50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

消えた、ご飯しゃもじ

2021-01-18 05:10:43 | スピリチャル

これで、4度目だ!
ご飯しゃもじが消えたのは。
今日は朝から、お天気だったので、丘に散歩に行った。
途中また、車の中で夫と喧嘩になりそうだった。
またBさんと虎さんサポーターのことで。
いい加減、こういう話題は、やめてほしいのに、夫は何かというと、いちゃもんつけるタイプだ。
自分の方が絶対、正しいと思ってる。
また、夫が切れそうになったので、ずっと黙って、罵りを聞いていた。
馬の耳に念仏という感じで。

それから、家に戻ってきて、午後から、また私は、犬の散歩のボランティアに行った。
行く前に、残ったご飯を、タッパーに入れようと、ご飯しゃもじを、鍋に入れたまま、急いでたので、そのまま出かけた。

夜になって、鍋に入れたはずの、ご飯しゃもじが消えてるのに気づいた。
これで、ご飯しゃもじが消えたのは、4度目だ。
何度も、日本の友人に送ってもらった。
フランシスさんが、屋久島に行ったとき、お土産として買ってきてくれた、屋久杉で出来た、ご飯しゃもじも消えたし。

夫も、目撃してる。ご飯しゃもじは、鍋の中にあった、と証言してる。
さすがに、こういうことを信じない夫でさえも、ポルターガイストが隠したのかと言った。
やっと、ポルターガイストの存在を認めた。

他に無くなったものは、ない。クレジットカードとか免許証とか、お財布とか、そんな貴重なものは、無くなったことないのに。

思えば、昔、夫がSouthendに住んでた時、その頃はまだ、結婚していなかったけど、100年以上古い建物だった。そこで、ハロウィーンの日、夫がサマーセットの子供たちの所に行ってる間、奇妙なことが起こった。
夫は、「子供たちがドアをノックしても絶対、開けるなよ」と言い残して行ったのだが。
その夜は、ものすごい騒音で眠れなかった。
家具やら、寝室に置いてあるボイラーなどのギシギシガタガタ、という音がうるさくて眠れなかったのだ。
水でも飲もうと、台所に行って、ドアを開けた途端、電源を切ってるはずのPCが、ポ、ポポ、ポーンと音を立てて、画面が開き始めた。
あの時は、怖かった!(;'∀') 
あの家には、幽霊がいたと思われる。でも、案外、フレンドリーな霊で、優しく、頭をなでてくれたり、朝、起きなきゃ!と思ってる時に、Don't go!Stay here!と英語で話しかけてきたり。

日本の家に帰った時は、やはり、長い間、留守してたせいか、おかしな現象が起きることが多い。それにも、慣れてきたけど、やはり気持ち悪いものである。
気にしないのが一番いいのだけど、寝る前には、イメージで、自分の周りに結界を張りめぐらして、お経のCDをかけて眠る。
そんなことくらいしか思いつかないけど、今の所、それが効果があるみたいだ。

悪霊に取り憑かれないためには、ポジティブ思考でいることが、大事だと思ってる。
そして、規則正しい生活をすること、好きなことや仕事に熱中すること、運動すること、
美味しいものを作って食べること、人に喜んでもらえることをすること。
それを、心がけてるつもりだけど。
しかし、ポジティブ思考になることは、本当に難しい。

今夜は、昨日の稲荷ずしの具を使って、ちらし寿司を作った。
錦糸卵をのせた、だけだけど。



コロナで鮮明になった中国の驚異 「制御する態勢が必要」エマニュエル・トッド氏が指摘〈AERA〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース

【特別版:コロナ流行後の外国人入国者数推移を動く折れ線グラフにしてみた(4~12月)。中国人の入国者数がマジでやばい件。】 - YouTube

にほんブログ村




コメント

忽然と消えたメガネ

2019-03-07 23:50:39 | スピリチャル
私が、この何年か、ずっとかけていたメガネが、今夜、忽然と消えてしまった。

台所で、夕食の支度を終え、居間に、食卓の用意を整え、座って食事をし始めた時、
食事の時、メガネを、はずすことが多い。

いつものように、テーブルの隅にメガネを置いて、食事をしていた。
今日は、ハンバーガーにした。
Lidlで、バーガー用の美味しそうなバンが売っていたので昨日、買って置いたのだ。
ついでに、脂身が5%のビーフのミンチ肉も買って置いた。


おっと、温野菜を買うのを忘れていたので、今日は、冷たいサラダ、
寒い季節にサラダは、いまひとつだけど、レタスとトマトとキュウリしかなかったので仕方ない。


昨日は、少し手の込んだ料理、チキンと野菜の甘酢あんかけ、美味しかった!
まるで、日本にいるような食事を楽しんだ。

今日、食事が終わった後、テーブルの上にあるはずのメガネがなくて、あちこち探したが、とうとう
どこにも見当たらなかった。
勿論、床に落ちていないかも見た。
夫も手伝ってくれて、家じゅう探したけど、忽然と、まさに忽然と消えてしまったのだ。

つい、今まで手の届くところにあったものが、忽然と消えてしまったことの気持ち悪さ。

でも、これが最初ではないのだ。

この家では、頻繁に起こらないけど、それでも、何故か、わからないけど、
引き出しに入れてあった、ごはんしゃもじが、3回も消えてなくなった。

だから日本に帰るたびに、ごはんしゃもじを余分に買って帰る。
霊だか、何だかわからないけど、この世のものではない、何かが、いたずらしてるとしか思えない。

父が亡くなった後は、それは、気持ちの悪い現象が起きたものだ。
家のものが、物体移動としか考えられない場所に移動していたり、消えたものが、何か月かして、また
もとの場所に戻っていたり。

この世のものの仕業とは、考えられないことが、頻繁に起こった。
気持ち悪かったけど、それにも、だんだん慣れてきた。

電気が勝手に点いたり消えたりするのも気持ち悪いし、物体移動するのも気持ち悪いけど、最近では、
こういう、物の怪みたいなものが、いるんだなという現実を受け止められるようになってきた。

出来れば、こういう事が起こってほしくないし、大変迷惑なんだけどね。
特にメガネは、大事なものだから、日本にいないから、簡単にメガネは作れない。
余分に何個かあるけど、いつものメガネが一番、かけ心地が良かったのに。。。(~_~;)

翌朝のこと、私より早く起きる(仕事の依頼がいつ来るかわからないので)
夫がいつものように、コーヒーを入れようと、エスプレッソマシンの上を見たら、
「はい、お返ししますよ~」と言う感じで、きちんと揃えて、私のメガネが置かれていたという。

これには、さすがの夫もびっくりしていた。

私は、それほど、驚かなかったけど、やっぱり、霊界の仕業かな、
なんて思ってしまった。(・_・;)


にほんブログ村
コメント (2)

喘息になってしまった。(~_~;)

2018-04-01 00:02:30 | スピリチャル
昨夜は、咳で眠れなかった。

夜は、まだまだ寒くて、それに、毎晩、拍手をして低級霊がやってこないように
祈って眠るのだけど、拍手をして「悪霊退散!」というと、背筋に寒気が走ることがある。
いるのかな? いるようだ。

何とか気にしないように、階段の明かりをつけたままで眠る。
窓もカーテンを開けて眠る。
外からの光が入ってくるからだ。

枕元には、加湿器を置いてる。この加湿器もブルーのライトがつく。
ラジオはつけっぱなしで眠る。

あまりやかましい音楽だと、静かなCDに変えて眠る。
昨日は、せき込んで眠れそうもなかった。

それに、咳だけでなく横になっていると、呼吸するたびにヒューヒューと音がする。
これって、喘息症状じゃなかろうか?

「明日、また別の医者に入って来なけりゃ」と思った。
母がよく良い医者だと言ってたY医院、電車に乗っていく。

Y医者で検査してもらって、今まで何度も喘息といわれたことある。
そして、そのたび薬をもらったりして、治った。

昨晩、ようやく、うとうとと眠りに落ちかけたころ、耳元で、ごうごう、と音がする。

寒気が襲ってきた。嫌な感じだ。

と思うや否や、金縛りが襲ってきた。

E氏の書いたスピリチャルの本によると、ただの疲れからくる金縛りとちがって、
低級霊が来る時の金縛りが来る前は、ゴーっという音がするらしい。

時空が変わる時の音だそうだ。

こういう時は、丹田に力を入れて意気込むことが必要だそうだ。

または、寝返りを打つこと。
寝返りなど打つことが出来たらいいけど、金縛りにあうと寝返りなどできない。

私は、「助けて!!お母さん!助けて!お父さん!」と叫んだ。

次に夫の名前を呼んだ。夫は、私が悪夢を見たとき、いつも頭を撫でてくれて、救ってくれる。

でもこの時は、目を開けて、ここがイギリスでないこと、夫が横にいないということに気付いた。
それでも、夫の名前を呼び続けた。
すると、目が覚めた。

怖くて、しばらく眠れなかった。でも、デパスを1錠、飲んで、何とか眠ることが出来た。

今日は、早速、Y医院に行って、治療を受けた。さすがに評判のよいY医院、午前中の一番、ぎりぎりの時間に行ったのだけど、それでもまだ19人待ちだった。

しかし、先生の診察を待っている間に、吸入の治療やら、気管支の検査がある。
診察があり、私の場合、今回の気管支喘息は、かなり重症に近い状態だと言われた。

そうか?やっぱり、呼吸するたびに、あんなにヒューヒュー音が、したもの。
喘息だったのか?

喘息よりも何よりも、もう金縛りにあうのは嫌だ。
低級霊よ、去ってくれ!

以前から近所の人で、うちの家を買いたいとほのめかしていた人がいた。

不動産屋に売ったら二束三文にしかならない値段だけど、近所の人に売るのが一番だと思っていた。
いざ売るとなると、母に申し訳ない気がしてくるけど。
せっかく、ここまで改装してきれいにしてくれたのに。

私もお金をかけて改装して、出来る限りきれいにしたから、出来る限り住み続けたかったけど。

少しでも良い値段で売れればいいのだけど。どうなるやら?

この家が売れたら、イギリスの家のデポジットの足しにできるかと思うのだけど。

私がこういう体質でなかったら、きっと気にしないでずっと住み続けていただろう。
もう、潮時かもしれないな、と思った。
コメント

今日の夢の話は。。 自分なりの夢分析。

2017-10-18 10:55:47 | スピリチャル
何なのでしょう?

毎日、夢をみる。

今朝がた、見た夢は、高級ホテルに宿泊してる夢なのですが、ホテルの酷いサービスの夢。

夫と二人、旅行に来て、ホテルに宿泊してるのですが、夫は、一人で、どこかに出かけてしまいます。
一人、ホテルに残った私は、ランチを予約します。

高級ホテルなので、ランチも豪華なランチのはずなのですが、
私のオーダーしたランチが、なかなか来ません。
あとから来た人のオーダーしたランチは、運ばれてくるのに、私のは、なかなか来ません。

「まだですか?」と聞いても、まだだという。
次第に、イライラが、募ってくる。

腕時計を見ると、なんともう、午後4時近い時間ではないか?!
ということは、4時間も待ってるってことになる?!

私は、腹が立ってきて、部屋に戻り、ホテルマンを呼びつけ、「Refund(返金)してください!このホテルをキャンセルします!」と怒って言った。

すると、何と、あろうことか、そのホテルマンは、逆切れして、言い返すのです。

何と言ったか、忘れましたが、かなり攻撃的に、自分たちは悪くないという風に。あきれてしまいました。
日本のホテルでは、考えられないこと!
通常、日本のホテルなら、「申し訳ございませんでした」と謝ってくれるのに!

現実でも、この国では、よくあること。
日本のサービスの良さは、つくづく、他の国では、ありえないことだと感じる。
夫も、初めて日本に来たときは、店員さんの礼儀正しさ、
そして、お店などのサービスの良さに驚いていたものだ。

夢の中では、私は、もうこのホテルに宿泊するのをやめて、と荷物をもって出て行こうとする。
その前に、夫に電話して、どこかで待ち合わせしないと!と思うのだけど、携帯の番号を押す部分が
限りなく小さくて、番号を、押せない。

いらいらして、なかなか押せないが、それでも、何とか、電話番号を、押すことができて、
電話のベルが、鳴っているのが聞こえるが、夫は、なかなか電話に出てくれない。

どうしよう~?!焦る!焦る! 夢の中で焦ってる!

外は雨、どうしよう?雨の中、歩いて行くのは大変だなと思ってる。


現実世界の話、そういえば、昨日、やっと、ABRSMのEXAMの予約の日程が、メールで送られてきたんだ。

それが、とても、とても、小さい文字で、殆ど読めないくらいだった。

CTLキーと+ キーを押して、拡大しても、大きくならない。(画面表示が変わらない)

Wordに、コピーしてプリントアウトしたが、やはり、小さな文字でしかプリントアウトできなくて、がっかりした。

虫眼鏡でしか、読めない!

Ridiculous!(馬鹿げてる!)と思った。

夫が帰ってきて、ようやく何とかPCを駆使してもらって、読めるサイズの大きさにプリントアウトしてもらったけど。。。

こんな現実だから、こういう夢をみたのかな、と自分で夢分析してみる。
 






コメント

リアリスティックな夢のお話し

2017-10-11 18:12:24 | スピリチャル
今朝がた、とても、リアリスティックな夢をみた。

夢の中では、暗い駅の階段を降りて行ってる。
夫が、先に降りて行ってるのだが、私は、その階段の幅が、やけに狭い上、ものすごく急なので、こわくて、
そろそろ、降りて行くのだが、夫は、現実の性格のままで、「何をしてるんだ」という風に知らん顔で、すたすた
自分だけが、一人で降りて行くのだ。

きたない暗い駅の階段。

どこの駅なのかは、わからない。日本なのか、海外なのか?

そして、ようやく階段を降りて、駅の前の食堂らしき所で、簡単な食事をする。
何を食べたのか、さっぱり思い出せないけど。

カウンタ―だけの小さな食堂で、大きな窓があり、カウンターからは、外の風景が見渡せる。
駅は、左側に、あった。

中国人の経営の食堂だったような気がする。

夜だったので、外は暗いけど、駅のまわりを行きかう通勤客などが、見渡せた。

そして、その時、上空に、なんと、UFOが現れた!

私は、びっくりして、隣に座ってる夫に、「ええ!UFO! こんなに近くで見たの初めて!」と叫んでる。
(昔、夜の空に、UFOらしきものを見たことがあるが、それが、何であったかは、未だに不明。)

UFOは、夜空から、急に点滅して現れたと思ったら、ジグザグに飛行して、消えたと思ったら、ちがう場所から、また現れて、飛んで行ってしまった。

その後、UFOを追いかけるようにして、2機のジェット戦闘機が、追跡して行くように、低空飛行して、夜空を駆け抜けて行った。

この映像が、何とも言えず、リアリスティックで、まるで、サイエンスフィクションの映画を観ているようだった。

そして、そのお店には、カウンターの隣に、野菜や豆腐も棚に置いて売っていた。
私は、「あら、この豆腐、イギリスで売ってる中国系の豆腐と、おんなじだわ~」と思って、夫に、「ちょっとこれ買っていきたいの」と言って、商品を取り、レジに並ぶのだが、待つことが大嫌いな夫は、またいつものように、怒って、「先に帰る」と言い出したので、大慌てで、商品を棚に返して、店の外に走っていく。
ここで、目が覚めた。
それにしても、何と、現実的な夢だったんだろう?!UFOを除いては。。(;^_^A

朝、起きてみると、夫が、今朝、アメリカの戦闘機が、朝鮮半島の上空を飛行したらしい、という。
MSNニュースで出ていた映像をみて、びっくり。
夢の中に出てきた、ジェット戦闘機にそっくりだったから。。偶然にしても、不思議だな。。
コメント