50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

一人旅で、沖縄に行ってきました。

2019-04-26 22:30:28 | 旅行
暗いイギリスの冬を過ごしていると、暖かい光のあふれるところに、無性に行きたくなる。

イギリスで、友人の日系カナダ人の友人のフランシスから、沖縄に行った話を聞いたら、無性に行きたくなった。一緒に行く友達もいないので、一人で行くことにした。
友達の都合を待っていたら、きっと、一生たっても行けないかなという気がしたから。

一人は、わびしいなという気もあったけど、暖かい場所に、トロピカルな場所に憧れてしまっていた。

バリ島には、一人で行ったことがあるが、今もチャンスがあったら行きたいと思うけど、遠いし、航空券も高くて無理だと諦めた。

ところが、今はLCCが出来たので沖縄には、驚くほど安い料金で行けるようになった。
これなら、気軽に行けると思い、早速、予約した。

LCCを利用するのは、初めてだけど、荷物は2つまでで、合計7kgまでしか、機内には持ち込めないそうだ。
私はバスタオルなどを、あらかじめ宅配便で送った。
しかし、おバカな私!
一番大切な下着を入れ忘れてたのだ!(~_~;)これは、大失敗!
民宿では、洗濯機も乾燥機もないので、手で洗って、ドライヤーで乾かすということをした。

飛行機は、小さい飛行機で、少し心配だったけど、何のその、揺れることもなく、あっという間に沖縄に着いた。

沖縄に着いた途端、「あ、空気がちがう!」と感じた。
勿論、暖かい空気だけど、それだけではない。
空気がきれいだと感じた。

大阪でも、福岡でも、誰もかれもマスクをしていたのに、沖縄では、誰もマスクをしてる人なんていない。アトピーで、顔も手もカサカサしていたし、痒かったのに、沖縄に着いた途端、肌がしっとりして、一日で、顔も手も、すべすべになったのには、驚いた。

那覇から、高速船に乗って、フランシスお勧めの、座間味島に、高速船で行った。
高速船だから、船酔いはしないだろうと思っていたが、念のため、酔い止めを飲んでおいてよかった。

波が高くて、結構揺れた。ジェットコースターに乗ってるようで、恐かった。
心臓がパクパクした。
それに、その時は、前の席に座ったのだ。
船に乗る時は、後ろの席の方が揺れないようだ。

泊まったのは、民宿だったけど、あまり愛想の良くない家族が経営する民宿だった。
最初の日の夜、宿では、私以外には、一人旅の女性が宿泊していただけだった。
彼女は、スキューバダイビングをするために、来ていたようだ。
そういえば、東京から来ていた彼女も、沖縄にきてから花粉症で、鼻がぐずぐずしてたのに、沖縄に来てから治ったと言ってた。

翌日は、シュノーケルをした。マスクがちゃんとつけていなかったせいか、水が入ってきて、コンタクトレンズもしていたから、目が痛くなってしまった。

実は、本当は昔から、スキューバダイビングをしてみたくて仕方なかった。
でも、ライセンスを取るのも高くついたし、機材をそろえるのもお金がかかったから、諦めるしかなかった。



座間味島に2泊した後は、那覇に1泊した。
帰りの高速船では、宿で一緒だった赤ちゃん連れの若い女性と一緒になった。
赤ちゃん連れの彼女は親しくしてくれた。私も荷物を持つのを手伝ってあげたりした。



島には野生のユリが、いっぱい咲いていた。

自分の本当の家族には、フレンドリーにしてもらえないのに、他人は、、なんでこんなにフレンドリーにしてくれるんだろう? なんて思ってしまった。
何故なんだろうなあ? そう思うと悲しいけど、私は嫌われるタイプではないんだけどなと思ったりもした。

那覇に着いたのは、30年ぶりだった。
あの頃は、モノレールなんてなかった。
きれいな、ゆいレールというモノレールが走っていて便利になっていた。
空港から、国際通りのホテルまでは、モノレールで、すぐだった。

那覇は都会だけど、やはり空気はきれいだった。
都会だけど、緑が多かった。 暑いんだけど、風が割と強くて、涼しく心地よかった。
何よりも肌がしっとりするのが嬉しかった。
マスクをしなくていいのも嬉しかった。

国際通りは、まさに中国人で、あふれていた。
レストランもいろいろあったけど、お店のスタッフも半分くらいは、外国人だった。
「波照間」というレストランで、沖縄料理(定食)を食べた。

沖縄料理というと、ゴーヤチャンプルー、(ゴーヤや豆腐の炒め物)ソーキそば、(豚肉の入った、うどん)このソーキそば、30年前に、初めて食べたときは、驚いたものだ。
そばとは名前ばかりで、全く「そば」ではなくて、うどんのような、硬い麺だった。
でも、沖縄らしさを味わうことが出来て、満足。

この国際通りにあるホテルは、とても快適だった。
モノレールからすぐだったし、福岡のホテルと違って、窓は明るかったし(九州のホテルは狭くて窓が暗い。というのは、密集して建っているから)ベッドも快適、それに何よりもスタッフが親切だった。

そして、真っ先にMUJIに行って下着を買い求めた。
帰りも2回も荷物が7キロをオーバーしそうだったので、2回も(座間味島からと那覇から)ゆうパックで荷物を送った。そして、余分なものは、捨てて帰った来た。
それにしても、那覇からの便では、重量検査がなかった。
皆、お土産を買いこんでいたし、明らかに7キロオーバーしてそうな荷物を持っていた人が多かった。
関西空港からは、厳密に重量を計られたというのに。(;'∀')

大阪に帰ってきたら、また鼻やのどが、イガイガして、鼻も詰まってきた。
沖縄では、ぐっすり眠れたんだけどね。
私の体に、沖縄の空気が合ってたのかな?



にほんブログ村








コメント

マラガへの旅も終わり、イギリスに戻って来た。

2017-12-11 22:29:58 | 旅行

短い間のマラガ滞在だったけど、いろんなものを、見れた、そして、経験できた。
スペインのアンダルシア地方に憧れていた。
マラガは想像したより大都会だったけど、素晴らしい町だった。

それから、美味しいもの、不味いものも食べた。

何と言っても一番、不味かったのは、夫が食欲がないというので、たった1軒あったケバーブの店に入ってテイクアウェイのドナーケバーブを頼んだ時だ。

イギリスでも、たまにケバーブのテイクアウトを買うことがある。サラダもついていて、安くて美味しい。
ニースに行った時も、イスラム系の人々が多く、あちこちにケバーブのお店があった。
そして、やはり、安くて美味しかった。

スペイン、バルセロナに行った時なども、イスラム圏の人々が多くて、美味しいファラフェルのテイクアウトを滞在中、毎日のように買ったものだ。レストランへ行くよりもはるかに安くて済むからだ。

しかし、どういうわけか、マラガは、一番、北アフリカに近いというのに、おまけにフェリーで日帰りの旅、モロッコにも行けるというのに、イスラム系の人々は、あまり見かけなかった。
というか、どの町に行ってもあるオリエンタルのお店、チャイニーズのお店も見かけなかった。

治安は、とても良い感じがした。
一人、スーパーマーケットで"Fu*king..."を、連発していた男がいたが、きっとイギリス人のYob(ちんぴら)だろうかと思われた。
他所の国に来てまで、朝っぱらから、酔っぱらって、スーパーで、Fのつく罵り言葉を発している。
夫は、「全くこういうイギリス人がいるからな。恥ずかしいよ」と言ってた。

ところで、滞在中、祭日のため、スーパーも、コンビニもお休み、タパスバーは、大勢の人々で溢れかえっていて、夫は、食欲ないというので、ケバーブのテイクアウトを頼んだのだが、おバカな私は、よりによって、ドナーケバーブを頼んでしまった。
というか、他に、シシケバーブ(羊肉)などなかったから、仕方なくドナーケバーブにしたのだ。

ちょうど、スペインに来る前、ニュースで、ドナーケバーブは、ヨーロッパで、禁止になったというニュースを聞いたばかりだったというのに。
何でも、ドナーケバーブの肉には、長持ちさせるために、有毒な添加物が入ってるというのだ。

でも、まあ、1回くらいなら大丈夫だろう、と思ってホテルで食べた。
ちょっと食べただけで、「まずい」と思った。油も悪いし、気のせいか、気持ち悪い味がした。
それから、急にアトピーになった。顔のまわり、特に目のまわりが赤く腫れあがってしまった。
そして首も赤く腫れて、ひりひりしてきた。

それなのに、いつも使っているディプロベースクリームを持ってこなかった。
荷物を少なくするためだったが、一番、大事なものを持ってこなかった自分の馬鹿さ加減に、あきれた。
小さなチューブに入ったステロイドのクリームも持ってこなかった。
しばらくアトピーになっていなかったので、気を抜いたせいだ。

イギリスに帰るまでの辛抱だと思ったが、最後の日に、我慢できずに、ファーマシーに行き、目の周りに着けるクリームを買った。小さなチューブで高かったけど、保湿しないと、と思ったから仕方なかった。
帰るまで、顔は赤く腫れあがって、みっともない顔で歩くしかなかった。



それでも、ホテルのスタッフはフレンドリーでHelpfulだったし、楽しい旅だった。
クリスマスの飾りつけも見れたし、タパスバーに行ったり、マーケットで買い物をしたり、



短い滞在だったけど、かなり満足した。



ホテルの窓から眺めた景色とも、さよなら。また来たいと思う町だった。



ガトウィック空港のイミグレーションでは、行列は短かったにも関わらず、恐ろしく長い時間、待たされた。順番が回ってくると、同じ質問ばかりされた。
「夫と一緒にスペインに行きました。あちらにいます」と言っても、また「一人では、なかったんですね」と同じ質問の繰り返し。
「何なんや?いい加減にせえよ~!」と心の中で、怒鳴りたい気持ちが渦巻いていた。
夫が、いつも言ってる言葉を思い出した。
なにしろ、イミグレは、警察よりも権力があると。

イギリスに着いた日、マラガは、気温18度だったのが、イギリスは0度だった。
家の中も寒くて、ラジエータを付けても、なかなか暖まらなかった。

ここイーストボーンは、昨日は、酷い嵐だった。
今日は、午前中、雪が降ってきたが、やがて、すぐに、みぞれに変わった。
強い風の中、私は、歩いて、近くのフィットネスクラブのボディバランスのクラスに行き、その後、スティームサウナに入った。
スティームサウナに入ったせいか、デトックス効果で、顔のアトピーは、かなり良くなってきた。
これで、ほっとしている。
近くのカウンシルが経営するフィットネスクラブに、最近、メンバーとして登録した。
寒い冬、サウナに入りたかったからだ。
それと、週2回以上行くと、メンバーになった方が安くつくからだ。
コメント (2)

スペイン、マラガへの旅 その3

2017-12-11 09:03:37 | 旅行
スペイン、マラガ、滞在、3日目にもなると、だんだん、このあたりの地理的なものが、わかってくる。
さすがの方向音痴の私でも、3日目にもなると、町の中心地から、ホテルに、どうやって帰るのかは、わかってくる。

最初の2日間は、特に夜は、どうやって、ホテルに帰るか道が不安だったので、スマホのナビに頼った。
本当に、スマホって便利!って、どこか、未知の場所に行くと、ナビしてくれて、つくづく有り難い存在だ。
機械音痴の私でも、これだけは、使えるようになった。

ホテルの近くの通りに2軒ならんでる花屋さん、いつも、道路を隔てたストリートから、目を楽しませてもらった。そして、この花屋さんを見つけると、ああ、ホテルは、すぐ近くだと安心したものだ。



3日目、この日は、プロムナードを通り抜け、海岸に出てみることにした。



マラガは大きなポートの町、大きなクルーズ船も、停泊していた。



そして、数々のヨットが停泊していた。冬だからだろうか?どのヨットも、海に出るのを見かけなかった。

ウォーターフロントは、いろんなお洒落なお店やレストランが、立ち並んでいた。
その光景は、何故か懐かしい日本を思い出させられた。

そう、昔、母と一緒に出掛けた神戸のポートみたいな感じ。
神戸も港町で、お洒落なお店が、ウォーターフロントに、立ち並んでいた。



これらのお洒落なお店や、さまざまな美味しそうなレストランを通り過ぎて、灯台を横切ると、何と、ビーチが見えてきた。



これぞ、私が見たかった景色!



冬だというのに、まるでイーストボーンの夏のような気温と、明るさ。
浜辺に裸で寝そべっている人もいる。
何故か、この人は、多分、イギリスから来た人なんだろうなあ、と思った。(^^♪



きらめく波が、何とも言えずトロピカルな雰囲気で、ウットリさせられた。



ビーチに並んでる2軒のお店。
最初のお店と、少し離れた所にあるお店と両方見たけど、結局、最初のお店に戻って来た。
手ごろな値段と、トイレが設置されていて、誰でも使えるようになっていた親切さが気に入ったのだ。

どちらのお店も、満員で、店員さんたちは、ものすごく忙しそうだった。
それでも、私たちが入ると、テーブルを案内してくれた。

私はスペインの新鮮なイカフライを食べたくて、再びカラマーリとサラダを注文した。



サラダもたっぷり、パンは、殆ど、どのお店にいっても、最初に出してくれる。(無料)

イタリア語のクラスで、イタリアや(多分スペインも)は、チップが不要と聞いていたので、チップの心配をする必要もなかった。イギリスでは、レストランに入ると、必ず、いくらチップを渡さないといけないかで悩んでしまうのが、とても面倒で嫌なんだけど。

それに、イタリア語とスペイン語は、とても似てるので、時には同じ単語だったりするので、片言のスペイン語なども、喋ってみたりした。
ホテルや公共の場では、英語が通じるが、レストランでは、英語が通じない場合がある。

旅行に来て思うことは、つくづくナンバー(数)を覚えることが重要だということだ。

あとは食べ物や飲み物の単語を覚えてると、オーダーするときに役に立つ。

この日は、夫は焼き立てのサーディンとチップス(フライドポテト)をスペイン語で、頼んだのだが、
結局、店員さんが忙しすぎて、間違って、アンチョビ(White Bait)のフライと、サーディンを持ってきてしまった。
最初、アンチョビを持って来た時、「これはオーダーしてないよ」と言ったのだが、何か店員さんがスペイン語でぺらぺら言って、てっきり、「サーディンはもう終ったから、これにしといてください」と言ったのかと思った。

暫くすると、いきなり、サーディンのプレートを持ってきて、ささっと、置いて行ってしまった。(;''∀'')

ちなみに、お魚は、レストランの横の小屋で、一人のシェフらしき人(魚焼き専門)が炭で、焼いていた。



もう一軒の店も同じく、外の小さな小屋で、魚を焼いてた。

結局、夫が頼んだチップスは来なかったが、お腹がいっぱいになったので、残った魚は、勿体ないので、ペーパーに包んで持ち帰り、この日の夕食とすることにした。
夫は、あまり食べない方なので、この日の夕食は、スーパーで買ったパンとトマトと魚で済ませた。
コメント

スペイン、マラガへの旅 その2

2017-12-09 23:02:18 | 旅行
マラガ滞在2日目、この日は、海岸沿いに続く並木道というか、公園通りを歩いて、町のはずれのお城に行った。昼間は、長袖のシャツだけで充分なくらい暖かかった。
私は一応、ユニクロのウルトラライトダウンを持ってきていた。
これは、小さくたためて、リュックに入れても軽くて、しかも寒い時でも、暖かいので、とても便利。



街の通りはいたるところで、クリスマスの飾りつけが見受けられた。

そして、木という木には、オレンジのような柑橘系の果物が鈴なりになっていた。
実は、夫は、いくつか、もぎ取って持ち帰ってきて、これでマーマレイドを作った。
そのままでも食べれるけれど、かなり酸っぱくて、柚子とかレモンのような酸っぱさだ。
だから至る所に、このオレンジのような果物が鈴なりになっていても、誰も採って食べようとしない。



このようなボトルのような木も、いっぱい見受けられた。



そして、夫が言うにはオーストラリアにいるようなParrot(インコ)がいっぱい、飛び回っていた。
緑色のインコだ。たいそうな数で、その声は、かなり賑やかだった。



ついつい、子供の頃、飼っていたインコの事を思い出した。
ここでは、野生のインコが、こんなにたくさん生息してるんだと驚いた。



お城に行くには、坂を上って行った。上に登るに連れ、地中海の美しい海が見渡せた。



ブーゲンビリアの花も咲き乱れていた。



何とも美しい場所だと思った。上に登るにつれ、汗ばんできた。夏は、きっと相当、暑いんだろうなと想像できた。しかし、日本のような湿気がなくて、暑くても過ごしやすいんだろうなと思った。



坂の途中からは、スペインのカルチャーでもある闘牛場が見渡せた。



今でも、なお、闘牛が行われているそうだ。



夜は、また街に出て、タパスバーを探し歩いたりした。
この日は、スペインの祭日だったようで、すごい人出だった。

メインストリートで見かけたパフォーマー



お金(コイン)を入れると動く。



子供たちに受けていた!(^^)/

この日は、レストランで、手ごろな値段だと思って、パエリアとカラマーリ(イカのから揚げ)を頼んだ。
夫は、店員に勧められるまま、大きな魚を見せられ、それを料理してもらうことにした。

私は、値段がいくらか、わからないのに、と心配したが、夫は、私の意見など、耳もたずだった。
しかし、案の定、支払いの時になって、ボラれてしまった。

やっぱり。。。(-_-;)

嫌な予感がしたんだよね。

まあ、仕方ない。旅に出たら、こういう失敗も付き物だ。
それでも、この町は安全な町で、夜、道を歩いていても、何ら不安を感じることがなかった。



ライトアップされたタウンホール(市役所)
コメント

スペイン、マラガへの旅 その1

2017-12-09 12:15:13 | 旅行
今年の夏は、ホリデイにも行かなかったので、冬に暖かい国、明るい国に行きたいと思っていた。
イタリアか、スペインがいいな、なんて。
食べ物も美味しいし、何と言っても、明るく輝く太陽の光を浴びたいと思った。

3か月ほど前に、スペインに行こうと思い立ち、航空券を予約した。
Easty Jetは、以前、トラブルがあったので、BA(ブリティッシュエアウェイズ)で予約した。
二人分の往復のチケットで、日本円にして3万円足らず。
ただし、何かの場合にと、保険に入ったり、ガトウィックエアポートのロングステイ駐車場の料金などは、別途かかったが。

11時過ぎの飛行機なので、2時間前には、エアポートに着くようにと、7時過ぎに家を出た。
うちからは、約1時間半もあれば、充分に行ける距離だった。

西に向かって車を走らせてると、西の空に満月が浮かんでいた。
スーパームーンと呼ばれる月で、太陽が東から昇ってくる前なのか、大きく美しく見える月だった。



やがて、ルイスの手前あたりで、酷い交通渋滞に巻き込まれた。
夫は、仕事で、この時間帯によく、ブライトンやルイスの学校に行くため、運転をしてるが、こんなに渋滞したことはないと言っていた。

とうとう、一歩も動かなくなってしまった。

焦った!全然、車が動かない!(;゚Д゚)

スマホのナビを使うと、今まで行ったことない田舎道を走れという。
じっと、待っていても仕方ないのと、寒くてトイレに行きたくて仕方なくなった。
夫は、今まで通ったことない道を、スマホのナビの言うなりに、くねくねした道を、車をひたすら走らせた。

途中の田舎道で車を停めて用を足した。
何しろ、寒くて、トイレにすぐに行きたくなる。
用を足した後、二人とも、少しリラックスできて、そのままずっと、スマホのナビの言う通りに、わからない道、来たことない道を進んで行ったら、何と、ガトウィックエアポートに、1時間ちょっと前に到着!
やれやれ。。。(;^_^A

ヒースロー空港とはちがい、こじんまりしたエアポートなので、チェックインは、スムーズに行けた。
バッグも手荷物だけなので、(イージージェットは、ひとつのバッグのみだけど、BAは、二つまで可というのが、ありがたかった)問題なかった。

安いチケットなので、食事は出ない。
前の日に作っておいたサンドイッチを飛行機の中で食べた。
プロシュートハムとチーズとレタスときゅうりとトマトのサンドイッチだけど、やたら美味しく感じた。
飛行場までは、大変なストレスだったが、ガトウィックから、飛行機に乗ってからは、たったの2時間半で、あっという間に、スペインのマラガに到着した!

思ったよりも大都会だった。
予約していたホテルは、念願のバスタブ付き。バスタブは私にとって、一番、重要な決めてなのだ。
何しろ、うちの家には、シャワーしかない。旅行に出た時くらい、思い切り、ゆったりとバスタブに浸かりたい。
バスルームにはバスタブとシャワーが着いていて(ヨーロッパのホテルは、どちらかしかない場合が結構、多い)おまけに、フランス式のビデまでついていた。
マラガの空港からホテルまではタクシーで、20ユーロ、15分か20分で、ホテルに到着。

暗いお天気のイギリスからやって来て、あまりの眩しさに、イギリスの夏のようだとさえ思った。
気温は、15度から18度くらい。

しかし、ホテルの部屋は最上階のせいか、24度くらいあって、暑いくらいだった。
滞在中、暑いので、ずっと窓を開けっぱなしにしていた。



この日は、ホテルのまわりをぶらぶらしたり、町の中心地に出て、散策、夕食をどこで済ませるか、と歩き回った。



美しい教会があったり、観光用の馬車があったり、



この夜は、教会のそばのタパスで夕食を取ったが、皆、冬だというのに、外のテラスで食事している。
確かに火が灯っていて、美しいけど、私たちは中で食べた。

しかし、結局、ドアは開けっ放しで、外も中も、気温は変わらなかった。
いくら暖かい場所といえども、さすがに夜ともなると寒くて、よくもまあ、皆平気で、寒いのに、外で食事をしてるものだと思った。

お洒落な感じのレストランだったが、頼んだのタパスのセットメニューは、イマイチだった。
おまけに、そんなに安くは、なかった。

街はクリスマスの飾りつけが施されていて、賑わっていた。



どこか、日本のルミナルエみたいだな~なんて思った。と言っても私はルミナルエに行ったことないけど、昔、母が写真を見せてくれたのを見ただけだ。





コメント