50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

仕事できなくなったら、どうしよう?!

2021-03-07 20:03:58 | 海外生活 、コロナウィルスの影響

昨日は、とても寒かったけど、昨夜は、気温がマイナス2度以下に下がっていたのは、間違いないと思う。
昨日は、丘を散歩したけど、空気が冷たく、風も強かった。
歩いていたから、そんなに寒さは感じなかったけど。
途中、フィリピーナの元生徒さん(クリスティナ)と、そのお母さん、そして、彼女の新しいボーイフレンドと、丘のふもとで、ばったり、出会った。
彼女とクリスティナ(14歳)は、大慌てでマスクをして、私も大慌てでマスクをして、少しだけ会話をした。
クリスティナは、晴れて、昨年末、何とかABRSMのグレード試験5級に合格した。
そして、その後、すぐにロックダウンになって、生徒は誰も来れなくなった。
クリスティナは、もう、グレード5を取得したから、レッスンには、来ないかもしれないなと思っていたところ、やはり、昨日の短い会話で、来ないことが確定した。
それ以上の資格を取るには、まずセオリーの5級に合格してからでは取れない。
セオリーの5級は、私も何とか取得したけど、かなり頭の痛い試験だった。

しかし、久々にペニーと会って、スカイプのレッスンもなく、ゆったりとペニーと過ごす時間があった。



朝、ギルドレッジパークに連れて行って、犬連れの人々と挨拶を交わしたり、笑顔を交わしたり、寒かったけど、まったりした時間を過ごした。
犬を連れていると、人々がフレンドリーになり、会話したりできるので、それだけでも、気分が良いのだ。

夜寝る前、シャワー浴びて、簡単な体操をして、12時半頃、ベッドに入り、2時間ほど眠ったかと思うと、夜中の2時か2時半に咳き込んで起きてしまった。
鼻づまりがあり、口呼吸になってる。
手の痺れも相変わらず、私を悩ませる。夜中や朝方に手の痺れで、目が覚めてしまったり。

キシリメルト(Xylimelt)というトローチをアマゾンで注文して、毎晩、それを口に含んで寝ると、眠れるのに、昨夜は、喉がイガイガして、口が乾いて仕方なかった。
また、医者で処方されたグミのようなもの(Dry mouth relief pastilles) も、併用して使っている。



咳き込む音で、夫が眠れないというので、私に、咳止めの薬を飲むようにと、持ってきた。
それを飲んでも、暫く咳が止まらず、横になることが出来なかった。
先週の金曜日、ワクチンを打ったばかりだし、もしかして、陰謀論で言われてるように、ワクチンで、自分の免疫システムが低下したのか、ワクチンで、かえってコロナに感染したのか?
などと、いろいろ考えてると恐ろしくなってきた。
せっかく、来週から生徒さんが少しずつ、戻ってきてくれるのに、コロナに感染してたら、どうしようと思った。焦った。(;゚Д゚) 
仏壇(本当の仏壇ではないけど)の前に行き、祈った。

幸い、夫は教師なので、PCRのテストキットがあるので、今朝、早速、検査してみた。
鼻の中に綿棒みたいな検査キットを入れて検査するものだ。
入れて、10回ほどかき回す、同じように反対側の鼻の中も、10回ほどかき回す。



結果は、20分後に出る。ネガティブだった。咳も朝になると、収まっていた。
でも、鼻づまりがある。
もしかして、春になると出てくるアレルギー症状かも?

それから、今朝方、夢をみた。
サムというポーランド人の男の子、その昔、ずっと熱心にレッスンに来てくれた生徒さんが登場する夢。
どういうわけか、私の愛読してるブロガーさん(彼女もピアノをやってる)のお宅にいる。
そして、サムが、うちにレッスンに来なくなったのに、このブロガーさんの所に習いに来てるという夢だ。
私は、ちょっと、ショックだった。そして、ブロガーさんがピアノを教えてると言うことも知らなかった。(笑)今日、そのブロガーさんのブログを読んでると、本の整理をしてるという記事があった。
その中の本、捨てられずにいる本? 私のお気に入りの本があった。
村上春樹の「遠い太鼓」
なんか、繋がってるのかな~って、不思議な気持ちになってしまった。

昨日の朝は、また奇妙な夢をみた。滅多に夢に登場しない亡き父が登場。
父は、昔から、抜けてる。はっきり言って頭が悪い。
私も、そういう所、父に似たのかも? 
頭の悪いところは、絶対に父に似てるのだと思う。

夢の中で、私は2階の部屋にいる。
電話がかかってきたようだ。
父は、何やら、英語で話そうとしている。しどろもどろで、滅茶苦茶な英語だ。
私は、慌てて、階下に降り、電話を「貸して!」と言って、ひったくって、話す。
どうやら、フィットネスクラブからだ。
フィットネスクラブが再開するという電話だ。
でも?! ここはどこ? どうやって、行けばいいの? と悩んでしまう夢。

その昔、私はフィットネスクラブのダンスのクラスにハマっていた。
ジャズダンスにも、ハマっていたし、ヒップホップや、ストリートダンス系のダンスにも。
こちらでは、そういうクラスは、見つけることが出来なかった。
今は、ダンスどころか、フィットネスクラブ自体、閉鎖されてるので、自分でラジオ体操くらいしかしていない。
日本に帰ることが出来たら、出来たら、島村楽器で、スタインウェイのピアノをレンタルして弾きたいことと、また、日本のフィットネスクラスのダンスのクラスに参加したい!!
そして、友達と豆腐料理専門店の「梅の花」に行って食事をすること。 
叶うかな?これらの夢?

にほんブログ村


コメント

買いたいものも、買えない生活、不便な生活、続く。

2021-03-07 02:11:55 | 海外生活 、コロナウィルスの影響

今年初めにロックダウンになって、もうかれこれ、2か月以上になる。
カメラも、もう壊れかけていて、新しいのを買わないと。
もうこのカメラ、デジカメ、15年以上は使ってる。
日本に帰った時、ヨドバシカメラで買ったやつだ。
ニコンのデジカメ、その前に浸かっていたキャノンのが壊れたから、買った。
今回、日本に帰った時に、アイフォンを買おうと思っていた。
アイフォンを買ったら、カメラなんて必要ないですよ、という意見も聞いた。
確かに~~!!
こちらに来られた日本人の人をツアーガイドとして案内した時、お客様の持ってこられたアイフォンが、シャッタースピードが速くて、すごく綺麗に写ってるのを見て、驚いたものだ。

私の持ってるスマホは、もう何年前に買ったかわからないけど、モトローラので、一番安いスマホ、Pay as you go で、使うだけ、料金を払う形式、というか、クレジットがなくなったら、トップアップする形式なので、とても経済的なのだ。
3か月に1回くらいしかトップアップしない。しかも1回10ポンドくらい(1500円くらい)
でも、このスマホ、容量が少なくて、Google playがインストールできない。だから、最初は見れていたYouTubeも、もう見れなくなったし、写真や動画もUpできないので、もっぱら、写真や動画は、カメラ、YouTubeを観る時は、アマゾンのタブレットやPCで観るしかない。

アマゾンのタブレットは、安かったけど、キッチンで仕事をしながら、タブレットでラジオのように聞けるし、動画も観れるから、便利なのだ。

しかし、ここにきて、あと1か月で普通のお店が開くと言う時になって、カメラが。。。(-_-;)
通販で買ってもいいんだけど。
どうせ、お店っていってもカメラ屋さんはなくて、PCworldという電器屋さんくらいしかないけど。実際に手に取って、目の前で商品を見て買いたいんだけどね。

あと、腕時計も買いたいんだけど。
こちらも、昔は、スーパーで売ってたけど、今は、何処にも売っていない。
結構、不便なんだ。
日本で当たり前に売ってるようなものが売っていない。
たとえば、ハンカチとか、何処のスーパーにも売っていない。
イギリスの人は、ハンカチなんて使わないようだ。
私は、いつもポケットにハンカチとティッシュを入れている。
子供の時からの習慣だ。

学校に行く前に、「ハンカチ、鼻かみを忘れないように」とよく言われたものだ。
こちらの学校では、鉛筆や消しゴムも持ってくる子供がいない。
皆、学校が用意してくれるから、何も持ってこない。
教科書も、教室に置いたままみたいだし。
宿題なんて、どうするんだろう?と思うけど。

それにしても、イギリスの学校、昨年は、ロックダウンで、5か月も学校が閉鎖、そして、今年は、やっと来週から学校が再開される。
長かった!
オンライン受業では、集中出来ない子供もいるそうだし、これだけ、長く学校が閉じていると、いろいろ弊害があるのでは?と思ってしまう。

私のピアノの教室も、来週から、やっと、ぼちぼち生徒さんが戻ってくる。
もともと少ない生徒さんだったけど、このコロナで、本当に生徒さんは、減ったなあ。
勿論、収入も減ったし。
4月12日からは、ようやく待望のフィットネスクラブも再開するそうだ。
長いこと、ヨガやボディバランスなどのクラスがなかったので、自分で、ただラジオ体操など、簡単な体操しかしていなかったので、体が硬くなっていて、右の股関節が開かなくなっている。

カメラも腕時計も、そして、ヘアカットも行きたいんだけど。
こんなに長い間、普通のお店(食料品以外の)閉まっていて、結構、不便な思いをしてる人もいるだろうなあ~

先日のすきやき。


ひな祭りの3月3日には、ちらし寿司が間に合わなくて、3月4日に。


今日は、最低気温、マイナス2度と寒い一日だったけど、素晴らしいお天気だった。

Aldiで買ってきたお花。


今日はペニーと久々(1か月振り)にお散歩。



ギルドレッジパークに行くと、いろんな野鳥がいた。これは、ロビン、美しい声で鳴いてくれる。



沈丁花の花も咲いていた。残念なことに、クリスプの袋がいっぱい、その辺に捨てられていた。



午後からは、丘に散歩。あちこちに、黄色水仙が!



牛も放牧されてる。





寒い一日だったけど、素晴らしい青空が広がっていて清々しい一日でした。

にほんブログ村


コメント

ワクチン接種に行ってきました。

2021-02-27 11:05:55 | 海外生活 、コロナウィルスの影響

昨日、ワクチンの接種に行ってきました。
ファイザーかアストロゼネカかは、その場に行ってみないとわかりません。
自分では、ワクチンは、選べないと、以前から、人に聞いていました。

ファイザーであればいいなと思っていたのですが、今、ファイザーのワクチンは、とても不足しているらしいです。
ベルギーにワクチンの工場を建設しているそうですが、なかなか、世界各国に回らないようです。
しかも、ファイザー製は、一人当たり、何と25ポンドもするそうです。
それを政府が、全国民に出しているということで、アストロゼネカは、もっと安く作れるそうです。

ワクチンの会場は、かなり、満員でした。
いろいろ、前もってチェックされました。
住所、名前だけではなく、ethenic(人種)なども。
私はアナフィラキシーショックになったことがあると言うと、ワクチン接種後、暫く椅子に座って、20分ほど待つように言われました。

こんなカードを作ってくれました。
これが、証明になるのか、どうかは、わかりません。




本人の名前を書く欄もありません。だから、証明には、ならないのでしょう。

会場で働いている人(案内係の人など)は、ボランティアだそうです。
年輩の女性が案内してくれました。
皆、とてもフレンドリーな人々でした。

ワクチンを打ってくれる看護師さんは、「あなたは、何処の国の人?」と聞きました。
日本だと言うと、「わあ素晴らしい国だわ、私は、一度は行ってみたいのよ」と言ってました。
彼女は、パキスタンの人だそうです。
この国では、看護師さんは、フィリピン人とか、東南アジア系の人が多いです。
「水をしっかり飲んでね」と言われ、20分その場で、待っていました。
注射は、全く痛くなかったです。
その後、家に帰ってから、生徒さんのお母さんと電話で話しました。

3月8日から、生徒さんたちが、ぼちぼち、戻ってきてくれるようです。

この生徒さんのお母さん(40代-50代前半くらい?)はGP(お医者さん)の奥さん、だから、やはり、医療従事者の家族ということで、ワクチンをもうすでに、打ったということでした。

彼女もアストロゼネカ、そして、その場では、どうもなかったけど、9時間後に、熱や寒気、風邪症状が出てきたと言ってました。筋肉の痛みも。(これは、よくあるSide Effectだそうです)

「だから、もし、あなたも、熱など出ても、心配しなくていいわよ。3日くらいしたら、治るから」と言われました。

いつものように、夜、ピアノの練習を少しして、生徒さんのために、いろいろ準備して、シャワーを浴びて、いつものように、ラジオ体操して、軽くストレッチして寝ようとしたところ、全く眠くならないのです。そして、肩がこる、寒気がしてきました。Hot Water Bottleを抱えて背中に当てて寝ようとするのですが、頭の中がリラックスできなくて、何か、異物が混入したような感じがします。
やはり、陰謀論というか、そういうことも、頭をかすめてしまいます。
何か、遺伝子操作されたのだろうか?とか、ついつい、考えてしまいます。

でも、私の場合、ワクチンを打たないと、仕事もできないし、飛行機に乗って日本に帰ることも難しくなると思いました。

今、熱を測ってみると、38度近くありました。
しかし、眠れないのは、困ります。
睡眠剤を飲むのも、心配なので、飲んでいません。
でも、少し、リラックスするために飲んだ方がいいのかしら?と思ったり。



庭のチューリップも少しずつ芽を出しています。



黄色水仙(daffodil) の花ももうすぐ咲きそう。

今日はドイツ系スーパーに行き、イタリアンフェアだったので、いろいろ買ってきました。
日本の源氏パイに似たお菓子もあって、3個も買ってきました。
今日は、この中のトマトソースを使って、スパゲティボロネーズを作りました。



夜中ですが、眠れないので、ブログを書いています。

にほんブログ村



コメント

昨日は小春日和でした。

2021-02-22 22:57:34 | 海外生活 、コロナウィルスの影響

昨日は、暖かくて、初めて、春の兆しを感じた一日でした。
犬のボランティアの散歩に行ったときも、大勢の人々が繰り出していました。
ゲイのカップル(シニアの男性ゲイのカップル)も2組ほど見かけました。
彼らは、お揃いのベレー帽をかぶったり、お揃いのショーツを履いていたり、いかにも~~
と言う感じでした。

本当にコロナ禍の最中なのかと思うくらい、皆、明るい表情で、しかも、集まって、歩いていました。一人で歩いてるのは、私くらいでした。(犬連れでしたが)
犬連れのカップルとも、短い会話をして、とても気分が明るくなりました。

ついこの間までは、誰もかれも、会話さえ避けてる様子で、2メートルの距離を空けていましたが、ようやく、人々の待ち望んでいたワクチン接種も、80代と70代の人々の1回目の接種が行きわたったこともあり、次は、私たち60代の番です。

私はアナフィラキシーショックになったことがあるので、少し心配ですが、勿論、ワクチン接種はするつもりです。
でないと、日本に帰国できませんから。(法律で決まったわけではないですが)いずれ、ワクチン接種しないと、飛行機に乗れないような気がします。

暖かくなり、犬の飼い主さんの住まわれているアパートメントの庭にも、真っ白なSnow Dropや黄色水仙の花が咲き始めています。
ようやく、待ち望んでいた春がやってくる兆しが見えてきて、ちょっぴり幸せな気分になりました。正直なところ、ずっと、鬱状態でしたが。

昨日は、久々にYum Potatoも手に入ったことで、お好み焼きを作りました。



日本の山芋に比べ、サラサラ感は少ないですが、ちょっと固い、ねっとり感があって、やはり、お好み焼きには、欠かせません。

夫もずっと、イカが食べれなかったのですが、ようやく、イカも美味しいと言って食べてくれるようになりました。
それだけ、この国にも、イカが浸透してきたということでしょう。
スパニッシュの料理にも、イカが使われているし、イギリスのパブに行っても、カラマリというメニュー(イカのフライ)があるくらいですから。

昨日観た、Youtubeのニュースなど

堤未果 / 月刊アンダーワールド / 公式チャンネル
グレートリセットが目指すのは超監視社会?日本人が知らないデジタル化の闇 - YouTube

【財商天下】激震!「グレートリセット」計画の第一弾はバイデン氏の選挙勝利と関係あり?今年の世界経済フォーラム(ダボス会議)のテーマとなった「グレートリセット」はエリートによる陰謀?その内幕を徹底調査 - YouTube

これ、笑えます!
火曜サスペンス劇場 トラさんの闇退治。 - YouTube

【現代版ホロコースト】世界中で最も中国に抑圧されている民族の知られざる実態とは? - YouTube


にほんブログ村



コメント

何年かぶりの雪、久々に、電話で息子と話した。

2021-02-09 08:16:45 | 海外生活 、コロナウィルスの影響

日曜日まで、もう最悪の日々が続いていた。
もう、一刻も早く、ここから脱出したい!
息をするのも、嫌なくらい、というより、息が詰まりそうだった。
相談する相手も、もう誰もいなかった。

そして、日曜日、多分、電話には出ないだろうと思っていて、息子に電話したら、やはり出ない。でも、電話した後、すぐにかけ直してくれた。

いろいろなこと、話した。息子は、落ち着いて、穏やかに、静かに、ゆっくりと、私の話を聞いてくれて、私の気持ちが、今までになく、ほっと、安らいだ気持ちになった。
勿論、息子と私の意見は、ちがうけど、何よりも、穏やかに私の言うことに耳を傾けて聞いてくれたということが、有難かった。

今の日本の状況も、私が不安に思っていても、結局、どうにも出来ない、変えることなど出来ないということ、なのに、そんなことばかり考えて不安がっていても仕方ないと、息子にも言われた。わかっていることだけど、穏やかに言われたら、何となく納得できる。

夏に夫の兄夫婦が来た時、夫の兄の奥さんのシャロルが、私に、「ニュースなど観ないほうがいいよ」とアドバイスしてくれたのを思い出す。
彼女は、科学者だけあって、とてもロジカルな考え方なのだ。
頭の回転が良くて、なるほどと納得できるのですが、ただ、私は今の、この世の中、どうなってるんだろう?何が真実?それを知らないと気が済まない気がしたのだ。

メディアは信じられない、虎さん叩きばかりしている。
しつこいくらいメディアは、一人の人を執拗に叩く。
今もヤフーニュースを観ると毎日、森元総理を叩いている。
あまりにも、しつこく同じニュースばかりで、流石に、うんざりしてくる。

一方でメディアにとって、不都合な真実は全く言わない。例えば池上彰の、トランプさんに関する嘘の情報など。真実を90%話して、10%の嘘を言うので、国民は騙されるそうだ。
そして、池上彰は、親中派だということだ。

息子に言われた。「中国に侵略される、それまで、お母さんは、生きてないよ」そういわれて、そうかもしれない、未来のことを心配したって、どうしようもないと思えてきた。
複数の私の友人たちも、ニュースやYoutubeの動画を観るのをやめたら?とアドバイスしてくれる。

思えばロックダウンになって、本当に気分が滅入ってきていた。
暗くて雨ばかりで、何処にも行けない、仕事もない、何もない、と追い詰められた気持ちでいた。息子と話してから、夫に対する態度も、私も悪いところがあったのかもと、反省できるくらいになってきた。

今日は、何年振りかの雪が少し積もった。


明日の朝、丘に行ってみようと思う。
もしかして、最後の橇(そり)が出来るかもしれない。

寒い一日だったので、暖かい鍋料理が食べたかったけど、すき焼き用の薄切り肉も、ブライトンまで行かないと売ってないし、シチューにすることにした。



シチューは、やはり、かなり煮込まないとだめだ。
3時間くらいオーブンで弱火で煮込んだけど、やはり、明日にならないと、美味しい味は出てこないかな?

最近、よく使うサワドーブレッド、こちらでは、このパンが人気。
私は、日持ちする(1か月くらい)真空パックのパン、食べる前にオーブンで10分くらい焼くタイプのパンを買っている。



明日も雪だったら、丘に橇(そり)滑りに行きたいな。これも、夫がいなかったら出来ないことだ。自分一人で楽しめることって、限られてるよなと思う。

日本に帰っても居酒屋に行きたくても、友人も家族もいない私は、一人では行けないので、結局、テイクアウトの焼き鳥を買うことがせいぜい出来ること。
でも、秋吉の焼き鳥、テイクアウトでも美味しかった!食べたいな。
回る寿司なら、一人でも行けるんだけどね。カウンターがあるしね。

スキーもずっと行きたくて仕方なかったけど、一緒に行ってくれる友達がいなかったから、結局行けなかったんだよね。
母とは、温泉などに、行ったけど、今は、日帰り旅行もお食事も、居酒屋も一緒に行く相手がいないのは、淋しいことだなと思う。

イギリスにいると、日本のレストランの質の良さ、美味しい料理、リーズナブルな値段、そんなことが恋しくなってくる。
家にいても、一人鍋も出来るし、刺身なども食べれるし、やはり、年取ってからは、和食が恋しくなる一方だ。数少ない友達、日本に帰ったら、一緒に、どこかに、行ってくれるかな?

にほんブログ村



コメント (2)