50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

今度はボイラーが壊れた!(;´Д`)

2018-07-29 17:57:56 | 海外生活
昨日は、久々に、朝から雨が一日中、降り続いた。
これで、大地の渇きは少しは収まっただろうか?

金曜日までは、この国では、信じられないような暑さが続いていたが、昨日は、気温が10度くらい下がった。

そして、昨日は、やっと、スカフォードが、うちの棟でも、殆ど取り外された。

おとといの夜、シャワーを浴びて、髪を洗っていると、突然、お湯が出なくなったので、ロフトに登って、
ボイラーを調べた所、故障してることがわかった。

それよりも、ハシゴでロフトに登って行って見た光景には、びっくり!



以前のInsulation(断熱材)のpolystyrene(ポリスチレン)が、あちらこちらに飛び散り、(小さい玉なので、掃除しにくいものです)sorega,埃や土砂と一緒になって、天井裏の物置は、めちゃくちゃに汚れて
いた。
ロフトは、歩けるようには、板を張っていないため、物が置いてある場所だけを掃除した。

本当にストレスだ。手や顔のアトピーも悪化しそうだ。

土曜日の夜からは、ジョウロを使って、シャワー代わりにした。



今日、来るはずだった予定のPlumber(配管工ーガスの修理屋)は、案の定、来なかった。
これは、この国では、よくある話。
一日中、待っていても、約束をすっぽかす。

窓ガラスも今日、台所と1階を入れ替えると言ってたが、結局、来なかった。
これも期待していなかった。

いつ来るか、それは、職人次第だ。
いい加減なのは、この国では、当たり前のことなのだ。

ウォシュレットもないし、銭湯など、あるはずもないこの国では、お風呂は、贅沢。
うちはバスタブもなく、シャワーだけだけど、熱いお湯のシャワーが出ることのの有難さを
今更のように感じる。

せめて、冬でなくて良かった。いつ治るのか、もうすでに修理費は、100ポンド支払っている。
新しくボイラーを買い替えるとしたら、2千ポンド(30万円)くらいかかるそうだ。
どうか、100ポンドで治りますようにと願うばかりだ。
コメント (2)