外苑茶房

神宮外苑エリアの空気を共有し、早稲田スポーツを勝手に応援するブログです。

週べ今週号

2011-01-25 21:07:59 | 大学野球
週刊ベースボール今週号は、プロの各球団のキャンプ情報と大石・斎藤・福井・加賀美らの新人関連記事、和田、越智、田中、加藤、久米ら六大学OBの近況、大学ジャパンの新スタッフ、そして一昔前の東大野球部の写真など、かなり楽しめる内容です。

そして、斎藤くん人気に応えて、ベースボールマガジンは、週べ増刊号も発売予定のようです。

さすがのフットワーク。
商機を逃しません。
-------------

週べ増刊号といえば、今では当たり前の存在となっている大学野球の展望号/決算号が発行されるようになったのは、怪物・江川が法政に入学した1974年(昭和49年)のことでした。

この年は、「花の49年組」と称される大型新人たちが、ドラフト指名を蹴って六大学各校に大挙して入学して、神宮は活況を呈しました。

ちなみに、プロでは長嶋選手の引退、六大学では早稲田が春季リーグで優勝して、大学選手権でも一気に日本一まで上り詰めた年。

私個人はといえば、青山高校を卒業するも、奔放に過ごした三年間の報いで、代々木ゼミナール原宿校舎に寂しく身を置いた年でもあります。
(><)
----------

さて、この年の六大学の思い出話をすると、どうしても「花の49年組」の一年生たちに話題が偏ってしまいがち。

しかし、いま思い出しても胸が踊るような、素晴らしい選手が各校の上級生にいました。

冒頭の写真は、東大の四番打者・平尾選手です。
秋季リーグの法東一回戦で怪物・江川を打ち崩し、江川に初黒星を味わせた殊勲者の1人。
各校のエース投手に対した時も、甘い球ならば外野スタンドに軽々と運んでしまう、リーグ屈指の強打者でした。


こちらは、この年の六大学で私が最も好きな打者だった、法政の新井外野手です。

軸のブレないスイングと、大人びた端正な面構え。
「大学の野球選手って、年齢差以上に大人っぽく感じるな」と畏敬の念を抱いてしまう雰囲気を漂わせる、私の憧れの選手でした。



こちらは、早稲田の前川善裕選手。
小橋主将と共に、大学日本一を達成した早稲田の主軸を担いました。
-------

もし、私が現役合格していれば、学生席から眺めることになったはずの名選手たち。

浪人中に何試合か観戦してはいますが、腰を据えて観戦できなかったのが残念です。
それぐらい、魅力のある選手たちでした。
Comments (4)