50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

平成最後の日、久々に、母のミシンを使った!

2019-05-01 09:52:31 | 日本に帰国中
今日から、新しいERA(時代)

ずっと、日本に帰ったら、イギリスの我が家のバスルームの為のカーテンをミシンを使って
縫おうと思っていた。

以前に縫って、窓に付けていたカーテンは、カビが生えて黒くなってきたので、取り替えなければと思っていた。

しかし、残念なことに、イギリスの家は狭くて、ミシンを置く場所がないのだ。
滅多に使わないので、買う必要もないと思って、やり過ごしてきた。
でも、ずっと、ミシンを使わないと、使い方を忘れそうだ、恐かった。

まずは、昨日は、少し遠くまで、自転車を走らせて、大きなスーパーまで行き、
既製品のカーテンを買ってきた。
何と、2枚で千円と安売りのカーテンがあった。
うちの近くには、昔は、大型のスーパーがあったのだが、数年前に姿を消した。
だから、この少し遠いスーパーに行くには、ちょっと覚悟して、行く必要がある。

でも、いざ自転車で行ってみると、案外、近いもんだな、なんて思ってしまった。
いい運動にもなった。それに連休だから、大型のダンプなどは少なくて、排気ガスも少ないので、マスクも必要なかった。

昨日は、息子が幼稚園の時から、仲が良かったJ君のママ友のTさんに電話をした。
久々に、お電話させていただいて、また、私の愚痴や、息子のことなどを話した。
いつもいつも、私の家族のことなどを、快く聞いてくださり、適切なアドバイスを聴いて下さる方だ。
縁があって、イギリスに行った後も、日本に帰ってきた時に出会うことがあり、今もたまに電話で話したりする方である

私の息子のこと、お嫁さんとのことなどを話すと、「あなたは、何も悪くは、ないわ」と言ってくださった。

私がお嫁さんから嫌われてる理由は、東北の震災のあと、東京に住んでいた息子夫婦の間で、お嫁さんが子供を連れて、実家の九州に帰ってしまった時、その震災のあと、私がイギリスから帰ってきた時に、息子の住む東京の家に行き、掃除などをしたことが悪かったようだ。腑に落ちないが、お嫁さんが、私のことを気に入らない理由は、息子からは、そのような説明しかない。

でも、親が子供の家に行って、掃除するのは、当たり前のことではないか?
と思うのだけど、それが、お嫁さんの怒りを買ったようだった。

息子は、震災のあと3年くらい、その広い家で一人暮らしをしていた。
震災のあと、掃除をしてから、「もう、こっちに来ないで」と言われるようになった。
お嫁さんの怒りを買ったからのようだった。

Tさんから、「あなたは、親として当たり前のことをしただけのことよ」と言われ、また涙がボロボロこぼれてきた。
そして、「息子さんが、そこで暮らし続けるには、お嫁さんの嫌いな母親である、あなたのことを、自分の中で抹殺しないと、生きていけないんだと思う」とおっしゃった。
まったく、その通りだと思った。

疲れ切った様子の息子。私が行くと、お嫁さんにいびられ、余計、ストレスを与えるに違いないと思う。水をこぼしただけで、大急ぎで、ぞうきんをもってきてふき取っていた様子が忘れられない。昔の息子の姿からは、想像もできない。もっとリラックスしていたのに。

夕方は、2階に上がって、久々に、母の愛用していたミシンを取り出した。
いったんは息子が結婚した時に、このミシンをお嫁さんのためにと、あげたのだけど、不要だというので、また送り返してもらった。

このミシンを使うのは、何年振りだろう?
母の大切にしていたミシン。
まだまだ使える。

でも、私はミシンが上手に使えない。
父に似て手の先が不器用だから。
いつも、そう思い続けてきた。

中学の時、私と私の親友のEさんだけが、家庭科の先生に、さんざん、怒られてから、ミシンを使うのが嫌いになったのだ。

私は料理は好きだけど、裁縫や、アイロンがけが大嫌いなのは、この中学時代の家庭科の先生に、さんざん怒られたからだと思う。

そして、私は、自分が、すごく不器用だと思いこむようになった。
私は、裁縫が出来ない、ミシンが使えないと思い込んでいた。

だから、母が生前、ミシンの使い方を教えてくれようとした時も、ろくすっぽ、聞かなかった。今は、そのことを、とても後悔している。

何年か前に、母のミシンを使ってカーテンを縫った時も、近所の親切なIさんに、ミシンの使い方を聞いた。彼女は、何かと親切にしてくださる、たった一人のご近所さんなのだ。

そして、今回も、ミシンを何年かぶりで開けた時、どこに糸を通すのか、頭が、こんがらがってきた。YOutubeのビデオを見てみるも、余計わからなくなり、Iさんに電話したら、早速、忙しい夕方時刻というのに、来てくださった。

そして、親切に教えてくださった。
よくよく、ミシンを見ると、前回の時に、ミシンの糸を通す順番を、マジックで番号を書いていた。
なあんだ!と思ったが、やはり、それでも、Iさんに聞かなかったら、こんなにスムーズにミシンが使えなかっただろう。

夕食前に、済ませようと、ミシンを縫い始めたら、あっという間に縫いあがった。

ミシンを使っている時の、あの至福に満ちた時間、幸せだなと感じた。
お母さん、有難う、こんな素晴らしいものを残してくれてと、また有り難く思った。

母は、私と反対で、とても器用な人だった。母の祖父は、大工の棟梁をしていたという。
その血筋を受けてか、裁縫も大工仕事も、庭仕事も器用にこなしていた。
父は、反対で、ものすごく不器用で、何もできず、大工仕事も、すべて母がやっていた。
水道のパッキンの交換なども、母は自分でやっていたのを思い出す。

そんな母の思い出を思い出しながら、平成最後の夜は、平安な気持ちで過ごすことが出来た。

?。


にほんブログ村



コメント (6)

フィットネスクラブが、なくなってしまう。

2019-04-28 00:10:39 | 日本に帰国中
日本に帰国中に、時々、行ってたフィットネスクラブが、7月末で閉店することが、わかった。
久々に行った、このフィットネスクラブ、空いていて、設備も良く、新しいし、マシンもいろいろあって、清潔で気持ちの良いフィットネスクラブだった。

閉店することがわかったのは、たまたま、1年に1回、INBODYといって、体脂肪などを計ってもらう検査をした時、若い可愛らしいスタッフの女性から聞いた時だった。

「このクラブも7月で閉店になるのは、ご存じですよね?」と言われた時、思わず
「えええ?!」と叫んでしまった。
未だ開店して、そんなに年数もたっていない新しいきれいな、このフィットネスクラブが、そんなに簡単に閉店するなんて、信じられなかった。
駅前にあるし、便利だし、何よりも、混みあっていなくてリラックスできるのが、気に入っていたというのに。

残念で仕方ない。

イギリスでも、フィットネスクラブに行ってるが、安いけど、清潔とは、ほど遠い。
床は汚いし、ごみも落ちてる。ヨガマットなどは、持参していく。
インストラクターはいいのだけど、設備が、イマイチなのだ。それに、スタジオは、冬でも冷房が効いていて寒いこと、寒いこと!
勿論、もっと良いフィットネスクラブもあるけど、車でしか行けない場所なのだ。

私は、車を持っていない。夫が休みの時や、夜は車が、使えるけど、私が行くのは、たいてい午前中だから。
夜は、視力が悪いので、夜はできるだけ運転しないことにしている。
特にイギリスの街灯は、オレンジのライトなので、見えにくいのだ。
日本の街灯のように白だったら、もっと、くっきり見えるのだけど。

日本は、本当にどこに行っても清潔だ。
トイレも、きれいに掃除してあるし、気持ちがいい。
それに比べてイギリスのトイレは、ブツが、そのまま残っていることも多いし、流していない人も多い。トイレの便座は、おしっこが、こぼされていて汚れている。
日本みたいに、トイレの便座を消毒する消毒液も、備え付けていない。

そんなのにも慣れてきたけど、やはり、清潔な日本は、いいなあと思う。
日本滞在も、あとわずかだ。
残り少ない日々を友人と会ったり、少しのんびりして過ごしたいと思う。
今年は10連休のため、空港に送る荷物も早めに荷造りして送らないといけないので、気がせく。
?。


にほんブログ村








コメント

桜吹雪の中で、お花見サイクリング!

2019-04-15 23:26:00 | 日本に帰国中
土曜日は、古くからの友人たちが、うちまで来てくれて、うちの近くで、
お花見をしながら、お弁当を食べようということになった。

何と、Genelousなことに、友人が豪華なデパ地下のお弁当を、私の分まで買ってきてくれた。
近くの神社やお寺は、もう殆ど葉桜だったけど、河川敷の桜の群れは、咲き始めるのが遅かったので、まだ大丈夫かと思い、友人たちを誘って、河川敷に、ママチャリサイクリング
兼、お弁当を食べて、お花見をすることにした。

桜の花の下で食べるお弁当の美味しかったこと!
このお弁当は、格別、美味かった!!(^_-)-☆

交通費を使って、うちまで来てくれて、そして、こんな美味しいお弁当や、デザートまで買ってきてくれた!

ママチャリサイクリングは、気持ちよかった!
坂もなくて、すいすい走れる。
ただ、本格的なサイクリストも多く、すごいスピードで、横をすり抜けていくので、ちょっと怖い感じだけど。ぶつかられたら、腰の骨を折りそうだ。

ちょっと遠くまで行くと森があり、うぐいすが鳴いている。
2年前に、夫と初めて、河川敷に、一緒にサイクリングに来たときも、こんなところがあったのか、と驚いたものだった。

駅前にはレンタサイクルがあり、一日、250円という安さでレンタルできる。
こんなに健康的で、お金がかからなくて、楽しめるレジャーってあるんだろうか?
と思うくらい。
遠くに行くのもいいけど、近場で、こんなに楽しめる。
この日は、いっぱいチャリをこいだせいか、夜になると、眠くて何もできなくて、バタンキューで布団に入った。
そして、いつもなら、睡眠薬を1錠か半錠飲むのだけど、何も飲まずに寝た。

こんなに、ぐっすり寝たのは久しぶりだった。
そして、ぐっすり眠った後は、気分も前向きになっていた。
日曜日は、あいにくの雨だったけど、家ですることも多く、退屈する暇などなかった。



にほんブログ村

コメント (2)

心が折れた!(招かれざる客)

2019-04-08 23:13:18 | 日本に帰国中
今年は、マイレージを利用して、九州に行くことにした。
国内線に乗るのは何年ぶりだろう?

乗っている時間は短くて、伊丹空港に行くまでは、阿部野から、たったの30分と、とても便利がよかった。新幹線より、楽かもしれない。

国際線のように検査があるだろうと思い、液体類は、100ml以内にして透明のケースに入れたが、そういう検査は、なかった。ペットボトルでさえ、チェックした後に、持って入ることができた。

前日には、近くの神社に行ってみると、こんなローカルな場所にも、中国語が飛び交っていた。
あと、驚いたことは、日本もスーパーなどに行っても支払いが、セルフレジになっていたことだった。

伊丹発の機内は、豚まんのにおいが強烈に、漂っている。私も551の豚まんは大好きだけど、飛行機の中に、においが充満するのは、やはり。。。(-_-;)

前の席のバアサンは、(私もバアサンだけど)孫とふざけ合っていて、うるさいこと、うるさいこと!

今回も、勿論、息子夫婦の家には、招かれなかった。
ホテルに1泊した後、親切な九州の友人宅に、2泊も泊めてもらった。

バッグに一杯に詰め込んだお土産ものと、今年、小学校に入学する孫の入学祝金を渡すために、持ってきた。
正直なところ、今年は、台風で家の裏の扉が壊れていて取り替えなければならず、出費が多く、つらいところだけど。

息子は駅まで迎えに来てくれたが、お嫁さんは妊娠中で、私が「こんにちは。お久しぶり」と言っても、挨拶もしてくれなかった。

息子の家にトイレを借りるため、そして、お土産ものを渡すために、玄関に入ったら、お嫁さんにぴしゃりと、戸を閉められた。

にこりともせず、入学祝を渡そうとしても、目も合わせず、顔も見ようとしないで。

本当に心が折れた。

毎年、一年に1回だけ、たった一日か二日だけなのに、それも、だめか?
と思った。
孫の誕生日やクリスマスにプレゼントを送っても、届いたのかどうかも、問い合わせないと、教えてくれないし。

もう、たくさんだ!と思った。
孫に会えないけど、こんな思いをし続けるのなら、もう、来年から来るのはやめようと決めた。イギリスから帰ってきて、九州まで、大量のお土産ものを持っていくだけでも大変なのに、少しでも喜んでもらおうと思っていくのだけどね。

私が、嫌われてるということは、前々から感じていたけど、こんな態度を取られたのは、初めてだ。
息子の嫁さんだから、息子が板挟みになって、しんどい思いをしてるのではと、思うと、息子のことも、可哀想に思えてくる。

ただでさえ、仕事が忙しくて、疲れた様子の息子を見ていると、大丈夫かなと、いつも心配になってくる。
それなのに、あと一人、孫が生まれてくる。大丈夫だろうか?

去年は、お嫁さんの態度は、まだ少しマシだったのに。フレンドリーとまではいかなくても、ここまで、Hostileでは、なかった。

泊めてもらっている友人に電話した時、思わず、涙が、ボロボロこぼれてきた。
なんで、こんな思いまでして、くる必要あるんだろうか?
と思った。
正直なところ、来るのが毎年、不安なのだ。
また、招かれざる客で、拒絶されるのが、こわいから。

でも、これで、やっと、決断することが出来た。
来年からは、もう、息子夫婦のところに出かけるのはやめようと思った。
孫に会えなくても仕方ない。

私は、孫に何かしてあげる分を、そのお金を、自分自身のために、使おうと決めた。

大阪に帰ってきたら、歓迎してくれる友人もいる。
行く場所も、することも、いっぱいある。

イギリスに帰るまで、友達に会って、美味しいものを食べて、大好きなダンスのクラスに行って、イギリスにもって帰る買い物もしなくちゃいけないし。

そう考えてると、息子から、珍しくラインのメッセージが入った。
「来年は、時間があったら、大阪に行くよ」と。

そのメッセージを読むとまた泣けてきた。




にほんブログ村

コメント (2)

今度は、別の奇妙な現象が!?そして悪夢に襲われた!

2019-04-02 13:26:08 | 日本に帰国中
日本に帰ってきて、1週間!

またもや、気持ち悪い現象が起きた。

今度は、実際に被害を被る可能性のある事だ。(-_-;)

家の鍵をかけて寝る。
勿論、外の門も、必ず、外から帰ってきたら、閉めて家に入る。

家には、私が一人なので、もちろん、しっかりとカギをかけたかどうか、寝る前に、何度も確かめて、寝る。

一昨日も、寝る前に、鍵が閉まってるのを確認して、2階に上がり床に入った。

しかし、何と、朝、起きて階下に行くと、何と、鍵が開いていた。
そればかりか、外の門も開けられていた。

唖然とした!!
こんなことって、あるのか?
盗まれたものは何もない。

しかし、去年、持って帰ってきて引き出しに入れていた水着がなくなっていた。
それは、帰ってきたとき、確認したら、なくなっていた。
どこを探してもない。そして、出てこない。
まるで、質の悪い、いたずらに遭ったようだ。

そして、今朝がた6時前頃、寝てると、ふと、喉が渇き、(最近は、イギリスの通販で買ったトローチがよく効くので、一晩中、喉が渇くこともなかったのだけど)

そういえば、昨夜、風呂上がり、いつもより、喉が渇いて、いくら飲んでも渇きが納まらなかった。

去年のブログのコメントを見てみたら、私のブログへのコメントで、霊現象が起こる前は、喉が渇くと聞いたことがあると書かれていた。

昨夜は、悪霊との闘いのようだった。
夜中に布団の足の部分をめくられ、何度も何度もめくられ、そして、壁が火事みたいになって、崩れ落ちる悪夢だ。

起きようと思っても、起きれない。
思わず、「南無妙法蓮華経」と、何度も何度も唱えた。

すると、ようやく目が覚めた。怖ろしかった。

帰ってきてから、毎晩、寝る前に、江原啓之のお経を唱えるCDをかけてから寝てる。

しかし、昨夜は、とても忙しくて、そんな暇もなくて、早く寝ないとと思ってCDも、途中で、切って、寝たのがよくなかったのか?

いつも、寝る時は、夫が録音してくれたリラクゼーションのCDを聴きながら寝てる。
今まで、ゆっくり眠れたのに。

今日から、やはり、寝る時間を早めにして、必ず、江原啓之のお経のCDをかけて寝るようにしようと思う。

それから、去年、安倍野晴明神社で買っておいたお札は、くるくると回されたように、裏返されていた。これも、奇妙な現象だと思った。

何事も悪いことが起こりませんように。

自分自身の気持ちを強く持たないと!

今年は、喘息がない代わりにアトピーで苦しんでいる。
イギリスにいる時は、こんな酷いアトピーになったことないのに。



にほんブログ村












コメント