団塊の世代のつぶやき

誇れる日本を取り戻そう

★Korea国会が、DHC 吉田嘉明会長等を証人として召喚

2019年09月23日 | 韓国

  やはりKoreaは常識と言うものが無いようです。何と、このところ「虎ノ門ニュース」の放送内容にクレームを付けてきていたKoreaでとんでもないことを決めたようです。国会が、DHC 吉田嘉明会長 とDHC韓国法人社長を証人として召喚するのだそうです。
  こんなものに出たら産経の加藤さんの二の舞で長期間拘束されそうです。もう漫画ですね。

  さて、これはフェイクニュースでしょうか、それとも本当か。

  もし本当なら、ここは、吉田会長に出頭してもらって思う存分真実の歴史を語ってもらいたいものです。どうせなら、出演者全員も応援に行ってもらいたいものです。
  それを全世界に中継すればおもしろいのですが、させないでしょうね。

  それにしても、恥知らずもここまで来たら笑うしかないですね。

  今日の「虎ノ門ニュース」は、青山さんの都合で急遽ケント・ギルバートさんと門田隆将さんだそうです。この話題はどう切られるのか楽しみです。フェイクだとがっかりです。

コメント

★キリバスが台湾と断交

2019年09月23日 | 台湾

  Chinaの台湾に対する嫌がらせを、20日、第2279回の「★台湾とソロモン諸島外交断絶」で、取り上げましたが、何と、今度はキリバスが断交だそうです。
  いよいよ、太平洋はChinaのものと喜んでいるのでしょうか。それとも、もう注ぎ込む金が無いのにどうしようかと悩んでいるのでしょうか。と言うか、悩むような神経は持ち合わせていないのでしょう。

  それにしても、ソロモンもキリバスも今頃Chinaとの国交を無すんで金が引き出せると思っているのでしょうか。金を出す前に崩壊することが読めないのでしょうか。やはり、金の力には弱いのでしょう。

【ソロモン諸島に続いてキリバスも台湾と断交】

  この台湾の危機を救うことが出来るのは日本ですが、相変わらずChinaにべったりで台湾を見向きもしないようです。いずれ、大きなしっぺ返しを喰らうことになるでしょう。

コメント (1)

★豚にワクチン接種へ

2019年09月23日 | 日本再生

  Chinaの命運が掛かっているとも言える豚コレラが、2018年11月3日、第620回の「 豚コレラ、岐阜・可児で初の感染確認」で、取り上げたように種類は違うと言いながらも上陸しましたが、その後の日本政府の取り組みはどうみても本気で取り組んでいるとは思えないものでした。

  その意味がやっと分かりました。何とワクチンを使うことを躊躇していたようです。もっと早く決断していれば今頃は収束していたのじゃないでしょうか。

  何となく、福島原発のトリチウムを思い浮かべてしまいます。兎に角、やるべきことに対する決断が遅すぎます。やらなくていいアイヌ新法等は早いのですが、一体政府に何があるのでしょうか。

  外国人労働者や消費税などやってはいけないものは素早くやるこのちぐはぐさにどうにも納得が行きません。もしかしたら、日本崩壊をねらっているのでしょうか。

コメント

★日本製品不買条例、保留も

2019年09月23日 | 韓国

  今更、何を恐れて居るのかKorea政府が自治体の不買運動に懸念を示してしているそうです。まだ、何か集るつもりでしょうか。
  文ちゃんも今更躊躇せずに一気に国交断絶まで踏みきるべきでしょう。もうここまで来れば遠慮せずに徹底的にやるべきでしょう。今更後戻りは出来ない。

  産経ニュースより      2019.9.19 

  日本製品不買条例、保留も 韓国自治体 条例拡大に政府が懸念

 【ソウル=名村隆寛】韓国のソウル市などの議会が特定の日本企業を「戦犯企業」とし、自治体にこれらの企業の製品を購入しない よう努力を義務づける条例案を可決した問題で、同市を含む「全国市・道議会議長協議会」が条例の制定手続きを留保する姿勢を示し ている。

 同協議会は主要8市と京畿道(キョンギド)など全9道の議会議長で構成。17日、非公式の会合で留保することで一致したとい う。朝鮮日報によると、韓国政府が条例に問題があると地方議会議長らに説得しているという。

 韓国では7月以降、日本製品の不買運動が続いている。日韓関係の悪化が日韓の自治体交流など市民の水準に拡散することを韓国政 府や各自治体は懸念しているようだ。

 同様の条例は、ソウル市と釜山(プサン)市、京畿道、江原道(カンウォンド)、忠清北道(チュンチョンプクト)の5議会で可決 済み。これらの自治体では「通商問題などの国益を最優先に考慮して対応する」との見解をまとめており、同協議会では、首長が議決 のやり直しを要求しての条例廃案も可能だとの意見も出たという。

  懸念しているということは、やはり日本に未練があり、撚りを戻したいという下心もあるのでしょうが、そんな考えは捨てて国交断絶こそがKoreaの進むべき道です。今更間違うな。
コメント

★金丸信氏の次男ら訪朝から帰国

2019年09月23日 | 北朝鮮

  この期に及んで訪朝していた金丸信の次男が帰国したようです。親の血を受け継いで恥というものを知らないのでしょうか。
  未だに繋がっているというのも許せ無いものがあります。一体何を掴まれているのでしょうか。それともまだまだ金蔓なのでしょうか。

  偶然でしょうか、「虎ノ門ニュース」で、須田さんが金丸信に言及しています。

  曽我ひとみさんの絶望を考えると金丸は人間とは思えないですね。


  それにしても、何の企みがあるのでしょうか。

コメント