50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

春の訪れ、今度は、新しい変異種がブラジルから?

2021-03-01 18:32:49 | 海外生活、コロナウィルスの影響、仕事のこと

ブラジルからの新たな変異種が?!ワクチンは効果あるのか?

金曜日にアストロゼネカのワクチンを接種して、その日の夜中に熱が38度も出た。
悪寒がして熱を測ってみたら、38度だった。
そして、頭が冴えて眠れず、Diazepamを3分の1錠だけ飲んだ。(1錠がデパスの4倍の量なので)
それで、何とか眠りについて、汗も、びっしりかいて眠った。
翌朝も、体がだるかったし、何もする気が起こらず、ペニーの散歩も断って、うだうだしていた。
午後から夫と一緒に、公園に少しだけ散歩したけど、疲れて、ベンチに座っていると、「久しぶりね~」と言って、夫の昔の同僚だという女性が、話しかけてきた。

「こんにちは、私は、キャロルっていうのよ」と私にも、気さくに話しかけてきてくれた。
二人連れで、もう一人の女性は、キャロルの友達だという。その人も先生だそうだ。
その人は、赤ちゃんを背負っていた。キャロルの子供だという。

私がワクチンのことを話すと、キャロルは、1月初めに、中共ウィルスに罹り、家族全員感染したと言う。夫や母親や、子供たち、長男は、背負ってる赤ん坊の兄で、19歳ちがいだそうだ。
ワクチンも受けたそうだ。副反応はなし。

コロナの症状はどうだったのかと聞くと、やはり頭痛が酷く、咳が続いたらしい。でも熱は出なかったらしいけど、匂いや食べ物の味がわからなくなったとのこと。

もう一人の女性は、コロナには罹らなかったけど、アストロゼネカのワクチンを受けた所、やはり副反応が酷くて、「電車に轢かれたみたいな衝撃だった」という表現をした。

土曜日は、倦怠感と微熱が続いていたけど、日曜日の朝には、私の副反応の方は、すっかり良くなっていて、朝から元気になった。
ただ、ちょっと朝起きたら、まだ、暫く鬱状態が続いてるけど、この日も、素晴らしいお天気に恵まれ、洗濯や買い物、犬のボランティアの散歩など、忙しく動いた。

消えた、ご飯しゃもじの代わりに夫が二つ目の、ご飯しゃもじを、学校で作って持って帰ってきてくれた。右側が新しい、ご飯しゃもじ、こちらは、薄くて、材質もぴったりだ。



二つ並べて、吊るしてある。こうしておけば、ポルターガイストに盗まれることもないだろうと、夫が言ってた。(笑)



日曜日は、散歩に行く先々で、春の兆しが、満ち溢れていた。Daffodil 黄色い水仙、これが、イギリス中に咲き始める。人々は、今か今かとこの日を待ちわびている。





向いのShedの屋根には、キツネがのんびり休んでいる。
先日は、真夜中にキッチンに行き、電灯をつけた途端、すごい声でScreaming!!
何事か起こったのだと言うような声!(;゚Д゚)
トイレの窓を開けてみたが、真っ暗で見えないけど、すぐ、真下に来ている様子。



犬の飼い主さんのアパートの庭には、可愛いSnow Dropの花も。



そして、ひっそりと紫色の可愛いクロッカスも咲いていた。



ここ何日か、青空が続いてる。気分がいい。去年とは反対で、来週から、生徒さんが来てくれる。気分も明るくなるというもの。



あちらこちらで、春という名前の明るい風景が見られるようになった。



海岸べりでは、まだ冷たい海なのに、子供たちが素足でビーチを歩いてる。



このまま、中共ウィルスが収束してくれるといいのだけど。



今朝のニュースでは、また新たな変異種がブラジルから入ってきたとのこと。
せっかくワクチンを打っても、こういった変異種に、効果があるかどうか?

Johnson defends hotel quarantine amid hunt for Brazil variant case (msn.com)

ブラジルからの新たな変異種が?!ワクチンは効果あるのか?


にほんブログ村


コメント

ワクチン接種に行ってきました。

2021-02-27 11:05:55 | 海外生活 、コロナウィルスの影響

昨日、ワクチンの接種に行ってきました。
ファイザーかアストロゼネカかは、その場に行ってみないとわかりません。
自分では、ワクチンは、選べないと、以前から、人に聞いていました。

ファイザーであればいいなと思っていたのですが、今、ファイザーのワクチンは、とても不足しているらしいです。
ベルギーにワクチンの工場を建設しているそうですが、なかなか、世界各国に回らないようです。
しかも、ファイザー製は、一人当たり、何と25ポンドもするそうです。
それを政府が、全国民に出しているということで、アストロゼネカは、もっと安く作れるそうです。

ワクチンの会場は、かなり、満員でした。
いろいろ、前もってチェックされました。
住所、名前だけではなく、ethenic(人種)なども。
私はアナフィラキシーショックになったことがあると言うと、ワクチン接種後、暫く椅子に座って、20分ほど待つように言われました。

こんなカードを作ってくれました。
これが、証明になるのか、どうかは、わかりません。




本人の名前を書く欄もありません。だから、証明には、ならないのでしょう。

会場で働いている人(案内係の人など)は、ボランティアだそうです。
年輩の女性が案内してくれました。
皆、とてもフレンドリーな人々でした。

ワクチンを打ってくれる看護師さんは、「あなたは、何処の国の人?」と聞きました。
日本だと言うと、「わあ素晴らしい国だわ、私は、一度は行ってみたいのよ」と言ってました。
彼女は、パキスタンの人だそうです。
この国では、看護師さんは、フィリピン人とか、東南アジア系の人が多いです。
「水をしっかり飲んでね」と言われ、20分その場で、待っていました。
注射は、全く痛くなかったです。
その後、家に帰ってから、生徒さんのお母さんと電話で話しました。

3月8日から、生徒さんたちが、ぼちぼち、戻ってきてくれるようです。

この生徒さんのお母さん(40代-50代前半くらい?)はGP(お医者さん)の奥さん、だから、やはり、医療従事者の家族ということで、ワクチンをもうすでに、打ったということでした。

彼女もアストロゼネカ、そして、その場では、どうもなかったけど、9時間後に、熱や寒気、風邪症状が出てきたと言ってました。筋肉の痛みも。(これは、よくあるSide Effectだそうです)

「だから、もし、あなたも、熱など出ても、心配しなくていいわよ。3日くらいしたら、治るから」と言われました。

いつものように、夜、ピアノの練習を少しして、生徒さんのために、いろいろ準備して、シャワーを浴びて、いつものように、ラジオ体操して、軽くストレッチして寝ようとしたところ、全く眠くならないのです。そして、肩がこる、寒気がしてきました。Hot Water Bottleを抱えて背中に当てて寝ようとするのですが、頭の中がリラックスできなくて、何か、異物が混入したような感じがします。
やはり、陰謀論というか、そういうことも、頭をかすめてしまいます。
何か、遺伝子操作されたのだろうか?とか、ついつい、考えてしまいます。

でも、私の場合、ワクチンを打たないと、仕事もできないし、飛行機に乗って日本に帰ることも難しくなると思いました。

今、熱を測ってみると、38度近くありました。
しかし、眠れないのは、困ります。
睡眠剤を飲むのも、心配なので、飲んでいません。
でも、少し、リラックスするために飲んだ方がいいのかしら?と思ったり。



庭のチューリップも少しずつ芽を出しています。



黄色水仙(daffodil) の花ももうすぐ咲きそう。

今日はドイツ系スーパーに行き、イタリアンフェアだったので、いろいろ買ってきました。
日本の源氏パイに似たお菓子もあって、3個も買ってきました。
今日は、この中のトマトソースを使って、スパゲティボロネーズを作りました。



夜中ですが、眠れないので、ブログを書いています。

にほんブログ村



コメント

また消えた、ご飯しゃもじが!ワクチンを打つことに。。

2021-02-24 08:02:51 | 海外生活、コロナウィルスの影響、仕事のこと

先日、またまた、ご飯しゃもじが、消えてしまった!!
もう、何回目だろう!?
7回くらい亡くなってるような気がする。
毎年、日本に帰るたびに、2本くらい新しいのを買ってくるのだけど、1年の間に、約2本ずつ消えて行ってる。
100均の安物から、友人にもらった屋久島のお土産の屋久杉の、ご飯しゃもじまで、消えた!!

ご飯を炊いた鍋か、洗い物のシンクか、引き出しか、この3か所しか入れるところ、置く所はないのに、朝まで、あったのに、なくなってしまっている。

これには、夫さえも、気持ち悪がっている。何故だ?!何故だ!?と聞く。
もう、ここまで、ご飯しゃもじばかり消える現象には、笑うしかない。
別次元にいる何者かが、盗んで行ったとしか、考えられないのだ。

友人に送ってもらったご飯しゃもじも、一つや二つどころでは、ない。
安いものだから、いいものの、やはり、ないと不便だ。
誰か、こういう現象に遭った人に、聞いてみたい。
どういうことなのか?

おととい、仕事で、学校に行った夫は、学校のテクノロジー(技術家庭)の教室に置いてある木材で、ご飯しゃもじを作ってくれた。



こんな感じで吊るしておけば、何者か(霊)に取られることもないだろうと。
目につく所に置いておくのがいいと言うのが夫の考え。



このCupboard (戸棚)も安物の木材を使って夫が作ったものだ。

さて、コロナワクチンも、イギリスでは、かなりの人々が、1回目の接種を終わった。
先日、ワクチン接種の案内が来ていたが、医者からのアポイントが来るのを待っていたが、なかなか来ないので、どうせ、遅かれ早かれ、ワクチン接種はしないといけないので、アポイントを取ることにした。

日本人の人は、多くの人がワクチン接種をしたくないと言う人が多いようだ。
私の友達なんかも受けたくないと言ってる。

けど、こちらでは、殆んどの人が早く受けたいと言う。
何の疑いも持っていない。
うつりたくない、うつしたくない、自由の身になりたいということが理由だと思う。
長引くロックダウンに、皆、うんざりしてる。

正直言って、私もワクチンは、怖いけど、でも、接種しないと仕事も、ままならないし、第一、イギリス政府は、ワクチンパスポートというのを計画してるらしい。
ワクチンを打ってないと飛行機にも乗れないかもしれない。
となると、日本にも帰れない。

それで、ワクチン接種、1回目を今週の金曜日に打つことにした。
学校の教師である夫にも、一緒にワクチン接種に行くことを勧めた。

ワクチンのことに関しては、いろんな陰謀論?も出回っているけど、この際、寿命が縮まろうが、免疫が弱くなろうが、遺伝子組み換えがされようが、仕方ないだろう。
死ぬときは死ぬ、と言う覚悟で。
まあ、ワクチンを打っただけで死ぬというのは、あまり聞いたことないけど。
私は30年前にアナフィラキシーショックになったので、それが一番、心配だけど。

こちらでも、医療従事者が一番先に打っているらしい。
そして、最もリスクのある人々、80代、70代はもう済んでる。
ただし、効果はワクチン接種後、1~2週間後からだそうだ。
それなら、もう少し早く申し込んでおけば良かったかな?

今日のニュース
出入国在留管理庁への取材で分かった「外国人がコロナでも入国する理由」 (epochtimes.jp)

Boris Johnson announces lifting of lockdown from March 8th in England - BBC News - YouTube

Covid vaccination may be required before every foreign holiday, say scientists (msn.com)



にほんブログ村



コメント

昨日は小春日和でした。

2021-02-22 22:57:34 | 海外生活 、コロナウィルスの影響

昨日は、暖かくて、初めて、春の兆しを感じた一日でした。
犬のボランティアの散歩に行ったときも、大勢の人々が繰り出していました。
ゲイのカップル(シニアの男性ゲイのカップル)も2組ほど見かけました。
彼らは、お揃いのベレー帽をかぶったり、お揃いのショーツを履いていたり、いかにも~~
と言う感じでした。

本当にコロナ禍の最中なのかと思うくらい、皆、明るい表情で、しかも、集まって、歩いていました。一人で歩いてるのは、私くらいでした。(犬連れでしたが)
犬連れのカップルとも、短い会話をして、とても気分が明るくなりました。

ついこの間までは、誰もかれも、会話さえ避けてる様子で、2メートルの距離を空けていましたが、ようやく、人々の待ち望んでいたワクチン接種も、80代と70代の人々の1回目の接種が行きわたったこともあり、次は、私たち60代の番です。

私はアナフィラキシーショックになったことがあるので、少し心配ですが、勿論、ワクチン接種はするつもりです。
でないと、日本に帰国できませんから。(法律で決まったわけではないですが)いずれ、ワクチン接種しないと、飛行機に乗れないような気がします。

暖かくなり、犬の飼い主さんの住まわれているアパートメントの庭にも、真っ白なSnow Dropや黄色水仙の花が咲き始めています。
ようやく、待ち望んでいた春がやってくる兆しが見えてきて、ちょっぴり幸せな気分になりました。正直なところ、ずっと、鬱状態でしたが。

昨日は、久々にYum Potatoも手に入ったことで、お好み焼きを作りました。



日本の山芋に比べ、サラサラ感は少ないですが、ちょっと固い、ねっとり感があって、やはり、お好み焼きには、欠かせません。

夫もずっと、イカが食べれなかったのですが、ようやく、イカも美味しいと言って食べてくれるようになりました。
それだけ、この国にも、イカが浸透してきたということでしょう。
スパニッシュの料理にも、イカが使われているし、イギリスのパブに行っても、カラマリというメニュー(イカのフライ)があるくらいですから。

昨日観た、Youtubeのニュースなど

堤未果 / 月刊アンダーワールド / 公式チャンネル
グレートリセットが目指すのは超監視社会?日本人が知らないデジタル化の闇 - YouTube

【財商天下】激震!「グレートリセット」計画の第一弾はバイデン氏の選挙勝利と関係あり?今年の世界経済フォーラム(ダボス会議)のテーマとなった「グレートリセット」はエリートによる陰謀?その内幕を徹底調査 - YouTube

これ、笑えます!
火曜サスペンス劇場 トラさんの闇退治。 - YouTube

【現代版ホロコースト】世界中で最も中国に抑圧されている民族の知られざる実態とは? - YouTube


にほんブログ村



コメント

飛行機がキャンセルになった!いつ日本に、帰れるかは???

2021-02-20 18:33:15 | 海外生活、コロナウィルスの影響、料理
こちらは、本当に長引くロックダウンで、仕事も出来ずに、人と会うこともなく、お店も閉まったまま、何とも、不便な生活が続いています。

そして、3月末の日本行きの切符も、キャンセルになってしまいました。
ただ、この時期、帰るのは、難しいだろうと、危ぶまれていました。
出発72時間前までのPCR検査、これが高い料金!しかも、ちゃんとしてくれるかどうか、わからないし、
出発は朝7時までに、空港に着いていないといけないし、その前日にPCR検査は、難しいと思っていたのでした。

いつ、飛行機が飛ぶのかは、わからないし、帰るのは、どっちみち延期にしようと考えていました。秋に延期しようかと考えていました。

9月頃になったら、感染も少しは、少なくなっていることを願います。
でも、オリンピック開催も、どうなるのでしょうね?
オリンピックは開催しないでもらいたいです。
感染がまた、広がる恐れがあります。

そうそう、簡単に、海外と日本を、行ったり来たり出来る時代は終わりました。
日本に帰ったら、暫く、日本に滞在しようと思います。

新たな、もっと酷いパンデミックが起こると、ビルゲイツなどは、予測していますし、またロックダウンになれば、仕事も出来ずに、暗い雨ばかりのイギリスの冬は、とても耐えられそうもないです。
仕事は、もう無理かもしれません。
ロックダウンになるたびに、減っていく生徒、やめてしまう生徒さんが後を絶ちません。
2020年までは、辛うじて、殆んどの生徒さんは戻ってきてくれたのですが、
ロックダウンが、半年も続いたら、流石に、生徒も減ってきます。

レッスンが再開となって喜んでいたら、またロックダウン、その繰り返しです。今回は、3度目のロックダウンです。

私の周りでも、夫の友人や、同僚など、鬱病になった人が増えているようです。

人との関わりも全く持てないし、暗く閉ざされたイギリスの冬では、鬱病になっても、不思議ではありません。
日本は、まだ自由があるので、羨ましいなと思っていました。
こちらは、食料品以外のお店は全て閉まったままです。
気晴らしが、全くないので、厳しいです。
ニュースは暗いニュースばかりで、何も明るいニュースがありません。

私は、日本の今の親の家を、貸して、少しでも賃貸の収入が入ることを考えたいと思っています。できれば、私は、老後、一人住まいできるマンションに引っ越したいと考えています。
何しろ、私は、年金が殆どないので、それでも、少ない年金でも、年金をもらう手続きもしないといけません。
去年は、日本に帰れずで、年金の手続きも出来ないままになっています。
秋には、帰れることを願って、あと半年、ここで頑張らないとと思っています。

久々に、すき焼きを食べました。
肉は、ブライトンの日本食料品店まで行けないので、牛肉のRump(お尻の部分だそうです)を、ドイツ系スーパー、Lidlで買いました。
255gで、4ポンド(560円)くらいだったと思います。



この肉を、冷凍して、半解凍になったところで、夫に薄切りにスライスしてもらいました。
やはり、売ってる肉よりは、ぶ厚めでしたが、なかなか美味しく頂けました。
それに、日本食料品店で売ってる、薄切り肉の3分の1くらいの値段です。
脂身が殆どなくて、まあまあ美味しかったです。



1月の初め、ロックダウンになった直後、マーケットで売ってた花、(マーケットでは花は売っていました)プリムローズ、今も家の中で綺麗に咲いています。



にほんブログ村











コメント