外苑茶房

神宮外苑エリアの空気を共有し、早稲田スポーツを勝手に応援するブログです。

春季リーグ戦のポスター

2017-03-31 21:14:51 | 大学野球
春季リーグ戦のポスターが発表されました。

面白いもので、好調なチームではユニフォームを一見するだけで強そうに見えますし、不振のチームでは弱々しく感じてしまいます。

早稲田のユニフォームが、いかにも強そうに見える春のシーズンとなるよう、応援してまいりましょう。

=======

「大学野球」がAmazonから届きました。
慶応の期待のルーキー大西投手(北海高校で甲子園準優勝)が表紙に登場したのには驚きました。
大学野球 2017春季 リーグ展望号 2017年 4/18 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 別冊
クリエーター情報なし
ベースボール・マガジン社

新人が春の展望号の表紙となるのは2007年の斎藤佑樹投手以来。
個人的には、本号こそ最終学年を迎える東大の宮台投手が相応しかったと思います。
復調して社会人 明治安田生命を4安打完封していますから。
でも、昨年の秋季展望号に使っちゃいましたね……
(^-^;

それにしても、新人が表紙に登場するのということは、各校の新4年生選手たちに圧倒的な存在感がないということでもあります。
奮起を期待します。

=====

今日は、履正社と大阪桐蔭の大阪対決を楽しみにしていたのですが、雨天順延となってしまいました。

もし九州や北海道の高校が戦うのであれば、選手や応援団の移動や宿泊の費用もかさみますし、試合が強行されたかも知れません。
その意味で、大会運営者は悩まずに済みました。
Comment

立正大学に敗れる

2017-03-30 16:54:15 | 大学野球
立正大学とのオープン戦は、6対8で早稲田が負けました。

=====

まだ先の話ですけれど、今年8月の試合予定です。
夏休みのスケジュールを組む際に、思い出してください。

まず8月5日(土)、熊本でオール早慶野球戦が行われます。
次に、8月19日(土)、愛媛県西条でもオール早慶野球戦が。
そして、8月26日(土)には、宮崎県で東京六大学野球オールスター戦が予定されています。

なお、それぞれ翌日の日曜日が予備日です。

=======

箱根駅伝のルーツ校 慶応が陸上長距離を強化する方針を打ち出しました。
「慶応箱根駅伝プロジェクト」始動…保科光作氏を専任コーチに招へい:箱根駅伝:スポーツ報知


第1回の箱根駅伝の出場校は、早慶明と東京高等師範(現 筑波大学)の4校。
何といっても、"陸上競技"という言葉が生まれる前からの長い歴史があるので、早慶明の陸上競技部門は競走部を名乗ります。

その慶応が箱根路に戻ってくるとなれば、大会が更に盛り上がることは間違いありません。

もっとも、慶応大学の体育会各部では付属高校出身者が中心的な役割を果たしてきましたから、記事でも触れているように、高校の段階で有力選手を獲得して育成するというのが慶応流ということになるのでしょう。

ちなみに、早慶明の競走部員の胸にあるのは、W K Mとイニシャルのみ。

「イニシャルだけで判るでしょ」という、ルーツ校の誇りを感じるユニフォームです。
Comment

亜細亜大学に惜敗

2017-03-29 21:32:13 | 大学野球
亜細亜大学とのオープン戦は、2対3で早稲田が敗れました。
なお、亜細亜大との二軍戦は5対1で早稲田が快勝しました。

========

NHK「ニュースウォッチ9」で、東京六大学野球連盟が企画した合同企業説明会の様子が焙じられていました。
各校の野球部員と応援部員が参加し、ANA、明治安田生命などのブースが写っていました。

何名かの部員が取材を受けてコメントしていましたが、早稲田からは田邊拓士投手(彦根東)がビシッとした詰襟姿で画面に登場しました。

試合が4月早々に公式戦が始まるだけでなく、その試合も3回戦以降に突入したり、雨天順延となって平日にずれ込むことも多いなど、なかなか就活に時間の割けない野球部と応援部の部員たちにとって、実に貴重な催しですね。

学業と部活動、そして就職活動を見事にやり遂げられるよう、祈ります。

=======

2017年の流行語大賞で すでに最有力候補との呼び声の高い「忖度」(そんたく)。

与党でも野党でもメディアでも、頻繁に用いられるのですが、その意味は かなり幅があるようにも感じます。

銀行マンとして、私が中央官庁のキャリア官僚、ノンキャリア職員、そして地方公共団体職員に接した経験を振り返ると、多くの場合、彼らの発想は「自分の省庁に火の粉が飛んで来ないように」というものでした。

森友問題で、財務省、国交省、そして大阪府において、関係する政治家への「忖度」があったのではと囁かれています。

私の経験に基づいて これを考えてみると、4月に小学校開校というデッドラインのある案件ですから、お役人たちは「要件を完全に満たしているとは言えないが、万が一 森友案件が期限オーバーとなったとき、自分の省庁に原因があると あの国士気取りの理事長夫婦に騒がれるようなことだけは絶対に避けたい。」と各自が知恵を絞って あの手 この手をうった結果、「神風が吹いた」というような進捗になったのではないかと。

現在、大阪府の松井知事が「ハシゴを外した張本人」と矢面に立っていますけれど、国交省や財務省の担当者たちは息を潜めて成り行きを見守っているものと想像します。
Comment

ベスト8

2017-03-28 21:59:43 | 大学野球
選抜で、早大OBの率いる福岡大学大濠と秀岳館がベスト8に進出しました。

この他にも、大阪桐蔭や報徳学園など、東京六大学にも縁のある高校が勝ち上がっており、高校球児たちの進路にも期待が膨らみますね。

======

今日は、夕方から冷たい雨となりました。

雨といえば、楽しみにしていることがあります。
4月に、ミュージカル「Singin' in the rain」の日本公演があるのです。
http://hpot.jp/stage/sitr2017


私がミュージカル好きになったきっかけは、1952年の映画「Singin in the rain」でした。
ジーン・ケリーの洗練された踊り
ブロードウェイで磨きあげられた粋で豊かなサウンド
DVDを擦り切れるぐらい繰り返し再生して、没頭しました。
"1080p HD "Good Morning" - Singin' in the Rain (1952)" を YouTube で見る


これをステージで観ることができるのですから、必見です。
ただ、日本公演でも、最前列の席では濡れてしまう恐れがあります。
(^-^;
"SINGIN' IN THE RAIN - new video trailer" を YouTube で見る

Comment

開幕間近のプロ野球

2017-03-27 14:10:59 | 大学野球
開幕を目前に控えたプロ野球。
嬉しいニュースが立て続けにありました。

まず、田中浩康くん。
新天地DeNAで定位置を確保しそうです。
田中浩康、DeNAで“34歳の新人”に。2番・二塁、古巣神宮での開幕戦へ。 - プロ野球 - Number Web - ナンバー


次に ロッテ中村奨吾くん。
どこでも守れる中村くんですが、遊撃手で定位置を確保しそうです。
ロッテの遊撃争いは3年目の中村に軍配 巨人戦でダメ押し本塁打/野球/デイリースポーツ online


2人とも、ドラフト1位(浩康くんは当時の自由枠)。
選手としてはもちろん、将来の指導者としての期待もあります。

レギュラーの野手は 毎試合出場してくれるので、観戦も、記録チェックも、毎日楽しめます。

この調子で 暴れまくって欲しいです。

======

甲子園では早実が2回戦で敗退しました。
ソース: www.asahi.com

清宮幸太郎を苦しめたインハイ攻め。東海大福岡が突いた天才の弱点。 - 高校野球 - Number Web - ナンバー


好打者の揃った早実ですが、弱点と言われてきた投手が崩壊して二桁失点してしまっては勝てませんね。

オールドファンは商業科廃止前の早実の印象を今も抱いていますが、今の早実は超進学校。
野球部員も例外ではありません。

ですから、恐らく練習時間の全く違う強豪 明徳義塾に逆転勝ちした1回戦を褒めてあげるべきなのかも知れません。
点を取られるのが早実のペース。清宮が「こら勝った」と思った瞬間。 - 高校野球 - Number Web - ナンバー
Comment

社会人対抗戦は雨天中止

2017-03-26 17:50:06 | 大学野球
神宮球場で行われるはずであった東芝との社会人対抗戦は、雨天中止でした。

=========

早スポが沖縄キャンプレポートをアップしてくれました。
沖縄キャンプレポート~オープン戦編~ | 早稲田スポーツ

出場選手名など、私的ブログに記すのは相応しくない情報分野が少なくありません。
読者の皆さまには、早スポの記事から今季の早稲田のチーム像に思いを巡らしていただければと思います。

======

甲子園では、2試合が引き分けとなる極めて珍しい1日となりました。
史上初 甲子園で2試合連続15回引き分け再試合 - 高校野球 : 日刊スポーツ

すでに雨天順延となった日もありましたし、大会運営担当者は大変です。
(^-^;
Comment

エネオスに大敗

2017-03-25 19:19:23 | 大学野球
JX-エネオスとのオープン戦、3対14で早稲田は大敗しました。

早稲田の先発投手が6回10失点と大誤算。
2番手投手も1回4失点となり、ようやく3番手投手が2回無失点で切り抜けてくれました。

今日の早稲田は、何点取られようとも予定回数を投げきることを投手に課していたようです。
大量失点から、何かを学び取って欲しいと思います。

=======

神宮球場の社会人対抗戦では、復調した東大 宮台投手が、なんと明治安田生命を4安打完封しました!
一般財団法人 東京六大学野球連盟

東大の宮台が社会人チーム完封 | Reuters


宮台投手を擁する今季の東大は、相当な強敵です。
早稲田も、今日のオープン戦のような雑な野球をやっていたら、ころっと捻られますよ。

======

連盟HPに最新の部員名簿がアップそれました。
現時点での新1年生の入部希望者も載っています。
一般財団法人 東京六大学野球連盟


入学式が終わる頃までには、もう少し入部希望者は増えるはず。
また、早々に挫折する者も出てくるでしょう。

最終的に どんな若者たちが集まるのか、楽しみにいたしましょう。
Comment

青山学院に逆転負け

2017-03-24 20:56:20 | 大学野球
青山学院とのオープン戦は、2対4で早稲田が逆転負けを喫しました。

この時期、様々な投手を試すときなので、中には崩れる投手がいても仕方がありません。

もっとも、序盤に2点をリードした後に追加点を取れなかった早稲田打線は反省でしょう。

=====

甲子園では、早稲田実業が延長戦を制して2回戦に駒を進めました。

2対4の劣勢で迎えた9回表の攻撃で、勝負の流れが 早実に傾いてくるのを肌で感じました。
1度流れが変わり始めると、誰にも押しとめることができない。
野球の怖さを改めて知ることとなりました。

=====

大相撲では、安美錦が勝ち越しを決めました。

「やれやれ」と一安心して幕内の取り組みを観ていたら、単独首位を走ってきた横綱 稀勢の里が負傷するという事態が。

照ノ富士への援護射撃をと張り切る日馬富士の強烈な相撲には驚きました。

稀勢の里と照ノ富士が一敗で並びましたが、これで一気に照ノ富士が優勝候補筆頭に躍り出たのではないでしょうか。
Comment

ノースアジア大学に完封勝利

2017-03-23 16:18:18 | 大学野球
ノースアジア大学とのオープン戦は、9対0で早稲田が勝ちました。

======

甲子園では、早稲田OB 鍛治舎さん率いる秀岳館が緒戦を突破するも、佐々木監督率いる仙台育英は一回戦敗退となってしまいました。

仙台育英からは選手の早稲田への進学実績があります。
一方、秀岳館からは まだ ご縁がありません。
今年の夏には熊本でオール早慶が開催されることでもありますし、「誰か 早稲田に来てくれないものかなあ」と期待しながら、応援を続けたいと思います。

=======

WBCでは 米国がプエルトリコを圧倒して優勝しました。

今回のWBCでは、数多くの現役メジャーリーガーが出場して、予選リーグから ハイレベルの試合が続きました。
やはりMLBからの協力が得られる開催時期だったことが 大会成功の要因だと思います。

ちなみに、同じ国際大会のプレミア12はペナントレース終了後の11月に開催されますが、2020東京五輪は8月開催ですから、MLBからの主力選手出場は絶望的です。

現時点では、東京五輪でもプロ野球選手により構成される"侍ジャパン"が出場するようです。
でも、バリバリの現役メジャーリーガーたちが出場しない大会であれば、日本も社会人・大学の連合軍で戦うのが良いのではないかと私は思います。
========

敗れはしましたが、プエルトリコも良いチームでした。
高い技量に感心させられるとともに、敗戦後の立派な立ち振舞いにも感服しました。

プエルトリコ選手の中では、モリーナ捕手のリーダーシップが見事でした。
8年連続でゴールドグラブ賞を獲得している 凄い選手です。
"Yadier Molina | Gold Glove Winner | 2015 Highlights" を YouTube で見る

ヤディアー・モリーナ - Wikipedia


少し脱線しますが、モリーナ選手の奮闘ぶりを観ていて、私は映画「メジャーリーグ」に登場するジェイク・テイラー捕手を思い出しました。
"Major League - Ricky Vaughn - Wild Thing song" を YouTube で見る


ともあれWBCは実に楽しめました。
ゴルフのライダーカップ(米国選抜 vs 欧州選抜)のような名誉と伝統のある大会に発展していくことを願ってやみません。
Comment

侍ジャパン 敗れる

2017-03-22 18:37:42 | 大学野球
侍ジャパンがWBC準決勝で敗退しました。
仁志コーチ、青木宣親くん、そして選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。
重かった1点…侍ジャパン、2大会連続の準決勝敗退 アメリカが決勝へ | BASEBALL KING


接戦ではミスした方が負ける
この格言が今日の試合でも該当してしまいました。

菊地、松田という日本を代表する内野手の守りが乱れてしまったのですから、これがジャパンの実力、仕方がありません。

今日は雨の中、天然芝での試合でした。

ドーム球場の人工芝では見えなかったジャパンの弱みが、土壇場で現れてしまいました。
かたや、様々なコンディションでの野球で鍛えられているMLBプレイヤーたちの逞しさが、 接戦で発揮されました。

これまで国際試合では使用球の違いばかりが注目されましたが、自然芝への対応力も改めて考える必要がありそうです。

=======

甲子園では 福岡大学大濠が緒戦を突破しました。
同校の中野総監督は早稲田OB(岡田彰布主将の学年の新人監督)。
ユニフォームも早稲田カラーが基調ですし、これまでも指定校推薦枠などにより優れた選手が早稲田に進学しています。

ぜひ勝ち上がって欲しいと思います。
Comment