50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

Shop Lifters (万引き家族)観てきました。

2019-01-26 22:18:11 | 映画
カンヌ映画際で、最優秀賞を取った映画で、ずっと、観たいと思っていた映画、Shop Liftersを、
やっと観てきました。(英語で万引きのことを、Shop liftingと言います)

地元のTowner Art Gallery で、上映してました。
このアートギャラリーに、映画館まであるとは、知りませんでした。

小さなCinema(90人収容)ですが、小さいけど、本格的なCinema(映画館)が、ギャラリーの中に
ありました。ここに行くのは初めてです。

私は上映の2日前にチケットをオンラインで購入しましたが、小さな映画館なので、昨日には、
もう売り切れていたそうです。

とにかく感動する映画です。

観ている間じゅう、四六時中、涙が止まりませんでした。
声を出して泣き出したい気分になりましたが、誰も泣いてる様子がないので、必死に声を抑えて、
ハンカチで、涙をぬぐっていました。

映画館に入った時は、始まる時間ぎりぎりだったので、後ろの席は、全て埋まっていて、前列に
座ることを余儀なくされましたが、すぐに、大画面の中のスーパーの場面が出てきて、自分が
そこにいて、買い物をしれるような錯覚にさせられました。

出演している女優さんは、ノーメイクの、すっぴんで、出演者の樹木希林さんは、入れ歯さえ、はずしていたそうです。まさに、すぐ身近にいるような下町の人々のような感じです。

子役の男の子と、女の子(5歳)の演技は、特に、驚くくらいです。表情がすごい。演技とは思えない。

最後に、この家族が、再び、離れ離れになり、5歳の女の子は、また虐待する家庭に、戻され、ベランダで、一人、悲し気な表情で、遊んでいる姿が、なんとも、やりきれない気持ちにさせられました。

この映画は、本当にあったストーリーをもとに作られているそうです。

是枝監督も、すごいけど、役者がすごい、と思いました。

去年は、Bohemian Rhapsodyで、感動しましたが、今年は、この映画で感動しました。

にほんブログ村


コメント (2)

映画 Bohemian Rhapsodyを観て

2018-11-05 08:05:39 | 映画
Queenは、勿論、昔から知っています。
学生の頃など、友達がQueenのファンでした。
私は、その頃、ロックなど、あまり興味なくて、日本のフォークソングばかり。
自分でもギターを弾いたりしていました。
今は、さっぱり弾けませんが。

キムタク主演のドラマで、Queenの"I was borne to love you" のテーマソングを聞いて、魅せられてしまいました。それ以来、Queenのファンです。

ボヘミアンラプソディー、この映画は、超お勧めです!!
この映画を観てから、フレディマーキュリーのことが、もっと詳しく知りたくなり、Wikで調べてみたりしました。

有名で、かっこいい彼が、内面は、心の闇を抱えている姿も映し出されていたり、孤独に悩んでいたり、普通の私たちと何ら変わらない。いや、普通の人より、もっともっと、深い孤独だったかもしれない、なんて思いましたね。
ステージで、ヒーローを演じてる彼の姿からは、想像もできないくらい!

そして、何よりも、彼の才能!そして、その歌唱力!
最後のウェンブリースタジアムでの、演奏をする場面は、実際のその時の映像と、役者さんとの映像が、組み合わせてあり、これ、どうやって撮影したの?:kao12
って思うくらい!
とにかく、すごい映画です!ブライアンメイなどの役者も、よくも、ここまで研究したものだと、表情など、そっくりで、どちらが本物か、わからなくなるくらい!

Queenファンでなくても、興奮すること、間違いなし!!です。

生きていれば、71歳になるフレディ。たぐいまれな才能を持つ彼が、エイズによって、亡くなってしまい、本当に残念なことです。

その後に行ったトリビュートコンサートが、つまらなく思えました。
本物のコンサートに行きたかった~~!( ̄▽ ̄;)
とフラストレーションが溜まりました。

https://www.imdb.com/title/tt1727824/videoplayer/vi1451538969?ref_=tt_ov_vi

ちなみに、Bohemian Rhapsodyは、以前から、ピアノで、弾いていましたが、また少しアレンジを変えて練習しています。


コメント