50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

今年のクリスマスは。。。その5

2018-12-29 16:51:47 | 海外生活
本当は、28日、木曜日に帰る予定だったが、生徒さんとのパーティの約束が延期されたので、
29日金曜日に帰ることにして、この日は、近くのWells大聖堂に行くことにした。

朝から、とても霧が深くて、車の運転が大変そうだったが、息子とガールフレンドもFelixを連れてくるとのことで、現場で落ち合うことになった。

Wellsの商店街は、クリスマス後のバーゲンセールで賑わっていたが、どれも高くて、私には手の出る金額ではなかったので、ただ見て歩くだけだった。
それに、特にほしいと思うものもなかったし、最近、お店では、殆ど買いたいと思うものがない。

自分がほしいのは、本当に役に立つもの、実用的なものだけなのだ。
ここでは、そういう類のものは、見つけられない。

Wellsのお城の周りは、まるで、大阪城のお堀のようだった。

ただ、霧が深くて、冷たい湿気を含んだ空気が、身体の芯まで冷えさせて、どこか、カフェに入って、暖まりたいと思った。



霧に包まれた歩道は、それでも、美しかったし、来て良かったなと思った。



この日は、とうとう、日が照ることは、なかった。
朝、霧の出てる日は、お天気になるというのが、通常なのだけれど。

Wellsの大聖堂、この日は、やはりクリスマスだということで、入場は無料だった。
帰り際、Donation(寄付金)をBoxに入れただけで済んだ。



そして、翌日は、めずらしく、晴れの清々しい朝だった。
前の晩から、荷物をパッキングしていたが、やはり相当な量で、朝もかなり時間がかかってしまい、出発したのは、10時だった。



コテージともお別れ。初めて晴れたので、遠くの風景や牛の姿も見ることが出来た。

来るときは、早朝に出たので3時間半という速さで到着したが、帰りは家に辿り着くまでに、渋滞が多く何と7時間もかかってしまった。



コメント (2)

今年のクリスマスは。。その4

2018-12-28 22:04:07 | 海外生活
クリスマスの翌日、26日は、ボクシングデイ(ボクシングの試合があるわけではない)プレゼントを開ける日なのでBoxing dayというのだそうだ。

この日は、宿の近くの、Glastonbury Tor (グラストンブリーの丘)に登った。

運動不足になっていたので、ちょうど良かった。丘の上には、塔が建っている。みんな、その塔を目指して歩いてる。子供も老人も犬も、巡礼の丘のような場所だそうだ。

足底筋膜炎で、かかとが痛むかと思われたが、足のふくらはぎの筋肉を使うため、かかとには、あまり負担がかからなかったので、足が痛くなることは、なかった。
これで少しは、歩くことに自信がついた。


丘から眺めた風景



丘の上の塔



Glastonbury Torのふもとには、メディテーションの出来るガーデンがあった。この日はクリスマスということで、入場料は、無料だった。美しい庭で、お天気が良かったら、さぞかし気持ちの良い庭だろうと思われた。



この日は、宿から車で、約10分ほどしか離れていない夫の元奥さんの家に招かれた。

なんとなく、元奥さんのところに行くのは、なんだかなあと、思っていたが、2歳になる夫の孫とも会えて、一緒に遊んで、楽しいひと時を過ごすことが出来た。

夫の元奥さんとは、何度も面識があるけど、こんな風に、打ち解けて、リラックスできたことは、自分でも不思議なくらいだった。

今まで、自分で壁を作っていたのかもしれない。

普通、日本だと、離婚した夫婦の元奥さんや元旦那さんのところに招いたり招かれたりなんて、ありえないことだと思っていたから。

自分の息子や孫に会えない分、(日本に帰ったとき、息子の家族に会いに行ったとしても、いつも彼らは、慌ただしくて一緒に、くつろいで過ごせないので、)むしろ、この血のつながりのない家族の方が、本来の家族のような気がしてくるのだった。

おまけに、私にまで、プレゼントをくれたりした。その気持ちが有り難かった。
手作りのクリスマスカードも喜んでくれた。

実の息子家族からは、なんのコメントもなかっただけに、この言葉が嬉しかった。

今日、息子に電話してみたが、クリスマスカードを見てもいないという。
勿論、息子の嫁からも、何の言葉もなかった。
それを聞いて、何だか悲しくなってしまった。
私が海外から、送ったカードは、そのまま、ゴミ箱行きか?
もう、来年からクリスマスカードを送るのはやめようかと思った。


でも、夫の孫と遊んでいる時、つい息子の子供たち(自分の血の繋がりのある孫たち)のことを思い出して、会いたくなってしまった。

血のつながりがあってもなくても、子供は、可愛いものだ。一緒に遊ぶのが楽しい。

夫の孫のFelixとかくれんぼ(Hide and Seek)をして、子供が興奮して笑い逃げ回る姿に、つい、息子が小さかった時のことを思い出して、懐かしく思えてきた。

もうひとりくらい子供がほしかったけど、残念ながら、その機会は、私の人生には与えられなかった。

夫の孫は、大勢の人から夥しい数のプレゼントをもらっていた。
次から次へと、プレゼントのボックスが開けられていった。

私は、たまたま生徒さんが貸してくれたキーボードを持って行って、Felixが、たいそう気に入った様子だったので、それをあげることにした。(生徒さんは、そのキーボードを売るつもりだと言ってたので、ちょうど良いかなと思ったので)



夫の孫のFelix

こんな風にして、今年のクリスマスは、夫の家族と、実の家族のように過ごすことが出来た。




夫の元奥さんの家で行われたパーティに招かれた。
旦那さんが、クリスマスプディングにブランディをかけて、火をつけていた。

コメント

今年のクリスマスは。。。その3

2018-12-28 21:37:27 | 海外生活
24日のクリスマスイブは、夫の友人や、息子のガールフレンドの住むフルームと言う町に行き、美味しいレストランに連れて行ってもらって、とても小さなお店なのに、行列を作るほど人気があって、それだけのことはあり、美味しいお料理が食べられた。イギリスでは、なかなか美味しいレストランに出会うことが少ないだけに、満足した。



フルームは、お洒落な小さな町だけど、洗練されたカフェやお店が多く、街並みも、とてもお洒落。




25日は、クリスマス!

毎年なら、夫の娘と息子は、近くに住む夫の元奥さんのところで、クリスマスを過ごすのだけど、今年は、私たちが来たので、クリスマスを、このセルフケータリングのコテージで過ごすことになった。

夫は、朝から、クリスマスディナーの準備で大忙し。

クリスマスディナーは、大体、午後1時か2時くらいから始める。

去年もおととしも近くに住むローズマリー(現在83歳くらい)を招いた。
クリスマスディナーの準備は、いろいろ大変なのだ。
特に、今年は、自分の家でないので、何もかも揃っているとは限らない。

パッキングする時に、いったい何を持っていったらよいのか迷った。
夥しい量の荷物になった。

この日は、オーブンにローストする鳥を入れて、散歩がてら、隣の池にいるダックに餌をやりに行くことになった。
15分ほどして、戻ってきたら、大変なことになっていた!

オーブンから煙が、もくもく出ていて、煙探知機のアラームが、ピーピーと鳴り続けていた。

うちの家はガスオーブンだけど、このコテージのオーブンは、電気である。
夫は、パッケージに書かれた温度に調整して、外に出かけたのだけど、想定外に温度が上昇したようだ。

私たちは、大急ぎで窓という窓、ドアを開けた。

そしてすぐに、オーナーのご夫婦が、「大丈夫ですか?」と飛んできてくれた。

料理は、かなり焦げたけど、幸い真っ黒に焦げたわけではなかったので、そのあと、低い温度で焼いて、何とか無事に料理を用意することが出来た。(;´Д`)

それにしても、オーブンに料理をいれたまま、短時間でも、出かけるのは、危険だなと、つくづく思った。たいしたことにならなくて良かった。
料理も台無しにならなくて、皆が、がっかりする羽目にならなくて良かった。(;^_^A

夫は、その辺に咲いてる草木を取ってきて、花瓶に飾っていた。ささやかな、おもてなしだ。



いろいろ口喧嘩もしたりしたけど、この日は、皆がやってきて、楽しく過ごすことができた。

山下達郎のクリスマスイブをYoutubeで流していたら、夫の娘は、気に入って、一緒に口づさんでいた。

彼らに会って、なんだか今までになく、自分の家族のような気がしてきた。
プレゼントもくれたり、(自分の実の子供からは、プレゼントなどもらったことないのだけど)クリスマスカードと安物のチョコレートをプレゼントにあげただけなのに、喜んでくれたりした。

夫の息子は今まで手伝ってくれたことなどないのに、めずらしく、洗い物を手伝ってくれたりした。

新しいガールフレンドが、よく気の付く人だからかもしれない。

最後はみんなで、ヤッツイというゲームをした。
ゲームが苦手な私なのに、偶然にも私が一番だった。

現実の生活でも、こんなに成功して、お金に苦労することがなかったらいいのになあ~なんて、つくづく思ってしまった。


コメント

今年のクリスマスは。。。その2

2018-12-28 21:24:29 | 海外生活
予定より、早めにセルフケータリングのあるコテージに着くことができた。

サマーセットは、お天気が悪く、イーストボーンが晴れている日でも雨が多い。
この日は、曇りで、幸い雨ではなくて、良かった。

出迎えてくれたセルフケータリングのオーナー夫妻は、とてもフレンドリーで感じの良いご夫婦だった。
多分、リタイアして、このような田舎に家を買って引っ越してきたのだろうと思われる。

この家は、元は、barn(馬小屋もしくは、農具や機械をいれるための納屋)だったのを、改装して、家にしている。

中は、キッチンとお風呂(バスタブがある!家にバスタブがない私にとって、これは魅力的)そして、ベッドやソファや小さ目のテーブルや、椅子が置かれている。

床はフローリングで、着いた日は、部屋が温まっていなかったせいか、寒かったけど、2日目以降は、部屋の中は、暖かかった。

その日は、夫の息子が、2歳になる子供(夫の孫)を連れてきた。

つかの間の間だけ居て、彼らは、どこかに招かれてるらしく出かけて行った。

翌日は、夫の息子とガールフレンド、夫の娘が来る予定だ。

夫の息子のドミニクは、パートナー(元妻、でも籍は入れていない)と別れた後、このガールフレンドと付き合ってる。

パートナーと別れた後、すぐに彼女を見つけたので、びっくりしたが。

そして、ドミニクと元パートナーは、1週間の半分ずつ、子供を引き取って別々に暮らしている。
こういうケース、イギリスでは、結構、多いようだ。

この日は、靴の町、Clarksのストリートに出かけて、私に合うような靴を探してみたが、見つからなかった。今は、日本のスーパーで買った安い靴を履いてるが、これが、一番、履きやすい。

足底筋膜炎なので、なかなか自分の足に合う靴を見つけるのが大変なのだ。

結局、気に入った皮の財布(18ポンド也)を買って、宿に帰ってきた。

お風呂には、夕方と寝る前の2回、入った。そのせいか、足の痛みが少し軽減されたように思う。やはり、足を温めるのは、いいんだろうなと思う。

酷かったアトピーは、ドクターに出されたステロイドを塗ったお陰で、
少しだけ良くなった。
このまま、ステロイドを減らして、治ってくれたらいいのだけど。

まだ、目の周りが痒くなったり、少し赤くなったりするので、目の周りを触る時は、清潔なハンカチで、拭うようにしている。


次の日は雨だったけど、グラストンブリーまで出かけて行った。

小雨が降ってる中を歩いた。クリスタル(水晶)を売ってるお店や、インドの曼陀羅のようなお店や、変わったものが売ってる店が多かった。



歩いてる人も、以前来たときと同様、70年代のヒッピー風の人が多かった。



ランプが女性のスカートと足になってるランプ。

特に買いたいものもなく、美味しそうなレストランも入ってみたいカフェも見当たらず、この日は宿に帰って、スーパーで買ったピザに、pepperと、残り物のハムを乗せてオーブンで焼いた。

外は雨が降り続いていて、道は、ぬかるみだらけ。この地方に住むには、長靴は必需品だなと思った。


コメント

今年のクリスマスは。。。 その1 

2018-12-28 21:08:13 | 海外生活
今年のクリスマスは、夫の子供たち、そして、夫の元奥さん(今は、再婚している)の住むサマーセットのセルフケータリングを借りて、サマーセットで過ごすことになった。

セルフケータリングは、大体、金曜日から次の金曜日まで、1週間単位で、借りれることになっている。
クリスマスの時期は、生徒さんもクリスマスの休暇で、来なくなることが多いので、お休みするのには、いいのだけど、そして、今年は、12月初めに行きたかったスペインにも行けなくて、サマーセットに行くことを、夫が決めた。

もし12月21日に、海外に行くために、ガトウィックに行ってたら大変なことになっていたところだった。
ガトウィック空港が、ドローンの為、閉鎖されたからだ。

私のピアノの先生も、モロッコへ行く予定だと聞いていたので、メールで、「どうでしたか?大丈夫でしたか?」と聞いたところ、この事件の為、急遽、アムステルダムまで、ユーロスターで行き、そこから、モロッコに飛び立ったとのメールがあった。

先生は、12月20日に、ガトウィックから、モロッコに行く予定だった。空港が閉鎖され、どうやら、回り道の何時間もの長時間の旅になり、ああ、大変な思いをされたのだと思った。

夫は木曜日まで仕事だったので、金曜日は、荷物のパッキングに充てて、土曜日早朝、サマーセットに発った。

クリスマスの25日は、お店は、すべて閉まる。
そして、26日のBoxing day (クリスマスプレゼントを開ける日)もお店は閉まったままになる。
この時期は、皆、買い物客で埋め尽くされる。
23日は、日曜日でお店は午後4時までしか開いていない。

そのため、私たちは、クリスマスの料理の為の材料を買い込んで、車に積み込まないといけなかった。

セルフケータリングだと、外食しない分、安上がりで済むのだけど、大変なのは、調味料から、食料品を何から何まで持っていかないといけないことだ。
クリスマスはお店が閉まるから、必要なものが当地で買えるかどうか、わからない。

寒いかもしれないから、毛布も、そして、枕やシーツも積み込む。

包丁は、たいてい切れの悪い包丁が置いてあるから、包丁も持って行かねばならない。食器類や、鍋は、たいてい揃っているから大丈夫だと思うけど。

丸一日かけて、荷造りを終えて、土曜日の早朝に出られるように、金曜日の夜までに、荷物を車に積み込んだ。

まるで、引っ越しのようだ。私は、へとへとに疲れて、もう二度とこんな思いしたくないと思った。

「来年は、行かへんからね!」と夫に言った。
行く前に、ちょっとした喧嘩になり、「そんなに、嫌なら、俺、一人で行く!」と言い出したので、仕方なく、何も言わずに、もくもくと、荷造りをした。

土曜日の朝、6時半頃出たので、今までで、最もスムーズに短時間で、いつもなら大渋滞するストーンヘンジの周辺でも、すいすいと車が進んで行った。



途中、1回のトイレ休憩、と朝食の為、ストップした以外は、車を走らせたので、なんと11時過ぎには、到着した。

快適な車の旅だった。

この日は、晴れていたので気持ちよかったけど、サマーセットに着いた途端、暗い重い雲が立ち込めて、小雨になった。




宿泊先のコテージのすぐ近くには、沼があって、ガチョウ(Geese)や鴨が、いっぱいいた。



中でも、ギースは、とても、Agressiveで、近づくだけで「シャー、シャー、」という攻撃的な音を立て、すごい声で鳴き始めた。田舎の人々は、番犬の代わりに、Geeseを使うらしい。
この灰色のグースは、この沼の親分のようだった。
コメント