まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

イノセント・ラブ 第6話

2008-11-25 22:58:23 | 福士誠治 【イノセント・ラヴ】

救急車で運ばれる聖花。

心拍は回復するも、心肺機能が低下し、

医者から今日明日が峠だと言われる。



佳音に池田から電話が来る。

「お兄さんが自首をしたよ。」

耀司は素直に自供し始めたと。



殉也はフラフラと歩き教会へ。

「僕は神を信じられません。」

フラフラと出て行こうとする殉也に神父は、

「1つだけ神様がお許しにならない事がある。自ら命を絶つ事だ。」

「分かってます。」

ホントか? ビルの屋上に何しに来た?



昴が聖花のお見舞いに来た。

佳音は取って来る物があるからと昴に聖花を頼む。

殉也に電話してやっと繋がった。

「聖花さんの側にいてあげて下さい。

もし私が聖花さんならこのまま死んだりしません。」

・・・ウザい・・・何様?



昴が聖花に話しかける。

「とうとうアイツを楽にしてやる気になったの? お前最悪な女だもんな。」

聖花は結婚式前日も遊び歩き、おまけに昴にまで・・・

「殉也の愛情が重いの。私にはこんなに愛される価値はない。

知ってるでしょ?」


聖花は実は昴が好きだったのか?

そうじゃないとしても、じゃあなんで結婚しようとしたんだよ。

断ればよかったじゃんか!!



佳音がオルゴールを持って戻って来て聖花に聴かせる。

「聖花さん、聴こえますか? 殉也さん、側にいますからね。」


ちょ~ウザイ。何? なんなの?

若干キモイんですけど・・・あたしだけ?



殉也も病院へ戻って来て、オルゴールの音を耳にする。

すると奇跡的に回復する聖花。変なの。

そして自宅へ戻る事に。


意味分かんない(-_-;)

今日明日が峠ですって言われたのにもう自宅!?

いくら安定したとしても、それはちょっとどうかと思うよ。

で、佳音はいつまで殉也の家にいるんだい?



耀司は前の刑務所にいるみたい。

藤堂看守に「妹さんは来ないな。」と言われると、

「あいつはもう来ない。俺が両親を殺したと言ったから。」と。

「藤堂さんもそう思ってたでしょ?」と言われるも、

なんとなくしっくりきてない藤堂。



ピアノを練習する佳音。

殉也がいない時でも、聖花に弾いて聴かせれば、

殉也がいると思うんじゃないかって。

殉也はそんな佳音にピアノを教える。

(あたしは幸せです。お兄ちゃん。あの時の事を思い出さなければ。)


幸せですってあんた・・・(-_-;)

随分能天気ですこと。お兄ちゃんは刑務所だっつーの!!



寝ていて襲われた時の夢を見た佳音。

殉也が声をかける。「話して。・・・イヤじゃなければ話して。」

ウザイ・・・(-_-;)

「時々、夢を見るんです・・・」と素直に話す佳音。

「トランプしようか」と殉也。何で?

そして聖花が動いてる・・・怖い・・・怖いよ、聖花・・・



2人仲良く店にご出勤♪

マスター達にからかわれる。

佳音は完全に耀司を忘れてるな・・・お前のせいなのに・・・

その時、佳音に電話が。

藤堂からで、今までのに今回の刑期が加算され、

被害者との示談が成立すれば刑期は短くなる。と。

「お兄さんに会いに来てやってくれませんか?」

藤堂さん、いい人。

もしかして耀司が犯人ではないと思ってるのかもね。



佳音は耀司に会いに行く。

「本当の事教えて。」

「全部思い出したんだろ?」

思い出したのは耀司がナイフを持っていた事だけ。

「本当にお兄ちゃんなの?」 

「そうだよ。俺がやった。」

父親にうんざりしていたと言う耀司。

佳音に「じゃあ、お母さんは?」と言われ、目が泳ぐ耀司。

「父さんを庇ったからだ・・・」と苦し紛れの理由を言う。

「俺のことはもう忘れろよ。この世にいないもんだと思ってくれ。

あの人、いい人そうじゃないか。」と。

ただ、池田にだけは気をつけろ!!と念を押す耀司。


ん~・・・やっぱ、耀司が犯人ではないな。

あたしの願望だけど(笑)

耀司だったら当たり前すぎてつまんないよ。



面会が終わり、帰ろうと廊下を歩いてると、なんと池田が!!

こやつも刑務所に来てたのか!!

耀司に会いに来たらしい。

佳音に「お兄さんがなんで俺を襲ったのかだ。

今明らかになってる罪以上に隠したい事があるからじゃないのか?」と言う。

真実は人を追いかけて来る。

人は真実に復讐されるんだ。

魔王?



いつまでも帰って来ない佳音が心配で捜しに出る殉也。

佳音が歩いて来るのを見てホッとする。

「帰ろう」と佳音の腕を掴むと、佳音の記憶が・・・

そしてそのまま倒れてしまう佳音。殉也はビックリ。



佳音の目が覚めると、そこは殉也の家。

「僕はもう君がいないとダメなんだな。」

なんじゃそりゃ。どうゆう意味だよ。聖花はどうすんだい。

「やめて下さい。私にはそんな価値ないです。

だからみんな私から離れて行くんです。」

「僕は離れないよ。前にも言ったろ。」

何!? だからなんなの??? それは告白なの?



その時、聖花寝返りタイムのアラームが。

部屋に行くと、なんと聖花が起き上がっていた!!

何故~!! 寝たきりだった人が急に起き上がれるんか~い?

殉也は聖花を抱きしめる。

「離れないよ」と言ったくせに、早速離れたじゃん。

佳音ポイ捨てか?(笑)





死にかけた人がこんなにも早く目覚めるのか疑問です。

そして殉也の言動も意味不明。

聖花が目覚めたら佳音は邪魔じゃん。

それよりいい加減、早く佳音の記憶戻ってくれないかしら・・・

いつまで引っ張るんだよ(-_-;)


福士くんの優しい語り口調が堪らなくいい!! (>艸<*)



第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

コメント (10)   トラックバック (5)