50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

終の棲家は、叶わぬ夢?

2018-09-15 15:22:35 | 海外生活
この夏、いや春から夏にかけて、日本では、災害が続いている。

いまだかつて、なかったほどに、洪水、そして、猛暑で、熱中症の人々が続出、その次は、大阪で大型の
台風による被害、翌日は、北海道での震度7という地震。

地震などないと思われていた札幌で、いや北海道全域で、丸二日間以上の停電と言う異常事態。

日本に終の棲家を見つけることも、不可能と思えてきた今日この頃。

夫は、日本には、住めないという。仕事もないし、まして、今年64歳になった夫が、新しい国で、仕事など
見つけることは至難の業だ。英語の教師には、なりたくないという。

陶芸家として、南アフリカで7年間、陶芸を教えたり、作品を売って暮らしを立てていたが、治安が悪くなり、イギリスに戻ってきたという。
夫は、ずっと、陶芸をやりたいと言ってたし、私も、それを望んでいたが、残念ながら、それも夢で終わりそうだ。

Interest Only(利子のみを支払う)Mortgage(ローン)は、来年の8月で終了する。
元金を払わないといけないが、もうローンでは、大きな金額は組めないので、かなりのDeposit(頭金)が
必要になる。

私が必死で、こつこつ貯めてきた貯金を費やす時が来たようだ。

このなけなしの貯金をつぎ込んだら、日本では、老後のマンション(たとえ中古のワンルームマンションでも
買えないということが、わかった)は買えなくなる。

日本のマンションは、年数と共に価値が下がり、その上、家やマンションを買う時には、手数料に100万円くらいかかることも知った。
また、マンションだと、管理費や、修繕費の費用で、毎月、2万円くらいかかる。

年金など殆ど皆無に等しい私(シングルマザーの時には、年金が払えなかったので、減免申請をしていた)に、果たして、日本で暮らしていけるお金があるかどうか?
勿論、子供には面倒をかけられないし、考えてもくれないだろうことは、わかってる。

日本にはボロ家があるが、これもいつ倒れるかわからない物件である。
洪水時には、浸水しそうになったという。
また、地震が来たら、倒れるか、地盤がゆるいので傾くか?

でも、この地で一生を過ごせるかと言うと、やはり、日本に戻りたいと思ってしまう。

手塚治虫氏の描かれた「火の鳥」望郷変を思い出す。

帰りたい故郷を探し求めても、故郷は変り果てて、昔の故郷ではなくなっている。

なんだか、そのような心境だ。

毎年、日本に帰るたびに、変わってしまったと感じる我が祖国。

こんな短い間で、気候も、人々も、何もかも変わってしまうもんなんだ。。。
浦島太郎になったような気分がする。

年老いた私が戻っても、受け入れてくれる国は、もう,どこにもないのかもしれない。



コメント (2)

何やら、大変なことの多い九月です。

2018-09-09 22:37:55 | 海外生活
かなり前から気になっていたことですが、カーペットが、擦り切れて、とても汚くなってきたので、
先日、買い替えました。
そして、カーペットフィッターに、ラウンジと階段を、敷き詰めてもらいましたが、
家具を移動した所、深刻なカビが発生していることが判明しました。

その上、壁紙をはがしたところ、あちこち、壁に穴が開いているのも判明しました。
夫は壁紙をはがし、穴にプラスターを埋め込んで、昨日、今日と、週末は、
朝から晩まで、この作業で明け暮れました。
私も、いろいろ手伝ったので、(重いものは運べないのですが)足が痛くなってしまいました。

カウンシルが外壁のレンガの工事をちゃんとやっていないせいか、手抜き工事なので、
レンガも割れてたり、そのせいで、水が入ってくるのかもと、夫は言ってました。

カーペットを換えてから、壁の不具合を発見して、壁紙をはがす作業、そして、夫は、ブリーチ(漂白剤)で必死に、カビを取っていました。

狭いフラットなので、家具を、いちいち移動しないといけないので、大変な重労働です。

しかし、もしカーペットを換えていなかったら、カビにも気づくことがなく、大事に至っていたかもしれません。
家は、常にチェックして、たまに、このように、家具を動かして大掃除しないと、大変なことになってしまいます。
ラジエーターの裏の埃も、すごいことになっていました。掃除しにくくて、困りますが、こういう時に、役に立つのが、日本から持ってきた、クイックルワイパーです。
こちらには、こういう商品が、あまり売ってないので、貴重な品です。

この家に引っ越してきてから、大がかりな掃除や、メンテナンスをしたことがなかったので、たまに、家具を移動して、掃除することの必要さを感じました。

うちの日本の家は、ボロ家で、2階が傾いているので、家具は、殆ど置いていません。
そのせいか、掃除がしやすいです。

日本に終の棲み処をと考えていましたが、この家のInterest only(利子のみ)のモルゲージが、
来年の8月で終わりますので、そうなると、私の貯金もつぎ込んで、デポジットをいれないと
リモルゲージが出来ないので、日本で中古マンションを買うという夢も崩れ去りました。

日本の両親の住んでいた家は、いろいろ問題ありますけど、古い物件なので、固定資産税も、安いので、
維持費が殆ど不要なので、やはり、日本に帰った時、ここがあると便利だと思います。
地震が来たら、一発で崩れ落ちるとおもわれる家です。
南海トラフが、30年以内に来ると言われてるので、余計、恐ろしいです。

日本では、大阪で台風の被害、私の所も、被害に遭いました。
ベランダの屋根が吹き飛ばされたり、トユが壊れたり、納屋が倒れたり、そして、大阪の台風の
翌日は、北海道で地震があり、北海道全域で停電になるという事態になり、今年の日本は、
本当に災難続きですね。

何とか平穏で、涼しい快適な秋が来てくれることを願います。
イギリスは、気持ちの良い季節になってきました。
今年は、いろいろなことで、忙しい秋になりそうです。
コメント (3)

イギリスの「なんば花月?」に、行ってきました!(^^)/

2018-08-28 17:22:43 | 海外生活
土曜日から夫の娘さんが来ています。

昨日は、ブライトンのKomediaまで行き、ガマージョバット(日本名 がーまるちょば)を
観に行きました。

ガマージョバットを知ってる人は、日本人では,少ないかも?
イギリスのエジンバラフェスティバルで優勝して有名になった人達です。



ガマージョバットを観に行くのは、これで、3回目です。
今回も、思い切り笑いこけました。

ロンドンの日本人向けニュースペーパーで、ガマージョバットが来ることを、知り、早速、予約したのです。



会場は、笑いの渦に巻き込まれていました。
パントマイムで、全く言葉を話さないコメディなのですが、観客を巻き込んで、やる芸は、本当に
何度、行っても、面白くて、思い切り、笑わせてもらえます。

15ポンドの料金は、60歳以上だと10ポンドと割引があるんですが、今回は、娘さんの分も払ったので
手数料、一人1ポンドずつで、合計、38ポンドでした。

彼女も楽しんでいたようで、良かったです。
昨日は、バンクホリデイだったせいか、小さな子供たちも、大勢来ていました。
そんな観客層をみてか、ガマージョバットの昨日の芸は、ちょっと子供向け、みたいな感じもありました。

前回、5年ほど前に行った時は、殆ど、大人ばかりだったので、内容も、ちょっと、ちがっていました。
ちょっと、Hっぽい内容も。。。(#^.^#)

そして、前回行った時は、前の方の席だったので(早めに行ったので)一緒に行った友人の一人が、
ステージに呼ばれて、恥ずかしそうにしていました。

今回は、開演時間ぎりぎりに行ったので、後ろの方の席しか空いてなくて、視力の悪い私は、あまり見えなくて残念でした。

それでも、四六時中、大笑いをして楽しい気分になりました。
こんなに笑うことって、滅多にないことですから。。。

今回は、初めて、ガマージョバットのお二人が、最後にスピーチをしました。

拍手喝さいがあって、お二人が再登場した時に、初めて、声を出して、話したのです。
"We can speak!" と行った時は、「おお~~!本当だ!」とびっくり。
一人は、英語を流暢に話していましたが、もう一人は、恥ずかしそうに、"Thank you very much!"
と言った後、日本語で、「本日は、どうも有難うございました!」とあいさつされました。

夫は、それを聞き逃していました。
しかし、前の席の方に、何人か日本人の人々がいたので、きっと、その方たちに向って挨拶したのかも?

遠くの席で、ちょっと残念でしたが、思い切り笑って楽しい夜を過ごしました。

帰り際、夫がビールを飲みたいというので、パブに立ち寄りました。



お洒落なパブでした。照明が素敵~と思いました。



パブによく置いてある年季の入ったピアノ。



ちょっと弾いてみましたが、ホンキートンク調の独特の音色でした。



コメント

熱中症になった時のこと(死ぬかと思った!)

2018-08-23 23:32:04 | 日記
2004年の夏、イギリスに行って、まだ半年くらいしかたっていない時のこと。
母が悪性リンパ腫で、精検の為、お腹を切る手術を受けたので、日本に戻りました。

ある日のこと、出かける用事があり、大急ぎで出たのですが、水を持って行くのを忘れたのです。
いつも、水は、忘れないようにしていたのに、
この時に限って水を入れたペットボトルを忘れたのです。
どこでも、ペットボトルの水など買えると思っていたのが間違いでした。

水が飲める状況でなかったのですが、我慢していたことが、大きな災いになりました。

のどが渇いて、脱水症状になり、その後、友人と会って、冷房の効きすぎるカフェに行ったことで、
家に帰ってから、具合が悪くなりました。
外の暑い温度と、カフェの中の冷房の効きすぎた店内の温度差が激しすぎました。

高い熱が出て、病院も、お盆のため、開いてなくて、救急車で行ったのは、地元でも評判の悪い病院でした。
そこでは、何の処置もされずに帰ってきました。医者が突然、居なくなって、戻ってこなかったのです。

それから、お盆の間、死ぬかと思いました。
どこの病院もあいてなくて、熱が出ても、食べ物を買うために近くのスーパー
に、うどんを買いに行きました。

外に出て、汗をかいて、家に戻ってくると、一旦、熱は37度くらいに下がるのですが、
その後、また39度、40度の熱が出てくるのです。

熱が3日3晩続き、酷い咳で、横になることも出来ませんでした。
あの時は死ぬかと思いました。

それほど、つらかったのです。
熱がある上、咳のため、一睡もできなかったからです。

私の住むアパートの部屋は,冷房も、効かないような暑い部屋でした。

お盆の間、病院に行くことも出来ず、本当に、このまま死ぬのでは、と思いました。

咳も酷く、呼吸できなくて寝ることも出来ませんでした。
やっと、お盆が開けて、自転車で15分くらいの駅前のクリニックに行くと、肺炎になってると言われました。
自転車で毎日、クリニックに、点滴を打ちに行きました。
治るまでに、1か月以上かかりました。
今、思い出しても恐ろしい思い出です。

それまでは、夏に、熱を出して、咳をして、風邪などひいたこともなかったから。

熱中症から来る肺炎、侮れないです。

今年は、多くの方が熱中症で、病院に担ぎ込まれて、点滴を受けたり、または、熱中症が原因で
亡くなられた方もいると思います。


まずは、水分補給。そして、無理して外に出ないこと。
外に行く場合は、涼しい場所に行くこと。

母の亡くなった年の夏、私は夫と一緒に、海遊館に行きました。
あそこは、ゆったりしていて、ずっと、一日中、居たいなあと思いました。
涼し気に泳ぐ魚たちや、マンタエイを見ていると、心が癒されました。



コメント

Air Show とポテトアップルパイ

2018-08-19 22:43:57 | 海外生活
今年もこの町では、恒例のAir Showがありました。
木曜日の夕方から始まって、日曜日の今日まで、4日間の間、開催されます。
金曜日は、お天気で、一番、快適な日だったと思います。
私は、犬の散歩のボランティアに出かけて、疲れ切って帰ってきました。

その上、土曜日に海岸沿いのエアショウが,よく見えるお宅のパーティに招かれていたので、私はデザートを作っていくという約束をしていました。

久々に、らぽっぽ風ポテトアップルパイを作りました。
疲れていたけど、頑張って眠い目をこすりながら、(=_=)。。。


用意するものは、サツマイモとクッキング用のBramley Apple、そして、パフペイストリー(冷凍)
スーパーでパフペイストリーを見つけるのに苦労しました。
隅っこの方に、しかも、たった二つしか残っていなかったのです。

サツマイモは、イギリスのオレンジ色の皮のサツマイモは、べちゃべちゃになるので、日本と同じ、紫色の皮のを見つけて買いました。これだと、焼き芋にしても、ホクホクして美味しいのです。



サツマイモは、オーブンで焼いてから、潰して、生クリーム少々、バター少々、砂糖を少々を入れて混ぜました。
りんごは、そのまま、薄くスライスして、シナモンをかけます。



後はペイストリーの余ったのを、長細く切って、パイの上に乗せ、刷毛で、卵黄を塗ります。

そして、オーブンで焼くだけです。



切る時、ばらばらになりやすいですけど、このまま持って行くのは難しいと思い、あらかじめ切って、持って行くことにしました。

案の定、車を駐車するところがなくて、かなり遠くに車を停めて、歩くこと20分くらい。
パーティには、すでに大勢の人が集まっていました。

初めて会う人も多かったです。いろんな人と自己紹介し合って、お喋りを楽しみました。

Air Showの最後の方は、お決まりの、人気のジェット戦闘機 Typhoonの飛行は、迫力ありました。

この戦闘機の轟音で、ペットの犬が、恐がるということで、犬の飼い主にとっては、とても迷惑な行事でもあります。
 https://www.youtube.com/watch?v=PZtCbvJGqwE

最後は、恒例の、レッドアロウで締めくくります。



このレッドアロウが登場すると、海岸にいる人々は、拍手喝さいです。



https://www.youtube.com/watch?v=TcQ5XRBBdkY

疲れたけれど、楽しかったです。
帰る途中、可愛らしいB&Bを見つけました。



玄関に、いっぱいお花が咲いていて素敵でした。




コメント