デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

コバノガマズミ

2014年04月28日 | 山野草

Kobanogamazumi140428   ここのところ好天気が続いたが昨晩からくずれ,今朝は時折小雨が落ちてくるというあいにくの天候。これから数日間,まとまった雨も降るだろうと報じている。

  そんななか,木戸公園経由で谷川沿いを兄弟山方面に向け歩いた。ここでも,コバノガマズミが花をつけているのを見かけたので今日の一枚とする。また,その近くではコガクウツギが咲きはじめているのを見かけた。一時止んでいた雨もまたも降りだしてきたので早々とひきあげた。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クサフジに出会う

2014年04月26日 | 山野草

Kusafuji140426   薄い雲は出ている ものの今日も好天気である。そんななか,所要を済ませ,田園地帯を経て山地の集落(大山路:おおやまじ)一周コース。

   田圃に蓮華が咲いていたので撮っていたところ,その近くの草地でクサフジが花をつけているのを見かけたのでこれを今日の一枚とする。図鑑によると「北海道~九州のほか,北半球の亜寒帯から温帯に広く分布するツル性の多年草」となっていて,どこにでも生えていそうなのに何故だか特定の場所でしか見かけない不思議な存在。

Kobagamazumi140426   山地の集落にさしかかったところで,林の縁に生えているコバノガマズミが早くも真っ白い小さな小さな花 つけはじめたのを見かけたのでこれを今日のもう一枚とする。これらのほか,ニガナ,オオジシバリ,ミツバツチグリ,シロスミレ,そしてモチツツジなどを見かけた。帰り道,「SLやまぐち号」が通りかかったのでUPする。

Sl140426

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒメハギに出会う

2014年04月25日 | 山野草

Himehagi140425m   ここのところ好天気続きである。しかも初夏の陽気で日中の最高気温は25度近くにも上昇すると報じている。

  そんななか「兄弟山」周辺の山林道を歩いた。時折通り抜ける風が爽やかでとても心地よい。タチツボスレやツボスミレなど幾種類かのスミレ,カキドオシ,ツルカノコソウ,ニガナなどを撮っていると,ヒメハギが咲いているのを発見。草丈10cmくらいで幾つも枝分かれした花茎に紫色の可憐な花をつけている。これを今日の一枚とする。

Tanigikou140425m   さらに奥へと歩をすすめていると,木陰のやや湿ったところで,径が5ミリくらいの白い小さな小さな花をつけたタニギキョウをみかけたこれを今日のもう一枚とする。

  またその近くではフデリンドウが咲いているのを見かけたほか,山のあちこちでヤマフジが花をいっぱいつけているのを見かけた。以下,前出のニガナ,フデリンドウ,そして今日もヤマフジをUPする。

Nigana140425mFuderindou140425mYamafuji140425m

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アケビの花

2014年04月24日 | インポート

Akebi140424   昨日同様今日も雲ひとつない好天気である。そんななか,所要の合間をぬって糸米地区平地コースを歩いた。

  林にさしかかったところで早くもノイバラが咲きはじめているのを見かけた。もうしばらくすると白い花をいっぱいつけ楽しませてくれるであろう。その近くで,アケビの花が咲いているのを見かけたのでこれを今日の一枚とする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小さ小さな白い花

2014年04月23日 | 山野草

Yabujirami14042301   雲ひとつない好天である。そんななか山地の集落・岩杖(いわつえ) 地域をへ。谷川沿いを奥へ奥へと歩をすすめた。山田の田圃周辺ではムラサキサギゴケ,ナガミヒナゲシ,ノアザミ,レンゲソウ,オオジシバリ,オニタビラコなどを見かけカメラに収めた。

  林の縁のやや湿った場所で,白い小さな小さな花をいっぱいつけたつけた草丈7~80センチくらいの植物を見かけた。ネットで調べたところ「ヤブジラミ」という可哀想な名をもらった「セリ科の植物」と判明。これを今日の一枚とする。

Yamafuji140423  この時期,山のあちこちで,木々の枝に絡んで蔓を伸ばし,花をつけはじめたヤマフジをよく見かける。これを今日のもう一枚 とする。

  これらのほか,ニガナ,ツルカノコソウ,ミズタビラコ,ツボスミレ,タチツボスミレ,ナガバタチツボスミレ,カキドオシの群生,シャガなどを見かけカメラに収めた。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

綺麗なツツジ

2014年04月19日 | デジカメ散歩

Tutuji140419   今日は好天気かつ初夏をおもわせるほどの暖かさで,半そでシャツで丁度いいくらいである。

  そんななか,所要を済ませ「スポーツの森」周辺から「山越え」をし山地の集落経由の我が家までおよそ3キロ余コース。いつもは静かなところだが,今日は「野球大会」があるらしく,ユニフォームを着た小・中学生やその父兄たちで賑わっていた。 林の縁でツツジが咲いているのを見かけたのでこれを今日の一枚とする。

Onitabirako140419  花径が5~6センチくらいで,上花弁に濃い紅色の模様をつけている。おそらくモチツツジだとおもうが,この地域は「分布区域」なので確信が持てない。

草地では,早くもノアザミやニガナが咲いているのを見かけたほか,黄色い小さな花をいっぱいつけたオニタビラコ,ミツバツチグリ,マツバウンランの群生,山道ではナガバタチツボスミレなどを見かけた。これらのうち今日のもう一枚はオニタビラコとする。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アケビの仲間 ムベ

2014年04月18日 | デジカメ散歩

Mube14041802_2   ここのところ好天気が続いていたが今日は朝から雨模様。お昼前ころには雨もあがったことから,所要の合間をぬって白石・糸米地区平地コースを歩いた。

  林にさしかかったところで白い花をつけた「つる性植物」を見かけた。アケビの仲間であるムベ。これを今日の一枚とする。やがて長さが6~7センチくらいの楕円形の実をつけ晩秋には紅紫色に熟す。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クロモジとコバノミツバツツジ

2014年04月17日 | 山歩き

Kuromoji140417  朝から雲ひとつないとても心地よい好天気である。そんななか,所要を済ませ久々「21世紀の森」を訪れてみた。

   ここは,標高がおよそ500メートル余 あることから,木々の花が低地より若干遅れており,クロモジ(クスノキ科)の花がいま真っ盛りだ。これを今日の一枚とする。また,コバノミツバツツジも,蕾ばかりのものや咲きはじめのもの,見頃を迎えたものと,場所によって様々である。

Kobanomitubatytuji140417_2   今日のもう一枚はまたもやコバノミツバツツジとする。 ここのは,我が家周辺のものより色が濃い目のようだ。

  これらのほか,ナガバモミジイチゴやキブシ,未だに健在なアセビ,マムシグサ,ムラサキケマン,クサイチゴ,タチツボスミレ,ツボスミレ,そしてショウジョウバカマにも出会った。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ハルジオンが綺麗

2014年04月16日 | 山野草

Harujion140416   空は雲に覆われているものの弱い日ざしもありとても暖かい。今日も日中の最高気温が20度を超すと報じている。

  そんななか,今日も所要の合間をぬってカメラを持って歩いた。いま,あちこちでハルジオンが花をいっぱいつけているのを見かける。庭に咲いていても違和感がないほどにとても美しい。これを今日の一枚とする。この花はこの時期限定でやがてこれに似たヒメジョオンが咲きはじめ晩秋までの長期にわたり楽しませてくれる。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

珍しいスミレに出会う

2014年04月15日 | 山野草

Makibasumire140415   昨日に続き今日も好天気,しかも日中の最高気温は20度を超すと報じている。

  そんななか所要の合間をぬってカメラを持って歩いていると,我が家の庭にも咲いている「ビオラ」を縮小したような径がおよそ6~7ミリくらいの花をつけた植物を見かけた。これを今日の一枚とする。

  以前にも出会ったことのあるマキバスミレ(別名:ビオラ・アルベンシス )である。ヨーロッパ原産の「帰化植物」で,牧草地などで雑草化 しつつあることからこの名があるらしい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加