50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

元通りの生活が戻ってきて、やれやれ。。(;^_^A

2019-02-23 17:55:17 | 海外生活
切れやすい夫だけど、お互い口をきかなかったのは、一日だけだった。

喧嘩をした日は、眠れなかったけど、その翌日は、寝不足で、いつもより、睡眠時間が長く、ゆっくり眠れた。
暖かい布団で、ゆったり眠れることの幸せを感じた。

家庭内離婚で、お互い口をきかない夫婦もいるらしいけど、私には、耐えられないことだと思う。
一日で、音を上げてしまうだろう。
友人が、夫と喧嘩して、1か月間、一言もしゃべらなかったと聞いて、驚いたことがある。
その友人の旦那様も、去年、リタイアした途端に、急死されたと聞き、それにも驚いた。

私の仕事の方は、月、火、水、と暇なんだけど、最近は、木、金、土と週末にかけて忙しい日々が続いている。
仕事があって、忙しく出来るということは、本当に有り難いことだと、つくづく思う。

いつまで、仕事が出来るか?とういのが、問題だけどね。

勿論、やりやすい生徒ばかりではない。
何度、同じことを言っても、覚えてくれない生徒に、我慢、我慢と言い聞かせる。

趣味のベリーダンスは、先生が自己都合でやめてしまって、この町には、ダンスのクラスがないのが、残念で
仕方ない。何しろ、私はダンスが大好きなのだ。

子供の頃から、盆踊りからフォークダンスに始まり、ダンスというダンスがすべて大好き。
若い頃は、ジャズダンスや、ヒップホップなどに、ハマった。

こちらに来て、ダンスのクラスがないのが、本当に残念で、日本に帰るたびに、フィットネスクラスのダンスに参加してるけど、ほんのちょっとの間だけなので、帰る時は、もっとやりたかったのに、と名残り惜しさが残る。

先日、Lidl(ドイツ系スーパー)で買ったシナモンロール、たった12分くらいオーブンに入れるだけで焼きあがる。しかも、すごく良い香りが漂って、幸せな気分になる。
朝、カフェラテと共に、頂く。その日、一日が幸せな気分で過ごせますようにと。。。





にほんブログ村
コメント

いつまでも、楽して生きていけないんだろうなあ。。

2019-02-20 00:42:16 | 日記
夫は、とても切れやすい。
今日も、メガネがないと言って切れた。
鏡の前にいろんなものを置くので(私と夫の共通の)棚に片づけたら、それで切れた。
何しろ、狭い家だ。
私のレッスンの時は、狭い2畳ほどの部屋にこもってPCを使ってることが多い。

この部屋は、もとはお風呂場だった。
前の住人が改装して部屋にしたのだ。

だから我が家には、バスタブがない。
ベッドルームはひとつだけ、しかも狭い。
だから、別々のベッドを置くことも、机を置くことも出来ないし、タンスだって、二つ積み重ねている。

狭い家に二人、見渡せば、どこのお宅に伺っても広々とした間取りの部屋に住んでおられる。
うちは、やはり決定的に貧乏なんだなと、つくづく感じる。

貧乏で、部屋が狭いと、争いごとが絶えない。
狭い空間でひしめき合ってると、相手の嫌なところが良く見えるからだろう。

別々の部屋があれば、どれだけストレスが解消されることだろう?

夫は、もう、この家を売り払って、何処かに行く、私とは別々に暮らすと言い放った。
本心では、もう、自由気ままに生きたいのだろう。
今までにも、何度かそういう事を言った。
いつか、それが本気になり、いつか潮時が来るのではと思っていた。

次の日になると機嫌が直っていたり、何処かに出かけて機嫌が直って帰ってきたリすることは多い。
でも、こういうことが積み重なったらなあ。。
年取って、こんな風に切れられてばかりしたら、しんどいなと思えてきた。
年取ったら、少しは丸くなると思っていたのに。

うちの父と母もよく、喧嘩してたけど、年取ってきたら、父は、丸くなって、あまり激怒することも少なくなった。

私は、一人では、この国に住むことは無理だと思う。
老後は、いずれ、日本に帰ろうと考えている身だ。

この家のために、Depositを払うために、日本の銀行から貯金を移動してきた。
でもまだ。Joint Mortgageを作っていないので、この家を買うために、私のお金は使っていない。

EU離脱もどうなることやら?
今日は、ホンダがUKから工場を引き上げるというニュースを聞いた。
日産も、そしてアメリカのフォードも。
この国の経済がどうなるのかさえ、わからない。

夫が本気で、私と別れて、自分だけで暮らすというのなら仕方ないだろう。
私の方が損するけど。いろんなものを日本から持ってきて、また、日本に戻って、
一からやり直しということになるのだから。

しかし、今まで、好きなことを仕事として、やって来れたのは、夫がいてここに住めたからこそだ。
でも、いつまでも、こういう暮しが出来るとは限らないのだ。

私も覚悟しなければ。
いつかは、一人になるということを。

そして、どんな仕事でも、体が動く限り、やっていかねばならない。
年金も殆ど皆無に近いし、健康で、そして、手遅れにならない間に日本でやり直しした方がいいのかも?

ここに5年半住み、その間、ずっと仕事を探し続けてきた友人が、やっとロンドンの日系企業に採用された。もうすぐ60歳になる彼女にとって、大変だと思うけど、やっと自立の一歩が開けてきたんだなと思う。今まで、いろんなことで、我慢してきたんだろうなと。
年下の旦那さんにも、気を遣って。

そんな彼女は、週末だけ、こちらに戻ってくるという生活を選んだ。
すごい大変なことだと思う。60歳を前にして、ロンドンで下宿生活をしながら、新しい仕事に就いた。

怠惰な私には、真似のできないことだけど、羨ましい気がする。
会社勤めして、きちんと毎月、決まった給料が支払われる。
私なんて、何年も、そういう生活をしてきていない。
日本に帰っても仕事なんてないだろうなあ。


にほんブログ村





コメント

残念な結果(趣味のベリーダンスのこと)

2019-02-19 17:05:28 | 日記
私は、日本にいる時は、ジャズダンスや、ヒップホップなど、ダンスが大好きで、スタジオに
よく通っていたものだ。
運動神経は鈍いけど、ダンスが大好きだった。

でも、何年か前から、足底筋膜炎に悩まされるようになり、足を使う激しいダンスは、出来なくなった。
先日、久々にズンバのクラスに行ってから、足がまた痛み出したので、もう、ズンバのクラスに行くことはないだろうと思う。ズンバは、小刻みに、足を動かすダンスだから、足底筋膜炎には、向いていない。

10年ほど前に、ベリーダンスのクラスがあったので、この町では、大好きなジャズダンスのクラスもないので、ベリーダンスに行き始めた。

このダンスは、ゆるいダンスで、足に負担がかからない。
腹筋を使うので、体形が崩れてきた中高年にも、ピッタリだということで始めた。

最初の頃は、熱心だった先生が、何年か前に離婚してから、次々とボーイフレンドを変えたり、
何やら、ダンスのクラスでも、プライベートの話をすることが多くなり、レッスンが、そっちのけになってきていた。

エクササイズの為に来てるのに、お金と時間を無駄にしているということも、しょっちゅうあった。時には、良いレッスンをして、気持ちの良い汗を流すこともあったが、クラスがドタキャンとか、プライベートな事情で、キャンセルされることが多くなってきた。

クラスがあっても、彼女の新しい恋人のことやら、生活のことやら、話しだすので、この人は、プロとしての意識が全くないなあと感じるようになってきていた。

10年前に、始めた時は、このクラスも新鮮で、生徒も多かったけど、こういう気分に翻弄される先生に嫌気がさしてやめる生徒も増えてきた。

それでも、この町では、他にベリーダンスのクラスなんてないし、私を含め、続けて行ってる人は多かった。

でも、この2月で、とうとう、彼女は、クラスを閉鎖することにしたようだ。
まとまった生徒が集まらなければ、借りている会館の賃料も出ない状況になるからだろう。

もしも、彼女にプロとしての意識があったなら、きっと、クラスは、維持して行けたと思う。

私事だけど、私も夫と喧嘩したりして、動揺することは多い。特にうちの夫は、Bad Temperだから。世間ではモラハラというのだろう。

意外とモラハラの夫というのは、世間では多いようだ。

こちらに住む、私の友人たちの旦那さんも、結構、BadTemperと言うのが多いみたいだ。
それが原因で離婚に至った人たちもいる。

でも、私の年齢になったら、たとえ罵られた後でも、じっくり考えてみたら、良い時もある、我慢する方が得だということ。そして、何よりも一人で暮らすよりも、二人で暮らす方が、経済的に、有利だということ。

喧嘩したら、口を利かないという夫婦もいる。
友人などは、1か月も口をきかなかったというから、驚きだ。

家庭内離婚と言う夫婦もいるようだけど、私には、耐えられないことだと思う。
確かに、喧嘩したら、夫と同じ空間の空気を吸うのさえ、息苦しいという感じがある。
特に,うちは狭い家だから、顔を突き合わせずに生活など出来ない。

いつまでも口をきかないのは耐えられないから、誰かさんも言っておられたが、私も、自分が悪くなくても、謝ってしまいそうだ。

それにしても、プライベートを、仕事に持ってくるのはいかなるものか?
それでは、プロと呼べないだろう。

私も気分が悪くなるようなことや、心配など、山ほどあるけど、仕事の時は、サービス精神で、いっぱいになる。お金を払って来ていただいてるのだ。
まさに、「お客さまは神様です」と昔、三波春夫が言ってたけど、その通りだと思う。

お金をもらっている以上、それに見合うことをしなければ、と思うのだ。

私は、自分がレッスンをする時は、いかに生徒に満足してもらえるか、だけを考えるようにしている。その間、自分のプライベートライフなど、入る余地もないのだ。


にほんブログ村





コメント

スマホで、知らぬ間に、詐欺に遭っていた!!(;゚Д゚)

2019-02-13 23:01:34 | 海外生活
私は、モトローラのスマホを使っている。
そして、テスコのPay as You go (使ったら使っただけ、差し引かれる)を使用している。
普段、テキストメッセージを送ったり、たまに電話する時は、ノキアのガラケー(ここに来たころから使ってるので、もう10年以上)を使っている。

スマホは、ラインやスカイプなどをする時、または、天気予報を見たりする時、そして、Googleのナビを使う時くらい。車に乗る時は、本当に、このナビ、役に立ってくれている。
このスマホのお陰で、夫が車を運転している時、夫が切れなくて済むので、やれやれ。
ナビがなかった時は、あれこれ、私が口出ししたら、激怒するので、大変だった。

そんなスマホ、私は、普段は、Wi-Fiを使える環境でしかスマホを使わない。
勿論、車で移動してる時は、テスコのPay as You go のクレジットから差し引かれることになるのだが。

10ポンド(1500円ほど)クレジットをトップアップしたら、大体、2~3か月は使える。
それなのに、この12月から、やけにクレジットが減るのが早い。どういうことだ!?

先週の土曜日、10ポンド、トップアップしたばかりなのに、もう残高は、6ポンドしかない。
わずか3日の間に、どうしてこんなに、少なくなったのか、夫に電話して聞いてもらった。

私は、未だに混み入った内容の電話は、夫に頼むことにしている。

私が会話しても、ちんぷんかんぷんになることが多かったり、相手の言ってることがわからないことが多いから。特にインド人や、スコットランドのアクセントだったりすると、聞き取れなくて、ストレスを感じるから。

そして、どうやら、私のスマホに訳のわからないテキストメッセージが送られてきていたことが判明。
そのテキストの送り主(犯人)は、私の所にテキストを送ることによって、1回あたり4ポンド(600円)も盗んでいたことが判明。12月から、わかってるだけでも3回、なので1800円も私のスマホから、勝手に盗んでいたことになる。

悔しい!!でも、これは、おかしいと、早い段階で、気付いてよかった。(~_~;)

また、夫が協力的に、すぐにテスコのカスタマーサービスに電話してくれて、スタッフが、この犯人の電話をブロックしてくれたとのことらしい。


私、このスマホで、テキストもしないし、電話もしないんだけど。
ガラケーの方は、しょっちゅう、テキストしたり、電話もするのに、一度も被害に遭ったことないのに。
これって、運が悪かったってことかしら?

しかし、こういう手口って、気づかないでいると、どんどん、お金を盗み取られてしまうってことだから、スマホを持っている皆さん、くれぐれもお気を付けください。
常にチェックをしてください!

スマホに関わる新しい手口の犯罪が、どんどん、出てきております。
そして、その手口は、益々、巧妙になってきて、これから、もっと年取ってきたら、今もスマホが使いこなせないのに、もっと犯罪に、まきこまれそう、と心配になります。


それから、キツネのゴンキチは、最後に姿を見せたのが3週間ほど前で、それから、パタリと来なくなりました。

夫が最後に見た時は、若いキツネと一緒に、まるで、自分のテリトリーを案内しているようだったと言ってました。
もしかしたら、ゴンキチは、死んでしまったのかもしれません。あれほど、元気そうだったのに。

ゴンキチにもう会えないと思うと、つらくて仕方ありません。
もう一度、ゴンキチの姿を見たいです。

にほんブログ村
コメント

寒い日が続いていますが。

2019-02-12 15:10:13 | 料理
先日は、久々に、すき焼きを作りました。

今まで牛肉は、薄切りの牛肉を隣町のブライトンの日本食料品店で買っていましたが、これが、結構、高くつくので、テスコで牛肉のSkirtと言う部分を買いました。

これは、赤身ばかりで、脂身がないのが嬉しいです。
そして、これを冷凍しておいて、少し解凍したところで、薄く切ります。冷凍することで、包丁でも切りやすくなるのです。
これは、もっぱら夫の仕事です。(;^_^A

薄く切った牛肉は、美味でした!

材料は、豆腐、(これも、美味しい豆腐が手に入るようになり、嬉しいです。
毎週、近くのチャイニーズグローサリーに、豆腐を買いに行きます。)

そして、スーパーで、白菜、しいたけ、Leek(白ネギ)を買います。
エノキや菊菜は売っていません。
たまに、菊菜の代わりにロケット(ルーコラ)を入れることもあります。



すき焼きをした日には、ちょっと豪勢に、日本酒を徳利に1本だけ、熱燗にして、いただきます。

ささやかな贅沢です。もうちょっと飲みたいけど、1本を半分ずつ、頂きます。
酒に弱い私は、これだけで、私は、もう赤くなります。
そうそう、酒に弱くても、寒い夜は、日本酒の熱燗で、温まりたくなりますね。

日曜日は、ブライトンに行き、和太鼓のイベントを観てきました。
日本人会が主催している和太鼓のイベントで、入場料が、たったの1ポンドで観られたのです。
それも、日系カナディアンの友人が、目の前の席を陣取ってくれたので、すごく良く観れて、楽しいひと時を過ごせました。
ブライトンは、駐車するところがないので、10分ほど離れたショッピングセンターの駐車場に停めました。
この料金が10ポンドほどで、入場料の10倍くらいしました。(;^_^A

昨日は、5年半仕事を探し続けて、やっとロンドンで仕事を得た友人を招待して、豚汁を作りました。
味噌の他に、ブライトンで買ってきた酒かす(少し高かったけど)を少し入れて、豚汁、温まりました。

冬は温まるメニューが一番です。私は体温が、35度しかなくて、低体温で、血行が悪いので、足がすぐに冷たくなります。


今日のお昼は、手抜きで、サバ缶(トマトソース味)それにありあわせの野菜やトマトを入れて、ニョッキにかけて食べました。
超簡単で、安上りですが、とても美味しかったです。



食事に気を付けているせいか、最近、少しだけ2キロほど減量できました。



週に3回ほどフィットネスにも行ってます。
足底筋膜炎も、ようやくマシになってきました。


にほんブログ村

コメント