デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

シソバタツナミに出会った

2016年04月30日 | デジカメ散歩日記

シソバタツナミ

  今日も好天気、絶好の「散歩日和」である。そんななか山地の集落(岩杖地区)へ。谷川筋を奥へ奥へと歩をすすめ、杖坂という集落まで上がったところでUタン、往復およそ6キロコース。トウバナやカキドオシ、ムラサキサギゴケの群生などを撮りつつ、シソバタツナミが咲いているはずと山道に入ってみた。予想は的中しシソバタツナミがあちこちで顔を出していた。これを今日の一枚とする。コガクウツギ、シャガ、ツボスミレ、ソクシンランなどを撮りながらしばらく山道を歩いた後、再び谷川筋の道に出て奥へ奥へと歩をすすめた。清水の湧いているところでミズタビラコが小さな小さな花をつけているのを見かけしばらく観察。これを今日のもう一枚とするほか、前出のトウパナ、ムラサキサバゴケの群生、おもしろい形をした花をつけていたコウゾ、そして今日も美しい山のツツジをUPする。

ミズタビラコ(ムラサキ科/キュウリグサ属)

トウバナ(シソ科)

あちこちで見かけたムラサキサギゴケ(ゴマノハグサ科)の群生

おもしろい形をしたコウゾ(クワ科)の花

和紙の原料としてかつて栽培されていたものが野生化したものであろう

山の斜面で今日も美しい山のツツジを見かけた


オランダフウロに出会った

2016年04月29日 | デジカメ散歩日記

はじめて出会ったオランダフウロ

  好天気だが時折強風が通り抜けていく。そんななかカメラ持って出かける。我が家周辺から県立大学のある周辺(桜畠地区)を経て「スポーツの森」まで行き我が家までのおよそ6キロ余コースをひたすら歩いた。帰宅し「万歩計」を見たらおよそ一万歩を示していた。今日も数々の野草たちに出会いカメラに収めて帰った。これらのうち今日の一枚は、はじめて出会ったオランダフウロとする。ネットによると、荒地や草地に生育するユーラシア原産の「帰化植物」で、昭和初期に牧草などとともに持ち込まれ広まった植物だとのこと。以下、その近くで見かけたコオニタビラコ、ミヤコグサ、県立大学周辺やスポーツの森周辺で見かけた、ハルジオンの群生、ニワゼキショウ、ニガナの群生そして、今日も美しい山のツツジをUPする。

コオニタビラコ

ミヤコグサ

ハルジオンの群生

ニワゼキショウ

ニガナの群生

 山の斜面の崖地に咲いていた美しいツツジ


アメリカフウロそしてギンリョウソウに出会った

2016年04月28日 | デジカメ散歩日記

アメリカフウロ(北アメリカ原産の帰化植物):小さな蜂が密を吸いにきた

  一昨日夕刻から降りだした雨が今日の午前中まで残った。お昼頃には時折晴れ間が見えるほどに回復したことからカメラ持って出かけた。川岸を川下側へおよそ1.5キロ下った地点でUターンし田園地帯から山地の集落(熊坂地区)を経て我が家までのおよそ4キロコース。今日は亡妻の「月命日」にあたることから、お墓参りをしその近くの山地も散策した。散歩道のあちこちでアメリカフウロを見かけたのでこれを今日の一枚とする。径が7~8mmくらいの可憐な花である。この小さな花に、これまた小さな蜂が密を吸いにやってきた。今日のもう一枚は山地で見かけたギンリョウソウ(腐生植物)とするほか、すぐその近くで見かけたコガクウツギ、清水の湧く水辺で見かけたミズタビラコ、ウシハコベ、そして、いまあちこちで見かけるジシバリの群生をUPする。

ギンリョウソウ(イチヤクソウ科/ギンリョウソウ属)

コガクウツギ

ミズタビラコ(ムラサキ科/キュウリグサ属):5mmほどの小さな小さな花

ウシハコベ

ジシバリの群生


山のツツジや野草の花畑

2016年04月26日 | デジカメ散歩日記

山の斜面で咲き誇る美しいツツジ(モチツツジ、もしくはその変種であろうか)

  雲ひとつない好天気である。しかもとても暖かいというよりか暑いと表現したほうが適切。日中の最高気温は25度にも達するだろうと報じている。朝の散歩は田園地帯を経て山地の集落(大山路地区)を一周し我が家までのおよそ5キロコース。クサフジ、キツネアザミ、蓮華草、カタバミ、ジシバリなどを撮りつつ山地の集落へ。山地の集落にさしかかったところで、ニガナ、花畑(キンポウゲの群生)、ノアザミ、セイヨウタンポポの種子群、ミヤコグサ、ハルジオンなどを撮りつつ歩をすすめていると、山の斜面で美しい花をいっぱいつけたツツジを見かけたのでこれを今日の一枚とする。ここ近辺でこの時期よく見かけるモチツツジに酷似したツツジである。図鑑やネットによるとモチツツジは「山梨県・静岡県から岡山県までの本州と四国に分布するツツジ」となっている。分布外のこの地区ではその変種それとも別品種なのだろうか「謎の存在」である。以下、前出の「花畑」(キンポウゲの群生地)、キツネアザミ、ジシバリ、セイヨウタンポポの種子群、ノアザミ、ハルジオン、コバノガマノズミの計7枚UPする。

野草の花畑(キンポウゲの群生地)

キツネアザミ

ジシバリ

セイヨウタンポポの種子群

ノアザミ

ハルジオン

コバノガマズミ


珍しいものに出会った

2016年04月25日 | デジカメ散歩日記

ニシキゴロモ(シソ科/キランソウ属)

  雲は多いがまずまずの天候。そんななか所要を済ませ午後カメラ持って「21世紀の森」方面へ出かけた。シャガやクサイチゴの群生、クロモジやハイノキ、アオキの花、ツルカノコソウやタチツボスミレ、ツボスミレ等を撮りつつ山道を歩いていると傾斜地に白い小さな花をつけた植物を見かけた。ニシキゴロモというシソ科の植物で滅多に見かけない山野草である。これを今日の一枚とする。そして、今日のもう一枚も、これまた珍しいドウダンツツジの花に似た木の花とする。図鑑やネットで調べたところウスギョウラクという落葉低木の花と判明した。以下、林下の湿ったところで見かけたサワハコベ、ミヤマガマズミ(葉が無毛でやや光沢があるのでコバノガマズミではなくてミヤマガマズミとした)、ハイノキの美しい花、そして前出のクサイチゴの群生をUPする。

ウスギョウラク(落葉低木)

サワハコベ

ミヤマガマズミ: 葉の特徴(無毛でやや光沢がある)

ハイノキ

クサイチゴの花畑


桐の花やアケビの花など

2016年04月22日 | デジカメ散歩日記

桐の木の花:高い木の枝に花をつけているのを見かけズームアップして撮った

  午前中は曇り空だったがお昼頃から晴れ間が見えるようになった。所要を済ませ午後Jeepで通称「八丁峠」周辺へ。ヤマフジがいま真っ盛りであちこちの林で見かけたのをはじめ、早くもコガクウツギが咲きはじめているのを見かけた。それらをカメラに収めつつ奥へ奥へと入ったところの林の縁で、高さがおよそ20メートルもある桐の木が花をつけているのを見かけた。これを今日の一枚とする。高い位置なのでズームアップして撮った。長さが5~6センチくらいの藤色の美しい花だが高い位置にあることから鮮明には撮れなかった。その近くの林で、こんどはアケビが可憐な花をいっぱいつけているのを見かけたのでこれを今日のもう一枚とするほか、「兄弟山」周辺に続いてここでも出会ったフデリンドウ、ハイノキの花、ミツバツチグリをUPする。

アケビの花

落葉の間から顔を出していたフデリンドウ

ハイノキ

ミツバツチグリ


木の花

2016年04月20日 | デジカメ散歩日記

ザイフリボク(采振り木)という名の「木の花」

  今日も好天気である。所要を済ませ久々山地の集落、捻畑(うつぎはた)地区周辺を散策した。まず目についたのは、山のあちこちで白い花をいっぱいつけた樹木である。図鑑で調べたところサイフリボクというバラ科の落葉小高木と判明。これを今日の一枚とする。そして、今日のもう一枚も、その近くでこれまた白い花をいっぱいつけた「木の花」、ハイノキ(灰ノ木)とする。加えての一枚は、今日もまた、いま、まさに真っ盛りのコバノミツバツツジとする。

ハイノキ

コバノミツバツツジ


カタバミやノジシャなど

2016年04月19日 | デジカメ散歩日記

カタバミ

好天気である。寒くもなく暑くもなく絶好の散歩日和である。朝の散歩は川岸をおよそ1.5キロ下った地点でUターンし、反対岸を我が家までの一周コース。道端のあちこちで黄色い可憐な花をつけたカタバミをを今日の一枚とする。その近くでは小さな小さな淡青色のいっぱいつけたノヂシャを見かけたのでこれを今日のもう一枚とするほか、お気に入りのマツバウンラン、この時期あちこちで見かけるナガミヒナゲシ、そして今日もジシバリをUPする。

ノヂシャ(オミナエシ科):ヨーロッパ原産の「帰化植物」

マツバウンラン(オオバコ科)

ナガミヒナゲシ:ヨッロッパ原産の「帰化植物」

ジシバリ


今日はクサフジ

2016年04月15日 | デジカメ散歩日記

特定の場所でしか見かけないクサフジ(マメ科/ソラマメ属)

  快晴でうある。暑くも寒くもなく時折通り抜ける風も爽やかで絶好の「散歩日和」。田園地帯をから二つの集落(熊坂~大山路)を経て我が家まいでの「一周」むおよそ5キロ余コース。まず見かけたのはクサフジである。図鑑によると「北海道、本州、九州のほか、北半球の亜寒地帯から温帯に広く亜分布する蔓性の多年草」と記されているが、こちらでは極限られた場所いでしか見かけない植物で、毎年ここにだけは生える。そんなクサフジを今日の一枚とする。花の姿が藤に似た草であることからこの名があるらしい。そして今日のもう一枚は、いまあちこちの道端や空き地で見かけるナガミヒナゲシとするほか、山地の集落で見かけた山の斜面の崖地に生え美しい花をつけたツツジ、ジシバリの群生、竹林の縁に生えていたタケノコを載せる。

ナガミヒナゲシ(ヨーロッパ原産の帰化植物)

今日もモチツツジに似たツツジに出会った

  ネットで調べたところ、分布は紀伊半島から岡山かけての太平洋側と四国となっており、ここはそれより随分西方である。生えている場所、そして、花の上裂片内側の濃い紅色の斑点があることなど、花の特徴、毛が多い葉の特徴など、モチツツジそのものだ。我が家の庭に持ち帰りたいほど美しいツツジ。

ジシバリの群生

竹林の縁に顔を出していたタケノコ


咲きはじめたヤマフジ

2016年04月14日 | デジカメ散歩日記

咲きはじめたヤマフジ

  雲は多めながらも好天気である。しかもとても暖かで、日中の最高気温は25度ちかくまで上がると報じている。そんななか朝の散歩に出かけた。「スポーツの森」周辺から「山越え」し、山地の集落(龍花)を経由し我が家までのおよそ5キロコース。林の縁で早くもヤマフジが咲きはじめているのを見かけたのでこれを今日の一枚とする。そして今日のもう一枚は、そのすぐ近くで見かけた「定番」のコバノミツバツツジとするほか、これまた、林の縁で咲いていたモチツツジに似たツツジ、田圃周辺で見かけたジシバリ、そして、ここ近年はあまり見かけなくなった「蓮華田」をUPする。

コバノミツバツツジがいま真っ盛り

モチツツジに似たツツジ

田圃周辺などあちこちで見かけたジシバリ

山地の集落で見かけた「蓮華田」