外苑茶房

神宮外苑エリアの空気を共有し、早稲田スポーツを勝手に応援するブログです。

The King and I

2015-04-30 17:41:08 | 映画、テレビ、漫画
ブロードウェイ・ミュージカル「王様と私」(The King and I)の主演を務める渡辺謙さんが、トニー賞 ミュージカル部門の主演男優賞にノミネートされたと報道されています。

トニー賞(Tony Award)は、アメリカン・シアター・ウィングおよび全米劇場プロデューサー連盟により授与されるアメリカ合衆国の演劇およびミュージカルの賞で、とても権威のあるもの。

日本人は、どうしても英語の発音がネイティブ並みとはいかないことが大きなハンディとなりますし、そもそも、ブロードウェイ・ミュージカルは週9回公演(月:休み、水・土・日:昼と夜の2公演、火・木:夜のみ)という過酷さ。
俳優さんたちは、プロスポーツの選手のように身体を連日酷使しなければなりません。

ですから、そんなブロードウェイで熱演する渡辺謙さんのノミネートは、本当に価値があります。

YouTubeに「王様と私」の予告編があります。
ちなみに名曲「Shall we dance?」は、このミュージカルの中で歌われて有名になりました。
"Show Clips: THE KING AND I on Broadway Starring Ken Watanabe, Kelli O'Hara, Conrad Ricamore and More" を YouTube で見る


ニューヨークタイムスのレビュー記事には、渡辺謙さんが歌うビデオ画像が付いています。
とても良い声ですし、堂々とした歌いっぷりですよ。
レビュー記事へのリンク

「ニューヨークに行って、実際に観てみよう」という方は、こちらのサイトでチケットが事前購入できます。
The King and I Tickets | Broadway.com


========

昨日、野球マンガ「バトル・スタディーズ」を話題にしました。
実に興味深い内容なのですが、その一方で、私世代の感覚でいうと、バトル・スタディーズの画風が若者好みというか、現代風というか、正直なところ、しっくりこないところがあります。

野球マンガといえば、不朽の名作『巨人の星 』(川崎のぼる)少年マガジンに連載 (1966年-1971年)を誰もが思い浮かべると思います。

もっとも私個人としては、『巨人の星』が登場する前の時期の野球マンガの方が親しみを感じ、思い入れが強いのです。

思いつくままに、当時の野球マンガを挙げてみました。
皆さんがお読みになった作品はありますか?

『スポーツマン金太郎』(寺田ヒロオ)
少年サンデー 1959年ー1963年


『ストップ!にいちゃん』(関谷ひさし)
(月刊)少年 1962年-1964年


『ちかいの魔球』(ちば てつや)
少年マガジン 1961年-1962年


『黒い秘密兵器』(一峰大二)
少年マガジン 1963年-1965年


『九番打者』 ※連載の途中から『ミラクルA』に改題(貝塚ひろし)
少年サンデー 1964年-1966年


こうやって眺めると、この時代のマンガの画風の方が 私には しっくりきます。
当時は、セリフを暗記するぐらい読み返していたのですから、それも当たり前なのですが
\(^^)/
Comment

ネパールの大震災

2015-04-29 12:02:59 | 社会全般
コンビニに行ったところ、レジの横にネパール向けの募金箱がありました。
ずっと気になっていたことなので、私も出来る範囲で募金させていただきました。

ネパールは親日国として知られ、日本が東日本大震災に襲われた時、ネパール政府は震災直後の3月26日、毛布5,000枚を支援物資として被災地に届けてくださいました。
東日本大震災に対するアジア諸国の対応 - Wikipedia


「なんだ毛布か」などと思ってはなりません。
ネパールは、このたびの震災が起きる前から深刻な貧困に苦しむ国です。
1日2ドル未満で暮らす貧困層が2,200万人と推定されており、国民の70%を超えているそうです。
例えば、私たちの寄付が500円玉1枚でも、ネパールの現地では大変な価値があるということです。

そんなネパールが2011年に贈ってくださった毛布の重みを私たちは改めて噛みしめ、今度は その気持ちに応えなければ。

========

野球マンガ「バトル・スタディーズ」の単行本を買ってきました。

このマンガの作者は、PL学園野球部の出身。
この作品の舞台は「DL学園」
(^_^;)
スカウトで入学した者しか入部できない甲子園常連校の野球部を目指して、中学生の主人公がスカウトの視線を気にしながら練習に励むところから物語が始まります。

そして、実際に経験した本人でなければ書けない、強豪野球部のナマの日常があります。


早稲田の野球部は、強豪校出身者と一般校出身者が渾然一体となった組織です。
野球部の様々な決まりごとには、普通の公立高校から入部してきた者にとって、驚くことも少なくないでしょう。

このマンガを読むことが、意外に部員間の相互理解につながるかも知れないなと………
Comment

早立3連戦を終えて

2015-04-28 21:46:03 | 大学野球
早立3連戦の激闘を終えて、ホッと一息。
お陰様で、心穏やかにゴールデンウィークを迎えることができます。
(^-^)v

昨夜のうちに、早スポに観戦レポートがアップされました。
打線爆発!勝ち点奪取で単独首位に/立大3回戦 | 早稲田スポーツ


高橋広監督のインタビューは、いつも味わい深いです。
早スポ記者からの直球の質問にも、とてもフランクに答えてくださる高橋監督。
時には、攻防の真っ最中に相手チームが どのような心理状態にあるかを読みといてみせるなど、さすが百戦錬磨の監督さんだと感じます。
また、大きなミスをした選手、あるいは結果を出せなかった選手について、決して非難めいたコメントをせず、最後は必ず前向きなトーンで締めくくります。
ミスをして「ああ、やらかしてしまった。」と落ち込んでいる選手たちも、高橋監督の懐の深いコメントに、どれほど救われていることか。

スポーツ新聞でも、早立戦の結果が報じられています。
サンスポへのリンク
本塁打を放った丸子くんの会心の笑顔の写真がいいですね
(*^^*)

========

今週末は早稲田の試合がないこともあり、先日届いたままになっていた早稲田スポーツ縮刷版(第4巻)に目を通し始めました。


ページをめくっていると、様々な記憶が甦ってきます。


現在の4年生が新入生であった時の記事もあります。
顔写真が紹介されているのは、道端くん、丸子くん、河原くんの3人。
そして早々と一軍戦デビューを果たしていた茂木くんは、打撃の写真が大きく掲載されています。

彼ら4名は、苦しんだ時期も過去に ありましたが、期待どおり力をつけて、今やチームの中軸となっています。

光陰矢のごとし

大学の4年間は、あっという間です。
今年の新入生諸君も頑張って、4年生の時に優勝争いできるチームになってくださいね。












Comment

早立3回戦 猛打爆発で勝ち点2

2015-04-27 20:36:24 | 大学野球
1勝1分けで迎えた早立3回戦は、早稲田が猛打を爆発させて澤田投手を5回途中で粉砕、9対0で完勝しました。

これで勝ち点2、5月9日からの早法戦が首位争いの大一番となります。

早稲田の投手陣は、昨日 苦しんだ内田くんに替わって柳澤くん(2年、広陵)をベンチ入りさせる磐石の布陣。
そして今日の先発には竹内くん(3年、松阪)、抑えに小島くん(1年、浦和学院)という左腕リレーにより、立教打線を零封しました。

特筆すべきは、大城選手を3試合連続で無安打に封じたこと。
投打の主役 澤田くんと大城くんの攻略に成功したことで、最後まで立教に勝負の主導権を渡しませんでした。

かたや打撃陣も14安打を放って、投手陣を強力に援護射撃しました。
主砲の丸子くん、茂木くんが本塁打を叩き込み、立教に引導を渡しました。

現時点における打撃ベストテンには、なんと早稲田から5選手が名を連ねます。

1位:道端 .526
2位:茂木 .500
3位:丸子 .476
6位:河原 .366
9位:川原 .333

昨年度のクリーンアップ(中村、武藤、小野田)がゴッソリ卒業したために、シーズン前には不安視する向きも多かった打撃力ですが、新スタメンとなった道端、丸子、川原の4年生3名が元気一杯。
早稲田快進撃の原動力となっています。

今日の第1試合では、慶応が明治を破り勝ち点を取りました。
本命視されていた明治に土をつけたのは大きいですね。

次の週末、早稲田はお休みですが、明治は法政と対戦します。
個人的には、法政に勝ち点を取ってもらい、無傷で早法戦にやって来て欲しいです。
強い法政を倒して、賜杯争いの単独首位に立ちたいです。


Comment

早立2回戦 痛恨の引き分け

2015-04-26 19:36:13 | 大学野球
早稲田の先勝で迎えた早立2回戦。
早稲田は3点のリードを守りきれずに勝ちを逃す、6対6、痛恨の引き分けに終わりました。

早稲田の先発は、東大戦で好投した吉永投手(4年、日大三高)。
完全復活を懸けて登板した吉永くんでしたが制球定まらず、高橋監督の期待に応えることができませんでした。
2点リードで迎えた9回に登板した内田投手(4年、早実)も、四球を連発してしまう残念な出来でした。

幸い、2番手の吉野くん(3年、日本文理)、4番手の小島くん(1年、浦和学院)には安定感がありました。
高橋監督は、各投手の投球内容を分析して、3回戦の投手起用に直ちに反映されることでしょう。

今日は、内野守備についても課題続出でした。
ここ一番という緊迫した場面で、守備でバタついてしまうシーンが散見されました。
落ち着いて、練習どおりのプレイを心掛けて欲しいです。

立教の核弾頭 大城選手を今日も無安打に封じることができたのは収穫でした。
「色々あったけれど、それでも負けなかった。それで良しとしよう」と考えて、明日こそ立教に引導を渡しましょう。

明慶2回戦は、明治打線が爆発して慶応を圧倒。
高山選手のバットが目覚めてしまいました。
1勝1敗のタイとなって、こちらも3回戦に突入です。

========

ラグビー全早慶明も観戦しました。



成績は、早稲田と慶応が1勝1分け、明治が2敗でした。

秩父宮は とっても暖かで穏やかな天気でして、まさにラグビー観戦日和。
でも、私は早立戦引き分けのショックを引き摺ってしまい、あまり楽しむことができませんでした。
(T_T)



Comment

早立1回戦 逆転で先勝

2015-04-25 21:04:10 | 大学野球
春季リーグ前半戦の山場、早立戦が始まりました。
今日の1回戦、投げては大竹投手(2年、済々黌)が被安打3で完投。
立教に2点リードされる苦しい局面もありましたが、高橋監督は よく我慢されました。
今日の完投勝利は、大竹くんの大きな成長につながることでしょう。

打っては道端捕手(4年、智弁和歌山)の適時打、大竹投手の2点本塁打で3得点。
3対2で早稲田が逆転勝利しました。


新4番の丸子選手は今日も2安打。
ここまで11打数7安打、打率.636は堂々のリーグ1位です。
一般財団法人 東京六大学野球連盟


そして、キーマン茂木くんがスタメン復帰しました。
この起用によって早稲田打線はグッと厚みを増しましたね。

そして、8番打者 河原孝太くん(4年、掛川西)が、2安打を放ち勝利に貢献しました。
守備力を買われて起用されている川原くんですが、今日の打撃は見事でした。
練習は嘘をつきません。

一方、大竹投手は、立教の核弾頭 大城選手を無安打に封じ込めました。
もう一人の要注意バッター佐藤選手には一発を打たれたものの、 立教打線の分断に成功しました。

この調子で明日も勝って、立教に引導を渡しましょう。

========
第1試合の明慶戦では、慶応が明治の先発 柳投手を打ち崩して先勝しました。
法政に連敗して危機的状況に陥った慶応ですが、明治に連勝できれば生き返りますね。

また、明治の高山選手は本日も無安打。
東大戦からの3試合で10打数1安打と苦しんでいます。
このまま高山くんが眠っていてくれると各校助かります
(^^;

======

明日行われるラグビー全早慶明の、出場選手が発表されました。
懐かしい名前もあります
(^-^)

2015-04-26 vs 全明大 | 早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト


2015-04-26 vs 全慶大 | 早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト




Comment

「野球道の伝道者」

2015-04-24 21:34:52 | 大学野球
一冊の本を買いました。
「野球道の伝道者」(下野新聞社、1,200円+税)

著者は、現在の稲門倶楽部会長 猪瀬成男さんです。


甲子園のスコアボードに、「3番:捕手 猪瀬、4番:投手 大井(現 新潟 日本文理高校監督)」のお名前がありますね。
この準優勝バッテリーは、揃って早稲田に入学しました。
また、優勝した西条高校の5番打者 村上主将も早稲田に進学しました。


猪瀬さんのご経歴です。

1941(昭和16)年栃木県上三川町生まれ。
宇都宮工業では、センバツ、選手権と2度甲子園出場、3年の選手権は捕手として準優勝。
1960(昭和35)年、宇工高を卒業して早稲田大学政経学部に入学。
早大4年生時に、新人監督を務める。
早大卒業後は、社会人野球の丸井、林建設を経て、軟式野球の名門ライト工業(東京)で監督として6回の日本一。
母校宇工高野球部監督としてもセンバツ、選手権と2回甲子園出場。
1995(平成7)年から上三川町長4期。学校法人いのせ学園・やしお幼稚園理事長。
1992(平成4)年から宇都宮工業高校野球部OB会長。
2013(平成25)年から早大野球部OB会「稲門倶楽部」会長。

写真右が猪瀬さん。左は同期の北井宏弥さん(大社高校)


野球に、教育に、そして地方自治に、輝かしいご活躍をされていらっしゃる猪瀬さんですが、私のような一ファンにも とても優しく接してくださる紳士です。

"一生の友" 大井さんとの出会い、早大時代など、読みどころ満載。
Amazonでも購入できます。
ぜひお読みになってみてください。

========

神宮球場の建て替えに関する記事がありました。
このブログにお立ち寄りくださる方々の多くは、現在の球場に ひとかたならぬ思い入れをお持ちだと思います。
記事を読んでいると、様々な想いが駆け巡りますね。
記事へのリンク
Comment

早立戦 展望

2015-04-23 22:16:59 | 大学野球
前半戦の山場 早立戦が明日から始まります。

法政に勝ち点を落として後のない状況となっている立教ですから、なりふり構わず勝ちにくることでしょう。

立教投手陣の柱は、澤田(3年、大阪桐蔭)と齋藤(4年、成田)の二人。
ただ、大黒柱の澤田投手が、あまり調子が上がってきていないように思います。
これまでの立教であれば、1回戦と3回戦で澤田くんの先発完投を前提に組み立ててきました。
法政戦の結果を踏まえて、その組み立てを変えてくる可能性があります。
とはいえ、今の早稲田打線の調子ならば、どの投手が先発でも、3点+αを取ることができるでしょう。
そして、茂木内野手のスタメン復帰が立教投手陣攻略の重要な鍵となるでしょう。

一方、立教打撃陣では、大城遊撃手(4年、興南)、佐藤外野手(3年、浦和学院)という二人の安打製造機が要注意です。
この二人の通算安打は、大城くんが99本と明治・高山選手の101本を2本差で猛追、佐藤くんも3年生でリーグトップの56本という物凄さ。
この二人が揃って打ち始めると、大量失点を覚悟しなくてはならなくなります。
少なくとも、二人のうち一人を無安打に封じ込めることができれば、早稲田に勝機が巡ってきますね。

この週末には、明慶戦も行われます。
前評判の高い明治の投手陣が、慶応打線を相手にどんな投球を見せるのか。
対する慶応投手陣は、明治の高山選手の封じ込め成るか。

明慶戦も見所満載です。



Comment (1)

ラグビー全早慶明の出場OB

2015-04-23 17:40:38 | 大学ラグビー
今度の日曜日に秩父宮で行われるラグビー 全早慶明。
ラグビー部のHPに、当日出場するOB選手が発表されています。
『2015年 オール早慶明三大学ラグビー ‐東日本大震災復興支援‐』開催のお知らせ(4/21更新) | 早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト


かつてのような対決色は薄れてしまった全早慶明ですが、ぜひ秩父宮に足を運んで、東日本大震災復興支援を応援いたしましょう。
神宮球場の早立2回戦は第1試合(10:30開始。延長戦なし)ですから、立教撃破を見届けてから秩父宮に移動しても、なんとかラグビー全早明戦(13:30開始)に間に合うのではないかと思います。

=======

和田毅投手の近況を伝える記事がありました。
Wada works his way back with second rehab start


この記事によれば、メジャー復帰か、引き続き3Aでの調整となるのか、和田くんの立ち位置は微妙ですなのですね。
前回の投球内容は、もっと高い評価を受けていると私は思っていたのですが………

もっとも和田くん自身は、身体的にはメジャー復帰への準備は整ったと語っています。
いつお呼びが掛かっても良いように、気力を充実しておいてもらいたいです。

ジャイアンツの青木くんは今日も安打を放ちました。




Comment

青木宣親選手がマルチ安打

2015-04-22 20:45:31 | 大学野球
サンフランシスコ・ジャイアンツの青木宣親選手が3試合連続のマルチ安打を記録し、.344の高打率をキープしています。


和田毅投手のメジャー復帰まで、早稲田勢としては青木くんの奮闘が希望の光です。
ぜひ現在の好調を維持してもらいたいものです。
========

少し前ですが、メジャー野球について、気になる記事がありました。
日本人メジャーリーガーが次々と肘を壊すわけ NEWS FILE | PRESIDENT Online - プレジデント


この記事は投手に的を絞っていますが、野手についても、特に遊撃手と捕手については、日本のプロ野球とメジャーとの距離を感じます。

自然芝のグラウンド、大きくて重いボール、速い打球、俊足のランナー etc.
様々な要因によって、メジャーの内野守備には深い守備位置でもアウトの取れる、スピードとパワーが要求されます。
そんなプレイを1年間続けるには、バネがあって、かつ頑丈で故障しづらい身体が不可欠です。

体格的に劣る日本人選手としては、なかなか しんどい話ではあります。
六大学でいえば、在学中には二刀流にも取り組んだ大石選手(早大ー西武)、あるいは岡選手(明大ー日本ハム)あたりの体格と身体能力が最低限 必要でしょう。

それでも、メジャー野球のYouTube画像を観ていると、「こんなプレイを1年間やったら、日本人の身体は間違いなく壊れるだろうな」と思わざるを得ません。
(*_*)
"Salvador Perez: The Cannon" を YouTube で見る

"Top 3 MLB Shortstops (Video)" を YouTube で見る


"MLB Best Defensive Shortstop Brendan Ryan Top Plays" を YouTube で見る

Comment