bozzo★bozzo★bozzo

沖縄から東京へ!流転の写真日記

【Dec_26】東京ジャーミー

2018-12-28 | Photo-diary
#photobybozzo
Comment

【Dec_28】保坂展人×金満里

2018-12-28 | ACT!
劇団態変『イマージュ』最新号届いた〜!


主宰金満里さんと世田谷区長保坂展人さんの対談が非常に示唆に富んでいて、唸りまくり。
金さんの施設体験から発せられる言葉がグサグサ突き刺さる。

「施設の中に入れられて、何もしない、そして自分自身を実感できない、
何事も周りに起こっていることを他人事だと思っていく、そういう生活の中で19名の殺害」
が起こり、
殺されてゆくことを他人事のように受け入れていくのが、現代社会そのものだと。

「今の社会の中に生きていても、ひとりずつが自分のことと思えることが、どこまで、どれほど多くあるのか」。
飼い馴らされ、社会に順応してゆくことで本質がどんどん損なわれていく。

連続射殺犯として死刑執行された永山則夫さんの「精神の鯨」という話…

『鯨の背の上で大海を漂流している「ぼく」は、飢えて鯨に「君を食べていいかい?」と聞きます。
鯨は「仕方ないよ」と答え、「ぼく」は鯨をほんの少しだけ、また少しだけと毎日食べていく。
3分の1食べたところでひどいことだと気付いて謝るのですが、鯨はもう死んでいた。
そのとき「ぼく」は、鯨が自分自身の精神であったということに気付く』


という説話が、現代社会の病巣を端的に物語っていて、
保坂さんや金さんが「沖縄」という土地の力によって【再生】されたエピソードを聞くと、
ボク自身もまさしく「沖縄」によって【再生】した口なので、

「ああ、平成を締め括るに当たって、この国はとうとう辺野古土砂投入で、リアルに本質を損ない始めたのだ」
という事実に突き当たり、茫然としてしまう。

元号が変わり、人間社会は果たしてどうなってしまうのか?
このまま堕落の一途を辿るのか、
ひとりひとりの気づきを得て恢復へと向かうのか、
喫緊の問題として、考えなければならない…と魂がぶるぶる震えるのです。

#photobybozzo
Comment

【on_Flickr】JUGGLER_01

2018-12-27 | DANCE
ハチロウ@北千住
#photobybozzo

写真UPしました〜!
【on_Flickr】JUGGLER_01
Comment

【Dec_26】六本木ミッドタウン

2018-12-27 | Photo-diary
#photobybozzo
Comment

【Dec_26】田端ナッシング駅前

2018-12-27 | Photo-diary
#photobybozzo
Comment

【Dec_26】ガイアシンフォニー第3番

2018-12-27 | BOOKS&MOVIES
ガイアシンフォニー第3番』再見!@シネマチュプキ田端

視覚障害の方が映画を楽しめるよう、音声ガイダンスを付した映画を上映する映画館で、
星野道夫さんの妻直子さんのアフタートークがあるとのことで足を運ぶ。

「ガイアは一つの大きな生命体」をテーマに第8番まで続く龍村監督の作品だけど、
あらためて深く心揺さぶられる体験でした。

五千年一万年のスパンで流れる時を感じ、
有象無象の営みの一部として人間が存ることを、
誠実に紡いでゆくその姿勢。

同じ生き物として何をそんなに急いでるのか…と猛省するしかないほど、
この作品には豊かな時間が溢れていました。

特にハワイのナイノア・トンプソンが、
人間の感性だけで5000キロの航海をする章は、
地球と人間のつながりがいかに自然なことかを絵解きするようで、
激しい嗚咽を伴う感動がありました。

星野道夫の残した志が、20年の歳月を経て語られる素晴らしさ。
直子さんも映画の中で語ってるように、
悲劇的なものから本当の希望が生まれる…というテーゼは、
この悲惨極まりない現代社会に一条の光が射す救いだと、心底思った次第。

#photobybozzo
Comment

【Dec_26】1/10_Fukushimaをきいてみる

2018-12-27 | BOOKS&MOVIES

古波津陽監督『1/10 Fukushimaをきいてみる』初回上映体感。

2013から回を重ね、定点観測も6回目。
フクシマの声も多様になってきて、なるほど「モヤモヤ度」も上がったような。

聞き手のみゆきさんも出産を経験し、受け止め方も多様になっただろうし、
浪江や楢葉の近距離圏も、未来に向けての現実的な動きが本格化したこともあって、
【原発事故】から前に進もうとしているフクシマの今が伝わってきた。

何より印象的だったのが、みゆきさんのご両親。
「生業を取り戻す」訴訟の結審が下って【一部勝訴】となっても、
「決してナシにすることはできね」の一言が、突き刺さる。

まだまだ何度でも振り返って考えなければならない話なのだ。

#photobybozzo
Comment

【Dec_26】初・俳優座劇場

2018-12-27 | DANCE
初・俳優座劇場

小林多喜二の『蟹工船』を舞台化した小山内薫と土方与志の築地小劇場の、
門下生である千田是也が尽力した俳優座の劇場。

その時間の流れを知るだけでも、この劇場の存在意義が伝わってくる。

ジュリー伊藤や中川安奈が、千田是也の親族に当たるとは。
その顔立ちや雰囲気の近さにつながりを感じ、戦慄する。(敬称略)

#photobybozzo
Comment

【Dec_26】深谷正子ソロ『棘を呑む』

2018-12-27 | DANCE
深谷正子ソロ『棘を呑む』@俳優座劇場

初俳優座劇場で、観客として初めて深谷さんのソロに対峙し、
2018年末の今、この舞台にて60分間ソロを提示する深谷さんの気持ちに思いを馳せる。

300名のキャパ、最後列からも足先まで見える設計の舞台で、
上野雄次さんの花道作品と、奥野美果さんのガラス作品を相手に、ドラマ性を極力排除した振り。

わなわなと四肢を震わせ、転倒し這いずり、転げ、宙を見つめる。
やがて壁を支えに腰を伸ばし、四肢の震えが収まり、自信すら漲る立ち姿に。
総てを呑み込み、咀嚼し、血肉化し得たようなその振舞に、
71年の歳月を刻んだ「身体」そのものへの自負すら漂う。

総てを請け負い、共に進もう…という、その漲った力に、
観る者はパワーをもらったのではないだろうか?

なんとも清々しく、愛に溢れた作品だった。

#photobybozzo
Comment

【Dec_24】SATYAM3 photo by bozzo

2018-12-25 | PHOTO
SATYAM3 with VONNOZ
@十条富士塚
#photobybozzo

HP_TOP更新しました。
www.bozzo.jp
Comment

【Dec_24】SATYAM3 in 2019 alternative04

2018-12-25 | PHOTO
SATYAM3 with VONNOZ
@十条富士塚
#photobybozzo

HP_TOP更新しました。
www.bozzo.jp
Comment

【Dec_24】SATYAM3 in 2019 alternative03

2018-12-25 | PHOTO
SATYAM3 with VONNOZ
@十条富士塚
#photobybozzo

HP_TOP更新しました。
www.bozzo.jp
Comment

【Dec_24】SATYAM3 in 2019 alternative02

2018-12-25 | PHOTO
SATYAM3 with VONNOZ
@十条富士塚
#photobybozzo

HP_TOP更新しました。
www.bozzo.jp
Comment

【Dec_24】SATYAM3 in 2019 alternative01

2018-12-25 | PHOTO
SATYAM3 with VONNOZ
@十条富士塚
#photobybozzo

HP_TOP更新しました。
www.bozzo.jp
Comment

【Dec_24】SATYAM3 in 2019

2018-12-24 | PHOTO
SATYAM3 with VONNOZ
@十条富士塚
#photobybozzo

HP_TOP更新しました。
www.bozzo.jp
Comment