50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

今度はボイラーが壊れた!(;´Д`)

2018-07-29 17:57:56 | 海外生活
昨日は、久々に、朝から雨が一日中、降り続いた。
これで、大地の渇きは少しは収まっただろうか?

金曜日までは、この国では、信じられないような暑さが続いていたが、昨日は、気温が10度くらい下がった。

そして、昨日は、やっと、スカフォードが、うちの棟でも、殆ど取り外された。

おとといの夜、シャワーを浴びて、髪を洗っていると、突然、お湯が出なくなったので、ロフトに登って、
ボイラーを調べた所、故障してることがわかった。

それよりも、ハシゴでロフトに登って行って見た光景には、びっくり!



以前のInsulation(断熱材)のpolystyrene(ポリスチレン)が、あちらこちらに飛び散り、(小さい玉なので、掃除しにくいものです)sorega,埃や土砂と一緒になって、天井裏の物置は、めちゃくちゃに汚れて
いた。
ロフトは、歩けるようには、板を張っていないため、物が置いてある場所だけを掃除した。

本当にストレスだ。手や顔のアトピーも悪化しそうだ。

土曜日の夜からは、ジョウロを使って、シャワー代わりにした。



今日、来るはずだった予定のPlumber(配管工ーガスの修理屋)は、案の定、来なかった。
これは、この国では、よくある話。
一日中、待っていても、約束をすっぽかす。

窓ガラスも今日、台所と1階を入れ替えると言ってたが、結局、来なかった。
これも期待していなかった。

いつ来るか、それは、職人次第だ。
いい加減なのは、この国では、当たり前のことなのだ。

ウォシュレットもないし、銭湯など、あるはずもないこの国では、お風呂は、贅沢。
うちはバスタブもなく、シャワーだけだけど、熱いお湯のシャワーが出ることのの有難さを
今更のように感じる。

せめて、冬でなくて良かった。いつ治るのか、もうすでに修理費は、100ポンド支払っている。
新しくボイラーを買い替えるとしたら、2千ポンド(30万円)くらいかかるそうだ。
どうか、100ポンドで治りますようにと願うばかりだ。
コメント (2)

海の温度も上昇!

2018-07-26 23:20:48 | 日本からイギリスに帰る
今日も、朝から、暑かった。
家の中にいても、未だに工事の真っ最中で、埃と、騒音の為に、窓が開けられずに、汗が、ダラダラ。
今日は、一日中、風もなく、イギリスに来て、初めて経験するような暑さだった。

ボランティアの犬の散歩も行かないとと思って出かけた。
車の中は、蒸し風呂状態。何しろ、イギリスの車は、エアコンのないのが多いから。
でも、次回、もし買い替えるとしたら、絶対にエアコンは必要だなと思った。

犬の飼い主は、この暑さで、犬の事が心配で、でも、散歩には行ってもらいたいしで、私は、出来るだけ涼しい所を、歩ききますからと言って、公園に連れて行った。
この公園は、木々がいっぱいあって、日陰になってる。涼しくて快適な場所なのだ。

夕方5時半からは、海に行った。
今日は、かなりの人々が海に入って泳いだり、水遊びをして楽しんでいた。
犬連れの人々も、やってきて、海に入りたくて入りたくて仕方ない様子で、わんわん吠えていた犬もいた。やっと飼い主の女性が犬を連れて海に入ると、犬は気持ちよさそうに泳いでいた。

海の温度は、昔の日本の海の温度と同じくらい暖かかった。
今の日本の海は、夏だと、ぬるま湯につかってるような感じだろう。

少し冷たいくらいが気持ちいいのだ。
今日は、あまりにも海が気持ちよくて、20分も海で泳いでしまった。

友人に教えてもらったセンシティブスキン用のUVクリームを買った。
これだとひりひりすることもなく
石鹸で落とせるので、お肌に優しいみたいだ。

今日も、帽子を被って泳いだ。
さすがに夕方の陽射しは、やわらかで、昼間の強烈な陽射しとは、ちがって、安心して泳ぐことが出来る。
今日は、風が全くなかったので、海は本当にCalmだった。
まるで、プールで泳いでるような感じだ。しかも暖かいし。

水不足は、ますます深刻な問題になってきている。

先日、スカフォードはいつ取り外すのかと、ワークマネージャ―に聞いたら7月の3週目と言ってたのが、3日ほど前に、もう一度聞いたら、来週初めくらいと答えた。

しかし、階下の人が、昨日、マネージャに聞いたところ、来週の木曜日の予定と、どんどん予定が伸びて行ってる。いい加減にしてほしいなあ。( ̄▽ ̄;)

暑いし、埃がすごいし、家の周りもワークマンは片づけて行かないから、こちらが、掃除をしないといけないして。

おまけに修理の不要なレンガを取り外して、修理の必要なレンガは、そのままになってる。
適当なんだ。こちらの職人、いや、職人とよべるのかどうか? こんないい加減な人達。。。

本当にいい加減にしてほしい。(;´Д`)


コメント

あまりの暑さで、ミラージュ(蜃気楼)が見えた日。

2018-07-25 15:56:07 | 海外生活
今日のイーストボーンの気温を計ってみた。午後3時現在。

室内で、28度、屋外で、直射日光の当たるところでは、地面のそばで、42度、そして、屋外で、直射日光の当たる所で、地面から約1.5mの地点では、38度くらいになっていた。

昨日は、BBCのラジオニュースを聴いてると、日本では、3万人近くの人々が熱中症で病院に運ばれたとのこと。死者も、定かではないけど、かなりの数が出ているとのこと。
昨日のヤフーニュースでは65人、病院に運ばれた人は、2万2千人に上ったという。

昨日のニュースでは、ギリシアでも、乾燥が続き、山火事が起こり、74人の人々が亡くなったらしい。
放火なのか、自然発火なのかは、定かではないが。

イギリスでは、先週の金曜日に雨が降っただけで、乾燥しきって、草も枯れ葉て、木の枝の葉も、一日ごとに、枯れ果てて行ってる。



このままでは、牛が食べる緑の草もなく、干し草を与えるしかなく、今年の冬は、干し草が不足して、牛乳の価格も値上がりする予想が出ているらしい。

それだけではない。
先日は、スーパーに行って、ヨーロッパ全土が、猛暑のため、キュウリが入荷してこないと言われた。結局、キュウリは入荷してきたものの、今後、この日照りが続いたら、野菜も高騰するにちがいない。

毎年ならば、夏でも肌寒い気候を恨み、雨ばかりの日々に、うんざりするのに、これは、あまりにも極端ではないかと思ってしまう。

そして、日本の将来を考えると暗澹たる気持ちになる。
地震の次は、洪水、そして猛暑、自然災害が多すぎるわが故郷、日本。

海に行って泳ぎたいけど、外の太陽の陽射しが、あまりにも強いので、夕方になってからでないと、心配だ。皮膚が赤くなって、またアトピーが悪化する可能性があるからだ。

今日も、午後5時に、夫と一緒に海岸に行った。



今日は、5時すぎても、大勢の人が、泳いでいた。
海の水は、冷たくなかった。夕方なので、少しは陽射しも、やわらいで、快適な海風が吹いてきた。

しかし、遥か彼方に見えるHastings(ヘイスティングス)の町並みが、海の上に反射して浮かんで
伸びている。
夫が、Mirage(ミラージュ)だと言った。暑さのせいで、こういう現象が起こるのだという。



私は、てっきり町並みだと思ったけど、望遠鏡で見ると、確かに海の上に浮かんで反射している映像だった。


カモメたちが何か餌を見つけて、食べている。
ムール貝を食べてるのもいれば、



まだ雛から大人になり切っていないカモメは、どうやら小さなカニを見つけて、一生懸命、突っついてるようだ。



海で泳ぐのは、僅か10分か、そこらで、ビーチにいるのも、30分くらい。
そそくさと、引き上げてくる。

泳ぐときは、帽子を被って泳ぐ。出来るだけ、日に焼けないように。
昼間なんて行くと、トンデモナイことになる。
陽射しが弱まる夕方に行って、ちょうど良いくらいだ。

天気予報では、当分、このヒートウェーブが続くらしい。

世界的な猛暑、一体この地球はどうなるんだろう。

先ごろ亡くなったスティーブンホーキング博士の遺した言葉、「人類は、100年以内に、新たに人類が住める惑星を見つけなければならないだろう。なぜなら、地球は、暑くなりすぎて、住めない惑星になるやもしれない」
この言葉が現実味を帯びてきてるように感じるのは、私だけだろうか?




コメント

猛暑の続く日本、雨の降らないイギリス

2018-07-22 21:53:19 | 海外生活
金曜日降った雨は、お湿り程度で、殆ど、大地に浸透することもなく、相変わらず、大地の草は枯れ果て、緑ではなく、もう、茶色に染まっている。

木々の葉も枯れ始めているのもあり、今日も乾ききった一日となった。
スカフォードも相変わらず、このままで、レンガは取り外されて、そのままに、放りっぱなし。

金曜日は、仕事をお昼で終えて職人は帰ったみたいだ。中途半端に仕事を残したままで。



昨日のBBCのラジオのニュースを聴いていたら、京都で、暑さの為、死亡した人が続出したとのニュース。
関西に住む友人から来たメールでは、もう耐えられないくらいの暑さだという。
そんなニュースを聴くと、日本は大丈夫だろうかと、不安になる。
年取って日本に帰っても、そんな暑さに耐えられるかどうか?

母が生きていた頃、毎年、「もう暑くて、どうにかなりそうだ」と言うことを聞いていたので、夏が来ると、母親のことが、心配で仕方なかった。


今日は、生徒さんのお家でBBQをするので招かれていた。
でも、今日も相当暑くて、リフレッシュしたくて、海に泳ぎに行った。
まぶたの上のアトピーが、酷いので、日焼け止めは、チークに塗っただけで、帽子を被って泳いだ。
それでも、またアトピーが酷くなった。
昨日は泳がなかったけど、やはりアトピーが酷くなっていた。

こんなに暑いと、海で泳がないと勿体ないという気になって、ついつい、海に行きたくて、そわそわしてしまう。夫が、「海に行く」というので、必ずついて行ってしまうのだ。
徒歩で海まで10分もかからないので、なおさら、気軽に海に行くことになってしまう。

最近では、海に膝まで浸かっても、冷たいと思うこともなくなって、いきなり、胸や肩まで浸かって、泳ぐ。泳ぐ時間は、せいぜい5分か10分だけど、それでも、泳いだ瞬間、脳内に幸せなホルモンが満ち足りてくる感じがする。

スカフォードに囲まれ、毎日、騒音と埃に悩まされてるので、海に来ると、本当にリフレッシュするのだ。

それでも、地球規模での温暖化、これを考えると、限りなく不安になる。
日本の未来は、どうなるんだろう。

昭和30年代くらいから比べて、約3.3度も気温が上昇してるとの記事を読んで、やっぱりと思った。
私が子供の頃も、夏は暑かったけど、どの家もエアコンなんてなかったし、それでも、なんとか過ごせていた。
若い頃、子供が小さい頃も、貧乏な我が家にはエアコンなどなくて、不用心ながら、窓を開けて寝たものだ。それでも、何とかしのげていたのだから、それと比べると、今の日本の気温は、異常に暑いのだろう。

水曜日には、大阪で39度になる予報が出てる。

ここイーストボーンは、最高気温26度になるとの予報だ。


コメント

11週間ぶりの雨

2018-07-20 23:35:24 | 海外生活
今日は、朝起きてみると、何と、久々にギンギラギンの太陽ではなく、曇っていた。
朝、フィットネスクラスに行った帰りは、何と、雨が降り出していた。

「ああ、恵みの雨だ!」とつい思った。今日、一日中、降り続いてくれたらいいのに。
そしたら、スカフォードの埃も少しは取れるのに。

家に着いたら、職人が、ドリルを使って家のレンガを取り外していた。
でも、中途半端で、途中までやって、お昼には、金曜日ということもあって、帰ってしまったそうだ。

だから、今、家の周りは、レンガが取り外されて、空洞になった中身が見える。
レンガの向こうには隙間(Cavity)があって、内部にもレンガが貼られている。
この隙間の中に、新しい断熱材も入れて行くらしい。
気が遠くなりそうだ、長い期間、工事がかかるにちがいない。ため息が出てしまう。

今日は、午後から、先日、会ったギターリストの家に伺い、初めてのセッション。
ボサノバが好きだと言うことで、ボサノバの譜面をいくつか持っていった。
そして、Autumn Leavesを一緒に演奏したいとのことだったので、この1週間で、インプロバイズした曲を
持って行った。

ギターリストの弾くギターの音色は、とても優しい音色で、昔、ブライトンの海岸で聞いた「モナリザ」の曲を彷彿とさせる。ちょっと離れた場所から聞くと、エコーが聞いて、より一層、いい音色だなあと、うっとりしてしまう。

実は、昔、私もギターを弾いていた頃があった。
中学生の時、「禁じられた遊び」を弾きたいと思って習い始めたのだが、長続きしなかった。
また、学生の頃、下宿生活で、ピアノもなかったので、フォークギターを弾いたりしていた。

このギターリストの家にあったキーボードは、すごい埃をかぶっていて(もらいものだという。自分では弾いたことがないらしい)「すみませんが、キーボードが埃をかぶってるので、拭きたいのでクロスを貸してもらえませんか?」と真っ先に聞いた。

ギターリストの住むアパートは元マナーハウスで、ゴージャスなアパートメントだったけれど、もう、この人のアパートメントに来て練習は、したくないなあと思った。何しろ、埃の被ったキーボードで弾くとアトピーが、よけい酷くなりそうな気がする。
今、指と顔のアトピーに悩まされているのだ。

来週は、生徒さんから紹介されたセキソフォニスト(女性)とスタジオを借りて、セッションの予定が入っている。この彼女は、クラッシックを弾きたいという。彼女も近々、ブライトンとバンドスタンドでの演奏の予定が入っているという。

今日、家に戻ってきたら、レンガは取り外しをされていただけで、新しいのと交換されていなかった。(セメントで取り付けられていなかった。)

いったい、いつになったら工事が終わるのか?
いつまで騒音と埃に悩まされ続けるのか?

この酷いアトピーも埃が原因だと思えないこともない。
それに騒音が続くことのストレス。

おまけに、高額な請求が来ることの恐怖。
不必要な工事なんて(レンガの交換など)必要ないのに、無理やり工事をすすめていることに
腹立ちも覚える。

とにかく工事が終わらないことには、正式な請求書も来ない。
正式な請求が来てから、またイーストボーンホームとの闘いが始まる。
やれやれ。。なのだ。
しかしながら、このイーストボーンホームとの闘いは続きそうだ。
早くストレスから解放されたい。




コメント