bozzo★bozzo★bozzo

沖縄から東京へ!流転の写真日記

【Apr_28】福島県護国神社

2013-04-29 | PHOTO
後藤健司さん&真穂子さん挙式。

「耐久性」という言葉はよくプロダクトなどに使われるけれど、
人間にも「耐久性」という要素は必要じゃないか…と
今回の後藤夫妻の挙式に参加して思った。

何度も何度も熱して叩いて冷やして丈夫な鋼になるように
人間もさまざまな艱難辛苦をなめて丈夫な鋼になる。

そういった人は懐も深く、交友にも恵まれ慕われ、信頼も厚い。

世の中の流れが速くなって、ともすれば「耐久性」なんて
5年も持てば良しとするようなご時世だけど、

長い目で見れば…良いモノは時代を超えて愛され、
いつの時代にも目標となる示唆を与えてくれる。

人間だって、根太く生きればじわじわと滋味深い味わいで
周りの人たちを温かくしてくれるもんだなぁ…と。

健司さん真穂子さんには、そんな「耐久性」が備わっているなぁ…と。
だから、集まる人たちもとても心温かい人たちばかりだなぁ…と。

やはり、芯をしっかり持って生きれば、自ずと備わってくるのだ。
すてきなおふたり、末永くお幸せに。



Comment

【Apr_26】新馬場

2013-04-27 | Photo-diary
Comment

【Apr_23】なんじゃもんじゃ

2013-04-23 | Photo-diary
近所の仙台堀川公園で満開だったこの木を見上げていたら
「今年は早いねえ…」と感慨深くつぶやくおじさん。
いつもはGWに咲くらしい。

今年は桜も早かったからもしや…と思って来てみたら、
「あと2,3日で雪のように散るよ」と、おじさん。

種がないから株分けしないと増やせないらしい。
だから、非常に珍しいので誰も名前がわからない。
「なんじゃこの木は?」と言われ続けて「なんじゃもんじゃ」の名が付いたと。

そんな話が聞けるのだから、天気の良い日は、気持ちいい。

Comment

【Apr_23】松葉菊

2013-04-23 | Photo-diary
松葉菊(まつばぎく)

陽の光を受けないと花が開かない。
何度も通る駅までの道端で、
やっと今日タイミングよく花弁を広げてくれた。

なんとも愛らしい。

Comment

【Apr_19】かえるP

2013-04-22 | DANCE
かえるP
Comment

【Apr_19】橋本規靖+大園康司

2013-04-22 | DANCE
かえるP
Comment

【Apr_19】橋本規靖

2013-04-22 | DANCE
かえるP
Comment

【Apr_19】大園康司

2013-04-22 | DANCE
かえるP
Comment

【Apr_19】中村蓉+村田茜

2013-04-22 | DANCE
Comment

【Apr_19】中村蓉

2013-04-22 | DANCE
Comment

【Apr_19】村田茜

2013-04-22 | DANCE
Comment

【Mar_24】西村伊作自邸内観

2013-04-22 | KUMANO
家具も西村の自作。
このモダンなセンス。
百年前のものとは思えぬ。


Comment

【Mar_24】西村伊作自邸

2013-04-22 | KUMANO
和歌山県新宮市に1914年建立、国の重要文化財。
西村伊作が自ら設計を手がける。

中上健次が主宰した「熊野大学」の前身「隈ノ會」の会場として使用されてもいる。

健次にとって大逆事件で処刑された43歳の医師大石誠之助は、
小説でもっとも描きたかった人物であり、
表現者として、国家権力につぶされた大石を描くことは、
新宮という土地が担わざるを得なかった
「神武以来敗れ続けてきた闇に沈んだ国=隠国(こもりく)」
「大和に平定された場所=逆さまの国家」
の宿命と向き合うことでもあった。

  「隷従の文化に縛り付けられているこの地方には、
   現実の力の壁を食い破るエネルギーが満ちており、
   神話や物語が現実に内在した豊饒の世界がある」

大石の甥にあたる西村伊作もまた、
叔父のリベラルな精神を受け継ぎ「文化学院」を創立、
戦中は不敬罪により投獄されるのだけど、

大石誠之助、西村伊作、そして南方熊楠や中上健次に共通しているのは、
この土地がもつ独特の風土、海と山が混淆する「陸の孤島」に育ったこと。
北方の植物と南方の植物が併存する類い希な「大いなる自然の宝庫」で育まれたこと。

人知の及ばぬところがある…と思い知らされた経験があるから、
人間主導の浅はかな「国」の成り立ちは、はじめから信用していなかったのだと思う。

そして震災後のニッポンは、相変わらず迷走を繰り返している。
東北の民を、フクシマをおざなりにしたまま、MOX燃料をフランスから持ち込もうとしている。
普天間基地移設を自治体レベル、市民レベルの問題に落とし込み、「主権回復の日」を祝おうとしている。
被災地復興に手をさしのべるのではなく、アベノミクスのマジックで企業の私財に加勢することで
忌まわしき「3.11」を忘却の彼方へと葬ろうとまでしているのだ。

畠山美由紀の「我が美しき故郷」じゃないけど、
東北の民も、沖縄の民も、熊野の民も、厳しい自然から学んでいるところが大きいのだろう。

人間至上主義からは、近視眼的な発想しか生まれない。














Comment

【Apr_22】文化学院

2013-04-22 | KUMANO
1921年4月22日創立。本日、創立記念日。

和歌山県新宮生まれの西村伊作が創立者。
1943年、不敬罪によって西村が投獄されると、文化学院も強制閉鎖となり、
連合軍捕虜収容所として使われたため、大空襲時も戦火を免れた。

「国の学校令によらない自由で独創的な学校」を目指して作られた背景には、
叔父の大石誠之助が1911年、明治天皇暗殺計画の大逆罪により死刑に科せられる…という
国政、国策に対する強い不信があったと想像される。

Comment

【Apr_15】矢嶋久美子

2013-04-21 | DANCE
【on_Flickr】0415_yajima+isa

BATIKトライアルvol.12より
Comment