50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

暑中お見舞い申し上げます。

2019-08-12 21:48:09 | 水彩画

前から、描きたいと思っていた夏の日本の風景、プロのイラストレーターの絵を参考にして、描いてみました。



今年のイギリスの夏は、去年のような暑さがありません。
去年は、暑くて、毎日のように海に行ってたことを思い出します。

日本の夏は、年々、猛暑が酷くなり、北海道の友人でさえも、とても暑いと言っておりました。
そのことを考えたら、涼しい場所にいる私は、恵まれていますね?

でも、最近は、欝々することが多くて、なかなか、描こうと思っていた水彩画も描けませんでしたが、
今日、やっと、描こうという気になって、仕上げました。

水彩画は、時間がかからないのですが、難かしかったのは、空の部分です。
集中して、空の部分を仕上げないといけません。
Variegated Wash という技法を使って、空の色をグラデーションに塗ります。

最初は、空の部分が、上手い具合に色合いが出ませんでした。
そして、最初は、Landscape(横長)にしていたのですが、Portrait (縦長)の方が、色を塗りやすいので、Portraitにしました。

夏祭り、和太鼓の音が響き、盆踊りの音が遠くで聞こえてくると、居ても立っても居られませんでした。お祭りに行きたくて。

花火、浴衣、金魚すくい、暑い蒸し返すような夜でも、そんな日本の夏が、懐かしいです。

こちらでは、虫の声を聞くこともありません。
時折、夏の夜に鳴く虫の声が聞きたくて、仕方なくなることがあります。

皆さま、どうか、猛暑に負けないで、素晴らしい夏の日をお過ごしください。







にほんブログ村
コメント (2)

クリスマスカード作成

2018-12-05 23:25:06 | 水彩画
今年も、クリスマスカードを送る季節がやってきた。

日本には、お世話になっている人々に送る。
有難うという、メールが来たり、友人からは、お礼に、年賀状が届いたりする。

でも、毎年、息子家族に送っても、届いたという返信さえない。
クリスマスプレゼントも、届いたという返信がないので、いつも、毎年、いらいらしてしまう。

夫は、お礼も言って来ないようなら、プレゼントも送る必要ないし、カードも送る必要ないじゃないかと言う。でも、私の性格で、決して、そういうことは出来ない。

たった一人の息子だし、親戚づきあいも、殆どないので、せめて、日本にいる息子家族にだけは、年末年始のカードや、クリスマス、誕生日などのプレゼントは、送りたいと思うのだ。

でも、息子からは、電話の1本ももらったことがない。淋しいことだ。
私が電話しても、いつも忙しいということで、なかなか電話にも出てくれない。

カードを送った相手からは、必ず、お礼の言葉が返ってくる。
でも、息子家族に関しては、こちらから、届いたのか、と聞かないと、返信がない。
何年たっても同じだ。いい加減、諦めないといけないんだけど、クリスマスの時期になると、悲しくなってしまう。これも、母親の性(さが)なのだろうけど。

確かに男の子なんて、そういうものかもしれないけど、ボランティアで犬の散歩に行ってるお宅のフィリスさんには、3人の息子さんがいるが、入れ替わり立ち代わり、やってきて、買い物に連れて行ったり、食事に連れて行ったり、お母さん孝行だなと、いつも感心してしまうし、羨ましく思ってしまう。
こんな息子さんたちに囲まれていたら、幸せだろうなと思う。

しかし、日本の男は、確かに忙しい。こちらは、殆ど残業なんてないし、仕事よりも、まず、家族が第一なのだから。それと比べては、ダメなんだろうけど。

それに、お嫁さんは、どうも、私の事を好きでないみたいだから。

夫の息子の新しいガールフレンドの方が、ずっと、フレンドリーにしてくれる。
この前は、彼女の優しさに、思わず、涙がこぼれた。
自分の身内であっても、亡くなった母以外は、こんなに優しくしてくれたことないのにと思うと。
私のピアノも、一生懸命、聞いてくれたし、感激してくれてる様子だったし、全く、息子のお嫁さんとは、正反対だなと思ってしまった。

息子のお嫁さんは、やっぱり私の事、好きじゃないのかなと思うことが多々ある。
私は、息子のお嫁さんの事が好きだったけど、自分が嫌われていると思ったら、やっぱり、淋しいものだ。
老後、世話をしてもらおうなどと、期待しているわけではない。
老後は、一人でも、孤独死でも仕方ないと思ってる。
お金が、あるわけでもないから、施設にも入れないだろうし。

この冬は、夫の子供たちのいるサマーセットに行く予定だ。
私のこの、心の淋しさを埋めてくれる、もうひとつのファミリーだと思うことにしている。

この冬、私は、一人、友達を失った。
これも、淋しいことだけど、でも、新たな友達が一人増えた。
彼女は、スペイン語のクラスで一緒になった、日系カナダ人だ。
日本語が喋れないけど、やはり、日本人の血が流れているというだけで、他のイギリス人とは、まったくちがうのだ。

今年は、3枚のクリスマスカードを作成した。
毎年、私のクリスマスカードを、心待ちにしていてくれる人々も、少なからずいるので、手作りの
クリスマスカードを、友人やお世話になった人々、そして、生徒さんたちに渡している。



写真をもとにして描いた作品。



オリジナルなイラスト1



オリジナルなイラスト2
コメント (4)

新しい展覧会へ向けて

2017-07-14 23:04:32 | 水彩画
この1、2週間は、展覧会の準備で、大忙し、なのに、何だか気分が憂鬱。
やはり、終の棲家の事を考えると頭が痛い。

琵琶湖周辺の物件を探していたので、不動産屋さんにメールを送っても、返事が来ない。
電話をしようにも、フリーダイヤルしか書いてないので、調べようもなくて、どうせ、二年も先のこと
だから、相手にしてもらえないものだと思う。

日本に居た時は、不動産屋さんに連絡しようものなら、しつこいほど、勧誘が来たと言うのに、どうしたことだろうか?
相変わらず、メールで、同じ情報は送ってくるけど、肝心の担当の不動産屋からは、返事がないので、どうしようもない。
近くにいたら、すぐにでも、物件を見に行けるのだけど、こう離れていては、簡単に物件を見に行くことができない。
知り合いが、やはり、イギリスには、やはり、高くてローンが支払えずに、スペインに引っ越すことにしたらしい。そういえば、こちらの不動産屋さんを覗いてみても、結構、スペインやフランスの物件なども出ていたりする。
やはり、イギリスの物件は高すぎて住めないからだろうか?

気分を一新して、8月から始まる新しい展覧会のための作品の準備をしている。



そして、地元のチョークの丘(白亜の丘)の風景画。
一枚につき、一日がかりで仕上げた。
かなり、集中力も要って、仕上げた後は、疲れが、どっと湧き出てきた。
楽しいだけでは、出来ないような気がしてきた。

コメント

Private View を終えて。

2017-07-05 20:56:58 | 水彩画
私には、そんなに知り合いが多くないし、多分、私なんかの絵に興味を持つ人もいないだろうと思っていた。
でも、一応、思いつく限りの人に、来てくださいと声をかけてみた。
私のピアノの生徒さんとその家族が、3組、その他二人来てくれた。

来てくれたのは、クリスティーナと、その姉妹、そしてクリスティーナのお母さん、そして、Mちゃんとお母さん、心理カウンセラーとして仕事をしてるアラン、この3人が、私のピアノの生徒関係である。

そして、おととい、たまたま、スーパーマーケットWaitroseで会った、水彩画のクラスで一緒だったダイ、

あとは、もと英語学校の先生だったR氏、
夕方の6時から8時と限られた時間だったので、そんなに来てくれないだろうと思っていたら、意外と、これだけの数の人々が来てくれて、他のアーティストの関係の人々も来ていたので、会場は、賑やかで活気にあふれていた。

その上、Deputy Mayor(市長補佐)や、このソサエティの会長まで来ていて、私も、自分の作品に関して、いろいろと、質問されたりして、相変わらず、相手のしゃべってる英語が、わからない部分があり、しどろもどろになりながらも、適当な答え方をしていた。(;'∀')
そして、スマイルだけは、忘れないように、振りまいていた。

その甲斐あってか、絵も一つ売れた。
何と私の知り合いが買ってくれたのだ。まさか、売れるとは思わなかった。

夫も、ちょっと遠い所から、わざわざ来てくれた古い夫の友人が、彼のの作品を買ってくれたようだ。

いろんな人と喋って、しどろもどろになりながらも、楽しい時を過ごした。

こういう機会を与えて頂いて、発表する場があるなんて、本当に、恵まれてると思う。
日本に帰ったら、こんな風に、展覧会を気軽に開くことなんてできないだろうな。

アマチュアのアーティストのソサエティに入ってるから、年間25ポンドの会費を払ったら、年に何回か、こういう風に展覧会に出展できる。

主催者は、殆んど儲けなどないのでは?
お手伝いしてくれてる方々の報酬は?
リフレッシュメントのワインや、飲み物は、どこからお金が出てるのだろう?
などと、ついつい考えてしまう。

貴重な体験だった。また来年も出展出来たらいいな。
来月は、別の、会場での展覧会がある。
ここは、2点だけの作品が出展できる。
コメント

初めてのPrivate View

2017-07-05 12:41:08 | 水彩画
ミリーの散歩もなくなり、先日は、ヨーキーのお散歩に行ってきた。
久々に公園に行くと、桜の木に、小さなチェリーがいくつも、なっている。



この木、春になったら、桜の花が咲いていたのかな?
いつも、桜の季節は、日本に帰ってるから、この公園の桜の花は、見たことがない。

月曜日は、地元のUnder Gorund Theatreで、行われるExhibition(展覧会)の搬入の日だった。
夫は、ちょうど、仕事がなくて、一緒に、車で搬入することが出来た。
私の作品、7点(ほとんどがA4サイズの小さなものばかり)と、夫の大きな作品6点を、スタッフの人に手伝ってもらいながら、ディスプレイした。

今夜は、プライベートビューと言って、アーティストの知り合いの人などを招いて、リフレッシュメントなどを勧めて、絵を見てもらうというイベントがある。

私にとって、生まれて初めての経験。

このところ、将来の事を考えると、不安が募ってきて、ちょっと、鬱気味だったから、このイベントは、こんな私の、生活に、少しは、活を与えてくれるのではないかと期待している。

毎週、金曜日と土曜日だけ、今月いっぱいまで、この絵の展覧会は、開催されている。
会場は、音楽イベント、小さなコンサートなどが行われている。

2年ほど前に、この会場で、シンガーの人とともに、ピアノを3曲ほど弾いたことがある。
あの時は、あがってしまって、おまけに、初めて弾くこの会場のピアノ、暗い照明のため、よく見えなくて、
オクターブ間違ったキーを弾いてしまって、冷や汗ものだった。

展示する絵は、今までの作品に加えて、日本風のものも描いてみた。



これは、ものの10分ほどで、描き終わった。
でも、絵を吊るすのを手伝ってくれた人、「この絵、いいね」って褒めてくれた。(^^♪

最近、BBC4で、"Art of Japanese Life" と言う番組が紹介されていた。
日本の美とは、簡素なものにこそ、ありけりみたいなことを、日本人よりも、もっと詳しく、そして、わかりやすい英語で説明していた面白い番組だった。

シンプルなののほうがいいかな?
水彩画の技法でも、白い部分を、敢えて残しておくというのを、先生に教わった。



この竹、まだまだ、筆遣いが下手くそだけど、一応、和風に見えるかな?

実は、この絵は、母の持っていた本をコピーしてきたものを、参考に描いた。
母は、絵手紙を習いに行ってたものだった。
絵具や、本など、多く持っていたけど、母が亡くなった時、殆んど、人にあげてしまった。

あとは、ジョンパイパーから、インスパイアーを受けた、(実は水彩のクラスで描いた)この絵。



さて、私は、招待する人に困ったけど、何とか、私のピアノの生徒さんやその家族が来てくれることになっている。
私たち以外には、あと3名、出展者がいる。

年配の方たちだが、船の絵を主に描く、ターナーの影響を受けた水彩画を描く方と、あと一人の方も水彩画を描く方で、どちらも、素晴らしい作品を出展されている。

こんな上手な方たちに交じって、ちょっと、私の作品は、見劣りするかもしれないけど、これも個性だから、と思うことにしている。

コメント