デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

ツルカノコソウやセリの中間など

2018年04月20日 | デジカメ散歩日記

ツルカノコソウ(オミナエシ科)

連日の好天気である。しかも今日は初夏をおもわせる暖かさで、半袖シャツで丁度いい感じ。そんななか、山地の集落、岩杖~杖坂「往復コース」を歩いた。集落にさしかかったところのやや湿った場所で、白い小さな小さな花をいっぱいつけたセリに似たの植物を見かけた。手持ちの図鑑と照合したところ、セリ科のシャクという野草と判明。さらに谷川沿いを奥へ奥へと歩をすすめていると。これまた小さな小さな十字の白い花をつけた植物が群生しているのを見かけた。オミナエシの中間、ツルカノコソウである。このツルカノコソウを今日の一枚とするほか、前記のシャク、あちこちで見かけたツボスミレ、ハルジオンなどをUPする。

シャク(セリ科)

ツボスミレ

タチツボスミレ

ハルジオン

緑に包まれた山地の集落


この記事をはてなブックマークに追加

早くもコバノガマズミ

2018年04月19日 | デジカメ散歩日記

早くもコバノガマズミ(スイカズラ科)

四方八方を見渡して雲ひとつない好天気である。そんななかカメラ持って出かけた。あまりにも好天気であるが故にどこまでも歩き続けていたい気分に。ジシバリやカタバミ、キジムシロなど幾種類かの野草たちを撮りながら「スポーツの森」周辺に向かった。森周辺では、早くもコバノガマズミが花をつけているのを見かけた。これを今日の一枚とする。やがて実をつけ秋から冬にかけての赤い実が癒してくれる。林の縁のあちこちでヤマフジが花をつけているのを見かけたほか、林下で紅紫色の花をつけたスミレやツボスミレ、ヤマフジ、そして今日も美しいツツジにも出会った。以下、前記のスミレ、ヤマフジや緑に包まれた風景などをUPする。

林下に生えていたこのスミレの名は?

ツボスミレ

ヤマフジ

緑に包まれた風景

西京スタジアムのコイノボリ


この記事をはてなブックマークに追加

早くもカタバミ

2018年04月18日 | デジカメ散歩日記

カタバミ

好天気である。しかもとても暖かい。そんななかカメラ持って出かけた。川岸を川下側へおよそ17.5キロ下った地点でUターンし反対岸を我が家までの一周コースを歩いた。まず目についたのはオドリコソウの群生である。そんな光景を川岸のあちこちで見かけた。さらに歩をすすめていると、こんどはマツバウンランの群生やナガミヒナゲシなどを見かけカメラに収めていると、その近くで早くもカタバミが咲いているのを見かけた。これを今日の一枚とするほか、前記のオドリコソウの群生、ナガミヒナゲシ、マツバウンランなどをUPする。

オドリコソウ

マツバウンランの群生

ナガミヒナゲシ

川岸の風景


この記事をはてなブックマークに追加

猩々袴(ショウジョウバカマ)に出会った

2018年04月16日 | デジカメ散歩日記

猩々袴(ショウジョウバカマ)

曇り空ではあるが晴れ間も見える。そんななか、田園地帯を経て山地の集落(大山路)を一周し我が家までのおよそ4キロ余コースを歩いた。ジシバリ、オニタビラコ、オドリコソウ、キンポウゲの群生、ハルジオンなどを撮りつつ山地の集落へ。山地の集落へさしかかったところで、キジムシロやニガナ、ヤマフジ、サルトリイバラなどを撮りつつ歩をすすめていると、茎の先端に特色ある淡紅色の花をつけた猩々袴(ショウジョウバカマ)を見かけた。毎年のようにこの時期この場でその姿を見ることができる。そんな猩々袴(ショウジョウバカマ)を今日の一枚とする。図鑑によると、その名は、中国の想像上の動物(猩々)に見立て葉を袴(はかま)に見立てたものという。以下、もう一枚ショウジョウバカマをUPするとともに、前記のキジムシロ、サルトリイバラ、そして今日もハルジオンおよびモチツツジをUPする。

もう一枚ショウジョウバカマ

キジムシロ(バラ科)

サルトリイバラの花:やがて実をつけ赤く熟した実は秋から冬にかけ楽しませてくれる

今日もハルジオン

崖地に咲いた美しいツツジ


この記事をはてなブックマークに追加

ヤマフジが咲きはじめた

2018年04月15日 | デジカメ散歩日記

ヤマフジ

昨日は荒れ模様の天候だったが、今日は時折晴れ間が見えるほどに回復した。そんななか、田園地帯をから二つの集落(熊坂~大山路)を経て我が家までのおよそ4キロ余コースを歩いた。蓮華草やハルジオン、キンポウゲ、キツネノボタン、ノジスミレなどを撮りながら山地の集落へと向かった。集落にさしかかったしところで、林の縁でカキドオシやツボスミレ、タチツボスミレなどを見かけたのをはじめ、ヤマフジが咲きはじめているのを見かけた。これを今日の一枚とする。さらに歩をすすめていると、日当たりの良い崖地で上弁に濃い斑点がある美しいツツジ(モチツツジであろう)が咲いているのを見かけた。これを今日のもう一枚とするほか、前記のハルジオン、ツボスミレ、ノジスミレなどをUPする。

崖地に咲く美しいツツジ(モチツツジ?)

ハルジオン

ツボスミレ

ノジスミレ

カキドオシ


この記事をはてなブックマークに追加