50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

Tatooの生徒!?人は見かけに寄らないと言うけど。

2018-02-23 14:37:32 | 海外生活
今年になってきた生徒さん、Jさん。
(24歳でを、Builder いわゆる大工さんをしてる)。
大音量で、車が停まって、出てきたのは、Tatooを腕にしたこのJさん。

この人、本当にピアノなんてやるの?と思ったものだ。
しかも、今まで、全くピアノをやったことがない、Absolutely Beginner!

ピアノもキーボードも持っていないという。
私は、どうせ、長続きしないだろうと思っていた。

でも、Jさんは、仕事が終わった後と、あと週末も来れる日は来たいと言って、
週2回のレッスンを受けている。

練習なんてしてこないだろうと思っていたのに、早速、楽器店で、キーボードを買って、熱心に
練習してくる。

ある日のこと、「エリーゼの為に」を弾いてほしいというので、久々に、この曲を、弾いたら、ものすごく感動してくれた。

正直、こんなに喜んでくれるなんて嬉しかった。

そして、そんな好きな曲なら、是非、弾かせてあげたいと思い「エリーゼの為に」の簡単バージョンの楽譜をコピーしてあげた。

すごい喜びようで、一生懸命、練習してくる、と言ってた。

思えば、私も子供の頃、「エリーゼの為に」を弾きたくて、仕方なかった。
先生は教えてくれなかったけど、自分で、一生懸命、一人で練習したものだった。
どうしても弾けるようになりたくて。

古今東西、変わりなく、ベートーベンの「エリーゼの為に」は、老若男女の生徒たちに人気である。

先日、Jさんが、今度は腕ではなく、手に、新しいTatooをしてきた。

嬉しそうに、見せて「いいでしょう?」と言うので、その次の言葉が出なかった。(・_・;)

心の中では、「日本だとね、8さんしか、Tatooはしてないよ。Publicのお風呂や温泉にも入れないんだよ」と言いたかったんだけど、さすがに何も言えなかった。

この国では、普通の人がTatooしてることも多いのだけど、(夫の息子でさえ、少しだけど、Tatooをしてる)
やはり、日本人の私は、Tatoo=8さんのイメージがあって、抵抗を感じる。
怖い人と言うイメージがある。

Tatooをしてるから、と言って、偏見なのかもしれないけど。
やはり、全体的に見てみれば、真面目な仕事をしてる人は、あまり大々的なTatooはしていないように思う。
実は、フィットネスクラスのインストラクター(若い女性)も、腕に、大々的なTatooをしてる。
でも、とても熱心な、評判のいいインストラクターである。

最近になってレッスンに来てくれるようになった13歳のE君、この子はトルコ人なんだけど、ものすごくインテリで、まるで大人と喋ってるみたい。

音楽以外の専門的な難しい単語の混じった会話もしてくるので、焦ってしまうが、わかったふりをして聞いてる。(;^_^A

E君は英語も、とても上手で、ネイティブのような発音をしてるし、ドイツ語、フランス語も喋れるという。
お母さんとはトルコ語で喋ってる。

語学が大好きな子で、日本語にも、とても興味を示していて、日本語を勉強したいという。
トルコの人は、日本びいきの人が多いと聞いたことがある。

日本のカルチャーに、憧れてるようだ。
来るときも、「こんにちは」と日本語で言って入ってくる。

私の生徒さんは、さまざまな国籍、年齢、バラエティに富んだ生徒さんが多い。

日本だと、こういうわけには、行かないだろうな(^^♪
本当にいろんな国籍の人々がいるので、驚くことも、いっぱいある。

E君には、Webで見つけた、ひらがな、カタカナのチャートをプリントアウトしてあげたら、すごく喜んでくれた。
ピアノでなくて、日本語が習いたいのじゃないかな?なんて思ってる。

日本語は教えたことないけど、日本に興味を持ってくれてる人になら、日本語を、教えてみたい。

それに比べ、うちの夫は、日本語を全く覚える気がない!
大体、英語圏の人って、英語が、世界中どこでも通用するから、覚える気がない人が多いのかも?

P.S.
土曜日に予約していたJさんは、ドタキャンどころか、連絡なしで来なかった。

土曜日に、ドタキャンや、無断欠席されると、一日が台無しになるのだ。

いろいろな予定(犬の散歩のボランティアや、他の生徒のレッスンなど)があるので、
その予定を、何とか組み直して、スケジュールを立てている。

Jさんは、先日、携帯が壊れて、新しいのに買い替えたと言ってた。
その新しい電話番号に電話したら、他の人(どうやら彼の友人か、仕事仲間か?)が電話口に出た。

人は、やっぱり見かけで判断してしまいそう。( ̄▽ ̄;)
何よりも、自分の電話といいながら、他人のを使っていたのかと思うと、嘘をついたのか?
不良みたいな外見だけど、そんな、嘘をつくような人間には見えなかっただけに、残念だ。

今まで、土曜日に予約してた生徒が、無断欠席することが多いので(特に午後に予約した場合)
私も、懲りてるはずなんだけど、ついつい、信用してしまって、土曜日の予約を受けてしまった。

次回からは、土曜日は、絶対に前払い原則にしなくちゃ、と思ってしまう。
夫にも言われた。休日が台無しになると。

そうなんだ。
生徒を待ってるために、出かけることも出来ないし。
常識のある人なら、これが、迷惑行為だということが、わかるんだけどね。

(こちらでは、月謝制というのが、殆んどなくて、一回、一回支払ってもらうというのが一般的なのだ。
ただし、大手のスクールは、10回分前払いなどで、欠席した場合も、料金は戻ってこない)

Jさんからは、夜、謝罪の電話があった。ピアノをやめる気はなさそうだ。やれやれ。。。(;^_^A

コメント

年取ったね、ゴンキチ(涙)

2018-02-22 22:57:27 | 海外生活
昨日、久々に庭に現れたゴンキチ。

何とも見るに無残な姿。



どうしたのだろう?!
暫く見ないと思ったら、毛が抜け落ち、皮膚病になったような感じ。

夏にみた時は、毛並みが、つやつやで、ヘルシーな感じだったのに。
白髪も増えて、瞬く間に。お爺さん狐になっちゃった!

チップス(フライドポテト)の残りがあったので、あげたんだけど食べない。
油ものが好物だったのに。

ベーコンを上げると食べた。



春から夏にかけて、毎日のように庭に現れたのに、最近では、全然見かけなくなっていた。

子ぎつねたちは、どうしたんだろう?
2、3頭いたのにな。

ゴンキチと一緒に、庭の片隅で、寄り添って眠っていたこともあった。
夜中に道路の真ん中で、子ぎつねたちと遊んでいたこともあった。

子ぎつね達は、大きくなって、テリトリーが必要になったから、どこか別の所にいってしまったのだろうか?

ゴンキチ、毛は抜け落ち、無残な姿になっても、そのフレンドリーな目と、キャラクターで、ゴンキチだって、わかったよ。

栄養とって、またヘルシーなゴンキチに戻っておくれ!
今夜も、餌を置いておくからね。

明日も朝は、零度以下に下がるようだ。
今日も、昼間は、陽射しが暖かかったけど、外に出ると、風がとても冷たかった。
コメント (4)

アポなし訪問で、焦りまくり!

2018-02-20 23:21:35 | 海外生活
今日は、午前中は、生徒さんも来ないし、ということで、白くなってきた髪の毛を染める日と決めていた。
朝食を済ませ、ブローネのヘアマニキュアで(私は肌が弱いので、ヘアマニキュアしか出来ない)
髪を染めていた。

染めあげた所で、いつものようにサランラップで、髪を覆って、1時間ほど放置する。

サランラップで髪を覆ったところで、「ドンドンドン」、とドアを叩く音がする!

「わ、誰や? やば~!こんな格好見られたくない!」

やだなあ。。こんな頭にしてる時に限って、誰かが来るんだから。。( ̄▽ ̄;)
 
でも、いつものポストウーマンかも?

最近、うちに郵便物を配達してくれるのは、優しそうな女性の配達員なのだ。

何か小包が来たのかもしれない、これを逃すとまた、町の郵便局まで取りに行かないといけなくなる。



「すみません、今、髪の毛を染めてるところなんで。。」と言いながら、ドアをこわごわ開けてみたら
作業服姿の男が、工具をもって、立っている!

「え?あなた、どなた?」(who are you?)と驚いて尋ねた。

そしたら、ボイラーマンとのこと。
ボイラーの修理に来たとのことだった。
私の頭をみて、「ぷっ」と笑ってる。失礼な!

先日から、ガスボイラーの修理のため、予約の電話をしたりしてるが、なかなかアポイントが取れなくて
そのままにしていた。

「あなた、電話してから来てもらわないと。」と言うと、「今日じゃなくてもいいよ。また予約取り直してくれたら」と言うので、今度はいつになるかわからないので、「明日の3時半に来てもらうことできます?」と聞いたところ、「午前か午後かって予約しかできないんだ」というので、仕方なく「じゃ、木曜日の午後に来てください」と言った。

帰り際、その男、また、私の頭を見て「ぷっ」と笑いながら帰って行った。
全く、恥ずかしい~ったら、ありゃしない!

しかし、本当に木曜日に来るだろうか?
一日中、待っていても来ないことが、よくあるんだ。この国では。
特にプラマーとか、ガスボイラーとかね。。

やれやれ、今日は、無事に髪を染めて、白髪も、少しは、目立たなくなった。
これも、半日仕事なんだよね~(;^_^A





コメント

ピアノの先生のレッスンを受けて

2018-02-18 21:18:41 | 海外生活
本日は、日曜日、昨日に引き続き、朝からお天気だった。

昨日は、久々に、ボランティアで犬の散歩に行った。
素晴らしいお天気で、風もなく暖かい太陽の陽射しを、久々に満喫した。

丘の上のベンチに座っていると、いつまでも、この恵みの太陽の陽射しを浴びていたい気持ちになった。
しかし、夕方から生徒さんが来る予定もあったので、丘の上のお散歩は、移動時間も含めて2時間で終了。

今朝は、外に出てみると、かなり寒かったけど、夫の車に乗せてもらってブライトンに。
ピアノのレッスンを受けるためと、日本食の買い出し(今回は、日本に帰るので、必要なものを少しだけ)

ピアノは、昨年で、ジャズグレードの5にDistinctionで合格したので、もうこれ以上、受ける試験はないのだけど、先日、行った知り合いの出演するコンサートで、ショパンの曲を弾いていた人がいたので、私もこれくらい弾けなければと思い立って、Nocturne in C sharp minorを、練習し始めた。
今年のABRSM グレード7のExam Piecesの中にも入ってる曲だ。

https://www.youtube.com/watch?v=96V8djl3mQw

弾き始めると、細かい所が、弾きにくいのに気づいた。
♯や♮、ダブルシャープなどが、やたら出てきて弾きにくい!
それとタイミングも、なかなか難しい。最後のすごく速く弾くスケールの部分も難しい。
Youtubeを聞いて練習していたが、やはり、先生の指導を受けようと思った。

今日は、先生の指導を受けて、やっぱり良かったなと思う。
以前、とても弾けないと思ったけど、指導を受けてから、意外なくらい簡単に弾けるようになった。

中間の部分は、スパニッシュギター風にと、言われた。
楽譜やYoutubeでは、左手だけで弾いてるけど、先生は、右手も使って弾くように、と教えてくださった。
そしたら、なんと弾きやすくなったことか。
やはり、テクニックがあるのだな~と、つくづく思った。

そして、最後の部分スケールを速く弾く部分も細かくアナライズしていただき、何と弾きやすくなったことか。
この曲、日本にいる間、練習して、人前で弾けるようになろうと思ってる。
生徒のレベルも上がってきてるので、それだけ練習しないと、教えることもできないのだ。

今は、Youtubeだけをみてピアノを弾く人も増えているけど、やっぱりレッスンを受けるのは、それだけの
価値のあるものだと、思う。

それから、先生は、いつも、初見でも難しい曲を弾きこなす。
これには、いつも驚いてしまう。

今日は生徒さんに頼まれて教えることになった、ベートーベンのpiano Sonate op13 Pathetique 2nd mov.の最初のスローなパートを弾いた。

https://www.youtube.com/watch?v=bE2Zok2eL1Q

先生は、全曲弾いてくれたけど、もう聞いていて、鳥肌が立つって感じだった。

すごくいい時間を過ごしたなって思う。間近でこのようなプロの演奏家の曲を聴けて、教えてもらって。

私はこの先生に、2010年から習ってるけど、いつも満足の行くレッスンをしていただいている。

日本にいた頃もこちらに来てからも、ジャズピアノが習いたくて、何人かの先生の所に行ったけど、結構、金儲け主義の先生が多くて、レッスン内容も、イマイチで、いい加減で、失望することが多かった。

でも、この先生には、本当にお世話になってる。
初めて、この先生のトライアルレッスンに行ったのは、2010年の私の誕生日の日だった。
あれから、ABRSMのいろんな試験のために、先生にレッスンを受けた。
レッスンを受けた後は、いつも充実した気持ちになる。

私自身、私の生徒さんにも、こういう充実感を味わってほしいなと思っている。
殆どの生徒さんは、私のレッスンに、満足してるようで、続けてきてくれる。
それは、レッスンが終わって生徒さんが帰る時の表情や笑顔で、わかる。

今朝、息子に「生徒が増えたんよ。今、これだけの人数来てるよ」と言うと、
「へえ~!すごいやん!よかったなあ!」と言って喜んでくれた。

いつも疲れ切ったような声の息子だけど、今朝は、はつらつとした元気そうな声だった。
その声を聞いただけで、私は、限りなく幸せな気持ちになるのだ。

滅多に会えないけど、こうして、元気な声を聴けることが何よりも幸せだと、つくづく感謝したい気持ちになった。





 
コメント (2)

お好み焼きと焼き芋で、おもてなし。

2018-02-16 18:16:57 | 料理
昨日は、遠方から、わざわざ、ピアノのレッスンに来てくれる日本人女性と一緒に、我が家で、ランチをした。

1年前から、またYumPotato(ヤムポテト)が、近くのスーパー、テスコで買えるようになったので、これを使ってお好み焼きを作った。

しかし、ヤムポテト、すりおろすのが大変。それに、日本の山芋とちがって、粘り強さが少なく、また固い。日本の山芋は、サラサラしていて、すりおろしやすいんだけどな。(~_~;) 
お好み焼きを、少しでも、柔らかくするために、残っていた豆腐を入れた。
なので、材料は、豆腐半丁(といっても、日本の豆腐の1丁くらいの大きさはありそう)
卵4個、小麦粉少々、ヤムポテト、Leek(白ネギ)Spring onion(青ネギ)
これに、頂いたスルメイカの細切りを少し、水は入れない。

今回の具材は、先日、海岸沿いの魚屋で買って来て冷凍しておいたイカとえび、
スーパーで買ったイカは、イカの味がしないので、これだけは、絶対に魚屋で、買うことにしてる。

私は、イカ玉が好き。夫は、イカが苦手だから、いつも豚玉なんだけど。(と言っても、豚の薄切りが売ってないから、ベーコンで代用)

ピアノのレッスンに来た彼女は、北海道出身で、お好み焼きは、レストランでしか食べたことないと言う。自分で、お好み焼きなど作ったことないそうだ。
それは知らなかった。お好み焼きを作ったことないなんて、と大阪出身の私は驚いた。

お好み焼きは、大阪の人にとっては、人気の食べ物なのだ。

(たこやきも、大阪名物!でも、私は、たこ焼き器を持ってきてないので、作れない)

そうそう、今回は、紅ショウガも自分で作ってみたのだ。



紅ショウガが、なかなか手に入らないので、生姜を千切りにして、油を入れずにフライパンで、
炒める。そして、最後に、米酢を加えて、ジャーと炒めて、火を止めて、赤い色をつけるために、私は、瓶詰のBeetRootの汁を使って、赤い色を出した。

天然の素材の赤なので、添加物などなしで、安心!
紅ショウガの味、そのもので、なかなか美味しく出来た。

これを加えて、お好み焼きの出来上がり!
(やっぱり、紅ショウガがないと、美味しさが半減するからね)



それにしても、型がいびつ!
大急ぎで焼いたからね。見た目は良くないけど、味は美味しいのだ!

デザートには、手軽に、焼き芋をオーブンで焼いてみた。
アルミホイルに包んで、160度(ガスマーク4くらいかな?)で、90分、

幸い、近くのスーパーのTescoに、日本と同じ、サツマイモが売っていた!



以前は、イギリスの赤いサツマイモで、ポテトアップルパイを作ったら、水っぽくて、不味かった~~!

オーブンで低温で、90分焼いて、ホクホクの美味しい焼き芋の出来上がり!

これは、とっても、好評だった!

こんなに簡単にできて、喜ばれる、しかも安くつく手作りのデザート!
また作ってみよう!

コメント