50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

日本に帰国しました!

2019-03-28 23:20:07 | 日本に帰国
いつものように、日本に帰る前は、いろいろと、ナーバスになることが多いです。
長時間の飛行機、腰痛にならないか?とか、タービュランスがあったら、どうしよう?とか。
3時間前にヒースロー空港に着くように早めに家を出たというのに、空港の近くになって、渋滞!!(~_~;)
でもって、去年も、こうだったか?
最近は、昔みたいに、空港のカウンターに行って手続きするのではなくて、自分で、チケットとパスポートをかざして、スキャンして、手続きするのだ。
ボーディングパスは、薄いレシートのような紙きれ!(;´Д`)
厚い切符ではないのだ。

なんか、それだけでも、失くしそうな気がして怖い!
早速、レシートのようなチケットを、パスポートに、はさんで、これから、セキュリティやら、いろんなところを通り抜けるたびに、パスポートとともに見せないといけない為に準備した。

勿論、透明なバッグに、あらかじめ液体類、クリームや医薬品に至るまで、詰めた。
セキュリティを通る時に見せられるように。
これが、また面倒くさいことで!!

まったく!数年前のテロリストの事件のために、世界中の人々が、このような面倒くさいことをしないといけない羽目に陥った。

セキュリティは、大混雑で、通り抜けるのに30分は、かかった。
そして、ゲートまで、速足で歩いて15分。
イギリス人は、歩くのが速い!!(;・∀・)
2時間半前に着いたのに、飛行機の時間には、ぎりぎりだった!!

イギリスを発つ前の日、最後の日曜日は、犬のボランティアのお散歩にも行った。
飼い主のフィリスさんは、ずっと、寝込んでいた。

だけど、この日は素晴らしいお天気で、丘に登った。
美しい風景と、たくさんの犬連れの人々と会った。
そのたびに、フレンドリーな言葉を交わし合った。

飛行機は、乗ってから1時間たつというのに、なかなか離陸しなかった。
次の乗り換えのエアポートでは、1時間の待ち時間しかない!
乗り継ぎ(トランジット)に間に合うだろうか? 不安がよぎる。

よく利用する航空機だが、食事の質は落ちていた。
安くするためだろうか?
まあ、食事は、どうでもいいけど。少しでも眠れたらいいのだけど。

何とか、少し眠ることもできて、身体は、少し楽だった。
だけど、イギリスを発つ前の、2、3日前から、酷いアトピーが出てきていた。
顔と、手に!
みっともないなあ!人と会う予定もあるのに。
薬は持ってきたけど、そう簡単には治らない。

着いた日は夜だったので、空港近くのホテルに滞在。
快適だった!シングルで予約したのに、ダブルの部屋が用意されていた。

家に着いたら、管理している業者の人が、きちんと玄関まわりを掃除してくれていて、そして、なんと、可愛らしい花束が、瓶にさしてあった。
そして。「おかえりなさい!長旅、お疲れさまでした!」と書かれたメモも添えられていた。
何と嬉しいこと!嬉しくて、飛び上がってしまった。
今や、日本に帰っても、誰も待っていてくれる人はいない。
「おかえり」と言ってくれる母は、2012年に亡くなった。

その素敵は花は、早速、仏壇に供えさせてもらった。
仏壇に供える花さえ買う暇がなかったから。

ラジオをつけると、沖縄風の曲がかかっていた。

「時を超え」HY という曲。最初、TheBoomかなと思ったけど、ちがっていた。

https://www.youtube.com/watch?v=WE2Bci6ALOg

日本に帰ってきたという感じがした。
そして、気持ちよく開けられた雨戸と、カーテンが、明るく家の中を照らしていた。

「有難う」思わず、そうつぶやいた。

あの犬虐待の家の前を通ると、相変わらず、短い鎖で、今度は、ミニチュアプードルが繋がれていた。
犬を見ると、悲しそうな目をして、私に訴えてきていた。

可哀想に。ああ、私が、こんな犬を飼ってあげることが出来たら。。。
犬は、汚らしく、手入れもされていないようで、汚れていた。
その家自体、ごみ屋敷みたいだけど。
近所の人によると、どうも、問題のある人らしいから、関わらない方がいいと言われた。

さて、今日は、大事な用事を済ませた。これで、少し肩の荷が下りた。
明日からも、忙しい日々が当分続くだろう。


にほんブログ村




コメント

ペニーの飼い主さんが退院してきました。

2019-03-16 12:03:12 | 海外生活
2日ほど前、犬の飼い主さん(フィリスさん)の息子さんからテキストメッセージがあり、退院されたとのこと。
まだまだ、動ける状態ではないけど、何とか家で生活できる程度にはなったとのこと。

今日は、お見舞いに行ってきました。

私は彼女の好きそうなピンクのバラなどの入った花束と、夫の手作りのカードを渡しました。



これは、数年前に夫が写真を撮ったもの。ペニーと私が海岸をあるいているところ。

久しぶりにみるフィリスさんは、明るい笑顔を浮かべて、感謝の言葉をくれました。
「あなた方には(他のボランティアさんも含め)何とお礼を言ってよいのか」と涙ぐんでおられました。

ペニーはまだ、面倒を見れないので、もう暫く私が預かることになりました。


今日は、その後、散歩に行きました。
黄色水仙が、あちこちで、満開でした。



ようやく春がやってきたんだな~って思います。
昨日は嵐だったけど、今日は素晴らしいお天気でした。しかし、風は未だ冷たく寒い一日でしたが。



昨日は、私の生徒さんの歌でセッションをしました。

彼女はYouTubeにUpするということで、髪を、お母さんに手伝ってもらって、5時間もかけて、編みこみヘアにしてやってきました。
ドラマを勉強しているという彼女、私のピアノ教室に最初始めた時から、なんと10年も通い続けてくれました。あの頃、8歳だった少女は今、18歳です。

Night and Day

https://www.youtube.com/watch?v=7rjxG99E37k&t=82s



にほんブログ村

コメント

犬の世話で寝不足気味。初めて茶碗蒸しを作った。

2019-03-14 11:14:54 | 海外生活
昨日も、大忙しの日だった。

Doctorに薬を出してもらう為に、予約に行き、時間が来て、Doctorの所に行ったり、(幸い、うちの家から
GPへは、歩いて3分の距離)
そして、犬の散歩、雨がやんだ束の間に、大急ぎで、お昼ご飯も、そこそこに出かける。
その合間に、ヨガのクラスにも、チャリを走らせた。

夫が戻ってきて、車が使えると、犬の家に行き、長めのリードと、コートを取ってくる。
銀行にも行かねばならないし、買い物もしないといけないし。

それでも、先日、Chinese Grocery で買った銀杏を使うため、昨夜は、茶わん蒸しに挑戦してみた。

茶碗蒸し用の陶器は、なかったけど、プリンを焼くための耐熱容器があったので、これで作ってみた。


1.出汁を作る(だしの素、醤油少々、みりん少々、塩も、ほんの少し)

2.好みの具材は、しいたけ、カニカマ、そして、銀杏をいれた。

3. 卵を溶いて、よく混ぜる。

4.具材を器に入れ、卵を流し込む。

5.鍋に5センチほど、水を張り、器にアルミホイルを被せ、強火で7分弱火で3分ほど、蒸す。

(茶わん蒸し容器が必要ない。蒸し器も必要ない)



超簡単!!美味しかったです!!




今日は、朝から、犬をシャンプーした。

実は、昨日の夜中、2時に起こされ、庭にトイレに連れて行ったが、その後、自分の寝床に入ろうとしないで、私たちの寝室のドアを開けて、ベッドの上で寝ようする。

何度、犬の寝床に連れて行っても、ドアをかきむしって入ってくる。
諦めて、犬をベッドに寝かせたけど、ごそごそするし、掻きむしるので、その音で、こちらまで痒くなる。
もしかして、ダニとかノミがいるのでは、と心配になる。
ただでも、アトピーなのに。。(;´Д`)

今日は、寝不足だ~~(~_~;)

シャンプーして、犬の目の下に、カチカチになって、取れなかった目やにが、やっと取れた!
やれやれ~!

今日は、リドルで買ってきたThin Pizzaベースで、ピザを焼いた。
これ、すごく安くて、薄い生地、トマトソースもついて、たっぷり4人分(2人×2回分)!



トマトソースの上に、チーズを載せて、お好みの具をのせて焼く。



美味しかった~~


にほんブログ村
コメント

大変なことになってしまいました!犬を預かっています。

2019-03-12 23:28:38 | イギリスの医療事情
先日の日曜日、いつものように、ボランティアの犬の散歩の為、いつものように、ドアを開けると(飼い主さんは、鍵を家の外のボックスに入れていて、ヘルパーさんや、ボランティアが、開けれるようになっている)

何とも、強烈な異臭がする!
とっさに、10年以上前に、夫の父親が階段から落ちて、血と、ウ△□まみれになっていたことを思い出した。

飼い主(フィリス)さんは、去年から、2階のベッドで寝ることが不可能になり、息子さんたちが、ベッドを階下におろしてきていた。
彼女には、親孝行な息子さんが3人いる。
特に次男と三男の2人の息子さんたちは、それは、それは、お母さん思いの息子さんたちなのだ。

私は、いつも、彼女に「あなたは、ラッキーですよ。あんなに優しい息子さんたちがいて」と言うのだ。
その都度、彼女は、「そうね、私の息子たちは、本当によくしてくれるのよ。」と言う。

この前日、フィリスさんに電話して「明日、行きますからね」と言うと、彼女は「有難う!いつも、助かるわ」と普通に答えていたのだけど、電話口で、「金曜日に、ブライトンの従妹の所に行ってきたのよ。彼女が、死にかけていてね。とても、Upset(動揺)したのよ。」と話していた。

それで、そのことがあって、具合が悪くなったようだった。
2年くらい前まで、彼女は、自分で運転して、ブライトンの従妹の所まで、一年に一回出かけていた。
これが、年に一回の、彼女にとっては、大切なSocial Eventだった。

それが、お見舞いに行って帰って来た途端、彼女自身が、こんなことになるなんて。

動けなくて、すぐ近くにあるトイレにも行けなかったようだった。
床も、ベッドも汚物まみれになっていて、この異臭で、私は、吐きそうになり、思わず、部屋の外に出た。

そして、10年以上前に、夫の父親が階段から落ちて、血と、ウ△□まみれになっていたことを思い出した。

あの時は、私たちが救急車を呼び、連れて行ってもらってる間に、階段と床を掃除した。

4時間後に、やっと、掃除を終え、病院に行ったら、何と、夫の父親は、まだ着替えもさせてもらっていなくて、処置も何もしてもらっていなくて、汚物に、まみれたままだった。
ショックだった。

私が看護婦さんに、「着替えさせてもいいですか?」と聞くと、「私がやります」と言ってやってくれたけど。
4時間もほおっておかれるなんて!!とショックだった。

しかし、夫の父は気丈な人で、救急隊員に連れていかれる時でも、ジョークを飛ばしたりしていた。
救急隊員の人たちも、夫の父の、あまりの気丈さに、笑いながらも、呆れていた。

しかし、犬の飼い主さんは、意識が殆ど、ない状態だった。時々、咳き込んだり、呻いたりしていた。

私は、すぐに息子さんに電話した。

「すぐ行くから、あなたは、犬の散歩に行ってくれたら、助かる。犬がいたら足手まといになるから。」というので、犬を連れて出して散歩に行った。

お天気も悪くなったりして、少し車の中で雨宿りをしたけど、もう、息子さんが掃除を終えてる頃だろうと行ってみると、救急車が2台も来て家の前に止まっていた。

3人の息子さんたちも来ていた。中の様子は、あまり見れなかったけど、救急救命士と看護師さんが、応急処置をしている様子だった。

この日は、犬を連れて帰った。暫く犬を預かることになる。
もうすぐ日本に帰国だというのに、大変なことになってしまった。

フィリスさんが無事に回復することを祈るばかりだ。

公園には、リスがいて、立ち止まって、こちらを見ていた。



風が強くて、雨も嵐も多くて、沈丁花の花は、もう殆ど、匂いがなくなってきていた。



その代わり、もうあちこちで、黄色い水仙が咲いている。



わが家にやってきた犬。最初の夜は、心なしか淋しそうだった。





にほんブログ村
コメント

忽然と消えたメガネ

2019-03-07 23:50:39 | スピリチャル
私が、この何年か、ずっとかけていたメガネが、今夜、忽然と消えてしまった。

台所で、夕食の支度を終え、居間に、食卓の用意を整え、座って食事をし始めた時、
食事の時、メガネを、はずすことが多い。

いつものように、テーブルの隅にメガネを置いて、食事をしていた。
今日は、ハンバーガーにした。
Lidlで、バーガー用の美味しそうなバンが売っていたので昨日、買って置いたのだ。
ついでに、脂身が5%のビーフのミンチ肉も買って置いた。


おっと、温野菜を買うのを忘れていたので、今日は、冷たいサラダ、
寒い季節にサラダは、いまひとつだけど、レタスとトマトとキュウリしかなかったので仕方ない。


昨日は、少し手の込んだ料理、チキンと野菜の甘酢あんかけ、美味しかった!
まるで、日本にいるような食事を楽しんだ。

今日、食事が終わった後、テーブルの上にあるはずのメガネがなくて、あちこち探したが、とうとう
どこにも見当たらなかった。
勿論、床に落ちていないかも見た。
夫も手伝ってくれて、家じゅう探したけど、忽然と、まさに忽然と消えてしまったのだ。

つい、今まで手の届くところにあったものが、忽然と消えてしまったことの気持ち悪さ。

でも、これが最初ではないのだ。

この家では、頻繁に起こらないけど、それでも、何故か、わからないけど、
引き出しに入れてあった、ごはんしゃもじが、3回も消えてなくなった。

だから日本に帰るたびに、ごはんしゃもじを余分に買って帰る。
霊だか、何だかわからないけど、この世のものではない、何かが、いたずらしてるとしか思えない。

父が亡くなった後は、それは、気持ちの悪い現象が起きたものだ。
家のものが、物体移動としか考えられない場所に移動していたり、消えたものが、何か月かして、また
もとの場所に戻っていたり。

この世のものの仕業とは、考えられないことが、頻繁に起こった。
気持ち悪かったけど、それにも、だんだん慣れてきた。

電気が勝手に点いたり消えたりするのも気持ち悪いし、物体移動するのも気持ち悪いけど、最近では、
こういう、物の怪みたいなものが、いるんだなという現実を受け止められるようになってきた。

出来れば、こういう事が起こってほしくないし、大変迷惑なんだけどね。
特にメガネは、大事なものだから、日本にいないから、簡単にメガネは作れない。
余分に何個かあるけど、いつものメガネが一番、かけ心地が良かったのに。。。(~_~;)

翌朝のこと、私より早く起きる(仕事の依頼がいつ来るかわからないので)
夫がいつものように、コーヒーを入れようと、エスプレッソマシンの上を見たら、
「はい、お返ししますよ~」と言う感じで、きちんと揃えて、私のメガネが置かれていたという。

これには、さすがの夫もびっくりしていた。

私は、それほど、驚かなかったけど、やっぱり、霊界の仕業かな、
なんて思ってしまった。(・_・;)


にほんブログ村
コメント (2)