50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

庭仕事との格闘、そして、魚屋での格闘(;゜Д゜)

2016-05-30 16:14:32 | 海外生活
雨が降らない日は、毎日、雑草を抜く作業に追われている。
何しろ、家は、狭いのに、庭だけは、やけに、だだっ広い。

と言っても、贅沢は言えない。
庭があることは、有り難いことなのだ。

この国では、庭がなかったら、洗濯物も外に干せないかのら。
ベランダには干してはいけないことになってるから、庭のない家に住む人々は、家の中に干すしかない。

冬場は、ラジエーターをつけて、暖房もするから、洗濯物は、ラジエータの上に乗せて乾かす。
部屋も、乾燥しすぎないで、ちょうど良い。

庭の雑草を刈り取って、ブラウンのウィーリービン(車輪のついたゴミ箱)に入れておくと、市のリサイクルで、
2週間に一度、集めに来てくれる。これは、本当に助かる。
夏場は、1メートルほどの高さの、このウィーリービンが、2週間もしないうちに、雑草で、いっぱいになってしまう。

雑草を抜くたびに、農家をしていた元夫のお義母さんの事を思い出してしまう。
お義母さんは、本当に働き者だったなあと、つくづく感心してしまう。

庭には、私の大嫌いなものが、出てくる。これさえなければ、庭仕事も、大好きになれたのに。

あと、難しいのは、夫は、庭仕事を手伝ってくれないのに、文句ばかり言うこと。
雑草を刈るのはいいが、芝生は、「伸ばし放題に、延ばせ」と注文を付けられる。

理由は、蝶々や、ミツバチ、そして、虫のためだという。

また、ジャガイモの葉を、間違って抜いても怒られる。
ジャガイモの葉の周りには、私の嫌いなものが多くいるから、雑草を抜かないと、と焦る。
ジャガイモの葉っぱを抜かないように、気を付けながら、周りの雑草を抜き取る。

ミントも、油断してると、次々と生い茂ってくるから、要注意だ。

そんな、庭仕事との格闘、夫との格闘、2,3日前から、いっせいに、赤いバラの花が、咲いた。
そして、バラは、いっぱい、つぼみもつけている。
これで、仏壇用のお花も、当分、買わなくて済みそうだ。



庭のあちこちで、生い茂る、小さなデイジーの白い花や、バターカップなども、可愛い。
このデイジーやバターカップは、雑草なんだけど、可愛いので、抜かないように注意して、周りの雑草を抜いていく。



昨日は、急に刺身が食べたくなった。

友人が、海岸沿いの魚屋で、マグロの刺身を買ったら、新鮮で、めちゃ美味しかったというのを聞いて、
昨日は、朝、ヨガのレッスンの帰り、魚屋に立ち寄って、マグロの刺身、そして、エビなどを買った。

また先週、夫が、スモークドサーディンを買ってきて、安いし、たいそう気に入ってたので、これも買うことにした。
合計金額で、10ポンドくらいかな、と考えていたら、どうやら、新米のような、見たことない若い女性店員が、
「23ポンドです」という。

一旦、支払ってから、レシートを見ると、刺身が3ポンド、エビが4ポンド20ペンスなのに、何と、たった6匹のスモークしたイワシが、14ポンドもするではないか!?(;゜Д゜)

私は、すぐに、お店に引き返して、「すみません!これ、何かの間違いじゃないですか?」と聞いた。
でも、店員は、「でも、レジで売ったら、この金額が出る」と言って、聞かない。
「そんなはずないわ!それなら、返品するわ!」と言うと、
奥から、女店主が出てきた。

この女店主、とても、横柄な感じの人で、私は、どうも好きには、なれない。
以前、私の知り合いも、この女店主は、Arrogant(横柄)だと言ってたのを思い出してしまった。

女店主は、新米の女店員に、「これは、小数点が、1桁ちがうのよ」と説明していた。
レジの操作の間違いだったようだ。

それにしても、この女店員も、女店主も、一言の謝罪の言葉もなく、女店主は、電卓で計算し直して、私に、にこりともせず、
黙っておつりを返した。

1.4ポンドのものを、10倍もの料金の14ポンドも支払わされるところだった!(;´Д`)

しかも、謝罪の言葉もなく「あんたが悪いのよ、」みたいな目で見られた。

悔しい!でも、刺身は、やはり、新鮮で美味しかったから、またこのお店に行くだろうな。
何しろ、魚屋は、ここしかない。
あとは、スーパーの魚コーナーくらいなものだから、仕方ない。

毎日、難しい人々との格闘の日々は、続く。。。(-_-;)







コメント

南海トラフのこと。

2016-05-25 16:22:38 | 海外生活
ああ~!なんだか、今日は、虚しい!
外国にいることが、つくづく、嫌になっちゃう!
自転車を乘らないで、歩道を押して歩いてるだけで、舌打ちされる。(;´Д`)

何なの?これって?
やはり、ここにいると、有色人種に対する差別を感じるのであります。

日本に帰りたいけど、私の住むあの場所(環境)は、嫌だな~。。。ずっと暮らすのは。。
などと、贅沢を言っても仕方ないけど。

日本は、いよいよ、南海トラフの危険性が高まってきてるようですね?
限りなく怖いです(;´・ω・)

ネットの朝日新聞で、見つけた記事。
自分の住んでいる場所が、揺れやすい地盤かどうか、わかるそうです。

http://www.asahi.com/special/saigai_jiban

揺れやすい地盤、

調べてみてくださいね。細かい住所まで、入力して調べられるようになっています。

日本に滞在中、私の住む家(両親の家だった)は、「とても揺れやすい」のだそうです。

おまけに、築年数が古くて(築40年以上)、2階は傾いてるし。

1階の傾きは、母が15年くらい前に、直したから、まっすぐになってるようだが、2階は、ボールを置くと、
コロコロと、勢いよく傾いている方向(西側)に転がっていく。

こわい!(;゜Д゜)
コメント

アラブ人富豪に売られた町のシンボル

2016-05-23 20:59:44 | 海外生活
Pier


私がすむ町のシンボルと言えば、ピア。

イギリスの海岸沿いの町には、殆ど、ピアがあって、賑わっている。

このピアは1870年ころ建てられたそうだ。

私が知ってるピアは、ゲームセンターがあって、カフェがあって、土産物屋があって、フィッシュアンドチップスのお店があって、
ピアノ先の方まで行くと、何だか、大型船のタイタニック号に乗ったような、そんな気分になったものだ。

ところが、3年前に、ピアが火事になった。
ちょうど、私と夫は、旅行に出かけていて、ピアの火事を目撃することは、出来なかった。

その後、1年ほど、ピアは、封鎖されて、新しくリニューアルされることもなかった。

ところが、今年になって、ピアの前のアラブ人の富豪(ホテルを何軒か経営してる。ゴールドのライオンがシンボルのホテルだ)が、
何と、ピアをカウンシル(市)から買い取ったとのことだった。



それ以来、街の名前の「イーストボーンピア」が、「ライオンズピア」という名前に変わった。
何だか、とても複雑な気持ち。

柱には、ゴールドのライオンが取り付けられている。




そして、アラブ人の富豪の車といえば、このようなゴールドの金ぴかの車。
街を、ウィーンウィーンという轟音とともに、走り去っていくこの車は、めちゃ、目立つ。
何だかなあ。。。

ピアがもとに戻ったのはいいが、これからは、入場料も取られることになるらしい。
街のシンボルが、しかも、昔からあった、イギリスの街のシンボルが、アラブ人にとって代わられるとは?
いやはや。。。

今日は、自転車で、街まで行った。
途中、にわか雨に降られて、しばらくピアの屋根の下で通り雨が過ぎ去るのを待っていた。

コメント

犬の散歩のボランティアで、素敵な村を、発見

2016-05-21 21:08:48 | 海外生活
Willingdon Village


先日、私が属するボランティア団体(シナモントラスト)から、電話があって、新たに、もう一匹、
犬の散歩に、行ってもらえないかと依頼があった。



この村までは、車で20分、バスでは、遠回りをするので、とても行けないので、車が使える週末だけ
行くことになった。

今日は、あいにくの小雨だったが、先週に引き続き、この犬ミリー(コッカプー=コッカスパニエル+プードル)
の散歩に行くことになった。

ミリーは2歳、すごくエネジェティックで、私たちが到着すると、飛びついてきた。
まあ、どの犬もたいてい、ボランティアの散歩に行くと、喜んで興奮して飛びついてくるものだ。

それだけ、犬たちは、散歩に飢えているのだろう。

犬の飼い主さんは、84歳の男性と、車椅子に座った奥さんの老夫婦。
車椅子の女性は、非常に、太っている。
この国では、生活習慣病で、太り過ぎて、車椅子に乗っている人の何と多いことか?

ご主人は84歳にしては、しっかりした感じの方。
そして、家の中も、こぎれいで、掃除も行き届いている。

ご主人は、抗がん剤の治療中だとのことで、先週、お会いした時は、殆ど、声が出なかったのに、今日は、声が出ていた。
きっと、回復してきたのだろう。

トイレを借りた時に、洗面所に、無造作に、モルヒネの液体が置いてあったので、ちょっとびっくり。
でも、他のお宅でも、「これを処方されてるの」と、モルヒネの液の入ったボトルを見せてくれた。

この国では、痛み止めとして、簡単にモルヒネを出すのだなあ。

今日は、小雨が降っていたので、犬を連れて丘の近くまで歩いて行った。
初めて歩く場所。
丘に向かって歩いたけど、丘へのアクセスは、なかった。



その代わり、素敵なお家を、たくさん見かけた。
ガーデニングの行き届いている家々。。。
絶え間なく、さえずる小鳥たち、とりわけ、ブラックバードの歌声が美しい。




今は、いろいろな花が咲き乱れている。
クレメイタスの花は、蔦になり、ライラックの花も咲き誇っている。

古いパブは、地元の人で、賑わっていた。
何と、皆、パブに犬を連れて、ビールなどを楽しんでる。
犬たちも、何とおとなしいことか?



ミリーを連れてきたら、どうだろう?
きっと、好奇心旺盛だから、いろんな人の所に行きたがったり、他の犬に、ちょっかいをかけに行くかも?
コメント

庭の手入れは、大変(;´Д`)

2016-05-17 21:13:08 | 海外生活
この時期になると、あちこちのお宅から、芝刈り機の音が聞こえてくる。

このところの雨、そして、そのあとの太陽の日差しを浴びて、草は、一日で、ぐんぐん伸びてくる。

明日は、リサイクルの日、大急ぎで、刈り取った垣根や、雑草を、ウィーリービン(車輪とふたのついた大型のごみ箱)に
入れる!
庭仕事は、嫌いじゃないけど、私の大嫌いなものが、現れる。

「ギャー!」と叫ぶたびに、夫に怒られるので、最近では、ぐっと我慢して、庭用の器具を使って、処理する。

強くなったもんだ、私も! 我ながら感心する。
ウィーリービンの中は、ギッシリ、これでもか、と思うくらい詰め込む。
汗がたらたら出てくる。

思い切り、庭仕事で疲れたので、この日は、手抜き料理とする。

前菜に、プロウンカクテル(パブの定番)アボカドをつぶしたのに、オーロラソース(マヨネーズとケチャップを混ぜ合わせたもの)
を乗せ、その上にプロウン(小エビ)を通常、乗せて食べる。

この日は、プロウンの代わりに、クレイフィッシュ(ザリガニ)を使った。
YumYum(ヤムヤム) なかなかのお味でした!

あとは、昨日の残り野菜を使って、ニョッキを入れミネストローネ風の野菜スープ。。
疲れ切った後は、食事を作るのも面倒なので、これは、簡単で、楽ちんだった。

こぎれいになった庭には、マグパイが、水を飲みにきていた。
きつねどんも、残り物の食べ物を、もらいにやってきた。(テーブルに乗るなんて、なんてマナーが悪いのでしょう!)

コメント (2)