外苑茶房

神宮外苑エリアの空気を共有し、早稲田スポーツを勝手に応援するブログです。

ドラフトに思う

2008-10-31 08:32:40 | 大学野球
1978年、私が大学四年生の時のドラフトの鮮烈な記憶。
それは、前年のドラフトでクラウンライター・ライオンズの一位指名を拒否していた怪物・江川が、巨人との入団契約をドラフト会議の前日に突然発表するという、いわゆる『空白の一日』事件です。

スポーツ新聞だけでなく、全国紙の一面や社会面でも取り上げられる、一大騒動に発展。
その結果、稀代の天才投手・江川に対して、常にバイアスのかかった視線が向けられることになってしまい、本当に残念でした。


時代は移り変わり、今のドラフト会議は随分と平穏で円滑な進行がなされるようになったものです。

しかし、少年時代からの夢を懸けて指名を待つ選手たちの立場にたってみると、ドラフトの重みは決して変わるものではありません。

早稲田の三人を含めて六大学各校の主力が順当に指名されて何よりだと思います。

そして、早稲田入学前から肘の故障で長らく苦しんできた尾藤くんが、育成選手として再出発の機会を得たことにも、安堵いたしました。


さあ、これで早慶戦に集中できますね。

業務の方も少し落ち着いてきまして、今日は昼からオフィスに行く予定です。
Comment (1)

メンバー練習開始

2008-10-30 00:02:52 | 大学野球
昨日から、東伏見ではメンバー練習が再開。

そして、恒例となっている応援部員による応援歌斉唱のセレモニーがグラウンドで行われたそうです。

平日に行われるセレモニーですが、私は一度だけ見たことがあります。

応援部員の皆さんは、西早稲田キャンパスから早稲田通りを駆け足で、時には馬跳びを挟みながら東伏見グラウンドまで行くのだと、その時に聞きました。

若い力とは、掛け値なしに素晴らしいものであります。

早稲田における『応援団』とは、応援部員と学生が試合ごとに形成され、試合終了を以て解散するのだと、学生時代に教わりました。
三十年経った今でも、とても早稲田っぽい考え方だなあと感じます。

両校に優勝の懸かった伝統の早慶戦。
その栄えある戦いの場に、選手、応援部、学生、そしてファンが一体となって臨もうではありませんか。


二週連続で土日とも出勤した私ですが、この週末だけは、携帯電話の電源を切って神宮に馳せ参じます。


ガンバレ早稲田!
Comments (3)

2日連続の終電

2008-10-29 00:24:02 | ビジネス
外国為替市場が少し落ち着いてきたので、『今日は一息つけるかなぁ?』と思いきや、香港から業務監査のオフィサーが来日して、その対応に大わらわ。
その結果、朝7時前に出勤して終電に飛び乗るという、今日も最悪の一日となってしまいました。

彼女は木曜日の夜まで私のオフィスにいる計画のようでして、稲穂祭に行くのは絶望的であります。
(T_T)
こんなに働くのは、私らしくないのですが。


さて、早慶戦です。

今のところ天気予報は大丈夫。

何としても日曜日の優勝パレードを実現して、月曜日を爆睡する休息の一日にしたいです
(;^_^A
Comments (3)

対抗戦の意義

2008-10-28 00:44:30 | 大学ラグビー
先ほどオフィスを出たところなので、ラグビーの話題を立ち上げるのが遅れてしまいました。

しびれを切らしたMTさん、ごめんなさい。


さて、早稲田ラグビーの永遠のライバル・明治が、なかなか浮上のきっかけを掴めずに苦しんでいます。
明治ファンの方々は、さぞかし辛い日々を過ごしていらっしゃると思います。

でも、その苦しさの何割かは、早稲田ラグビーファンの私も感じていることなのです。
言い方を替えると、早稲田ラグビーファンの何割かは、明治ラグビーの熱心なファンでもあると、私はかねがね考えています。
だから、MTさんの心境は痛いほど分かります。

この感情を、慶応や法政のラグビーにも同様に抱きます。


どんな力関係で対戦することになろうとも、ライバル同士の対抗戦、定期戦と互いに認め合うとしてのお互いの意地と誇りのぶつかり合いがあります。

かつて、早稲田が明治に対して手も足も出ない時期がありました。
それでも、明治ラグビーは、Aチームもファンも、100%の力でぶつかってきてくれました。

明治が苦しむ今は、かつての明治の心意気に対して早稲田が応える番です。

今季の優勝が懸かっていようがいまいが、関係ありません。

優勝が懸かっていないからといって、それを消化試合などという人がいるのは、もってのほか。
それは互いに一目置く同士の対抗戦、定期戦の意義を知らない人の言うことです。

学生スポーツに浮き沈みはつきもの。
いずれ明治の力に圧倒される時が必ず巡って来るのですから、いま遠慮する必要は何もありません。

200%燃焼する、ガチンコ勝負の早明戦を期待いたしましょう。
Comment (1)

稲穂祭

2008-10-26 17:17:01 | 大学野球
早慶戦前夜祭である稲穂祭の季節が、今年もやってきました。

日時:10月30日(木)15:30ー20:00
場所:大隈講堂

早慶両校応援部による応援合戦はもちろん、今年は菊地さん(応援部OB)による『早稲田を知る』の講義も併せて行われます。

また、野球部の四年生部員たちも毎回登場します。
今年も来てくれると嬉しいですね。

平日の開催ではありますが、野球部員の登場やチャンスパターン・メドレーは後半の最後に行われるはずですから、仕事を終えてから駆け付けても、きっと楽しむことができるでしょう。

私は先月のうちに、この日に半休を届け出してあるのですが、金融市場がこんな状況ですから、実際の取得は難しいかも知れません。

次の早慶戦は、四年生たちが大学生活の集大成を披露する特別な舞台となります。
フィナーレまでには何とか大隈講堂に駆け付けて、四年生部員たちに声援を送りたいと思っています。


なお、今日の東伏見では、左腕投手を想定した入念な打撃練習が行われたとenjinさんからメールをいただきました。

金融市場の未曾有の混乱のために、この週末も東伏見に行けなかったことが残念でなりません。
早稲田の野球部に新しい歴史を刻んできた現在の四年生。
彼らがグラウンドで躍動する姿を、少しでも多く目に焼き付けておきたいのですが。
Comments (7)

渡辺康幸監督を男にする会

2008-10-25 21:25:33 | 大学駅伝
今や恒例となった標記の会が、今年も開催されます。

日時:11月15日(土)19時

場所:「リフレッシュ氷川」
渋谷区東1ー26ー23
03ー5466ー7700


毎回、瀬古さんがアクセル全開で大いに盛り上がる催しですが、今回も「打倒駒沢の秘訣はこれだ!」と題して、瀬古さんと渡辺監督の対談が予定されています。

参加費は、何と1,000円!

私にとっても駅伝とラグビーに軸足を移す節目となっている催しですから、万難を排して参加しようと思っています。

なお、出席される方は、主催する渋谷稲門会に、事前に連絡することをお勧めします。

渋谷稲門会事務局
03ー3409ー4966

Comment (1)

南青山 Body & Soul

2008-10-25 02:12:03 | 音楽
今夜は、馴染みのボディ・アンド・ソウルに行きました。

『激務の時こそ、激しく遊べ』
邦銀に勤めている頃、先輩から言われたことです。

毎日、早朝から夜まで働いていると、周囲からは「早く帰って体を休めなさい」と言われます。
しかし、忙しい時ほど、発散する機会が必要と感じるのも正直な気持ちであります。

特に今夜は私の大好きなB3オルガンが演奏される日だったので、これは行くしかありません。

B3のグルービーな響きを聴きながらバーボンを飲む。
これが私の至福のひとときです。


さて、先週末の土日も早朝出勤してから神宮に行きましたし、今週末の土日も出勤する予定。

何日連続で出勤しているのか数えるのも空しくなる状況です。
でも、この金融クライシスで苦しむお客様を抱える担当者たちが捻り鉢巻きで頑張っています。
それを思えば仕方ありません。

これから一眠りして、またオフィスに向かいます。
Comment (1)

ニッキン

2008-10-24 19:58:31 | 大学野球
今日発売の金融専門紙『ニッキン』に、東京海上日動と三井住友海上が決勝を戦った野球大会の記事が載っていました。

試合は三井住友海上が優勝したのですが、良く読んでみると、今年卒業した川本くんが、東京海上日動の捕手としてフル出場していることが判りました。

彼は、私と同じ丸の内エリアに勤務していまして、神宮でも見かけます。

元気そうで、何よりですね。
Comment (1)

西武・後藤選手の活躍

2008-10-23 06:35:59 | 大学野球
西武の後藤選手(横浜高ー法政大)が大活躍しています。

高校、大学と常にスター選手として全国に名を轟かしていた彼が、プロでは二軍暮らしばかり。
しかし、時として一軍で猛打爆発。スポーツ・ニュースのトップ映像にも登場して、『おっ、頑張ってるな』と存在感を再認識させられる、ちょっと面白い男です。

私は今日もハードな一日となりそうですが、オフィスで朝刊に目を通していて、後藤選手から少し元気をもらいました。

さあ、パソコンを立ち上げ、ぼちぼち私も戦闘開始といきますか。
Comment (1)

どこまで続く泥濘ぞ

2008-10-22 23:22:17 | ビジネス
昨夜のうちから外国為替市場が嫌な動きをしていたので、いてもたってもいられずに朝6時すぎにオフィスに入りました。

不安が的中して、今日の金融市場は終日大荒れが続き、たった今、オフィスを出たところです。

同僚に買ってきてもらったコンビニのおにぎり二個を食べただけで、一歩も外に出ないで、なんと16時間連続の勤務!

シンガポールやニューヨークからのメールや電話も、『今日中に報告しろ』『30分後に始まる電話会議に必ず参加しろ』云々といった内容ばかり。

無理矢理に例えると、早法四連戦と早明三連戦の神宮の息詰まる雰囲気が、オフィスにまで充満してきたというところ。
明日の市場も予断を許さないので、本当に疲れます。
(T_T)


私の携帯電話の番号はワールドワイドで閲覧可能な社内ディレクトリーにも登録されています。
ですから、野球やラグビーに関する楽しいメールをいただく中に、間隙をぬって国際電話が入り込んでくるので、時々、電源を切ってしまいたくなってしまいます。
(;^_^A

次の金曜日の夜は、南青山のBody&Soulに、職場の仲間同士でJazzを楽しみに行く計画を立てています。
それまでに市場が少しでも安定してくれると嬉しいのですが。


Comment (1)