50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

明日から来なくていい!非情な仕打ちにUpset (-_-;)

2018-11-24 10:54:08 | 夫の仕事のこと
夫は、Supply Teacher(非常勤講師)である。

この秋は、仕事に恵まれていると喜んでいたのも束の間。

月曜日の朝、エージェントから電話がかかってきて、「残念ながら、明日から、仕事に来なくて良いとのこと」との連絡があった。
この仕事は、CollegeのCarpentry(大工職人さんになるコース)
夫は、残念ながら、このコースを教える資格は持っていない。

でも、アンティーク家具の修理や製作、セカンドリースクールに於いて、テクノロジー(技術)のクラスを、教えてきた。

突然、クビになったのは、何もミスをしたからではない。その前の週に、資格を持つ人が入って来たからだと、夫は推測している。理由も何も言われなかったが、そういうことなんだそうだ。

夫は、勿論のこと、私も、ショックで、がっくり来てしまった。

来年は、この家のリモルゲージ(ローンの組み直し)で、多額のDeposit(頭金)も支払わなければならない。私も、なけなしの日本の貯金を、つぎ込んで、何とかこの家に住み続けるために、犠牲を払わなければならないというのに。将来の事を考えると、不安が次から次へと、頭をよぎる。

老後の資金など、貯められないではないか?!

私も最初の頃、何度も、ここで仕事を探したけど、難しいと思った。
この町に住んでる友人も、仕事探しに苦労している人の何と、多いこと。

しかも、若くて美しい人でも、ホテルのお掃除の仕事などをしていると聞いた。

私の知り合いの日本人女性は、日本にいる頃は、歯科技工士として活躍していたが、こちらでは、新たに
資格を取りなおさないといけないということで、同じ仕事には就けなかった。
今は彼女は、何とか、半年間、仕事を、探しに探した挙句、やっと、スーパーのレジの仕事に就いたようだ。


ロンドンにまで行けば日系企業があるから、何とか雇ってもらえる可能性もあるらしいが、この小さな町では、仕事といえば、Carer(介護職)以外は、何か特別な資格でも持っていない限り難しいのだ。

スーパーの仕事なんて、日本だと、いくらでもありそうだけど、こちらでは、いろいろな難関を乗り越えなければならないのだ。

まず、スーパーのレジの仕事も、今は、人にとって代わって、オートマチックのTill(レジ)になっていて、自分自身でスキャンして、支払いをする。そのTillには、必ず、一人くらい係員がいるが、いつも、何やら、上手く行かなくて、係員に来てもらわなければいけない。

人員削減のためとはいえ、やはり、人にレジを売ってもらって、買い物ができることが、人間味があっていいと思うのだ。
こんな風にして、全てが、機械化されて、人が減らされて、人がする仕事が亡くなるのかと思うとやりきれない。

会社に電話をしても、機械が応答する。人との会話がなく、すべてコンピュータで、何もかもやる未来になるのだろうか?
コンピュータが出来ない年寄りは、益々取り残される。

私が仕事が見つからなかった頃、こちらの友人が、「ピアノを教えたら?」と言ってくれた。
「ええ?!私なんかが?大丈夫かしら?」

でも、他に仕事もないし、やってみるしかないかと思い、最初は、日系2世の子供たちを教え始めて、それから、広告を出して教えるようになった。

確かに、収入は少ない。でも、何もやらないでいるよりは良い。と思った。
そして、今でも収入は少ないけど、そして、時には、教えるのが難しい生徒もいるけど、ここで、私に出来ることは、他に何もないので、やるしかないのだ。

日本でだったら、音大卒のとか、立派なピアノがないと、とか言われるのだろうけど、こちらでは、関係ないのだ。フリートライアルレッスンに来て気に入ってくれたら、レッスンに来てくれるし、勿論、すぐにやめてしまう人もいる。

ここで、有り難いことは、人と比べる必要がないということかもしれない。

先日、フリートライアルレッスンに来た日本人がいた。
若い日本人男性で、医者の仕事をしているという。同僚から聞いて来られた。

Diplomaの資格を取ってると聞いたから、私より上手なんだろうなと思った。
でも、むげに断る必要もないし、来ていただいた。
そして、彼は、おもむろに、うちのデジタルピアノで、曲を弾き始めた。

8年間弾いていないとは、信じられないくらいだった。
家にピアノがないというのも信じられなかった。
こういう人のことを、天才というんだろうなと、思った。

ショパンやリストの曲を何曲か、全て暗譜で、1時間くらい、ぶっ通しで彼は弾き続けた。
指がすごい速さで動き、見えないくらいだった。

ラカンパネラなどは、まるで、辻井伸行さんのピアノを聴いているようだった。
当然、私が教えられるレベルではないので、私の先生を紹介した。

「すごいですね!」と私が感心していると、謙虚な彼は、それでも、
「(自分のレベルなんて)たいしたものでは、ないですよ」と、言った。



先週、宿泊したSurryのホテルの庭。



寒くなってきて、暗くなってきた。ゴンキチは、夕方、2日に1回くらいの割合いで姿を見せる。






コメント

久々のロンドン、足底筋膜炎が悪化しました。

2018-11-18 20:00:14 | 海外生活
先日から、急に寒くなってきました。
秋も深まって来たという感じです。



ボランティアで犬の散歩に行きましたが、犬は枯葉に埋もれているという感じです。(笑)



日本のような色とりどりの紅葉はないですが、木々の葉の色が色づき、とても美しいです。
例年なら、11月というと、もっと寒くて、暗くて雨が多いのですが、今年は、晴れた日が結構、多くて
助かっています。



金曜日は、夫の兄夫婦と、姪っ子のジャマイマが、オーストラリアから来るというので、もう一人の
夫の兄の娘ジェニー(夫の姪っ子)のロンドン郊外の邸宅で、家族が集まるというイベントがありました。

彼女は、Cityの金融街でセクレタリーをしているので、こういうパーティを催すのには慣れているのか、とても素晴らしいHospitality(おもてなし)をしてくれて、楽しい時間を過ごせました。
総勢20名以上という人数にも、関わらず、いろんなご馳走を用意してくれていて、皆が楽しめるように工夫してくれていました。

そして、その日はホテルに泊まりました。
夫は、安く泊まれるトラベルロッジに予約しようとしましたが、私は、こういう時くらい、お風呂のついたホテルに泊まりたいと言って、「私が(お金を)出すから、バスタブの付いたホテルにしよう」と言いました。うちの家は、シャワーしかないので、夏はいいけど、寒くなってくると、日本人の私は、お風呂につかりたい、と思ってしまうのです。

こちらの人は、お風呂があってもシャワーで済ませる人が多いようです。
水道代も高くつくからというのと、面倒くさいというのが理由みたいです。
カルチャーのちがいでしょうか?
こちらの人は、お風呂なんか、どうでもいいみたいです。

結局、そのホテルは、お風呂はあったけど、プラグから、お湯が漏れていくので、ずっと、お湯を出しっぱなしにしないといけませんでした。でも、久々にお湯に浸かって、足を温めることが出来ました。

翌日は、サウスケンジントンのミュージアムに行きました。
サイエンスミュージアムに行きましたが、殆どのお客は、男の子を連れた家族づればかりでした。
そして、お腹がすいてきたので、ビクトリアアルバートミュージアムの、カフェに行きましたが、店内は混み合っていて座る席がないので、外のテーブルに座りました。



カナディアンメイプル(もみじ)が色づいていて綺麗な葉っぱが、いっぱい落ちていました。
ところが、鳩が、しょっちゅう、やってきて、餌をねだろうとしています。

変な若い女がいて、鳩を追いかけまわし、鳩の尻尾の羽をちぎって遊んでいました、
なんと残酷なことするのだと、夫は怒っていました。
その女の家族は、それを見て、笑っていました。
変わった人々もいるものだと、思いました。




外のカフェに座っていると、さすがに冷えてきました。
この日は気温は、日中でも、10度くらい。それに風が吹いてきて、サンドイッチとコーヒーを飲むと
すぐに立ち去りたくなりました。



V and A (ビクトリアアルバートミュージアム)のエントランスの天井

サウスケンジントンの通りを歩いてると、大勢の人々がアイススケートをしていました。



私も子供の頃、よく叔父に、アイススケートに連れて行ってもらったことを思い出しました。
今は、足底筋膜炎が酷くて、アイススケートどころか、歩くのも、痛くて困っています。
朝、起きた時の一歩が、特に激痛が走ります。

この後、ピカデリーサーカスに行き、ジャパンセンターで買い物をしようとしたのが、間違いでした。
ジャパンセンターは、移転していて、新しく移転した場所が、なかなか見つからなかったのです。
スマホを持って行ってたので、グーグルナビで探せば大丈夫だろうと、簡単に考えていたのが悪かったのです。ナビの言われるままに、ぐるぐる同じところを回っていました。

そのうち、夫の怒りが爆発してきました。足が痛い上、夫には怒られるし、さんざんでした。

帰りは、ケチな夫が、わずかの駐車料の為に、駅の駐車場に停めなかったため、長い坂道の距離を歩く羽目になり、私の足底筋膜炎は、ますます悪化して、今は、びっこをひいて歩いています。

いつになったら治るのか目途もつきません。でも、ストレッチが良いので、ヨガには、欠かさず行くようにしています。

コメント (2)

映画 Bohemian Rhapsodyを観て

2018-11-05 08:05:39 | 映画
Queenは、勿論、昔から知っています。
学生の頃など、友達がQueenのファンでした。
私は、その頃、ロックなど、あまり興味なくて、日本のフォークソングばかり。
自分でもギターを弾いたりしていました。
今は、さっぱり弾けませんが。

キムタク主演のドラマで、Queenの"I was borne to love you" のテーマソングを聞いて、魅せられてしまいました。それ以来、Queenのファンです。

ボヘミアンラプソディー、この映画は、超お勧めです!!
この映画を観てから、フレディマーキュリーのことが、もっと詳しく知りたくなり、Wikで調べてみたりしました。

有名で、かっこいい彼が、内面は、心の闇を抱えている姿も映し出されていたり、孤独に悩んでいたり、普通の私たちと何ら変わらない。いや、普通の人より、もっともっと、深い孤独だったかもしれない、なんて思いましたね。
ステージで、ヒーローを演じてる彼の姿からは、想像もできないくらい!

そして、何よりも、彼の才能!そして、その歌唱力!
最後のウェンブリースタジアムでの、演奏をする場面は、実際のその時の映像と、役者さんとの映像が、組み合わせてあり、これ、どうやって撮影したの?:kao12
って思うくらい!
とにかく、すごい映画です!ブライアンメイなどの役者も、よくも、ここまで研究したものだと、表情など、そっくりで、どちらが本物か、わからなくなるくらい!

Queenファンでなくても、興奮すること、間違いなし!!です。

生きていれば、71歳になるフレディ。たぐいまれな才能を持つ彼が、エイズによって、亡くなってしまい、本当に残念なことです。

その後に行ったトリビュートコンサートが、つまらなく思えました。
本物のコンサートに行きたかった~~!( ̄▽ ̄;)
とフラストレーションが溜まりました。

https://www.imdb.com/title/tt1727824/videoplayer/vi1451538969?ref_=tt_ov_vi

ちなみに、Bohemian Rhapsodyは、以前から、ピアノで、弾いていましたが、また少しアレンジを変えて練習しています。


コメント