50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

ちょっと、鬱状態になり、長年の友人に電話しました。

2019-08-10 21:13:20 | ボランティア 犬

こんなことで、夜も眠れないほど、辛くなるなんて、そして、鬱状態になってしまうなんて!
昨日は、一日中、何をする気にもなれなくて、気分が滅入った一日だった。
ブログも書く気になれなかった。


庭のバラは、今は白いバラが満開だ。

ボランティアで行ってた犬ペニーとのお別れを考えると、辛くて、辛くて、そして、犬を引き取ったKさんは、明らかに、私のことを、うっとおしいと思ってるのが、わかるので、余計に、ペニーを散歩させてもいいか?を聞き出しにくくて、もやもやした気分が続いていた。

犬を飼っていた人が、飼い犬を亡くした時、どれほど、つらい気持ちになるか、今の私には、よくわかる気がする。
自分の家族を亡くした時と同じ気持ちになる、というのも、今の私には理解できる。
ボランティアで散歩していた犬に会えないだけで、こんなにダメージがあるなんて。

私は、犬を散歩させていただけだけど、それでも、1週間に多い時で、5回くらい、少ない時でも2回、6年以上、ペニーを散歩させていた。ペニーは、人間の気持ちがわかる犬。悲しみも、喜びも、わかってくれる、そんな気がしていた。

中学時代の友人は、脊髄の手術(背骨のずれ)を治す手術をしないといけないらしい。
長年、ヘルニアで苦しんできて、いよいよ、手術しなければ、寝たきりになるということで、手術をすることになったらしい。そんな彼女の事を考えたら、私の鬱なんて、ばかばかしいことだと、わかってる。
私は、一応、健康で、恵まれている。

でも、気分が沈むのは、どうしようもない。
いったん、鬱状態に陥ると、夜、眠れない、同じことを、堂々巡りで、考えてしまう。
ポジティブにならなければ、と言い聞かせるのだが、頭で考えているだけでは、上手く行かない。

鬱になる人というのは、子供の頃、虐待や、いじめに遭った人に多いらしい。
ポジティブな考え方が、なかなか出来ないのかな?

私は、親に虐待されたことはないけど、小学校が、とてもガラの悪い学校で、いじめられた経験がある。
いじめられながらも、学校には我慢して行ったものだ。
今みたいに不登校など許される時代では、なかった。ただ、クラスに一人くらい不登校の女子がいて、
彼女が、久々に登校した日、私に、「○○ちゃん、友達いる?」と聞いたことがあった。
私は「いないかも…」と答えると、「私が、いるやん!」と答えてくれて、嬉しかったことを覚えてる。

今日は、1年に1回は必ず、電話する北海道の友達に電話した。
彼女とは、20歳の時に知り合って以来、友達関係が続いている。
いろんな苦労をしてきた彼女だけど、昔から、とても優しい人だった。
いつも、私を励まし続けてきてくれた。
彼女の娘さんが、イギリスに留学に来た時は、お手伝いさせていただいた。

犬の話になると、彼女は、「きっと、また別の犬に出会えるよ!」と言ってくれた。
すでに、今日は、Borrow My Doggieで、見つけた犬と、散歩出来ることになっていた。
ゲイのカップルの犬だ。まだPuppyで、ものすごいエネルギーだ。
小型犬だけど、すごく力が強くて、引っ張られること、この上ない。

この犬と会うのは3回目だけど、ちょっと見ない間に、Matureになったなあ、って思った。
今日は、生徒のレッスンが終わってから、この犬を公園に連れて行った。
いっぱい犬を連れてる人々がいて、ピーナツ(犬の名前)が歩いてると、Puppyと思われる子犬が集まってきて、一緒に遊んでいた。
犬たちが、転がりながら遊んでる姿が、可愛くて、思わず笑顔になってしまう。
ついでに、他の犬たちにも触ったりして、自分も楽しむ。
人々との会話も、はずむ。
これじゃ、孤独だなんて、言ってられない。
犬は、疲れを知らない。特にPuppyは。
夫は、犬と一緒に駆け回っていた。
私は足が痛いので、駆け回ることは、出来ないけど。


ピーナッツもボール遊びが大好き。


庭のラベンダーには、ミツバチがいっぱい!!



久々に、ラムステーキを食べました。300gで、4ポンドと、reasonable!
ラムは、柔らかくて美味しかったです。ミントソースで食べます。



デザートは、フルーツ盛り合わせ。パッションフルーツ、初めて食べました。安かったので買ってみました。種を食べるのですが、甘酸っぱくて美味しいです。キウイも、Super Sweetと書いたものを買いましたが、酸っぱさが少なくて美味しいキウイでした。

やはり、犬のいる生活は、幸せな気分にさせてもらえます。







にほんブログ村
コメント (2)

孤独な気持ちが、癒されない。

2019-08-08 07:20:48 | ボランティア 犬

8月に入ってから、夏とは思えないくらい、肌寒い日が続く。
もともとは、こういう気候だったのかな?
去年や、おととしが、暖かすぎて、特に去年は、暑くて、毎日のように海で泳いでたから、そう思うのかもしれない。
一日に一度、海に泳ぎに行くと、それだけで、時間を費やして、忙しい一日になってしまう。

今年は、暇な日が多いなと思う。
8月になったら、生徒さんもホリデイに出かけるので、めっきり仕事もなくなる。
やらなければいけない家事仕事は多いのだけど、なおざりになっている。
やる気がしない。ちょっと、鬱かもしれないなあ~(~_~;)

昨日は、ペニーのお散歩に行けたし、楽しい時間を過ごせたけど、いままでなら、フィリスさんに電話して
「今日、ペニーのお散歩に行けますけど」と聞くと、「有り難いわ。何時頃来る?」という感じだった。
今年からは、ちがう。Kさんにお伺いを立てて、OKが出ないと、ペニーに会えない。
Kさんはもともとは、私の友達、今はロンドンに行って仕事に忙殺されている友人の義理の妹さんに当たる。
彼女は、介護のお仕事もしていて忙しい人だ。
休みの日は、犬を連れて、一緒に友達と散歩したりもするらしい。

今は、もうフィリスさんの犬というより、Kさんの犬になってしまったという感じ。
フィリスさんは、「あなたは、いつでも、ペニーの散歩に行ってくれていいのよ」とは言ってくれるが、もはや、フィリスさんが飼い主ではないのだから、そういう具合にも行かないのが現状だ。

でも、フィリスさんの手前、たまに散歩くらいなら、許してくれるという感じだ。
10日に1回、または、2週間に1回、行けたらいい方かも。

今までは、自分の家族に聞いて、散歩に行くような感じだったけど、もうそういう具合には行かない。
Borrow My Doggie というソサエティにも登録しているけど、なかなか、上手い具合に、いい犬と出逢う事はできない。飼い主との都合もあるし。
平日の昼間、お仕事をしてる間に、犬を見てほしいというのは、あるようだけど。
または、ホリデイに行く間だけ、預かってほしいという身勝手な人も多い。

いずれにせよ、犬は自分で飼わない限り、自分の自由に出来ないということだ。
そして、自分の好きな犬は、自分で選ばない限り、無理だという事だ。

ある程度、賢い犬は、やはり、人気なのか、CinnmonTrustでも、やめる人がいないから、そういう仕事が回ってくることはないみたいだ。

自分で犬を飼うのが夢だったけど、それは、無理な話。
日本とイギリスを行ったり来たりの生活だったし、今後だってどうなるか、わからないし。

第一、先立つもの(お金)がないと、犬は飼えない。
家を留守にも出来ないし。
半日くらいなら、まだしも、一日でも、留守しようものなら、どこかに預けなければいけないし。
預かってくれる家族や、友人がいれば、いいけど、または、広い家に、犬が、いつでも行けるトイレがあれば別だけど。
わが家のような狭いフラットでは無理だ。

諦めが悪いよね。。。私も。

昨日は、久々に、夫とペニーと一緒に、まるで家族みたいに、丘に出かけた。
ペニーがいると、夫との喧嘩も少なくなる。ペニーが仲を取り持ってくれるようだ。



芝生に座って、しばし、くつろぎの時を過ごした。
ペニーにボールを投げて、かなりの運動もした。今年、14歳になる犬とは思えないくらい元気な犬なのだ。
足底筋膜炎も、丘に登ると、痛みが少なくなるような気がする。
普通のアスファルトを歩くと痛いのだけど、丘の上の芝生は、まるで、柔らかいカーペットみたいだから。








にほんブログ村
コメント (2)

犬が去った後は。。。

2016-07-19 12:44:50 | ボランティア 犬
今回は、1か月に及び、犬を預かった。
こんな経験、なかなか出来るもんじゃない!

犬といえば、子供の頃、外で飼っていたくらいで、殆んど記憶にないくらい。

犬が、息子の小さい時のことやら、孫たちと重なった。



何故か、犬の持つ性格と、小さな子供たちと、似通ってる部分があり、思わず、苦笑することが
何度もあった。

夫の作った詩を翻訳してみた。



I want to go out         お外に行きたいよう!
I want to go out          お外に行きたいよう! 
I want to chase the fox      キツネを追いかけてやりたいなあ!
And bite the cat           ネコにも、噛みついてやるんだ!
and bark and shout          そんでね、吠えて、叫びまくるんだ!  

I want to run wild        思いっきり走り回りたいなあ!
I want to be bad         うんと、わるい子になるんだ!
I want to have fun         それって、楽しいだろうなあ!
To bark and to run          吠えて、走り回って、
And go crazy and mad        そんでね、夢中になって、転げまわるんだ!

最後のところ、どうやって、表現したらいいのかな。。。日本語で(;^_^A
この犬、よく草むらで、転げまわるから、「転げまわる」に変えてみた。

この詩を書いて、孫のバースデーカードを作ってみた。
面白がってくれたら、いいんだけど。。

この犬は女の子だけど、男の人が好き。

男の人が投げるボールは、遠くまで届くからかな?
犬は、全速力で走る、走る!
この小さなヨーキーが、10歳という年齢の犬が!(人間にしてみたら、60歳くらいだという)


おととい、犬を返しに行った。飼い主さんが退院したからだ。
犬がいなくなって、急に淋しくなってしまった。



でも、最後まで、犬とビーチで遊んで、楽しかった。まるで、子供に返ったような気分だった。

このところ、ヒートウェーブがやってきて、暑いこと暑いこと!(;´∀`)

イギリス人は、暑い(Hot)という表現をしないで、Very Warm(とても、暖かい)という表現をする。
そう、この暑さは、快適な暑さだからかもしれない。



昨日は、(Hesitationなしに)ためらうことなく、海に飛び込んだ!
少し冷たいと感じる海の水が、心地よかった。

そして、とても、リフレッシュできた。
この時ばかりは、海の近くに住んでいて、良かったと思える。


コメント

犬と過ごす週末

2016-07-10 14:33:22 | ボランティア 犬
犬を預かってから、何やら忙しいし、癒される日々でもある。
昨日は、近所に住むローズマリーが、具合が悪くて、車で運転出来ないと言うので、買い物に連れて行った。
彼女は、83歳になる。83歳といえば、日本では、もう運転などしない年齢である。
してる人もいるだろうけど、大抵のお年寄りは、この年になって、運転するのは、危険という気がする。

昨日は、ボランティアで、もう一匹の犬の散歩も兼ねて、丘に登った。
ピアノの生徒の犬好きのMちゃんも、一緒に来た。
人間3人と犬2匹で、いつになく賑やかなお散歩となった。



道すがら、会う人々は、大抵、犬好きな人ばかり。
特に、この日、散歩させたミリー(コッカプー2歳)は、エネジェティックで、会うなり、いつも
飛びついてくる。そして、力いっぱいリードを引っ張る。
何しろ、この3日間くらい、全然、外に出してもらってないのである。



犬が、気の毒になってくる。



この日は、Long Walkで、足底筋膜炎の私は、すっかり足が痛くなってしまった。
無理できない(;´Д`)
上り坂、特に階段は、膝も痛くなるいので、要注意だ。

丘に登ってボール遊びをしたミリー(コッカプー)とペニー(ヨーキー)2匹とも、とっても幸せそうだった。
私たちも、そんな犬たちの喜ぶ姿を見ると、ささやかな幸せを感じてしまう。



パブでは、Mちゃんがピアノを弾いた。
私もリクエストされて、1曲だけ弾いた。
パブのスタッフの女性と、あと一人だけいたお客が、「水曜日のジャムナイトに来たらいいよ!」と言ってくれた。
私も興味がある。
ちかいうちに、行ってみるかな?



大好きな夫の膝で、くつろぐ犬。
私の膝には、こんな風に、乗ってこない。(;^_^A



コメント

朝、起きてみたら、カーペットの上に、Pooが!(;゚Д゚)

2016-06-30 21:34:35 | ボランティア 犬
犬を預かってから、2週間になろうとしている。
夜中に、たとえば、キツネが来た時など、吠えることがあるので、
朝早く出かける夫の睡眠の邪魔にならないように、犬は、私たちの寝室ではなく、隣のラウンジで寝かせてる。

昨日は、いつになく、食欲旺盛で、与えても与えても、「もっと、もっと」とねだってくる。
目で、犬の餌の器を見て、私の顔を見て、「おかわり!」と言ってるのがわかる。

普段、あまり食べない犬なので、何故だろうと不思議だったが、きっと、普段とちがう環境、
そして、安い缶詰のドッグフードがお気に入りなのかと思っていた。
ドッグフードの缶を開けて、臭いをかぐと、「くさい」としか思えない臭い。

ドッグフードを作ってる会社では、スタッフが試食をすると聞いたが、よくぞ、こんなものを、人間様が、
試食できたものだと、思ってしまう。

昨日は、犬に、せがまれるまま、一日に、3,4回、この缶詰のドッグフードを与えた。
雨だったので、夜、寝る前、庭で、Peeをさせて、家に入れて、寝かしつけた。

夜中に、ドアを、ひっかく音がした。
また、こちらの部屋にやってきて、ベッドの上に寝るつもりなんだな~と思って無視して眠っていた。
そして、朝起きて、隣の部屋に行くと、何やら、黒いものが、4つほど、カーペットの上に転がってる。
何だろうと、メガネをかけてみる。(私は、視力が悪いので、メガネなしでは、何なのか、わからなかった)

見ると、Pooがしてあった。
思わず、犬を見ると、悪びれた様子で、私の方を上目使いで見るではないか?
「こんなところに、Pooをして!あかんやろ!」と関西弁で怒った。
何故か、怒る時は、関西弁になる私。

でも、犬を怒ると、隠れてするようになるので、怒らない方が良いと、ネットで調べると書いてあったので、
たたいたり、などのお仕置きは、しなかった。



ふと、息子が赤ちゃんだった時の事を思い出してしまった。
元夫と、3人で、レストランで食事をしていた時、息子は、私たちが食事を未だ終えないのに、とことこと
外に出て行った。
そして、な、なんと、レストランの、メニューの陳列のガラスケースの横に、息子がしたと思えるPooを見つけた。
あの時は、焦った。(;゚Д゚)
元夫と二人、あたふたして、必死になって、片づけた。
犬と子供を一緒にするつもりは、ないが、何となく、犬は子供みたいだと思えた。

しかし、預かってるこの犬、何故か、男の人に、ものすごく懐くのだ。
どんな人でも、男と見れば、すり寄っていく。
前世は、みだらな女だったのでは?と思うくらい。(;^_^A

夫が家に帰ってくると、尾っぽの振り方が、全く違う!
喜びを全身で表して、ジャンプしたり、くるくる回って見せたり。
ところが、私が、家に戻ってきても、案外、しら~っとしてる。( ̄▽ ̄;)
少しは、お愛想で、しっぽを振ってくるが。。

私が、餌も与えて、Pooの始末も、Peeの始末もしてるというのに! (~_~;)
(この犬、先日、僅かな量ながら、Peeもカーペットにしてしまった)
夫にばかり、懐いて、夫がいると、ぴた~と、四六時中、夫に張り付いて、トイレにまで、付きまとって、一緒に入っていく。
冗談で、(皮肉も込めて)「フォロワーやね!」と言ってる。

昨日は、電気屋が、メーターを見にやって来た。
犬は、ささっと、誰よりも早く、階段を駆け下り、早速、電気屋さん(♂)に飛びついた!
電気屋さんも、嬉しそうになでていた。
犬は、調子に乗って、電気屋さんが、取り出したファイルの上に乗っかり、さらに、すり寄っていた。

この子、なんで、男と女がわかるんだろう?
女の人には、ここまで、すり寄らないのだ。
犬でも、やはり、女の子は、人間の男子でも、好きなのでしょうか?

ちなみに、下記のPoemは、夫がこの犬のために作ったポエムです。

I want to go out
I want to go out
I want to chase the fox
And bite the cat
and bark and shout

I want to run wild
I want to be bad
I want to have fun
To bark and to run
And go crazy and mad

隣の公園は、今、ポピーの花ざかり。
可憐な花が可愛い。



犬と行く公園のベンチ、ここで彼女は、ボール遊びを、せがむのだけど、最近は、すぐに飽きてしまうみたい。



犬と一緒にメディテーション、この場所(ハーブガーデン)に来ると、何故か犬は、ベンチに座る私の膝に乗ってきて、ずっと、じっとしてるのであります。





コメント (2)