50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

今日は、田舎のクリニックに行って、ほっこりした気分に。

2020-01-23 23:29:40 | イギリスの医療事情

今日も、朝から暗い一日。どんよりとした重い雲が、広がってる。
二日前には、夕暮れ時、こんな空だった。
この日はお天気で、夕方、奇妙な雲が広がっていた。



今日は、朝から皮膚科の予約がある日だ。
しかも、ちょっと不便なところ。
車があれば、15分くらいなんだけど、今日はあいにく夫の仕事の日で、車は使えない。
その代わり、夫はタクシー代として10ポンドくれた。
これで、行きだけでも、タクシーが使えるというもの。助かる!

GP(かかりつけ医)から、皮膚科を紹介されたのは、もう2か月ほど前だった。
そして、この日の予約の手紙が届いたのが、1か月ほど前。
手紙が届いた時は、1か月も先なのか?その頃には、治ってるかも?と思ったものだ。
でも、どうなるか、わからないので、一応、予約の日には、行こうと思っていた。

3、4日前くらいから、また瞼のアトピーが出始めて、今日は、万良く、一番、腫れあがっていた。
ちょうどいいや、これで、皮膚科も診断しやすくなるだろう?と思った。
タクシーを呼んで、時間きっかりに来てくれた。
それが、とんでもなく陽気なタクシーの運転手さんで、乗ってる間中、ずっと楽しい気分でいられた。いっぱい、お喋りしてくれたしね。
「あんた、日本人だろう?」
「ええ~?どうしてわかるの?」と言ったら、
「この仕事を長年やってたら、それくらい、わかるさ~」と答えてくれた。
「あなたは、イギリス人でしょう?」と聞くと、
「そうさ!生まれたのも、育ったのも、この町だよ!この町が大好きでさ、ここから、出ていくなんて考えられないよ。」
それから、「日本語で、Thank you って何ていうんだい?」と聞くので、
「有難う」と教えてあげると、何度も繰り返していた。
ポルトガル語での発音とちょっと似てるらしい。これは、私の生徒さんが教えてくれた。
Obrigado というのだそうだ。
そういえば~何となく、似てる! と思ったものだ。
そんなこんなで、会話していて、ちょっと、ほっこりした気持ちになった。

そして、クリニックは、田舎のWesthamという駅のすぐそば。
すごく田舎なので、近くには、何もない、お店もカフェもない。

帰りは、どうしよう? バスあるかな? 電車の駅は近いけど、切符売ってるかな?
以前、無人駅から乗って、電車の中で切符を、いつも買っていたら、ある日、突然、切符を持っていないのなら、ペナルティを払えと言われて、多額のペナルティを払わされたことがある。
それで、ちょっと心配になって、クリニックの受付の人に聞いてみたら、「大丈夫だと思いますよ。電車で来られる方もいますから」と言われた。
待合室で待っている人々も、親切に、「多分、、〇〇番のバスに乗ったら大丈夫ですよ。でも、時間はわからないけど」と教えてくれた。
とりあえず、駅に行こうと思った。
無人駅かと思ったら、女性の駅員さんが、一人だけいた。
この駅から乗った客は、私ひとり。
他に、お客は、誰もいなかった。
何となくいい感じだな~
何か、旅に出たような気分になってしまった。

イーストボーンの駅に降りて、久々に、フィリスさんのところを訪ねてあげよう、と思い立ち、電話したら、嬉しそうな声で、「是非、来てちょうだい」というので、駅前の花屋で、花を買っていった。



フィリスさんに、ひとつ、そして、自分自身にも、ひとつ、何となく、春がもうすぐ、という感じの雰囲気に浸りたかった。
フィリスさんは、殆ど寝たきりだった。食事をすると、むせるようだ。
そういえば、私も最近、食事や飲み物でむせる。年取ってきたということなのかな?
それから、その後、ショッピングモールに行き、新しく出来たシネマに、どんなところか、様子を見に行った。しかし、何だかなあ~という感じがした。
まるで、カジノみたいな雰囲気。

古いシネマは町の中心にあったのだけど、先週にクローズダウンしてしまった。
この映画館は歴史ある映画館で、今年の末まで営業してたら、100年になるところだったのに、新しいシネマが出来たので、太刀打ちできなくなり、閉店せざるを得なくなったのだ。

最後に先週の木曜日、このシネマで映画を観てきた。
大した映画がやってなかったから、仕方なく観たのが「キャット」だった。
イマイチだった。この映画は、評判も良くなかったらしい。
客は少なく、館内に入ると、かび臭い匂いがしていた。
暖房も、節約してるのか、とても寒かった。
しかし、残念だなあ。歴史ある映画館が営業していけなくなって閉まってしまうのは。



館内の様子。



レトロな雰囲気が好きだった。



2階には、古い映写機も置いてあったりして。
1年ちょっと前には、Queenのボヘミアンラプソディーを観に行ったのに。
あの時も、すいてて、観やすいなあとは思ったけど、大丈夫かな?この映画館、つぶれないかと、心配したものだった。

今日、帰り立ち寄ってしまったら、もうすっかり閉まっていた。
淋しい感じがしました。






にほんブログ村
コメント

Ful Jabと、Podiatryに行ってきました。

2019-10-24 15:11:11 | イギリスの医療事情

毎日、毎日、雨ばかりで、嫌になります。
といっても、今年は、少しだけ生徒さんが増えたので、毎日、何かと忙しいのが救いです。

忙しいと、雨のことを気にしてる暇は、あまりないですからね。
でも、いざ、晴れ間が出ると、めちゃくちゃ、大忙しになってしまいます。

洗濯物して、干さなきゃ!出かける用事も!犬の散歩もしたいけど、車がないから、行けないや~とか、でも、久々に買い物!!とか。

GPから紹介されてから1年ほど待ったあげく、やっと今年の7月に整形外科のアポイントが取れて、そこから、さらに、足専門医(Podiatry)に紹介されて、昨日、やっと、Podiatryに行ってきました。なんとフィリスさんの家の近くでした。

PodiatristのDoctorは、診察室に入るやいなや、何やら情報を、PCに入力する作業に追われていました。
そして、やはり足底筋膜炎(Plantar Faciitis)ということで、インソールをくれました。
すべて無料でした。

NHSの医療はすべて無料ですが、長い期間待たされるので、やはり、30%のお金を払っても、日本の国民健康保険制度の方が良いように思います。



昨日、もらったインソール、以前にアマゾンで買ったのと、よく似たものでした。

私の履いていったスケッチャーズの靴をみて、「これは、いい靴だ」と言われました。
本当に、この靴以外は、今は、痛くて履けません。



この靴は、中敷きがメモリーフォーム(低反発のクッション)になってるので、かかとの
衝撃が吸収されます。
ただ、スケッチャーズの靴は、ウォータープルーフの靴が、なかなかなくて困ります。
これから、雨の多い季節なので、ウォータープルーフの靴が出てきてほしいです。

しかしながら、イーストボーンにもスケッチャーズのお店がオープンしたので、嬉しいです。

昨日は、新たな発見がありました。

なんと、駅の近く、フィリスさんのお宅の近くに、猫カフェができていたのです!!
ええ!?なんだか、日本みたい~~!
このアイデア!?(;'∀')は、日本からでは?と思ってしまいました。

ウィンドウを見ると、可愛い猫ちゃんたちが、いっぱい、遊んでたり寝てたり、最初、お人形かと思いました。すると、動くので、ええ!?本物の猫ちゃんたちだ!と気づきました。

小さな文字で、料金が書いてました。入場料だけで、5ポンドだそうです。
いよいよ、猫カフェが、イギリスにも上陸?しかも、こんな田舎町のイーストボーンに?!
ドリンクメニューはなくて、いくらくらいなのか、わかりません。

今日は、生徒さんも少ないので、合間をみて、Ful Jab(インフルエンザの予防接種)に行ってきました。
私は、喘息持ちなので、無料でした。

NHSも予算がなくなるわけだと思いました。

こんなに何でもかんでも無料だったら、そりゃ、待ち時間も長くなるし、大変なことだと思いました。
人によっては、おびただしい量の薬をもらってるのだもの。

その一方、救急の医療では、事故に遭って、病院に搬送されても、医師やスタッフが不足していて、何時間も待たされた揚げ句、命を落とす人も多くいると聞きました。

先日、子宮の摘出手術を受けた友人は、2日くらいで退院させられたそうです。
帰ってきたとき、階段を上るにも痛みで足が上がらなかったといいます。

手術した翌朝にでた食事は、ライスケーキだけだったといいます。
かなり、貧しい食事ですね?彼女は、「でも、無料だから仕方ないか」と思ったそうです。

そうなんです、無料だから、ベッドも早く明け渡さなくていけないから、すぐに追い出されるそうです。
何だかなあ~! 怖いです。病気になんて、絶対になれない感じです。
でも、それでも無料でやってくれるのは有難いけど。

日本のように、あちこち自分で選んで病院に行くことも、この国では、出来ません。
すべて、どんな病気でも、最初は、GPにかかって、それから専門医に紹介してもらうという形です。
でも、レントゲンなど、何度も撮りなおさないでも良い、などのメリットもありますね。

今日は近くのクリニックにインフルエンザの予防接種の予約に行きましたら、隣のChemist(薬局)で、その場で、注射をしてくれました。
65歳以上は無料ですが、私は喘息があるので、無料で出来ました。

猫カフェ、行ってみたいと思いましたが、予約制でなかなか予約も取れないほどの人気だそうです。

/font>





にほんブログ村
コメント

お見舞いに行きました

2019-06-09 16:53:22 | イギリスの医療事情


今日は、犬の飼い主のフィリスさんのお見舞いに行きました。
本来なら、イーストボーンにRecoveryの為の施設があるはずでした。
でも、いつの間にか、閉鎖になったのです。

この町のカウンシルは、病院を次々と閉鎖していきます。
私がこの町に引っ越してきたころは、病院の数も多く、リカバリーの施設も多かったけど、
NHSの予算が少ないため、次々と病院を閉鎖していっています。

そして、私の知っているリカバリーの為の施設(Firwood House)も、閉鎖になりました。

夫の父も、そして、フィリスさんも、2年ほど前には、このFirwood House という、綺麗な庭園のある
リカバリーの施設、(個室でトイレもシャワーも部屋にあり、落ち着いた雰囲気)に2週間ほど、滞在、
そして、NHSの施設なので、無料で入ることが出来たのです。

先週、フィリスさんを病院に訪れた時は、「早く家に帰りたい!」と息子さん(次男のコリンさん)に訴えていました。

今日も病院にお見舞いに行く予定でしたが、フィリスさんは、このケアハウスに移っていました。
やはり、個室で、窓からは、庭に咲く花が見られ、歩いて外庭にも出られる部屋でした。

ただし、ここは、プライベートだそうです。ですから、相当なお金が、かかるようです。
確か、1週間で1200ポンドくらいだそうです。日本円にして、17万5千円くらい。
1日、2万5千円くらいということになります。

日本でも、プライベートの個室、綺麗なところだと、これくらいは、するのでしょうか?
世知辛い世の中になってきました。

お金がないと、入院する場所も、狭い6人部屋、お金を出せば、リラックスできる庭の見える良い部屋。

でも、今日は、フィリスさんは、とても具合がよさそうで、終始、笑顔で、ベッドに寝た切りでなく、途中でやって来た三男の息子リチャードさんに、「椅子に座りたいの」と言って、椅子に座るのを手伝ってもらい、私たちと会話をしました。そして、リチャードさんが、近くで摘んできたというイチゴを、美味しそうに、ほおばっていました。

私も、ほっとしました。
こちらにいるという情報を教えてくれたKさんにも感謝です。

このケアハウスを出た後、フィリスさんは、次男のコリンさん宅に引っ越す予定だそうで、
「今から心待ちにしてるのよ。そして、私の愛するペニーに、一刻も早く会いたいの!」
と言ってました。






にほんブログ村
コメント

ショッキング!またもや、イギリス医療の恐怖⁉

2019-05-24 09:03:35 | イギリスの医療事情

夫の甥っ子が、先日、仕事中に急に胸が苦しくなってきて、自分で運転して、ロンドンの病院に、
行ったそうだ。
当初、診た医師は、心臓に、穴が開いてると診断したそうで、「よくもまあ、こんな状態で運転してきたものだ。即、手術が必要だ」と言ったらしい。

ヨークに住む、彼の両親(夫の兄と兄嫁)が車で駆け付けたらしい。
車で4時間かかったそうだ。

手術がすぐに行われた。
キーホール手術で、足の付け根に穴をあけて、心臓まで通す手術、いまや、キーホールで、そんな
遠隔操作手術も出来るんだ、と驚いた。

しかしながら、翌日、夫の甥っ子は、心臓の手術の後で、弱っていて、とても歩ける状態ではないのに、「病院には、君を置いておくベッドがないから、帰りたまえ」と言い渡されたそうな。

この子には、迎えに来てくれた両親がいたけど、もし誰もいなかったら、一人だったら、どうなるんだろうと、夫も心配していた。
そうなると、甥っ子は、多分、一番近くに住む私たちに連絡を取るしかないんだろうな。とも。

私が、もし年取って、そんな風になったら、どうなるんだろう?
誰も助けてくれる人がいないのは、日本もイギリスも同じかもしれないけど、日本なら、
少なくとも、そんな手術をして、翌日の朝に、病院から追い出されることは、ないはずだ。
むしろ、入院期間が長すぎて、早く退院したいのにと、イライラすることの方が多いかもしれない。

イギリスの医療、恐ろしや。

10年前に、夫の父が、階段から落ちて、血みどろになって(血とウンチだらけになって)救急で運ばれて、私たちが、階段を掃除してから、病院に駆けつけると、4時間もそのままの服で放置されていたことを思い出す。
看護師さんに、「服を着替えさせてもいいですか?」と聞くと、やっと、「私がやります」と言われた。
あの時のショックを受けたことを思い出す。

久々にイラストを描いた。
ベリーダンスの好きな知り合いに渡すためバースデイカードを作成。
パーティに招かれたけど、2、3曲ほど、ベリーダンスのパフォーマンスを見て帰って来た。








にほんブログ村

コメント (2)

大変なことになってしまいました!犬を預かっています。

2019-03-12 23:28:38 | イギリスの医療事情
先日の日曜日、いつものように、ボランティアの犬の散歩の為、いつものように、ドアを開けると(飼い主さんは、鍵を家の外のボックスに入れていて、ヘルパーさんや、ボランティアが、開けれるようになっている)

何とも、強烈な異臭がする!
とっさに、10年以上前に、夫の父親が階段から落ちて、血と、ウ△□まみれになっていたことを思い出した。

飼い主(フィリス)さんは、去年から、2階のベッドで寝ることが不可能になり、息子さんたちが、ベッドを階下におろしてきていた。
彼女には、親孝行な息子さんが3人いる。
特に次男と三男の2人の息子さんたちは、それは、それは、お母さん思いの息子さんたちなのだ。

私は、いつも、彼女に「あなたは、ラッキーですよ。あんなに優しい息子さんたちがいて」と言うのだ。
その都度、彼女は、「そうね、私の息子たちは、本当によくしてくれるのよ。」と言う。

この前日、フィリスさんに電話して「明日、行きますからね」と言うと、彼女は「有難う!いつも、助かるわ」と普通に答えていたのだけど、電話口で、「金曜日に、ブライトンの従妹の所に行ってきたのよ。彼女が、死にかけていてね。とても、Upset(動揺)したのよ。」と話していた。

それで、そのことがあって、具合が悪くなったようだった。
2年くらい前まで、彼女は、自分で運転して、ブライトンの従妹の所まで、一年に一回出かけていた。
これが、年に一回の、彼女にとっては、大切なSocial Eventだった。

それが、お見舞いに行って帰って来た途端、彼女自身が、こんなことになるなんて。

動けなくて、すぐ近くにあるトイレにも行けなかったようだった。
床も、ベッドも汚物まみれになっていて、この異臭で、私は、吐きそうになり、思わず、部屋の外に出た。

そして、10年以上前に、夫の父親が階段から落ちて、血と、ウ△□まみれになっていたことを思い出した。

あの時は、私たちが救急車を呼び、連れて行ってもらってる間に、階段と床を掃除した。

4時間後に、やっと、掃除を終え、病院に行ったら、何と、夫の父親は、まだ着替えもさせてもらっていなくて、処置も何もしてもらっていなくて、汚物に、まみれたままだった。
ショックだった。

私が看護婦さんに、「着替えさせてもいいですか?」と聞くと、「私がやります」と言ってやってくれたけど。
4時間もほおっておかれるなんて!!とショックだった。

しかし、夫の父は気丈な人で、救急隊員に連れていかれる時でも、ジョークを飛ばしたりしていた。
救急隊員の人たちも、夫の父の、あまりの気丈さに、笑いながらも、呆れていた。

しかし、犬の飼い主さんは、意識が殆ど、ない状態だった。時々、咳き込んだり、呻いたりしていた。

私は、すぐに息子さんに電話した。

「すぐ行くから、あなたは、犬の散歩に行ってくれたら、助かる。犬がいたら足手まといになるから。」というので、犬を連れて出して散歩に行った。

お天気も悪くなったりして、少し車の中で雨宿りをしたけど、もう、息子さんが掃除を終えてる頃だろうと行ってみると、救急車が2台も来て家の前に止まっていた。

3人の息子さんたちも来ていた。中の様子は、あまり見れなかったけど、救急救命士と看護師さんが、応急処置をしている様子だった。

この日は、犬を連れて帰った。暫く犬を預かることになる。
もうすぐ日本に帰国だというのに、大変なことになってしまった。

フィリスさんが無事に回復することを祈るばかりだ。

公園には、リスがいて、立ち止まって、こちらを見ていた。



風が強くて、雨も嵐も多くて、沈丁花の花は、もう殆ど、匂いがなくなってきていた。



その代わり、もうあちこちで、黄色い水仙が咲いている。



わが家にやってきた犬。最初の夜は、心なしか淋しそうだった。





にほんブログ村
コメント