外苑茶房

神宮外苑エリアの空気を共有し、早稲田スポーツを勝手に応援するブログです。

早東2回戦_連勝で勝ち点

2017-04-30 16:55:45 | 大学野球
早稲田先勝で迎えた早東2回戦は、早稲田打線が爆発して大勝、連勝で勝ち点2としました。


早稲田の先発は柳澤くん。
散発2安打で無四球完封勝利という最高の内容の投球、そして打撃でも適時打を連発してチームの勝利に大きく貢献しました。

野手では、若き4番打者 加藤くんが 魅せました。
早大の2年生四番・加藤が満塁弾!今リーグ戦3本目!ハイライト動画【4/30東京六大学野球 第四週 2回戦 東京大学vs早稲田大学】 | 大学野球 | Baseball Gate

加藤くんは東大バッテリーから徹底的にマークされ、第1打席から第3打席まで敬遠ぎみの四球が続きました。
満塁で迎えた第4打席でもボールが先行しましたが、そこでストライクを取りにきた球(今日の試合で2球目のストライク)を逃さず左翼外野席に運びました。

加藤くんの打撃は、フォローの大きなスイングが生み出す長打力が特徴ですが、確実性も兼ね備えているんですね。

長打率(塁打数÷打数)は、驚異の1.166。
六大学屈指の強打者である慶応の岩見選手の長打率が0.714ですから、その凄さが分かります。

今日の時点で、加藤くんは打率・本塁打・打点の3部門でリーグ1位となりました。

=======

注目の第二試合では、法政も明治に連勝!
これで、早稲田にも自力優勝の可能性が復活しました。

早稲田としては、残る立教戦、早慶戦で勝ち続けるのみです。
チームとして、投打の軸が固まってきたのが心強いです。

Comment

早東1回戦_早稲田が先勝

2017-04-29 18:31:39 | 大学野球
穏やかな陽気のもとで行われた早東1回戦は、リーグ戦初先発のルーキー早川くんが8回途中まで無四球で投げ抜き、打っては若き4番打者 加藤くんが4打点と活躍して、早稲田が先勝しました。

オープン戦でも何度か先発した早川くん。
オープン戦では、状態が良くても悪くても最長5回ぐらいまでの登板でした。

小島くんがベンチを外れた今日は、高橋監督は早川くんに完投を期待されたと思います。
でも、6回あたりから疲労の色が隠せなくなってきました。
それでも 無四球で投げきったのは立派です。

明日は、柳澤・大竹くんらの4年生投手の頑張る番です。

======

本日の第一試合では、法政が明治に先勝。
開幕から4連勝してきた明治に土がつきました。

今日は、早稲田だけでなく法政にも勝ってもらわなくてはと、私はオレンジ色のシャツを着て神宮球場に行きました。
その甲斐あって、法政が勝ちました。

明日も法政に頑張ってもらえるよう、早稲田ファンも応援いたしましょう。
(^-^)/
Comment (1)

早スポの展望記事

2017-04-28 21:51:37 | 大学野球
早スポが早東戦展望をアップしてくれました。
東大戦展望 | 早稲田スポーツ

もう一敗もできない早稲田。
東大も着実に力を蓄えていますが、ここは連勝で勝ち点を取りましょう!

=======

昨夜は、早実と日大三高との乱打戦が全国ニュースでも大きな話題となりました。
18-17の“思わず笑っちゃう”激勝。清宮幸太郎「いやあ、宣誓だ……」 - 高校野球 - Number Web - ナンバー

スター選手ばかりに偏ってスポットライトを当てるのは、スポーツメディアの病気です。
(T_T)
夏の甲子園予選での再戦を睨んで日大三高は"清宮キラー"のエース投手を温存しました。
その日大三高と互角にやれたからといっても、決して楽観できるものではありません。

エース投手育成は一朝一夕ではできませんし、仮に現在のまま夏の甲子園に出場できたとしても、全国レベルの好投手と対戦したら、とても勝ち上がれません。
もしエース投手の確立が間に合わなければ、投手のできる選手を10人ぐらいベンチ入りさせるなどの奇策もあり得ますね。

======

ゴールデンウィークが始まります。
旅行を計画されている方も多いでしょう。

小学校低学年の頃、旅行を題材にしたマンガやゲームが私は大好きでした。
それらに熱中したおかげで、学校で地理を学ぶことになったとき、「この教科は得意だ」と、大した根拠もない自信が生まれました。
ところどころに知っている部分があるだけでしたけれど。
でも、その妙な自信は高校時代まで続きました。

皆さまに小さなお子さん、お孫さんがいたら、プレゼントしてみたらいかがでしょうか。
わくわく世界旅行すごろく
クリエーター情報なし
アーテック

日本地図おつかい旅行すごろく
クリエーター情報なし
アーテック

サザエさんと日本を旅しよう! (アニメ「サザエさん」放送45周年記念ブック)
クリエーター情報なし
扶桑社






Comment

早東戦 展望

2017-04-27 17:02:36 | 大学野球
次の週末は早東戦です。
早明戦連敗は痛いですが、気持ちを切り替えて東大に連勝をいたしましょう。


早東戦では、投手陣の建て直しが求められます。

ここまで第1エースを務めてきた小島くんですが、早明戦での状態を考えれば、休むことも選択肢のように思えます。
柳澤、大竹、早川の3投手を軸に、もう一度 役割分担をし直して臨むことになるのでしょうか。

東大は、なんといっても宮台投手の調子如何です。
宮台くんは社会人野球 明治安田生命を4安打完封した実力者。
彼が本来の実力を発揮したら、早稲田打線も 簡単には得点できないでしょう。
ここまでの宮台くんは本調子とはいえません。
次の土曜日に どんな状態で登板してくるのか、注目です。

========

今村復興大臣が更迭されました。
東京新聞:復興相を更迭 政権の「緩み」は深刻だ:社説・コラム(TOKYO Web)

これまでも問題発言の絶えなかった今村氏ですし、自身の発言が なぜ問題視されているのか最後まで ピンときていない様子でしたから、お話しになりません。
このような人物を擁護してきた安倍さんも反省してもらわないと。

今村氏は 旧国鉄のキャリア組でした。
高級官僚といえども鉄道マンの一員。
本来、社会的責任に対する使命感は人一倍 というお仕事です。

東日本大震災後の緊急石油輸送では、鉄道マン魂が見事に発揮されました。
今村氏も 国鉄入社時の初志を思い出してください。
"希望のレール 被災地へ燃料を" を YouTube で見る


Comment

高麗大学との定期戦は中止

2017-04-26 22:00:44 | 大学ラグビー
朝鮮半島における緊迫した状況をうけ、ラグビー部が高麗大学との本年度の定期戦を中止しました。
今年の早稲田大・高麗大定期戦は中止… 朝鮮半島情勢で早大が韓国遠征回避(1ページ目) - デイリーニュースオンライン


高麗大学の所在地はソウル市内。
もし武力衝突が発生してしまった場合、開戦初頭に北朝鮮軍から猛烈な砲撃をうける恐れがあります。
定期戦の高い意義を認識しつつも、ここは自重するのが賢明でしょう。
https://www.konest.com/m/school_campus_detail.html?id=4132


朝鮮半島に 平穏な日々が回復するのを祈るばかりです。

=======

ラグビー部は 春季大会を戦っていますが、初戦は 散々な結果でした。
セットプレーが崩壊、無念の完封負け | 早稲田スポーツ

NEWS|RUGBY REPUBLIC(ラグビー共和国)

一方、明るい材料もないわけではありません。
【新鮮力】山下体制2年目!早大FWに100キロ台が6人加入 - SANSPO.COM(サンスポ)

次の試合は東海大学戦。
ぜひ 前途に光明の見える試合ができるよう 応援いたしましょう。
Comment

慶応が勝ち点

2017-04-25 21:13:18 | 大学野球
慶立4回戦は、慶応が長打攻勢で大勝して勝ち点をあげました。
これで、明治と慶応が勝ち点2で並びました。

======

秋篠宮 佳子さまが英国に留学されると報じられています。
皇族が留学されるのは、やはり英国なんですね。
佳子さま ことし9月からイギリスの大学に留学へ | NHKニュース


ところで、佳子さまは国際基督教大学(ICU)に在学中。
宮中の儀式は神道に則ったものであるだけに、「皇族がキリスト教の学校入ることも 許容される時代になった」と、少し新鮮な印象も受けます。
一昔前は、思想や宗教が絡まないように、皇族は大学では自然科学を専攻すると聞いていましたから。

私の法学部のクラスメイトに、富山県立高岡高校出身のYくんがいました。
大学受験で Yくんは早稲田とICUに合格しました。
海外志向の強かったYくんはICUに入学手続きをとろうとしたそうですが、そこで彼のご両親から大反対されてしまいます。
実は、彼の実家は神社。
ご両親としては「神社の長男がキリスト教の大学に入学するなんてとんでもない」ということでした。

東大落ち・京大落ちで早稲田にやってきたというクラスメイトは掃いて捨てるほどいましたが、キリスト教の学校だけはダメと言われて早稲田にきたのはYくんだけでした。
(^-^;

なお、社会正義派だったYくんは、大手新聞社に就職し、報道記者となりました。
Comment

大学スポーツの話題

2017-04-24 21:27:58 | 大学野球
神宮球場では慶立3回戦が行われ、慶応が勝って1勝1敗1分けとなり、4回戦に突入しました。

慶応と立教の試合は、もつれやすい印象があるのですが、今季も凄い展開となってきました。
(^-^;
=======

メジャーで頑張る青木宣親くんについて、嬉しい記事がありました。
【MLB】青木、ファンが選ぶ「アストロズの新加入選手の攻撃面でのサプライズ」で堂々の1位に | ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)

同世代の鳥谷くん、田中浩康くんらが若手選手の追い上げに苦労しています。
異国で生き抜いている青木くんには、全く頭の下がる思いです。
(^-^)/ ガンバレヨ~!
======

早稲田の応援部の新人入部状況です。

現時点でリーダー11名、吹奏楽団17名、チアリーダーズ34名、全部で62名の新人が入部し、今年も約200名の大所帯になりました。

彼らには大変な苦労が待っていると思いますけれど、頑張り抜いて、花の幹部になってください。

======

大学スポーツ新興に関して、スポーツ庁から 一つの提言がありました。
「大学スポーツの振興に関する検討会議」最終とりまとめの公表について~大学スポーツの価値の向上に向けて~:スポーツ庁

それを朝日新聞が今日の社説で取り上げました。
(社説)大学スポーツ 改革に求められる視点:朝日新聞デジタル


お手本となっている米国では、一つひとつの州に独立国のようなサイズと気質があります。
それが プロや大学におけるスポーツビジネス発達の土台になっていると思います。

こじんまりした島国の日本でも、例えば野球では独立リーグのチームが各地で活動しています。
しかし、最も集客力のあるはずの野球ですから、ビジネスを軌道に乗せることは容易ではないようです。

立派なアリーナを建設して、プロと大学が併用するとしても、越えなくてはならないハードルが数多くありそうです。
大都会のマンモス大学・早稲田出身の私ですら尻込みしてしまうのですから、地方の中堅・中小大学では 全く別世界の話題と受けとめられているのではないでしょうか。
Comment

早明2回戦_連敗で勝ち点落とす

2017-04-23 19:10:23 | 大学野球
明治の先勝で迎えた早明2回戦は、2対3で接戦を落として連敗。
悔しいですが、早稲田は勝ち点を落としました。


早稲田の先発 柳澤くんは、6回を投げて3失点。
失点はありましたが、強敵 明治を相手に、先発投手としての役割を果たしたと思います。

2番手 大竹くん、3番手 早川くんも良く投げました。
特に、ルーキー早川くんは、最速147kmの速球、そして良くコントロールされた変化球とのコンビネーションで明治打線を翻弄しました。

終わってみれば、2試合とも1点差の敗北。
早スポ記事によれば、小島くんは足首を捻挫していたようで、その状態の見極めが勝負の分かれ目になったように思います。
今となってはタラレバとなりますけれど、大竹くんと早川くんに別の起用方法があったのかも知れません。

また、再三のバント失敗も 流れを失う要因となりました。
このあたりは、打撃陣の大きな反省点ですね。
東伏見に帰ったら、バント練習あるのみです。


======

今日の第一試合では、立教が隙のない野球で慶応に先勝しました。
立教の最後の優勝は平成11年(1999年)秋。
21世紀に入ってから、まだリーグ優勝がありません。

今季の立教は、澤田、佐藤らの看板選手たちが卒業して ベンチ入りメンバーが ガラリと入れ替わりましたが、そのような年は 案外 まとまりの良いチームができて強いものです。
今季の立教は 要注意です。

=====

ラグビー春季大会で、早稲田は大東文化大学と対戦し、0対27で零封負けを喫しました。

勝敗はともかく、無得点というのは ちょっとショックです……
(T_T)
Comment

早明1回戦_逆転負け

2017-04-22 17:13:30 | 大学野球
春季リーグ戦前半の天王山となった早明戦。
早稲田は、初回に4点を先取する 最高の滑り出しとなりましたが、投手陣が踏ん張りきれずに痛恨の逆転負けを喫しました。


早稲田の内野守備の乱れなどもありました。
しかし、投手陣の不調が 今日の最大の敗因であることは間違いありません。
特に、あれほど制球に苦しむ小島投手を私は初めて見ました。

一方、明るい材料としては、故障の癒えた大竹投手が戦線に復帰したこと、期待のルーキー吉澤内野手(1年、大阪桐蔭)が代打でリーグ戦初出場を果たしたことなどが挙げられます。

明治も、投手陣は制球に苦しんでいましたし、打撃陣も明らかなボール球を振ったりしていましたから、つけいる隙は あちこちにあります。

まだ一敗。
早稲田が自分たちの野球をやれば、活路が見いだせるはずです。

明日は勝ちましょう。

ガンバレ早稲田!
Comment (1)

ラグビー春季大会

2017-04-21 23:08:58 | 大学ラグビー
大学ラグビー春季大会が始まります。
上位校ばかりが相手ですから、これは注目です。
関東大学春季大会展望 | 早稲田スポーツ

大半が自校グラウンドでの試合となります。
野球部の試合日程を確認しながら、ラグビー部も応援いたしましょう。

=======
早慶レガッタ対校エイトの実況映像がありました。
臨場感溢れる映像ですよ。
"2017早慶レガッタ対校エイト" を YouTube で見る

=======
昨夜のNHKテレビで、南スーダンPKOからの自衛隊撤収開始について解説していました。
「自衛隊 撤収開始 南スーダンPKOが残したもの」(時論公論) | 時論公論 | NHK 解説委員室 | 解説アーカイブス


政府の公式見解を額面どおり受け取っている国民は少ないでしょう。
今回の時論公論は、自分なりに視点を整理するのに とても有益でした。

どうやら死傷者ゼロのまま撤収できそうになってきた南スーダンPKO。

現地に派遣された隊員の皆さんのご苦労に対しては、感謝の気持ちしかありません。

一方、国会での反対意見を強引に押し切って新任務を付与したものの、結局は政権維持のために撤収を決定した政府、
あるいは、日報問題において国益よりも省益を優先した防衛省
どちらも国民の信頼を損なうものでした。

PKOは、いまや武力行使の伴うものへと変質しています。
南スーダンからの撤収が無事に完了したら、これから日本が どのように取り組んでいくべきか、ゆっくり考えてみたいです。
Comment