50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

夏も終わりに近づいてきました。

2019-08-19 23:07:36 | 海外生活

今年の夏、8月は、涼しいのを通り越して、寒いくらいの気温の日が多かった。
しかも、風が強く、晴れの日でも、波が荒くて、寒くて泳げなかった。

去年は思えば、暖かい日が多く、半袖で過ごし、毎日のように、海に行って泳いだ。
今年は、泳いだのは、7月終わりに、たったの3回だけ。
海で泳ぐのが楽しみだったのに、寒すぎて、泳げなかった。残念!!

8月になってからは、暇だったなあ。
生徒さんたちも、ホリデイに出かけて、すっかり生徒さんも減ってしまった8月。

それに、家のDepositを払ったりして、節約モードで、どこにも、出かけなかったし。

行ったのは、先週、ペニーを連れて、久々にぺバンシー城跡に行ったくらい。
しかも、ここから車で15分くらいの距離(笑)
この日は、毎年恒例のAirShowの為、丘には、行けなかったから、丘とは反対のぺバンシー城に行った。





以前に、何度も来たことのある場所だが、このあたりは、可愛い古い家が立ち並んでいる。



最近は、いろんなこと、あまり気乗りしないことが多く、スランプ気味。。やらないといけないことは、多くあるのに、やる気が出ない。困ったもんです。



夜、ワインを飲みながら、ジャズを聴く時間が至福のひと時。
といっても、私は、お酒は弱いので、ほんのちょっぴり、嗜む程度。

https://www.youtube.com/watch?v=JCMwOb1MZO4

でも、最近、胃が痛い。この年になるまで、胃カメラなどの検査などしたこともない。
昔、バリウムは飲んだことあったけど、うえ~となって、吐き出して、検査できる状態ではなかった。
胃カメラなどを飲むことを考えると、空恐ろしい。
特にこの国の病院に入院することを考えると、恐怖だ。
先日、友人が、ここで手術をして、子宮と卵巣を摘出した。
その話は、次回にするけど、私は、絶対に、この国では、手術を受けたくないなあと思ったのだ。







にほんブログ村
コメント

楽しい散歩の予定が、とんでもないことに。。。(;´Д`)

2019-07-29 18:09:59 | 海外生活


日曜日は、ペニーのお散歩をしたいと思い、また、Kさんにお願いして、ペニーを借りました。
やはり、ペニーに会えないとなると、淋しくて仕方ありません。
フィリスさんの具合は、少しずつ良くなってるようですが、まだまだとても、犬の世話をできる状態ではありません。いや、残念ながら、もう、一生、無理かもしれません。

この日は、Holly Wellsの海岸に行きました。
潮が引いていたので、海岸の砂浜を歩くことが出来ました。
Eastbourneの海岸は、石で出来ているので、砂浜は歩くことができません。
でも、このビーチだけは、潮がひくと、砂浜を裸足で歩くことが出来るのです。



足に心地よい砂。 海の水も生暖かくて気持ちいい。
足底筋膜炎が酷くて、あまり長い距離、歩けませんが、快適な散歩を楽しみました。



さて、そろそろ帰ろうと思って、その辺のビーチに腰掛けて、靴下と靴を履こうとしたとき、
何やら、臭い匂いが。。。(・_・;)
夫と犬も近くにやってきました。
「臭い匂いがするけど。。どこから、この臭いが来るのかしら?」と言ってた時です。
夫も、「うう~ん、そういえば、臭いにおいが。。。」
私は、そのうち、「これって、なんか、う○ちの臭いだよね?」と言ったその時!!(;゚Д゚)

夫が叫びました! 「ああ!犬のPOOが!!」
何と、私の足元に、どこかの犬の飼い主が、片づけもせずに、残していったPOOが!(;´Д`)

夫は、「早く、海に行って、洗ってこいよ」と言いました。
勿論、大急ぎで、海の水に浸かって洗いました。
不幸中の幸いで、カバンや衣類には、POOは、着いていませんでした。

それにしても、何と言うマナーの悪い犬の飼い主でしょう!!

この日は、お天気も良くて、このビーチは、犬禁止ではないので、
沢山の犬連れの人々で賑わっていました。

それにしても、こんな被害に遭うなんて。。。とほほ。。。です。
せっかくの楽しいお散歩が、台無しになって、大急ぎで家に帰り、シャワーを浴びて、足を洗いました。

汚い話ですみません。(;´∀`)

イギリス人のマナーは、悪いです。ゴミも、その辺に平気で捨てていきます。

Street Cleanerがいるのですが、彼らも、怠け者で、掃除するふりして、スマホで遊んでます。
私たちは、ゴミを見つけたら拾ってゴミ箱に捨てるようにしていますが、あまりにもゴミが多いと
いちいち拾って捨てる気にもなりません。







にほんブログ村
コメント (2)

ハイパージャパンというイベントに行ってきました。

2019-07-14 08:46:33 | 海外生活
金曜日は、日系カナダ人の友人フランシスさんと一緒に、日本関連のイベント、ハイパージャパンに行ってきました。
私は、このイベントに行くのは初めてです。
今回は、フランシスさんに誘われたから、行きました。

前日から、足底筋膜炎の足が痛み出し、立ちっぱなしで座るところがなかったらどうしようと、心配でした。
私一人だったら、行き方もわからなくて、戸惑っていたでしょう。

私自身、ロンドンに行くことは、滅多にありませんし、行くとしても、日本食料品店があるピカデリーサーカスとか、ミュージアムのある当たりですから、限られた場所しか行ってません。

この日は、電車の切符は、友人が教えてくれたスーパーオフピーク、ワンデイチケット(Super off peak Oneday ticket)と言うのを買いました。25ポンドほどでした。日本円にして、約3千5百円ほどです。

この切符は、朝は10時過ぎにしか乗れません。
そして、帰りの電車には、夜の7時15分以降にしか乗れません。

この切符の便利なところは、ロンドンの地下鉄、バスもついていて、乗り放題ということです。


普通のオフピークチケットは、35ポンド(約4千9百円)ほどです。これだと、帰りは好きな時間に帰れるようです。
しかし、足が痛み出したら、早めに帰りたいかも?

どうしよう?と思って、朝、駅で、聞いてみたら、帰りの電車を早いのに乗りたかったら、London Victoriaの駅で、追加料金を払えばよいとのことで、安心しました。

フランシスさんとは、駅で待ち合わせて、電車に乗り込みました。
平日だというのに、結構な混みようでしたが、何とか、席を確保することは出来ました。

ナナメ向かいに座ってる男性の頭、剥げてる、見覚えあると思っていたら、何と、元生徒のアランさんでした。彼は、私たちが話しているのを聞いて、振り向いて、話しかけてきました。
仕事が忙しくなって、やめた生徒さん。
そして、今は転職して、前よりも良い仕事に就けたと話してくれました。

Victoriaに着くまでの1時間半、フランシスさんと私は、話題も尽きることなく、いろんなことを話しました。ですから、1時間半なんて、あっという間でした!!

さて、会場のあるオリンピアと言う駅に着いてみると、何と、長蛇の行列!!(;゚Д゚)
いつになったら、入場できるのか、見当もつかないほどの行列でした。

もう、この時点で、引き返そうかと思ったほどです。(~_~;)

しかし、私は、ロンドンのブログ友達と、会う約束していたので、引き返す訳にもいきません。

しかし、フランシスさんは、私のリュックを彼女のカートの上に載せさせてくれて、私の足の負担を軽くしてくれて、1時間くらいで入場できました。

しかし、1時間も行列を作るなんて誰が予想したことでしょう!?(;´Д`)

会場に入る前に荷物検査がありました。
多分、これで、時間を取ったのでしょうね。

先日行ったブリティッシュミュージアムも、荷物検査があったので、時間が少々かかりました。

ブログ友達が、会場は多分、混んでいて、食べ物を買うのにも行列で、おまけに、高い上、売り切れるかもしれないと聞いていたので、サンドイッチを持ってきていました。

フランシスと、クラハムジャンクションの駅で待ち合わせた彼女の友達が、2階のフードコーナーに、何か食べ物を買いに行ってる間、私が荷物を見ている係になりました。

私も、たこ焼きがあったら、食べたかったのですが、そのコーナーは長蛇の行列、しかも、4個入り、で値段は見てないですが、多分、お高い値段だったと思います。

フランシスと友達は、なかなか戻ってきません。
半時間以上、たっても戻ってこないので、私はサンドイッチを食べ始めました。
半分は、朝ごはんを食べなかったので、電車の中で食べたので、残り半分です。

でも、せっかく日本のイベントに来たので、日本食を、食べたいなと思っていました。
そうこうするうちに、私のブログ友達が、私のいるところまで、やってきました。

彼女は、1階のコケシを作るアーティストの方のお手伝いをしに来ていました。
初めてお会いするのに、何だか初めてという気がしなくて、しかし、イメージしてたような、気取った感じの方ではなく、とても気さくで、話しやすい明るい方でした。

そして、その後すぐに、フランシスと友達が戻ってきて、「あら、何も買わなかったの?」と聞いてみると、フードのブースで、試食して、お腹いっぱいになったとのこと。(^▽^;)

それから、私とブログ友達のTさんも、すぐに、フードブースの試食会に行くことにしました。
とても多くのブースがあり、イギリスでのビジネス(売り込み)をする人々が、試食品を配置していました。それぞれ、とても工夫がされていて、そして、サンドイッチでは満たされなかったお腹も満たされ、お腹いっぱいになりました。

特に多くのブースでは、ビーガンの多いイギリス人用に、ビーガン向けの野菜やグルテンフリーの素材を使った料理が展示されていました。
お店に売るのではなくて、卸し業者用に展示されているそうです。
私たちも、厚かましく、一店一店、試食して回りました。

マグロの代わりにトマトで作ったお寿司や、ナスで作ったお寿司など、冷凍で輸入できるようです。
抹茶ラテや、胡麻ラテ、など自分でも作れるかも?と言う商品も多くあり、大変参考にさせていただきました。

驚いたのは、ブログ友達のTさんの饒舌なトークです!
お陰で、私も、とても楽しい思いをしました。ブースに出展されている方から、詳しいことをいろいろ聞きだしたり、興味深い話を聞けたりしました。

おまけに最後の〆は、本格的な抹茶を、美しい着物を着た女性が、お茶を立てて下さったことです。
25年くらい毎年、この企画に出展されているとのこと。
至福のひと時を過ごせました。
Tさんがいなかったら、私など、物怖じして、こんな場所で、ゆったり座って、抹茶を頂くことなどなかったでしょう。

試食品でお腹がいっぱいになって、満たされた所で、1階ブースに行きました。
それはそれは、もう、コスプレした若い人達で溢れていました。
しかも、日本人ではなくて、イギリス人の若者です。
コスプレって、こんなに人気があるんですね。

私も1枚,撮らせてもらいました。(#^.^#)



その後、Tさんのお友達のアーティストさんのブースでコケシの絵付けをしました。
なかなか、上手く出来なかった!(;^_^A
でも、フランシスさんは、とても可愛い猫のコケシの絵付けをしていました。
なかなか、センスあります。

ここでも、Tさんをはじめ、Tさんのお友達のアーティストさん、和やかに、楽しい時間を過ごさせていただきました。隣で絵付けしていた10歳くらいの女の子、上手だったなあ~(#^.^#)
私なんか恥ずかしくなるくらい!

この後、フランシスさんは、親戚のお宅に泊まるということで、私は時間つぶしにピカデリーサーカスに行きました。この辺にあるRiceWineと言うお店で、沢庵を買いました。
重いので、それ以上、何も買いませんでした。



近くに出来てたユニクロのお店も、覗いてみましたが、買いたいものは何もありませんでした。

今、日本のカツカレーが流行ってるんですね。(^^♪
チキンカツカレーのお店がありましたが、試食をいっぱいしたので、まだお腹がいっぱいなので、お店には入りませんでした。
次回、来た時に入ってみたいと思いました。

それから、バスに乗り、Victoriaに行き、帰りは電車の中で食べようと、小さな弁当をWasabiと言うお店で買って帰りました。このお店は駅構内にあり、まあまあのお味です。値段も手ごろなので買いやすいです。






にほんブログ村
コメント

何とかDepositを支払い、イギリスのWill(遺言書)も書きました。

2019-07-10 21:40:58 | 海外生活

先週、やっと、二回に渡って、家のDeposit(頭金)を支払いました。
後は、夫が70歳までのローンを組むだけです。果たして、上手く組めるかどうか?
頭金(Deposit) が大きい金額なので、また新たにモルゲージを組むわけには、行かないのです。

それにまたモルゲージを組むとなると、Solicitorなどに支払う金額が、大変な金額になるかもしれません。
そんな余裕ないです。。。
イギリスのPropertyに関するWill(遺言)も書きました。

日本の資産は日本用をイギリスのはイギリス用で書かないといけないみたいです。
日本の法律が変わって、来年からは、法務局に行くと遺言が承認されるようです。

老後に備えて、日本で、今のボロ家を手放して、中古で、マンションを買いたかったのですが、イギリスの家のDepositを払ったので、よほど安い物件でないと、マンションに住めそうもないです。

政府が発表した老後資金、二千万の貯金なんて、私には、トンデモナイ話です。
おまけに年金もないし、老後は孤独死かなと覚悟しています。
病気になっても、きっと病院で、治療してもらうお金もないかもしれないです。
安楽死の法律が出来てほしいものです。

60代の女性のブログで見て、思わず、食べたくなって、ナスとシシトウの鍋シギを作ってみました。

あいにくシシトウは、こちらでは手に入らなくて、こんな大きなPapperを買いました。
シシトウとちがって、ちっとも辛くなかったです。




ナスとPepperを炒めて、味噌、醤油、みりん、おろし生姜を入れました。



これって、昔、学生の頃、アルバイトしていた先の文具店で、女将さんが作ってくれたお昼ご飯の、あのナスの味!!
あのレシピ、どうやって作ったらいいのか、長年、わかりませんでしたが、これだったのですね!

とても美味しかったです!!

庭で取れたジャガイモ。庭の雑草を抜き、枯れたジャガイモの葉っぱも抜きました。
夫は、今回は怒りませんでした。(;^_^A



庭のバラやラベンダーの下に生えた雑草、
抜くのが大変でしたが、何とか、スッキリ、こぎれいになりました。

黄色いデイジーも積んできて花瓶に、飾りました。










にほんブログ村
コメント

マイケルジャクソンのトリビュートバンド、観に行ってきました!

2019-07-03 23:48:23 | 海外生活


先週、予約したマイケルジャクソンのトリビュートバンド、観に行ってきました。
近頃、落ち込むことも多いので、気持ちをUpしたくて。

見事な生バンドの演奏、そして、歌と、ダンス、久々にステージを観て楽しみました。
夫が、珍らしく行きたそうにしていたので、思い切ってチケットを買いました。

観客は割と少なかったのですが、皆、大興奮していました。
ダンスも構成も見事でした。
ウェストエンドから来たトリビュートバンドだけあって、見ごたえありました。
タイトルはThrillerです。
昔、流行っていましたね。このビデオを最初に見た時は、衝撃を受けたものです。

https://www.youtube.com/watch?v=sOnqjkJTMaA

マイケルジャクソンって、つくづく才能に恵まれた人だったのだと感じました。
歌も上手なら、ダンスも抜群、そして、作曲もして、ダンスの振り付けも最高!

多くのダンサーが、マイケルのダンスを見本にして、ダンスの振り付けを考えたのではないでしょうか?
私の習っていたジャズダンスの先生も、勿論、マイケルの大ファンでした。

私も日本にいた頃は、ジャズダンスを習っていました。
ジャズダンスだけではなく、ヒップホップも、ファンクも、やっていました。
でも、こちらに来て、そういうクラスがなくなったので、自然とダンスからは、遠去かっていました。
下手だったけど、すごくダンスにハマっていました。

こんな私も、一度だけ、ステージに立ったことあります。でも、後ろの方ですが。
それでも、観に来た近所の人は、見逃していませんでした。
あとで、「あなた、出演していた?」と聞かれ、びっくりしたことを思い出します。

残念ながら、今は、足底筋膜炎で、ダンスも出来なくなってしまいました。

今日は、Brightonに行ってきたので、Churchill Squeare (チャーチルスクエア)のショッピングモールの中に入ってるSkechersという靴屋で、靴を買いました。

65ポンドと少々、高かったですが、足にぴったり来て、かかとの衝撃が少なく、履きやすい靴です。
私は、靴を探すのに、一苦労するタイプです。

足底筋膜炎なので、なかなか自分に合う靴がないので困ります。
日本で、靴を買ってきたけど、やはり、かかとが、痛みます。
いろんな靴屋に行ってみたけど、なかなか合う靴がありませんでした。

Skechersの靴、これで、かかとの痛みが軽減するのなら、また買おうと思っています。



コングレスシアター、夜の7時半開演で、終わったのは夜の10時。
夜の10時過ぎても、外は、このような明るさ。

シアターの近くの街並みの夜景がきれい。







にほんブログ村
コメント