外苑茶房

神宮外苑エリアの空気を共有し、早稲田スポーツを勝手に応援するブログです。

亜細亜大学戦は雨天中止

2016-08-31 07:06:21 | 大学野球
亜細亜大学とのオープン戦は、雨天中止となりました。

東都の強豪校との対戦で、楽しみにしていた東伏見ファンも多かったのですが、台風の影響とあれば致し方ありません。

=======

週ベ増刊「大学野球」秋季リーグ戦展望号は 本日(8/31)が発売日です。

お忘れなく!

========

水泳部OBの河合純一さんがパラリンピック殿堂に選出されました。

おめでとうございます!
水泳部OB 河合純一さんが『パラリンピック殿堂』に選出されました – 早稲田大学 競技スポーツセンター


河合さんが早稲田に入学してきた頃、水泳部では いわゆる身障者の学生を部員として受け入れた実績がなかったそうです。
しかし、大学のプールで、コースロープに腕をぶつけて傷だらけになりながら泳ぐ河合さんの姿を見て感じ入った水泳部員が、彼の入部に力添えしました。
それが、元五輪スイマーで現在は俳優の藤本隆宏さんです。
藤本隆宏さん - 外苑茶房


入部後の河合さんの活躍は大学HPの記事にあるとおり。

河合さんの歩まれた足跡は、早稲田におけるNormalization進展の歴史でもありますね。

河合さんの切り開いた道に これからも若者が集うことを期待いたしましょう。




Comment

体育学の論文

2016-08-30 07:44:12 | 大学野球
野球部OBの永見智行くん(早大本庄ー早大ー早大スポ科大学院で博士号取得。現在は北里大学講師)が論文を発表しました。
野球投手が投じる様々な球種の運動学的特徴


野球部で、永見くんは、理論派の学生トレーナーとして、プロ野球関係者にも一目置かれるほどの存在でした。
About Me

大学院進学後も 東伏見やキャンプ先に たびたび現れて、選手の動態解析などを通じて、野球部を側面支援してくれました。
今日の南郷(3/12 ) - 外苑茶房


永見くんの後を追って、大学院に進んだ後輩トレーナーもいます。
野球部から羽ばたくプロフェッショナルはプロ野球選手だけではありません。

なお、論文のbodyは日本語ですから、ぜひpdfを開いてみてください。
論文中に登場する投手の写真は、有原くんではなかろうかと……

=======

今日は亜細亜大学とのオープン戦が組まれていますが、台風10号の影響が心配です。

=======

「ボイストラ」(Voice Tra)という翻訳アプリが面白いです。
VoiceTraサポートページ - NICT


観光立国への強力なツールとして総務省が開発したもので、お試し版がローンチされていて、Play Storeなどで無料ダウンロードできます。

英語以外の言語にも対応。
総務省は「翻訳に誤りがあったら連絡してくれ」ということで、実際に こんなのもありました。
翻訳の意味の「私は」は、誤りとして報告しました。


もっとも、中国語とかの誤りと言われても、さっぱりわかりませんけれど。
(^^;

多くのユーザーが使うと、それに応じてデータベースが充実していきます。
皆さんも ぜひお試しあれ!




Comment

高校生練習会

2016-08-29 07:11:20 | 大学野球
空模様が心配された高校生練習会でしたが、なんとか予定どおり実施されました。

北海道から九州までの高校から60名を超える参加者(うち投手は10数名)がありました。
なお、U18メンバーは、そちらの活動が優先で、参加していません。

午前中に入試制度などのガイダンス、午後から実技となりました。
例年行われる遠投測定などが行われなかったので、ひょっとしたら雨を予想してメニューが削られたのかも知れません。

グラウンドでは、広岡達朗さん、そして歴代監督(石山、飯田、野村、応武、岡村)らが高校球児たちの動きをチェックされていました。

ネット裏には、土橋くん(比叡山。初代学生トレーナー)山川くん(長崎西。現在は興国高校勤務)、白石くん(早大本庄、現在は早稲田佐賀勤務)、神谷くん(刈谷高校、現在は早稲田摂陵勤務)らの懐かしい顔が集まり、野球談義や思い出話に花が咲きました。


Comments (4)

JFE東日本戦は雨天中止

2016-08-28 07:12:37 | 大学野球
JFE東日本とのオープン戦は、雨天中止となりました。

今日は高校生練習会ですが、やはり天気が心配です。

=========

U18と大学ジャパンとの注目の試合は、5対0で大学ジャパンが貫禄を見せました。
今井快投も高校代表が大学代表に完敗/壮行試合詳細 : 日刊スポーツ


大学ジャパンは、プロの二軍と対戦しても互角以上にやれるだけの実力があるはずです。
ですから、勝敗は仕方がないです。

それでも、場面 場面をよく見ると、高校球児たちも持ち味を出していますね。

ぜひ本戦で大暴れしてください。

=======

新作の特撮映画「シン・ゴジラ」が大好評です。

このブログでも復活への期待を訴えたことがあるだけに、私もハッピーであります。


残念ながら 未だ映画館に行くことができずにいるのですが、すでに観賞した方々からは、リアリティー溢れる構成に話題が沸騰しています。
もしゴジラが上陸したら?現役自衛官たちが真剣に考えてみた(上)|DOL特別レポート|ダイヤモンド・オンライン

もしゴジラが上陸したら?現役自衛官たちが真剣に考えてみた(下)|DOL特別レポート|ダイヤモンド・オンライン


1954年 発表の第一作のサブタイトルは「水爆大怪獣映画」
第二次大戦で広島と長崎が原爆で焦土と化し、その他の主要都市もじゅうたん爆撃で焼け野原となった日本。
そこから立ち直ろうとしている矢先に、マグロ遠洋漁船 第五福竜丸が米国の水爆実験に巻き込まれて死者が発生するという大事件が発生。
そんな社会不安の溢れる年に発表されたのが初代ゴジラでした。

空襲で逃げ惑った記憶が人々に生々しく残っていた時代ですから、ゴジラが東京で暴れまくる映像は私たちが考える以上に衝撃的だったようです。


ゴジラ映画は 長らく 子供向け娯楽作品となってしまっていましたが、ようやく本来の姿に戻りました。

現代社会の抱える現実の問題に焦点を当てるようなゴジラ作品が 今後も続くことを期待いたします。









Comment

立正大学に完敗

2016-08-27 07:40:40 | 大学野球
立正大学とのオープン戦は、2対10で早稲田が負けました。
先発投手が崩れてしまいましたね……
(T_T)

=======

U18は立教との試合に臨みました。
前日の早大と同様、立教も下級生主体のメンバーでした。

立教のスタメン
8小野(1年、横浜)
9井上(2年、履正社)
7田中健(3年、大垣日大)
5石垣(2年、報徳学園)
6山岸哲(1年、日大鶴ケ丘)
DH西岡(4年、神戸国際大付)
3佐々木良(1年、仙台育英)
2田崎(2年、長崎西)
4笠井(1年、桐蔭学園)
P手塚(1年、福島)

U18のスタメン
5松尾(秀岳館)
4伊藤(八戸学院光星)
3鈴木(静岡)
DH九鬼(秀岳館)
2渡辺(いなべ総合)
9納(智辯学園)
7寺島(履正社)
3林中(敦賀気比)
6佐藤(中京大中京)
P藤平(横浜)
藤平5失点 高校日本代表が立大に敗れる/詳細 : 日刊スポーツ


試合経過を見る限り、U18には まだまだ細かいミスがあるようです。

いよいよ次は、大学ジャパンとの対戦です。
もちろん今度の大学生チームは下級生主体ではありません。

率直にいえば、大学生と高校生との間には、地力にかなり差があると思われます。
江川や松坂のような怪物がいれば話は別ですが。

ともあれ、伸び伸びとしたプレーに努め、収穫のある試合になるようU18には頑張ってもらいたいです。


Comment

U18との練習試合

2016-08-26 07:08:00 | 大学野球
U18(高校日本代表)との練習試合が東伏見で行われました。

試合は双方が木製バットを使用して行われ、早稲田は下級生主体の陣容で戦いました。
試合経過


早稲田のスタメン
5富田(1年、早実)
4岩浪(2年、立川)
6檜村(1年、木更津総合)
DH熊田(3年、早実)
2岸本(2年、関大北陽)
9小太刀(2年、日本文理)
3山岡(2年、早実)
7黒岩(2年、長野日大)
8山野(1年、金光学園)
P小島(2年、浦和学院)

U18のスタメン
5松尾(秀岳館)
4伊藤(八戸学院光星)
8鈴木(静岡)
2九鬼(秀岳館)
9藤嶋(東邦)
7 納(智辯学園)
3入江(作新学院)
DH林中(敦賀気比)
6佐藤(中京大中京)
P寺島(履正社)


全国から選抜された高校球児たちを見ようと、プロ球団関係者、報道陣が大勢 集まりました。

U18の投手は、寺島(履正社)ー早川(木更津総合)ー堀(広島新庄)が登板。
みんなイキの良い、攻撃的な投球をしていました。

もっとも、甲子園では堂々たる体格にみえた高校球児たちですが、東伏見でみると まだ細いと感じます。
また、木製バットに すぐ順応している打者もいれば、苦しむ打者もいました。

個人的には、九鬼選手(秀岳館)のパワー、鈴木選手(静岡高校)のシャープな打撃に感心しました。

早稲田の打撃陣では、富田三塁手(早実)、岩浪二塁手(立川高校)、山岡一塁手(早実)のバットが振れていました。
檜村遊撃手(木更津総合)は安定した守備力を披露しました。
一軍の内野陣は ごっそり卒業しますから、この試合の内野陣には大いに期待します。

途中出場の小藤捕手(1年、日大三高)も雰囲気のある選手ですね。
まず、ミットを構える姿勢が良いです。
また、ワンバウンドへの対応も優れているので、投手が投げやすそうです。
リーグ戦出場が近いかも知れません。


投手陣は、小島(浦和学院)ー田中(滝川)ー増田(江戸川学園取手)ー立川(早実)の継投で8回裏まで。

そのあとは、高橋広監督の発案で、タイブレーク方式(無死一二塁)による延長戦対策の練習が 三回繰り返され、早稲田は黒岩(早稲田佐賀)と柳澤(広陵)が投げました。

高橋広監督も、U18監督経験者です。
左右の投手を逐次投入して、U18のチーム錬成に協力しました。

U18には ぜひ本大会で優勝してもらいたいですね。

Comment

ラグビー_ 夏の陣

2016-08-25 07:32:15 | 大学ラグビー
現在の大学ラグビー界の2強である帝京大学、東海大学を相手にした夏のオープン戦は、ともに前半は善戦するも後半に突き放されるという試合結果でした。
早大 22対47 帝京(前半10対12、後半12対35)
早大 19対52 東海(前半19対10、後半0対40)

後半に圧倒されているので、地力には まだ差があると言うことでしょう。
でも、少しずつ両校の背中が見えつつあるように思えます。

両試合とも1年生選手を数名スタメン起用しています。
もちろん実力本位での人選でしょうが、来季以降をも睨んで、1年生たちの伸びしろも重視しているような気がします。

対抗戦グループの第一戦である成蹊大学戦(9月17日)まで、1ヶ月を切りました。

========

DeNAで連日 健闘を続ける須田幸太投手(土浦湖北ー早大ーJFE東日本)の記事がありました。
DeNA須田幸太が夏場もバテない理由。「究極の便利屋」が蓄積した“貯金”。 - プロ野球 - Number Web - ナンバー


斎藤佑樹投手が入学した春、早稲田は いきなりリーグ優勝。
メディアの取扱いが斎藤投手一色の祝勝会となりました。
しかし、その祝勝会ステージに登壇した須田くん(当時3年生)に対して、ステージ前に陣取った学生応援団から「エース!エース!」という声が湧き起こりました。
あのときの感動が昨日のことのようです。

今シーズンは登板試合数が多いので、少し心配していましたが、しっかり準備できていたようでホッとしました。

須田くんも30歳。
年齢的に、これからの数年が投手としての集大成をみせる時期になるでしょう。

ガンバレ須田くん!




Comment

桐蔭横浜大学に勝利

2016-08-24 07:04:51 | 大学野球
桐蔭横浜大学とのオープン戦は、6対0で早稲田が勝ちました。

台風は通過したものの、空模様はイマイチ。
今週末の日曜日は高校生練習会ですから、せめて週末だけでも晴れて欲しいのですが……


========

高校日本代表と大学日本代表の試合がBSフジとJ-Sportsでテレビ中継されます。
高校日本代表対大学日本代表 テレビ中継概要を発表 - 大学・社会人 : 日刊スポーツ


大学代表はメンツが懸かっていますから、この試合は負けられません。
もっとも個人的には、早稲田の選手が選ばれていないので、ある意味 気楽に観戦できるといいますか、内心ホッとしています。
(^-^;
=======

このところの東日本への度重なる台風襲来で、東京都の貯水率も60%台を回復し、最悪の危機は脱したようです。
台風が もっと西寄りのコースを辿れば、更に まとまった雨が貯水池に降ったのでしょうが、こればかりは仕方がありません。

ちなみに私の住む神奈川県の貯水率は86%台。
ありがたいことです。

かたや猛暑の続く西日本では、いつの間にか水不足となりつつあります。
香川県の水瓶 早明浦ダムの貯水率は42%(平年同時期は80%台)まで低下し、取水制限が開始されました。

甲子園も終わりましたので、西日本でも まとまった雨が待ち望まれますね。


Comment

パラリンピック_ガンバレ早稲田!

2016-08-23 07:04:42 | スポーツ全般
オリンピックに続き、パラリンピックが9月7日に開幕します。

早稲田からは次の5選手が出場いたします。

彼らの健闘を祈り、地球の裏側まで念力を飛ばしましょう!

4x100mリレー:多川 知希(神奈川県立希望ヶ丘高校ー早大理工ー早大先進理工研究科修了)
トライアスロン:木村 潤平(東京 佼成学園ー早大教育卒)
走幅跳び:芦田 創(早稲田摂陵ー早大政経卒)
平泳、個人メドレー:鈴木 孝幸(聖隷クリストファー高校ー早大教育卒)
卓球:岩渕 幸洋(早実ー早大4年)

多川 知希(2010年大学院先進理工学研究科)Tomoki TAGAWA – 早稲田大学 競技スポーツセンター

芦田 創(政治経済学部)Hajimu ASHIDA – 早稲田大学 競技スポーツセンター

鈴木 孝幸(2009年教育学部)Takayuki SUZUKI – 早稲田大学 競技スポーツセンター

岩渕 幸洋(教育学部4年)Kouyou IWABUCHI – 早稲田大学 競技スポーツセンター

木村 潤平(2007年教育学部)Junpei KIMURA – 早稲田大学 競技スポーツセンター


======

オフ会仲間の間では、リオ五輪でメダルを獲得した日本選手たちの中で、誰が最も印象的だったかが話題となっています。

早スポ応援の見地からは、200mバタフライで銀メダルを獲得した坂井聖人選手を推したいです。
何といっても王者フェリプスを0.04秒差まで追い詰めた泳ぎには、理屈抜きに興奮しました。

早スポを離れると、女子バドミントン ダブルスで金メダルの高橋・松友ペアでしょうか。
バドミントンには、柔道やレスリングなどと異なり、体重による階級分けがありません。
高・松ペアは、海外の長身選手たちを相手に頂点まで勝ち上がりました。
体格差のハンデを克服した頑張りは素晴らしいです。

また、バドミントンは点数の入り方がバレーボールとよく似ています。
バレーボール経験者の私としては、勝負の山場となる11点、19点といったスコアにゲームが差し掛かると、知らず知らずのうちに力が入ってしまいました。
高・松ペアは、劣勢で迎えた山場での踏ん張りが驚異的で、実に素晴らしかったと思います。

体格差という点では、男子4x100mリレーの銀メダルも素晴らしかったです。
「日本選手がボルトと同じ体格だったならば、ぶっちぎりの金メダルだろうなあ」などと思いを巡らしました。

皆さまは、どの選手が印象に残りましたか?



Comment

おめでとう作新学院

2016-08-22 07:36:21 | 大学野球
夏の甲子園は、作新学院の54年ぶりの優勝で閉幕しました。
夏の高校野球:集中打で逆転 作新学院が54年ぶり優勝 - 毎日新聞

1962年(昭和37年)、作新学院は春夏連覇の偉業を達成しました。
八木沢荘六さん(作新学院ー早大ーロッテオリオンズ)が在学中のことです。

八木沢さんの後には、小倉さん(現姓 亀岡。早大ー熊谷組、現在は衆院議員)、そして現役の石井主将が早稲田にやってきました。

作新は大学進学にも熱心な高校ですから、来年からは六大学野球に名を連ねる優勝メンバーも きっといるでしょう。

作新学院は1学年ニ千名もいるマンモス高校で、バリバリの進学エリートもいれば、スポーツエリートもいる。
そんなところは、早稲田大学と似ているのかも。

監督さんの評判も上々です。
33歳で甲子園優勝の小針崇宏監督。恩師が語る作新学院指揮官の素顔。 - 高校野球 - Number Web - ナンバー


=======

高校ジャパンのメンバーも決定しました。
侍ジャパンU-18代表選手発表 「第11回 BFA U-18アジア選手権」に出場する18名が決定 | U-18 | 選手発表 | 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

プロ球団からドラフト指名されそうな選手ばかりですが、「日本代表」の実績は大学入試の合否判定においても大きなアドバンテージになります。
1人でも多くの選手たちが大学野球に関心を寄せてくれることを祈ります。

========

早大応援部の夏合宿風景を紹介するテレビ番組がありました。
"早大応援部 夏合宿の成果を披露 柳葉敏郎さんがサプライズエール" を YouTube で見る


「選手以上に努力しなければ、選手たちにガンバレという資格はない」と、応援部員たちは鍛練に励みます。

きたる秋のリーグ戦では、応援で他校を圧倒し、勝利の女神を早稲田に呼び込みましょう。
Comment