50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

こんなに泣いたのは、何年振りだろう?

2019-09-17 23:23:13 | 日記

先週末、土曜日、日曜日と夫の子供たちと元奥さんのいるサマーセットに行ってきた。
夫の元奥さんの旦那さんが癌の末期で、ホスピスに入っているらしいが、最後のパーティをしてあげようということで、夫の息子が企画したパーティに出席するため、私も出かけて行った。

一つは、夫の孫のFelixに会うのも楽しみだった。
可愛い子供と、遊び、戯れたかった。

もう、日本にいる自分の孫に会えるかどうかもわからない。
日本に帰っても、大阪に遊びに来てくれるかどうかは、わからない。

息子とは、疎遠以上の関係になってしまった。

友人にも、言われた。
「喧嘩するほうが、まだいいよね。まったく無視されるのは、つらいよね」と。

日本にいる孫に、Amazonから恐竜のレゴが欲しいということで、送った。
恐竜のバースデーカードも送ったけど、息子についたかどうかのメールしても読まないし、もちろん、返事もない。
着いたのかどうかもわからないけど、Amazonから配達終了というメールがあったので、届いてる
ことは確かだ。孫が気に入ったかどうかも知りたいところだけど、それも、わからないままだ。

クリスマスは、もう何も送らないでおこうと思う。
自分が、つらい思いするだけだから。
喜んでくれて、たったひとことでいいから、「ありがとう」と言ってくれたら最高に幸せな気分になるんだけど、
息子もお嫁さんも、私が幸せな気分になってほしくないみたいだから仕方ない。

私などには、「ありがとう」の一言も言いたくないんだろう。
何故、そんなに嫌われてるのか、未だにわからない。
お嫁さんは、私が震災の後に息子が一人で暮らしてる家に行って、私が料理したり、家の掃除を
したのが気に入らなかったようだ。
それでも、そのあと、家に招き入れてくれたこともあった。
殆どが、家には上げてくれなかったけど。

いつも、息子と孫に会いに行くときは狭いホテルに宿泊させられた。
もちろん、自分勝手に会いにいくのだから、本当は来てほしくなかったのだろう。

今年からは、息子まで、よくわからないことを言い出して、電話も取らない、メールも読まなくなった。「読む暇ない、電話で話す暇ない」、というのが理由だけど、どんなに忙しい人でも、1か月に1回くらいは、一言でも「元気にしてるよ」とか、あってもいいんじゃないかと思う。

4月に2日間だけ会ったきり、その後、まったく連絡が途絶えてる。
一度、お嫁さんのお母さんに連絡してくれるように頼んだ時は、息子が切れて、ひどいメールを送ってきた。

子供の時は、あれほど、可愛かったのに、優しくて思いやりのある子に育ってくれると思っていたのに、こんなことになるなんて、誰が予想した?

毎日、息子のことで悩む日々が続く。
ネガティブな気持ちになる自分が、やり切れない。
息子や息子の家族には幸せになってほしいから、こんなネガティブな気持ちになりたくないのに。
忘れようとしたら、余計に忘れられなくなる。たった一人の息子のこと。悲しくてたまらない。

今年の春、息子に会った時は、いっぱいいっぱいだった様子。所かまわず、寝ていた。よほど疲れているのだろう。勤め先は、ブラック企業のようだから。

サマーセットでは、ホテルに泊まった。久々にお風呂にも入った。うちは、シャワーしかないので、
バスタブにつかり、くつろぎたかった。

そして、何よりも、自分の孫に会えないので、せめて、夫の孫と遊びたかった。
小さな手を握り、手をつないだ。
小さな手、いとおしくて、可愛くて仕方なかった。



自分と血の繋がりなんて、関係ないなと思った。

Felixは、こんな私にも懐いてくれて、トイレまで連れて行って、おしっこさせたりしても、ちっとも嫌がらないし、本当に自分の孫みたいだった。

そういう風に仕向けてくれた夫の息子にも感謝してる。

夫の息子は、わがままなところもあって、何度か腹を立てたこともあったけど、血の繋がりのないStep Fatherのために、車いすを車に積み込んだり、ホスピスに迎えに行ったり、今回は、16名の親しい友人を集めて、Step Father のために、パブでパーティを開くことを企画したのだ。

彼は、私の状況を知ってくれて、同情してくれて、いつも、「Felixを自分の孫だと思って」、と言ってくれる。

夫の息子の家に行った時、Felixと、夫が遊んでるのを見てると、無性に泣きたくなった。
夫の家族と、私の家族、なんという違いだろうと思って。

そして、涙が止まらなくて、とうとう、声をあげて、嗚咽をこらえきれずに、泣いてしまった。
いい年した、ばあさんが、こんなに泣くなんて。

こんなに泣いたのは、母が死んだ時以来じゃなかろうか?
小さなFelixは、どうしたんだろうという顔をしていた。

パーティに行く前に、教会に立ち寄り、気持ちをCalmにしようと思った。
あとから、あとから涙があふれて、泣けてきて仕方ない。
パーティでは、あまり人並みにしゃべれないので(話題もないので)、もっぱら、Felixとばかり、遊んでいた。
紙飛行機を作ってあげたりすると大喜びだった。

Yeovilの中心街に立つ教会。



教会の前は、植物園のように、いろんな木々や花が植えられていて、それは、それは、美しかった。
その庭園を歩くだけで、とても癒された。



教会の真ん前にある花壇。ブルーのオーブ(たまゆら)が映っていた。
ブルーのオーブは、高貴な精霊が宿っているらしい。
Holy Placeと(神聖な場所)という感じがした。





パーティの後、近くの川にでかけた。夫の娘が、川で泳ぎたいという。



ここは、地元の人しか知らない美しい川で、子供たちが泳いだり、木にロープをかけて、水に飛び込んだりしていた。とても楽しそうだった。



夫の娘も、誰もいなくなった川で、ゆったり泳いでいた。

有名な絵画のオフェリアの絵を思い起こさせる川。(それとも樹木希林さんのポスター?)

今夜も、母の仏壇に向かって、せめて良い夢をみれますようにと祈って寝ます。









にほんブログ村
コメント

育て方が悪かったのかしら? かき揚げうどん、食べたくなりました。

2019-09-12 22:53:42 | 海外生活

いよいよ、9月になり、生徒さんも戻ってきて、急に忙しくなってきました。
今年は、口コミで新しい生徒さんも増えて、嬉しい忙しさになってきています。

ただ、やはり、淋しいのは、息子と疎遠になってしまったこと。
今年の5月に、アグレッシブなメッセージが来てから、何の音沙汰もないのですから。
電話にも出ないしメールも読まない。
台風の時も、気になったのでラインのメールをしたら、孫から、うちの周りは、大丈夫だよというメッセージが来て、ほっとしましたけど。

こんな家族ってあるのかしら?と思います。
シングルマザーで育てて、息子が大学生くらいまでは、コミュニケーションのある親子関係だと思っていました。でも、今となっては、やはり、育て方が悪かったのかしらと思ってしまいます。

そういえば、うちの母もよく言ってました。
弟が冷たいから、「育て方悪かったのだわ」と。

久々に、かき揚げが食べたくて、作りました。友人に頼んで送ってもらった乾燥ごぼうも、入れて作りました。
てんぷら粉は高いので、小麦粉とコーンフラワー(片栗粉)を混ぜて、卵も入れて、作りました。



多めに作って冷凍しておきました。



そして、昨日の昼、解凍して、うどんに入れて、かき揚げうどん~~
めちゃ、美味しかったです!!

Chinese Grocery で、買ってきた「すし酢」これって、すごく使えるんです!
ドレッシングにしてもよいし、何にでも応用できます。
セロリーときゅうり、ニンジン、余った野菜で、ピクルスにします。



すし酢に、ほんの少しだけ塩を入れるだけ。簡単で、漬物の代わりになります。

先週末は、犬ざんまいの週末でした。
金曜日には、イアンの預かってるルカと散歩して、土曜日はペニー。
日曜日は、アリスがピーナッツを連れてきました。2時間ほど、散歩と遊びしました。
犬が私たちの間に入って、ボール遊び、楽しかったです。
犬はゲームが好きですね。ピーナッツのことは、「なっちゃん」と呼んでます。

イアンの預かってるルカは、よその人のサンドイッチを盗んだそうです。その人が怒ってイアンに文句を言ったところ、イアンは、なんと、Fの付く言葉で言い返したんだそうです!!(;^_^A 

今年14歳になるペニー、最近、ちょっと足が弱ってきたようです。私と同じだね。



久々に行ったギルドレッジパーク、野に咲く自然の花がいっぱい咲いていました。





リスも、いっぱい見かけました。



やはり、この公園は、癒されます。



さて、ネガティブな気持ちを吹き飛ばすために、忙しくしようと思います。







にほんブログ村
コメント

ルカと過ごした午後、そして、素敵な夢を見た朝は。

2019-09-04 10:25:59 | 海外生活

昨日は、朝からフィットネスのピラティスのクラスに行き、大急ぎで帰ってきて、一人生徒さんのレッスンを終えて、それから、地元の日本人女性の集まりの会に出席しました。

いろんな人の顔を久々に見るのは楽しみな反面、苦手な人もいます。
私は基本的に、大勢の中、というのが苦手な方で、昔から、そういう集まりを避けてきたような気がします。

職場での場合は、半分仕方なく出席することが多かったように思います。

どちらかというと、少人数の集まり(4~6人くらい)が一番、自分としては楽しめます。
30代最後の年、婚活をしていて知り合った友達と、仲間ができました。
あの時は、ほんと、楽しかったです。

大勢でしたが、みんなで旅行に行ったり、テニスしたり、海に行ってバナナボートに乗ったり、アスレチックに行ったり。居酒屋でのパーティ。

ただ、貧乏な私は、お金がなくて、飲み会の後、みんなが行くと言って、楽しそうに出かけて行ったおかまバーに、一緒に行けなかったことなど、残念なこともあります。

あんな時代もあったんだなあ~!なんて懐かしく思います。
あの頃の人たちは、今どうしてるんだろう?
あの時代の仲間で、今も一年に1回くらい会う友達は、たった一人。

様々なことがあって、まるで、ドラマの中の世界にいるようだった、あの頃。
変な男にも、ひっかかり、落ち込むこともありましたが。。。(;^_^A

昨日は、お食事会の後、ほかの人々は、それぞれ、帰る人や、お茶に行く人やら、私は、帰ることにしました。
夫の友達のイアンが、ガールフレンドのシルビアから犬を預かってるので、一緒に散歩しようというお誘いがあったらしいから、長い間あってない犬のルカに会いたかったので...

ルカは、ジャーマンシェパードと、ラブラドール、そしてドーベルマンのミックスの黒い犬です。
イアンは、とても厳しく躾していました。その甲斐あってか、ルカは、すごい成長を遂げていました。人間の言葉がわかるようになっていて、イアンが、(犬を躾する時、なぜかスペイン語を使っていました)言うことに従うようになっていました。

カメラを持って行ってなかったのが残念なのですが、トリートを上げるときに、首を傾けて、舌を横からだして、Paw(手)を差し出すところが、めっちゃ可愛いのです。

私たちに会った途端、嬉しくて、すぐに飛びついて来ようとしましたが、イアンに「だめだ!飛びついては!」と言われ、すぐに素直に言うことを聞いて、飛びつくのをやめました。

私は飛びついて来られるのが、可愛くて大好きなのですが、何しろ、ルカのような力のある犬に、飛びつかれたら、よろよろと、よろけてしまいます。

イアン曰く、朝、ベッドの中で寝てると、ルカがやって来て、ぺろぺろと顔をなめて、起こしてくれるそうです。それが、とっても、可愛くてたまらないらしい。

うちの夫に「あなただったら、どう?」と聞いてみると、当然のごとく「まっぴら、ごめんだ!」という返事がきました。(;^_^A

その後、私たちは、ぺバンシー城の裏の森を歩きました。
イアンは、風で木々が、ざわめく音を、「この木々が、ざわめく音が大好きなんだ」と話してました。その間も、ルカは、ボールを投げて!と、遊ぶことに夢中です。

そして、のどが渇いたので、私たちは、彼の家(イアンは、現在、トレーラーハウスに住んでる)に行き、お茶をいただきました。ルカは、家にかえってからも、じっと落ち着くことなく、遊んで!と、せがみます。お菓子を持って行ったのですが、何か食べてたら、そばに寄ってきて、欲しがります。

トリートをあげるたびに、首を傾けて、手を差し出してきます。
そのしぐさが、もう可愛くて、可愛くて、メロメロになりそうでした。
でも、このような犬がいたら、休む暇もなく、しんどいだろうな~と思ったのも事実です。(;^_^A

その日は、一週間に一度のブリッジクラブのカフェのお手伝いの仕事があったので、夕方に、おいとましました。
ブリッジクラブの人々は、とてもフレンドリーで、毎回、行くのが楽しみです。
コーヒーや紅茶などのサービスをするだけですが、楽ちんな仕事で、何よりも、優しい人ばかりなので、気持ちよくお仕事させていただいてます。

昨日は、夜寝る前、仏壇(自分で作った棚だけど)の前で、母に祈りました。
「どうか、今夜は、いい夢みられますように。お母さんに会いたいな。」と祈りました。

今朝、見た夢は、小さな男の子が二人、うちに来て遊んでる夢です。夫もいて、一緒に世話をしてる夢でした。10日間くらい預かることになった夢でした。
お風呂に入った後、子供たちが、はしゃいで、裸で走り回ってるのを必死で追いかけて、バスタオルで、くるんでる夢でした。もしかしたら、孫のことかもしれないけど、彼らと来年会えるかどうかは、まだわからない。

可愛い子供たちと、イアンが、10日間、ルカ(犬)を預かるというアイデアが、重なった夢なのかもしれません。

夢って面白いですね。いい夢を見ると、その日、一日、ポジティブな気持ちになれそう。

あ、もう一つの夢は、なんだか、馬車に乗って、その横に、素敵な優しい男性がいて、私はその人の肩にもたれかかってる夢でした。
でも、その人は、夫ではなかったのですけどね。いったい誰だろう?

ほっこりした夢をみさせてくれて、有難う、お母さん。。。







にほんブログ村
コメント (2)