満喫したあと、帰りは遠回りし、旧柿木村~鹿野に至る山々の紅葉風景を・・・。道中のところどころで車を止め、秋色に染まった山々や、林の中の樹木などをカメラに収めて帰った。以下6枚UPする。・・・ スライジショー(秋色の山々)・・・ 


林業指導センターの紅葉

2016年11月15日 | デジカメ散歩日記

山口県林業指導センターの紅葉

  朝のうちは小雨が降っていたが、次第に天候が回復してきたので散歩に出かけた。田園地帯を経て山地の集落・大山路地区一周コース。今日はひたすら紅(黄)葉ばかりを狙って歩いた。いくつか撮ったが日ざしがないためお気に入りには至らなかった。遠くに綺麗に紅葉した大木が見えたので近寄って撮ろうと歩をすすめていると、そこは、山口県林業指導センターであった。構内に入り、幾種類かの樹木が植栽されている場所へ向かった。するとそこは、まさに「秋色真っ直中」・・・。運よく晴れ間も出てきて一段と美しく見えた。今日の画像はそんな光景および散歩道で見かけた「秋色」に染まった樹の葉をUPする。

 


紅い葉や紅い木の実

2016年11月12日 | デジカメ散歩日記

カマツカ(バラ科)の紅葉

  雲ひとつない「秋晴れ」である。そんななか、所要を済ませ、山地の集落・稔畑方面に向かい周辺を散策した。山全体の紅葉風景を期待したが、「見頃」までにはも少しの期間が必要のようだ。ただ、過日訪れたときは青々としていたカマサカやヤマバの葉は綺麗だった。今日の画像はそんな赤い葉や紅い木の実とする。

カマツカ(バラ科)の紅葉

ヤマハゼ(ウルシ科)の紅葉

カマツカ(バラ科)の実

ヤブコウジの実

紫の実も・・・ヤブムラサキ(クマツヅラ科)


花いっぱいつけたキッコウハグマ

2016年11月08日 | デジカメ散歩日記

キッコウハグマ(キク科/モミジハグマ属)

径が7~8mmくらいの花がいっぱい。よく見ると、一つの花が3個の小花で構成されている。

   ここのところ好天気が続いていたが、今日は一転し空は厚い雲に覆われ今にも小雨が落ちてきそうなあいにくの天候。そんななか、それなりの「雨対策」をして「スポーツの森」へ向かい周辺を歩いた。植栽されている銀杏がほどよく黄葉。桜の葉も美しい「秋色」に変色。それらを撮りつつ、「山越え」しようと山道にさしかかったところ、小さな小さな白い花をいっぱいつけたキッコウハグマを見かけた。ここで出会えるなんて思いもしなかった。いくつかの個体を撮りつつ観察していると、雨が落ちだしてきたので、「山越え」は諦め帰途についた。今日の一枚はそんなキンコウハグマとし、以下、前出の銀杏および桜の葉をUPする。


青空に映える

2016年11月07日 | デジカメ散歩日記

青空に映える

  ここのところ好天気が続いている。今日も朝から晴れわたっている。そんななか、所要を済ませ「21世紀の森」周辺を歩いた。今日は久々、険しい坂道のある場所も含む「一周コース」を歩いてみた。カマツカやニシキギの実をはじめ、フユイチゴ、ツルリンドウ、ノイバラ、クサギの実などを撮りつつゆるい下り道を・・・・そして、いよいよ険しい坂道さしかかった。ここの急坂はきつい。しかも滑りやすいことから注意深く歩をすすめた。「数歩歩いては休み、また数歩歩いては休む」の繰り返し。ふと見上げると「秋色」に染まったヤマハゼが・・・青空に映えとても美しい。これを今日の一枚とする。以下、前出の赤い実をいっぱいつけたフユイチゴおよび、その近くで見かけたツルリンドウの実をUPする。

いっぱい実をつけたフユイチゴ

ツルリンドウの実


紫色の実

2016年11月05日 | デジカメ散歩日記

ヤブムラサキ(クマツヅラ科)の実

  昨日同様、今日も好天気である。今日のコースは、山地の集落(岩杖~杖坂)往復6キロコース。まず見かけたのは真っ赤な実をつけたヒヨドリジョウゴの実である。朝の光をうけて一段と美しく見えた。しばらく歩をすすめていると、林の縁で小さな紫色の実をつけた低木を見かけた。図鑑で調べたところ、ヤブムラサキの実であることが判明。これを今日の一枚とする。初夏に紅紫色の可憐な花をつけるとのことだが、見過ごしているようだ。さらに歩をすすめていると、ここでもサネカズラを見かけたほか、茶ノ木の花、ヤクシソウ、ヤブコウジの実、フユイチゴの実、サルトリイバラの実、アオキの実などを撮りつつ、目的地の杖坂に到着、Uタンして帰途へ・・・・・。以下、前出のヒヨドリジョウゴの実、茶ノ木の花をUPするほか、今日もサネカズラの実をUPする。

ヒヨドリジョウゴ(ナス科)の実

茶ノ木の花(ツバキ科)

今日もサネカズラ(モクレン科)の実