デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

イヌコウジュや赤い実など

2017年09月29日 | デジカメ散歩日記

イヌコウジュ(シソ科)

好天気「秋晴れ」である。時折通り抜ける風が爽やか。そんななか、山地の集落、稔畑地区へ行き周辺を散策した。まず目についたのはガマズミの実である。真っ赤に熟しとても綺麗だ。その近くでは花をいっぱいつけたツクシハギ、シロヨメナ、シラヤマギクなどを見かけた。更に奥地へ行き、山道を歩いたいたら、小さな小さな白い唇形の花をつけたイヌコウジュを見かけたほか、ゴンズイの赤い実、ヤマイバラの実、立派な実をつけたアケビ(ミツバアケコビ)などを見かけカメラに収めて帰った。これらのうち今日の一枚は小さな小さな唇形の花をつけたイヌコウジュとするほか、以下、ガマズミの実、アケビの実、野菊などをUPする。

ガマズミの実

アケビ(ミツバアケビ)

シラヤマギク

シロヨメナ

ツクシハギ


彼岸花

2017年09月26日 | デジカメ散歩日記

今日も「秋晴れ」である。朝の散歩は、「スポーツの森」周辺を経て「山越え」し山地の集落(龍花)から我が家までのおよそ4キロコース。「森」周辺では、ヤマハギ、ツクシハギ、メドハギ、ヤブマメ、秋色に染まりはじめた桜の葉や銀杏の葉などをカメラに収め、「山越え」した。山地の集落では、あちこちで彼岸花が咲き乱れていた。我が家周辺では、一部場所を除きほぼ終わりだが、ここではまさに今が真っ盛りの感。そんな彼岸花三枚をUPする。そして、以下に前記のメドハギとヤブマメをUPする。

メドハギ

ヤブマメ


ツリフネソウや野菊など

2017年09月25日 | デジカメ散歩日記

ツリフネソウ

好天気「秋晴れ」である。所要を済ませJeepで「宮野湖」(ダム湖)へ向かい、その周辺を散策した。今日は無風状態であることから、湖面が鏡のように周辺の景色を写しだしている。そんな光景をカメラに収めつつ歩をすすめていると。紅紫色の花をぶら下げた野草を見かけた。ツリフネソウである。これを今日の一枚とする。図鑑によると「北海道から九州に分布、谷沿いなどの半日陰の湿った場所に生育し、その名は、花の形とつき方が帆掛け舟を吊り下げたように見えることに由来」とのこと。その近くではヨシノアザミ、ヨメナやシロヨメナ、小さな小さな黄色い花をつけた「コメナモミ」という「キク科」の植物も見かけた。以下、このコメナモミという「キク科」の植物をUPするほか、前記のヨメナ、ヨシノアザミなどをUPする。

小さな小さな黄色い花をつけたコメナモミという「キク科」の植物

野菊(ヨメナであろう)

ヨシノアザミ

イヌタデ・・・mm級の小さな小さな5弁の花を咲かせている

鏡のような湖面に周りの景色を映し出している


彼岸花いま真っ盛り

2017年09月21日 | デジカメ散歩日記

青空に映えるいま真っ盛りの彼岸花

雲は多めながらも晴れ間も見える。そんななか、Jeepで「21世紀の森」まで行き周辺を歩いたのに続き、東鳳翩山~西鳳翩山の中間地点にある「地蔵峠」近辺を散策、そして山地の集落(吉敷畑)経由で我が家へ。「森」周辺では、ツリバナが赤い実をぶら下げているのを見かけたほか、コバノガマズミの実、ヨシノアザミ、シラヤマギク、白色ゲンノショウコなどを見かけカメラに収めた。「峠」周辺では、オトコエシ、シロヨメナ、イヌトウバン、ウドなどをカメラに収めた。帰途の山地の集落(吉敷畑)では、いままさに真っ盛りである彼岸花をカメラに収めた。これらのうち、今日の一枚は、まさに、いま真っ盛りの彼岸花とする。以下、もう一枚彼岸花をUPするほか、前記りのサリバナ(ニシキギ科)の実、白色ゲンノショウコ(フウロウソウ科)、イヌトウバナ(シソ科)、ウド(ウコギ科)をUPする。

もう一枚彼岸花・・・蝶が花密を吸いに来た

ツリバナ(ニシキギ科)の実・・・はじけて赤い実が

白色ゲンノショウコ(フウロウソウ科)

イヌトウバナ(シソ科)

ウド(ウコギ科)


田圃の雑草やナンバンギセル

2017年09月15日 | デジカメ散歩日記

田圃の雑草、イボクサ(ツユクサ科)

空は雲に覆われているが薄日も射している。そんななか今日の散歩は、田園地帯を経て山地の集落、大山路一周のおよそ4キロコース。田園地帯では、ヒガンバナをはじめ、タカサブロウやチョウジタデなど田圃の雑草、ツユクサ、タデ、ツルボなどを撮りながら山地の集落へ。山地の集落にさしかかったところで、ヒヨドリバナ、ヒメキンミズヒキ、ツクシハギ、サイヨウシャジンなどを撮りつつさらに歩をすすめていると、水路の土手とでナンバンギセルが生えているのを見かけたのにつ続いて、山田の縁では、可憐な花をつけた田圃の雑草、イボクサ、すぐその傍でウリカワを見かけた。これらのうち、今日の一枚は、可憐な花をつけた田圃の雑草、イボクサ(ツユクサ科)とする。以下、もう一枚、田圃の雑草、チョウジタデ(アカバナ科)をUPするほか、「寄生植物」のナンバンギセル、サイヨウシャジン、ツユクサ、そして今日も彼岸花をUPする。

これも田圃の雑草、チョウジタデ(アカバナ科)、6~7mmくらいの4弁の花

ナンバンギセル、ススキやミョウガなどの根に寄生する「寄生植物」

サイヨウシャジン

ツユクサの群生

今日も彼岸花


ミゾソバやアキノノゲシなど

2017年09月14日 | デジカメ散歩日記

ミゾソバ(タデ科)

空は薄雲に覆われていている程度で今日も好天気。そんななか所要を済ませ、山地の集落、通称「天花畑」地区に立ち寄り周辺を散策した。オトコエシ、ヒヨドリバナ、白および紅色のゲンノショウコ、アキノノゲシなどを撮りつつ歩をすすめていると、淡紅色の可憐な花を咲かせたミゾソバを見かけた。これを今日の一枚とする。この時期あちこちで群生地も目につく。さらに歩をすすめているとヌスビトハギおよびその中間のフジカンゾウ、ミズヒキ、ヨメナ、シロヨメナなどを見かけカメラニ収めた。これらのうち今日のもう一枚は小さな小さな花をつけたミズヒキとするほか、前記のアキノノゲシ、フジカンゾウ、そして今日も彼岸花をUPする。

ミズヒキ(タデ科)

アキノノゲシ

ヌスビトハギの中間、フジカンゾウ

彼岸花

稲刈りの終わった田圃に「稲ハゼ」

ここ近年、こうした「稲ハゼ」のある光景なんてあまり見かけなくなった。

 


赤い実

2017年09月13日 | デジカメ散歩日記

ゴンズイ・・・赤い実がはじけて黒い種子が見える

雲は多めながらも好天気である。早朝は涼しかったが急速に気温が上がった。日中の最高気温は30度を超すと報じている。そんななか、山地の集落、稔畑地区へ向かい周辺散策した。ツクシハギやシロヨメナ、ゲンノショウコなどを撮っていると。高さがが5~6mの樹木が赤い実をつけているのを見かけた。ゴンズイ(権翠)という名の樹木である。赤い実がはじけ黒い種子が見える。そんなゴナズイの実を今日の一枚とする。初夏に淡黄緑白色の小さな花をいっぱい咲かせる。ヒヨドリバナやサワヒヨドリ、オミナエシ、シラヤマギクなどを撮りつつしばらく歩をすすめていると、今度はガマズミの赤い実を見かけたのでこれを今日のもう一枚とするほか、前記のツクシハギやシロヨメナなどをUPする。

ガマズミの実

ツクシハギ

サワヒヨドリ

シロヨメナ

稲刈りが終わった山地の集落


ツルリンドウに出会った

2017年09月10日 | デジカメ散歩日記

ツルリンドウ

昨日同様、雲は多めながらも好天気である。陽ざしは強く、今日の最高気温は32度にもなると報じている。そんななか、Jeepで通称「八丁峠」方面へ。ゲンノショウコやヤマハギ、オトコエシ、ヒヨドリバナ、ノササケゲ、フジカンゾウなどを撮りつつ、奥へ奥へとすすんだ。峠ちかくでヤマジノホトトギスやシラヤマギク、シロヨメナなどをカメラに収めながら歩をすすめていると、小木に絡んで蔓を延ばし、節々に可憐な淡紫色の花をつけた「お気に入り」のツルリンドウを見かけた。これを今日の一枚とする。図鑑によると「北海道〜九州のアカマツなどの二次林の明るい所に生育する」とのこと。以下、前記のノササゲ、ヤマハギ、ヌスビトハギの中間フジカンゾウになどを載せる。

ノササゲ

ヤマハギ

ヌスビトハギの中間のフジカンゾウ

ヤマジノホトトギス

シロヨメナ


彼岸花が咲いた

2017年09月09日 | デジカメ散歩日記

咲きはじめたヒガンバナ

雲は多めながらも好天気である。朝の散歩は「川岸コース」から田園地帯を経て我が家までのおよそ3キロコース。マルバアサガオやマメアサガオをはじめ、オオイヌタデ、センダングサ、ツユクサ、ニラの群生、ツルボ、ヨメナなどを撮りつつ川岸を川下側へ歩をすすめた。およそ1キロ余地点でUターンし反対岸を上流側にしばらく歩いた後、田園地帯を歩いていると、早くも彼岸花が咲きはじめているのを見かけた。これを今日の一枚とする。これから、まさに「彼岸」にかけて田圃のあぜなどを紅色に染めるであろう。以下、もう一枚彼岸花を載せるほか、前記のヨメナ、オオイヌタデ、マメアサガオとマルバルコウなどを載せる。

もう一枚彼岸花

ヨメナ

オオイヌタデ

なかよし・・・マルバルコウとマメアサガオ

ニラの群生


久々秋吉台へ

2017年09月08日 | デジカメ散歩日記

ヒメシオン(姫紫苑)という花に出会った

昨日の大雨が嘘であったかのように、今日は好天気「秋晴れ」である。そんななか、久々に秋吉台を散策することに。まずは、その雄大な景色を展望台から眺めたのに続き、散策道をひたすら歩いた。陽ざしは強いが時折冷えた風が通り抜けていきとても心地よい。こににはとりわけ多いサイヨウシャジンをはじめ、マルバハギやヤマハギ、ヒヨドリバナやサワヒヨドリ、オミナエシにオトコエシ、カワラナデシコ、シラヤマギク、アキカラマツ等々を撮りつつ、さらに歩をすすめていると、花径が7~8mmくらいの小さな花をいっぱいつけたキク科の植物を見かけた。我が家周辺では見かけない山野草である。帰宅しネットで調べたところヒメシオン(姫紫苑)という名のキク科の植物と判明。これを今日の一枚とする。ネットによると「湿り気のある草地や田のあぜなどに生える高さ0.3~1mの多年草」だしのこと。以下、あちこちで見かけたマルバハギ、サワヒヨドリ、マユミの赤い実などを載せる。

マルバハギ

サワヒヨドリ

シラヤマギク

マユミの実

眺望1

眺望2