デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

あちこちでノジスミレ

2016年03月25日 | デジカメ散歩日記

ノジスミレ

  一昨日は穏やか春るらしい天候のもと「開花宣言」したばかりなのに、昨日は一転し「冬に逆戻り」したかのように寒い一日であった。そして今日も、陽ざしはあるものの冷たい北風が時折通り抜けていきとても寒い。そんななか、田園地帯を経て山地の集落(大山路)一周のおよそ5キロコースを歩いた。散歩道のあちこちで、ノジスミレが咲いているのを見かけたのでこを今日の一枚とする。山地の集落にさしかかったところで可憐な花をいっぱいつけたビロードイチゴを見かけたのでこを今日のもう一枚とするほか、ネコヤナギの仲間。そして、いま家々の庭先で黄色い花をいっぱいつけたレンギョウをよく見かけるが、これを加えての一枚とする。

ビロードイチゴの花

ネコヤナギの仲間

庭先のレンギョウ(モクセイ科)


開花宣言

2016年03月23日 | デジカメ散歩日記

 

河川敷公園の桜が開花

   今日も昨日同様、薄雲が出ている程度でとても好天気である。ときおり温もりのある風が通り抜けていきとても心地よい。そんななか所要を済ませ、久々に河川敷公園(平川地区)を訪れたのに続いて「木戸公園」周辺も歩いた。もしかしたら河川敷公園の桜は開花しているのではと・・・、その予感どおり、あちこちで花をつけているのを見かけた。本格的な春がやってきたよろこびをかみしめつつ、バシバシとシャッターを切った。そんな桜を今日の一枚とする。もう一週間もすればここは大勢の花見客で賑わうことであろう。次いで訪れた木戸公園周辺では「お気に入り」のムラサキケマンを見かけたのでこれを今日のもう一枚とするほか、キンポウゲおよびヒサカキ、そして河川敷公園の土手に生えていたヒメオドリコソウをUPする。

ムラサキケマン(ケシ科)

キンポウゲ

ヒサカキの花(ツバキ科)

河川敷公園にて・・・土手に生えていたヒメオドリコソウ


オドリコソウやスズシロソウ

2016年03月22日 | デジカメ散歩日記

オドリコソウ(シソ科)

  ここのところ好天気が続いている。今日もところどころに薄雲が出ている程度で好天気、しかもとても暖かい。そんななか、所要を済ませ、川岸をひたすら歩いた。まず目についたのは、淡紅紫の唇形の花をつけたオドリコソウである。花の形が笠をかぶった踊り子の姿に例えこの名があるとのこと。今日の一枚はそんなオドリコソウとする。さらに歩をすすめていると小さな白い4弁の可憐な花をつけたスズシロソウを見かけたのでこれを今日のもう一枚とし、加えての一枚は、散歩道のあちこちで心地よさそうに咲いていたシロバナタンポポとする。川岸に植栽されている桜は、ここのところの暖かさで蕾も一気にふくらみ、明日あたり「開花宣言」できそう。そうなると、いよいよ「春本番」だ・・・・。

スズシロソウ(アブラナ科/ハタザオ属)

シロバナタンポポ


 

  昨21日は、久々、集落の「恒例行事」(道つくり:里道の手入れ)および、「春祭り」の準備(しめ縄づくりなど)の「お手伝い」で実家へ帰った。集落の皆さんも暖かく迎え入れて下さって、「昔話」などしながらいい汗を流した。実に楽しくかつ愉快な一日であった。これからも、こうした行事にも参加していくこととする。きっと兄も喜んでくれることであろう。以下、実家近くで撮った、コスミレ、および、集落を背景にし菜の花をUPする。この菜の花、兄が生前に蒔いた種がこのように花を咲かせたのであろう。

コスミレ

集落を背景に菜の花


はじめて出会った木の花

2016年03月19日 | デジカメ散歩日記

コショウノキ(胡椒の木)の花(ジンチョウゲ科)

  一昨日夕刻から降り出した雨、昨日は一日中降った。その雨も今朝は上がり、お昼頃には薄日がさすほどに回復した。そんななか、午前中に所要を済ませ午後カメラ持って出かけた。ここのところ気温も高めに推移したことから、フデリンドウが咲きはじめたのではないだろうかと、Jeepで通称「八丁峠」方面に行ってみた。残念ながら空振りだったが、その代わり珍しいものに出会った。先端が4裂した筒状の白い小さな花をつけた「小低木」である。図鑑で調べたら、林下に生えるコショウノキ(胡椒の木)というジンチョウゲ科の「常緑小低木」と判明。その果実が胡椒のように辛いことからこの名があるらしい。そんなコショウノキを今日の一枚とする。峠方面に向かってしばらく進んでいると、淡緑色の花穂をいっぱいぶら下げた樹木を見かけた。これも図鑑で調べたところ、ヤシャブシ(夜叉五倍子)という名の落葉高木と判明。花穂もそうだが若葉がとても可愛い、これを今日のもう一枚とし、その近くで見かけた、筒形で先端が5裂した小さな小さな白い花をつけたサツマイナモリ(アカネ科)を加えての一枚とする。

ヤシャブシ(夜叉五倍子)の花

サツマイナモリ(アカネ科)・・・湿った林の下に生える。


カラスノエンドウやミツバツツジなど

2016年03月17日 | デジカメ散歩日記

カラスノエンドウの花が咲きはじめた

  雲ひとつない好天気である。しかも「春本番」をおもわせるほどの暖かさで、日中の最高気温は20度ちかくにも上昇すると報じている。そんななかカメラ持って「平地コース」をひたすら歩いた。ホトケノザやオオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウなどに加えて、幾種類かの野草たちが春の訪れを喜ぶかのように一気に花をつけはじめた。これらのうち今日の一枚はカラスノエンドウしとするほか、早くも咲きはじめたミツバツツジ、クサイチゴ、ヒメウズ、そして、あぜ道で顔を出していた土筆をUPする。

ミツバツツジ

クサイチゴ

ヒメウズ

あぜ道でツクシが顔を出していた


キジ(オス)に出会た

2016年03月15日 | デジカメ散歩日記

キジのオス・・・林から畑に出てきて餌を探しはじめた

  雲ひとつない好天気である。そんななか朝の散歩に出かけた。川岸を川下側へおよそ1.5キロ下った後、田園地帯から山地の集落二つ(熊坂~大山路)を経由し、我が家までのおよそ5キロ余コース。日中は15度くらいまで気温が上昇すると報じているが、朝の冷え込みが厳しかったことによるのであろうか、通り抜ける風はとても冷たい。タネツケバナやナズナ、シロバナタンポポ、ハコベ、オランダミミナグサなどを撮りつつ歩をすすめた。山地の集落へさしかかったところで、林の縁のクロモジが可憐な花をつけているのを見かけた。山田の縁でムラソキサギゴケやアマナが咲いているのを見かけ撮っていると、キジのオスが林から畑に出てきて餌を探しはじめた。夢中でシャッターをバシバシ切った。そんなキジを今日の一枚しとするほか、前出のクロモジ、ムラサキサギゴケ、そして菜の花畑のある風景を掲載する。

クロモジ(クスノキ科)

ムラサキサギゴケ

菜の花畑


木イチゴの花

2016年03月12日 | デジカメ散歩日記

ビロードイチゴの花

  雲間から時折お天道様が顔を出すが、通り抜ける風は冷たい。そんななか「スポーツの森」へ。平日はひっそりとしているが、今日は土曜日とあって野球大会やソフトボール大会などががあるらしく朝から賑やか。周辺をしばらく歩いた後、そのまま「山越え」し、山地の集落(龍花:りゅうげ)経由で我が家まで。帰宅し「万歩計」の表示をみたら一万歩を超えていた。林の縁でビロードイチゴが咲きはじめているのを見かけのたので、これを今日の一枚とする。葉の毛の感触をビロードに例えこの名があるらしい。花径は2センチくらいで、果実は初夏に黄紅色に熟し食べれる。今日のもう一枚は、その近くで見かけたアセビとする。そして加えての一枚は、帰り道で出会ったジョウビタキのオスとする。

アセビ

ジョウビタキのオス・・・この子は近くまでやってきてくれる・・・


アマナが咲いた

2016年03月07日 | デジカメ散歩日記

アマナ(ユリ科/カタクリ属)

  雲は多めながらも晴れ間も見える。しかも、まるで初夏をおもわせるほどの暖かさである。そんななか朝の散歩に出かけた。田園地帯を経て山地の集落(大山路)一周のおよそ3K余コース。道端のオオイヌノフグリやシロバナタンポポ、ヒメオドリコソウなどを撮りつつ、山地の集落にさしかかったところでアマナが咲いているのを見かけた。温もりのある春の陽ざしをうけとても心地よさそう。これを今日の一枚とする。以下、今日も散歩道のあちこちで心地よさそうに咲いていたオオイヌノフグリを今日のもう一枚とするほか、ヒメオドリコソウ、ハコベ、フキノトウ、そしてナノハナ畑を掲載する。

オオイヌノフグリ

ヒメオドリコソウ

ハコベ

フキノトウ

ナノハナ畑


ホトケノザやオオイヌノフグリの群生

2016年03月05日 | デジカメ散歩日記

ホトケノザ(シソ科/オドリコソウ属)

  雲は多いながらも時折薄日も射す。朝の冷え込みもなくとても暖かで、日中は5月初旬なみの20度近くまで上昇するだろうと報じている。そんななか孫と散歩していると「じーじ、このピンクの花はなんという名の花?」とホトケノザの群生を指差した。辺り一面をピンクに染めていてとても綺麗。これを今日の一枚とする。しばらく歩いたところで今度は「この花可愛い~」とオオイヌノフグリを指差した。温もりのあるやわらかい陽ざしをうけとても心地よさそうに咲いていた。そんなオオイヌノフグリを今日のもう一枚とするほか、ヒメオドリコソウ、そして、咲きはじめた散歩道の紅梅をUPする。

オオイヌノフグリ(ゴマノハ科/クワガタソウ属)

ヒメオドリコソウ(シソ科)


スミレやタンポポ

2016年03月04日 | デジカメ散歩日記

タチツボスミレ

  昨日は快晴だったが、今日は一転し空は厚い雲に覆われ、時折小雨も落ちてくるというあいにくの天候。そんななか、所要を済ませ今日は午後の散歩となった。午後は時折薄日がさすほどに天候は回復。久々、山地の集落(岩杖)へ。谷川沿いをひたすら奥へ奥へと歩をすすめた。集落にさしかかったところでシロバナタンポポが咲いているのを見かけ、そのすぐ近くではタチツボスミレとアオイスミレの姿を見かけた。さらに歩をすすめているとハコベ、オランダミミナグサ、タネツケバナ、ナズナ、そして、早くもキンポウゲが咲いているのを見かけた。これらのうち今日の一枚はタチツボスミレとし、以下、今日撮ったすべての野草たちを載せることとする。

アオイスミレ

シロバナタンポポ

ハコベ

オランダミミナグサ

タネツケバナ

ナズナ

キンポウゲ

ノアザミの蕾

ネコヤナギ