50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

危ない所だった!気分がLowになってる時は、要注意!

2019-06-28 13:56:52 | 犬の散歩のボランティア

昨日は、犬(ペニー)の飼い主のフィリスさんが、ケアホームから家に戻ったと聞いて
お見舞いに行ってきた。

2週間ほど前に、ケアホームにお見舞いに行った時は、顔色も良く、少し元気になられたのかと
思っていた。

電話を何度しても出ないので、直接、家に行ってみると、ちょうど息子さんのリチャードが孫娘を
連れてやってきてたので、ドアを開けてもらえて、ほっとした。
さすがに、勝手に入るのは躊躇された。
家の鍵のロッカーの暗唱ナンバーは教えてもらっていたけど。

ドアを、開けてもらえなかったら、どうしようかと考えていたところだった。

庭のバラを摘み取って、あと小さなフルーツの入った容器を持って行った。
きっと、食欲ないだろうけど、こんな小さなフルーツなら食べれるだろうと思って。

しかし、彼女は、ベッドの上に座っていたものの、調子が悪そうだった。
始終、咳き込み、骨と皮だけになっていた。

苦しそうに咳き込むので、話しをするのが、申し訳ない気がしたけど、フィリスさんは、私の顔を
見れたのが嬉しそうだった。

晩御飯時だったし、直ぐに、おいとましようとしたら、「あら、もう、行っちゃうの?」と言って、とても残念そうだった。
リチャードは、「あまり、よくないんだ」と小声で言った。
一日中、殆どの間、眠っているらしい。

毎日、ケアの人やナースが来るわけでもなく、週に3日、Kさんが来るだけらしい。
(Kさんは、ペニーも預かっていて、介護の仕事もしている)


私が、フィリスさんに、「How are you?」と聞いたら、「良くなってきたわ」と答えてくれたものの、とてもよくなってきたとは、思えない。

いつまで、この人の顔を見れるのか、もう長くないのではないか?と思うと、無性に悲しくなってきてしまった。
彼女は、もう一人の息子さんコリンの家に一緒に住む予定だったけど、まだ準備が整っていないらしい。

犬の散歩のボランティアで、フィリスさん宅に訪ねることになって、もう6年以上もの月日になる。
考えてみたら、長いおつきあいだ。

私の母親が亡くなってから、1年後に、このボランティアの依頼が来た。

ペニーを散歩し始めた時は、それは、それは、癒されると思った。
多い時は、週に3回か4回くらい、ペニーの散歩に行った。
フィリスさんは、「いつ来てもいいよ。来たい時に電話してくれたら」と言ってくれたから。

初めて、ペニーを見た時は、あまりの小ささに驚いた。

小さすぎる、とさえ思った。

でも、散歩に連れて行く度に、いろんな人に声をかけられ、皆から
「なんて、可愛いの!」と笑顔を見せられた。


あの当時は、母を失くして、気分が鬱になっていた。
夫との関係も良くなくて、毎日のように、早く母のそばに行きたいとさえ思った。

そんな私の心の支えになったのは、この小さな犬との出会いだった。

そんなペニーの飼い主さんが、今や、もう長くないような気がする。
いつか、そんな日が来ると思っていたものの、いざ、そうなってみると、心の準備が出来ていない。



フィリスさんは、何度も、何度も、私に聞いた。
「私に何かあった場合は、あなたが、ペニーを貰ってくれない?」と。
「あなたなら、ペニーを大切にしてくれるから」とも言ってくれた。

でも、残念ながら、私には、飼えない理由があった。

第一に夫が、犬を飼うのは絶対ダメだという。
そして、第二に、私は、毎年、日本に帰る、その間、誰が犬の面倒を見るのか?

厳しい決断だけど、私は飼えないというしかなかった。

夫が犬を飼ってもいいというのだったら、きっと何とかなっただろう。
でも、夫は、犬は、飼いたくないというのだから仕方ない。

犬を預かるくらいは、いいのだけど、飼うのは責任が伴うというで、私も諦めた。
諦めざるを得なかった。悲しいけど。

そして、今、Kさんがペニーを預かっている。

かつて、私がペニーを、預かっていたこともあったけど。

もう、ペニーは、Kさんの犬も同然だ。というのは、Kさんは、フィリスさんと
ペニーを引き取るという約束をしたからだ。

私は、ペニーの散歩をしたいと申し出て、たまに、散歩してもいいと言われるけど、
Kさんは、あまり良い気がしないようだ。大変、迷惑そうなのだ。

私が、6年以上も、ボランティアでやってきても、もう、ペニーはKさんの犬なんだと思う。
これで、フィリスさんが亡くなったら、もう私は、散歩も出来ないんだろうな。

そろそろ、私も覚悟しないと。ペニーとお別れする覚悟を。
「6年間も、私を癒し続けてくれて有難う、ペニー」と言いたい。



こんなLowな気分でいたら、今日、フィットネスクラブで、エクササイズが終わった後、
階段を降りて、歩いていたら、上から、鍵の束が落ちてきて、もうちょっとで、私の頭を直撃
するところだった。

もし、当たっていたら、怪我をするところだ。

危なかった!!

こっちの人は、フィットネスに来るとき、バッグも持たないで、車のカギなどを、束にして、持ち歩いてる。







にほんブログ村
コメント

今日は、カーペットのクリーニング!銀行での、酷いサービスに辟易!

2019-06-26 20:56:16 | 海外生活

今朝は、早朝から、強烈な足のcramp(こむら返り)で、目覚めた。
あまりにも痛くて、しかも、両足同時に、やってきた!
「痛い!痛い!痛い!」ギャーギャーわめきながら、自分でストレッチを試みるけど、治らない。
心臓が、パクパクしてきた!隣に寝ていた夫が必死で、Calf(ふくらはぎ)マッサージしてくれて、
ようやく痛みが治まって来た。

昨日は、切れた夫に対して、腹が立っていたけど、こういう時は、本当に、いてくれて助かった~、有り難い存在だ、と思う。

今日も夫の仕事は、なかったので、朝から、二人で、カーペットのクリーニングをすることにした。
このラウンジのカーペット、もう15年以上使っている。
前の住人が残していってくれたカーペットだから、もしかしたら、16年以上になるのだろうと思う。

冬は暖かくて、優れもののカーペットだけど、最近、お年頃の生徒さんの足の臭いが気になる。
カーペットに臭いが染みついてるような、(くさい臭い)が、気になって、カーペットをクリーニングすることにした。
幸い、今日は生徒さんが一人も来ない日なので、それにお天気も、まあまあ良いし、この機会を逃す手はないと思った。

さすがに、二人でやると効率が良い。けど、久々に汗だくになった。
これって、フィットネスクラブに行くより、良いエクササイズになるかも?(;^_^A

それから、銀行にMortgageのデポジットの支払いに出かけた。
今日こそは、と、準備を整えて。

銀行では、待ち人数は、それほどでなかったけど、日本みたいに、番号札をひいて椅子で待つというシステムでないので、ずっと立っていなければならないのが、つらい。
何とか改善してほしいと、訴えたが、アンケートを取るばかりで、改善は、されない。
それどころか、サービスが悪いので困る。

今日の銀行員の女性、恐ろしく長い付けまつげ、それに恐ろしく長い付け爪、しかも、ショッキングピンクの長い付け爪!!(・_・;)

「この人、大丈夫かいな?」と不安になる私。
しかし、手続きの為、次々とタイプを打つ手は、早かった。
こちらも心配なものだから、横で、ちらちら、スクリーンを、秘かにチェックしていた。

すると、この女が、写真付きのIDを見せてくださいというので、免許証を渡した。
その後も、その女、ずっと、タイプを打ち続けていた。
どんだけ、長い情報がいるんだ、と思うくらい!
相手先の振り込み先と、金額がわかったら、それでいいんじゃないかと思うけど、金額が、大きいので
セキュリティの為、いろんな情報を入力しないといけないみたいだ。

そして、その女、あろうことか、私の免許証を落とした上、靴で踏んづけていた!(# ゚Д゚)

「すみません!」と言って、免許証を取ろうとしても、免許証を踏んづけたまま、靴を動かそうとしない。何度も言って、やっと足を動かして、私は免許証を拾って、ティッシュで拭いた。

その女、謝りもしないんだ! 全く、日本では考えられない酷いサービス!!(# ゚Д゚)

これが、Englandのサービスだ!勿論、皆が皆、こんなではないけど、あらゆる点においてサービスは、
劣っている。
それとも、日本が特別なのか?

おもてなしの国、日本の人気が高まるのは、わかるような気がする。
たいていの外国では、日本みたいなサービスは、受けられないからね。

トイレに行っても、汚いしね。
便座に、おしっこが、こぼしてあるのは日常茶飯事だし、中には、大きい方がしてあっても、
流してないことも多々ある。(汚い話ですみません)(;´Д`)

今日は、初めて半袖を着た。
昨日は、蒸し暑かったので、半袖を衣装ケースから取り出した。

ついでに、ダイエットも気になってくる季節。
豆入りのサラダを作り、マヨネーズで和えて頂いた。

サラダを食べると、ごはんが食べられなくなる。
サラダって、やっぱりダイエットには、いいんだな~と納得!

寒い時は、サラダなんて食べる気がしないけど、暖かくなってきたら、サラダも美味しい季節に
なってきた。








にほんブログ村
コメント

いよいよ家のデポジットの支払い、夫がまた、切れた!お野菜たっぷりボロネーズソース

2019-06-25 17:13:42 | 日記/料理

今日は、急に蒸し暑くなった。

いよいよ、家のデポジット(今までは、利子のみを支払ってきたが、)
を支払う期限が、間近にやってきた。

今日も、仕事のない夫とともに、私の貯金を、家のローンのファイナンス会社に振り込む為、銀行に行くことにした。

私の日本から移動してきた、なけなしのお金を、この家のデポジットにつぎ込むことに。。
一抹の不安を覚えないでもない。
この人と一緒に、いつまで、この家に暮らせるのかさえも、定かでないのに。

銀行に行くと、個室の部屋に通されて、銀行員の女性が応対してくれた。
日本へのお金の移動などの時、何度か、問題があったから、あまり、イギリスの銀行は信用できない。
でも、仕方ない。家のデポジットを支払わなければ、出ていくしかないのだから。

ところが、銀行員の女性に渡したファイナンス会社の振り込み番号は、夫が書いた簡単なメモ書き。

「書類はないのですか?」と聞かれた。

「これじゃダメですか?今までもこの番号で、振り込みしてきたんだけど」と夫が言うと、

「今は詐欺などが多いですからね。きちんとした書類があった方が確かなんですけど」と女性が言った。

私も、「こんなメモ書きだと不安だわ」と、訴えた。

そして、その場は、一旦、帰ることにした。

大切な虎の子の私の大切なお金なのだ。
もし、間違って、誰かちがう人のアカウントに入金されたら大変だと思った。

ところが、どうやら、このことが、夫の気に障ったらしい。
侮辱されたと思ったようだ。
それから、車で家に帰るまでの間、夫は、罵り続けた。
もう、嫌と言うくらい。いつものことだけど。

私が生徒のレッスン中、夫は、海に行って泳いできたようだ。
少しは気分がましになったのかしら?

出来るだけ、当たらず触らず、こういう時は、距離を置くしかない。
私も今の所、ここから追い出されて日本に帰っても仕事なんてないもの。

喧嘩はしたくないけど、出来るだけ、我慢しながら、ここで仕事を続けて行くしかない。



庭のバラ、ピンクのバラも今、満開、いっぺんに咲きすぎて、困るくらい。
少しずつ咲いてくれたらいいんだけどね。

さて、このデポジットを支払っても、70歳までは、ローンだ!
それまで、私も体が動く限り、今の仕事を続けなければ。

先月、古い生徒さんが、やめた。その代わり、新しい、生徒さん(子供)が入って来た。
古い生徒さんが辞めていくのは、残念だ。
慣れてきて、教えるのも楽しかったのに。

新しい生徒(子供)は、少し、ナーバスだったけど、体験レッスンが気に入ってくれて、来てくれることになって、ほっとしている。
私も体験レッスンをする時は、いつもナーバスになってしまう。
気に入ってくれるかどうか、体験レッスンで決まるからだ。 

今夜は、スパゲッティボロネーズ、残り野菜を使うことに。ニンニク、セロリ、小ナス、マッシュルーム、ズッキーニ(イギリスではコジェットと言う)トマト缶、バジル、それにFat5%(脂肪分5%)の牛ミンチ、



美味しかったです。食べ過ぎに注意!でもお野菜たっぷりで、ヘルシーなボロネーズソースです。
今夜は、夫が殆ど、料理に関わりました。










にほんブログ村
コメント

今年もSummer Solstice(夏至)の日がやってきた。

2019-06-22 20:44:24 | 海外生活

昨日は、Summer Solstice、一年で、一番、日が長い日だった。
去年と同じように、夫と一緒に丘に出かけた。
美しい風景が広がっていた。
去年とちがうのは、やや、去年よりも、やや風が強くて、肌寒いかなというくらい。



海を目の前にしてたた佇むベンチ、なんて素敵な風景なんだろう。
この町で、誇れるのは、こういうベンチが至る所に据え付けられていることだ。

亡くなった人の、メモリアル(記念碑)として、ベンチが建てられている。
そして、ベンチに書き込まれた亡くなった人の命日には、花が飾られていたりする。
なんという素敵な習慣だろう!

そして、誰でも座って、素敵な風景を、見ながら、一休みできるのだ。



夫の父は、亡くなった後、この丘で、家族によって、灰を撒いてもらった。
ベンチは作らなかったけど。
私も、死んだら、この丘に私の灰を撒いてね、と今から夫に頼んでいる。

残念なことに、この日、私は、お気に入りの帽子を失くしてしまった。
日本で買ってきたお気に入りの帽子を。
というのは、この日、夫が財布をどこかで落としたようだ、と焦っていた。
あちこち探してもなくて、車に戻った時、私は手に持っていた帽子を、しっかり握りしめながら
「ああ、財布がなくなったなんて、どうか家に帰ったらありますように!もし、夫の財布がなくなるくらいだったら、この帽子が失くなってもいい」と思ったのだ。
一瞬の間だけど、帽子を落とさないように、しっかり握りしめていたのに。

家に帰ってから、手に持っていたはずの、帽子が、失くなってしまったのだ。
どこを探してもない。車の中も、家の中も。
帽子が失くなってもいいなんて、考えなければ良かったと後悔。



この日は灯台の見える所まで歩いた。とても、とても、風が強くて、立っていられないほどだった。

そして、去年と同じくチャップリン(丘の上からの飛び降り自殺を防止するボランティアの人達)の姿も目立った。パブには、チャップリンの車が、3台も止まっていた。




丘に登ると癒される。この日は夫は仕事がなくて、二人とも、少し気が滅入っていた。
Birling Gap 海の白く見える部分は、多分、チョークが溶けて白くなっているのかも。
毎年、少しずつ、削り取られていくチョークの丘。



火曜日の夜中は、雷や稲光が、光り、鳴り響いた。
一時、停電になったりもした。1分ほどで、元に戻ったけど。

翌日のMSNニュースによると、その夜は1時間に何と、1千もの稲光が立ったようだ。

ちょうど、甥っ子が日本に帰る前日の夜中だった。
甥っ子は無事に日本に帰り、親に、「楽しかった」と報告したらしい。
良かった。楽しんでるのか、どうなのか、わからなかったけど、彼にとって、良い経験が出来たなら、上出来だと思った。私も肩の荷が下りて、ほっとした。


丘の上に建つ家々。ため息が出るほど、美しい。こんなところに住めたら。。。。



牛も、のどかに草を食んでいる。


夕暮れ時。鮮やかな光と影のコントラスト。









にほんブログ村
コメント

甥っ子の希望で、British Museumに行ってきました。

2019-06-16 14:40:17 | 海外生活

引きこもりの甥っ子がやってきたのは、先週、火曜日の夜、その日は、うちで食事をさせてから、ホストファミリーのJさん夫妻の所に連れて行きました。
翌日、Jさんの奥さんと、甥っ子と一緒にランチをしました。その時、私が、「どこか、行きたいところ、ない?」と聞いた時、ぼそぼそっとした蚊の鳴くような声で、「大英博物館」と答えたのです。

それで、土曜日は、ここに連れて行くことに決定しました。
足底筋膜炎の足が痛かったので、本当は、あまり気乗りしなかったのですが、もうこの日しかないので、連れて行くことにしました。

さて、土曜日の朝、電車は、混んでいました。
ここイーストボーンは始発駅に近いので、座れましたけど。
次の駅からだと、きっと座れなかったでしょう。

電車の中は、大騒ぎ!満員だったので、途中から乗って来た人々は、立たなければいけません。
子供たちは、騒ぎまくるし、赤ん坊の泣き声があちこちでするし、落ち着いて、本も読めません。
おまけに、イギリスの電車の中は、皆が大声で話すし、スマホで話したり(日本みたいに、車内での通話は、禁止されていません)ゲームや音楽を鳴らしたり、やかまくて仕方ありません。

それでも、私は、久々に、電車の中で本を読みました。
やはり、本はいいものだなと、思いました。スマホで、何かの記事を読むよりも、落ち着いて読めます。

この日は、朝から、私たちと甥っ子のために、パックランチも用意、サンドイッチ、デザートのアップルパイ、そして、クリスプ、りんご、を用意して、セットにして持たせました。
「いつ、食べてもいいよ」と言ってたのですが、結局、電車の中は、落ち着いて、サンドイッチなどを
食べれる雰囲気ではなく、British Museumに着いてから、外のベンチで食べました。



British Museumは、今まで、何度も行ったことありますが、今回、初めて、長い行列を作って、ぐるぐる回って、セキュリティ―を通らなければなりませんでした。
こんなことになっているとは?!(;´Д`)

電車に乗ってる間も、着くまでの間も、着いてからも、甥っ子が話すことは、殆どありませんでした。
私がする質問に対して、うんと、頷くくらいです。
初めて言葉を発したのは、British Museumの中に入って、建物の中を見た時、「広い!」と、小さな声でつぶやいただけです。
お弁当を食べた後も、「ご馳走様」や「有難う」というわけでもないし。
でも、弟の息子だから、仕方ないかもしれない。
うちの弟も、滅多に、そういう言葉を発した事なかったから。
躾の問題なのか、どうなのか?
本人の性格なのか、どうか?

でも、決して、嫌な子じゃないし、一緒にいて楽しいということもないけど、何一つ、問題がなかったし、素直にこちらの言うことを聞いて、ただ頷くだけでした。

時折、笑顔が見られるのが、救いでした。他には、殆ど感情を表すことがありませんでした。
でも、3年間も引きこもりの生活を続けていて、外国に、一人で行ってみたいと思うだけでも、彼にとっては、何か進歩になれば、と思っています。

British Museumでは、日本のManga展が開かれていたのですが、そして、私は切符を買おうと並びましたが、この日のチケットは、もうすでにSold Outと言われて、ちょっと、がっかりしました。


デビッドボウイを、モデルにした、絵。

日本の常設展に行くと、マンガも含め、マンガの原点になるものから、現代漫画までが、展示されていました。

British Museumを出てから、180年も続く老舗の傘専門店をみたり、Wisky専門店で、甥っ子は、自分の父親(私の弟)に買うためのウィスキーを選んだりしてました。
もちろん、16歳の子が買えないので、私のIDを見せて、買いました。



老舗の傘屋さん、

さすがに、Grandなお店です。



これは、競馬を見に行ったりしたときに、傘を立てて、椅子に出来るという代物。

この後、歩いて、コベントガーデンのストリートパフォーマーを見に行きました。



お金を入れると、特別な芸をしてくれます。

私は、甥っ子に小銭を渡し、「入れてきてごらん!」と言って、彼がお金を入れると、パフォーマーさん、ふわりと、宙に浮かんでさかさまになって、皆から拍手喝さい!
甥っ子も、びっくりして見とれていました。



自転車に乗って芸をしたり、ナイフを3本回して、ジャグリングしたり、観客を巻き込んで、子供たちにも大人気だったパフォーマーさん、残念ながら、小銭は、道行くホームレスの女性にねだられて、僅かしかなくて、でもさすがに、5ポンド札や、10ポンド札を上げるわけにはいかなくて、申し訳ない気持ちでした。甥っ子も、このパフォーマーさんに、呼ばれたけど、英語がわからない上、自信がなくて、断っていました。

あと、危なかったのは、イギリスの人々は、信号を無視して、赤信号でも渡るので、甥っ子も、夫が信号無視して、赤信号で、渡っていったところ、甥っ子もついて行って渡ろうとしたところ、道路の右側からやって来た車に、もうちょっとで、はねられるところでした。幸い、私が、「危ない!」と言って、止めたから良かったものの、冷や汗ものでした。(・_・;)







にほんブログ村
コメント