50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

まさに、キリギリスのような生活

2016-08-26 20:19:18 | 海外生活
今週は、気温が26度まで上昇して、まさにヒートウェーブが押し寄せてきてる感じだ。
夜になっても、暖かくて、半袖で外を歩くことが出来る。
こんなことは、こちらでは、滅多にないこと。

夜に半袖で外を歩けるなんて。。なんて心地良いのだろう。
おまけに、お天気の日々が続いてるし、空は澄み渡っている。
昼間は、青空。
夜になると、空を見上げると、一面の星空。
ミルキーウェイも見える。時には、人工衛星さえも見えることがある。

暖かいものだから、毎日のように、海で泳いでる。
今を逃したら、と言う気持ちで、毎日、海に行く。
それもこれも、海から徒歩10分くらいの距離に住んでいるから、出来ること。

いつまで、こんな暮しが出来るか?
秋になって、夫に、仕事が入ってくるかどうか不明である。
お気楽なものだ。まさにキリギリスのような生活。

それでも、毎日、ぎらぎらと太陽が照り付け、海がきらめく季節。
毎日、海で泳いで、食べて寝て、それで、一日が終わる。
明日のことなど、考える余裕もないくらいだ。
考えても仕方ないから、考えないようにしてるのかもしれない。


今夜は、先日、Brightonの日本食料品店で買ってきた、冷凍のウナギで、うな丼を作った。



産地を見てみると、中国になってる。たれは、ついてないので、自分で、味醂や日本酒、醤油で作った。



スーパーで売ってたオクラで、お浸しを作り、鰹節かけ、あとは、これも先日、Brightonで買ってきた
豆腐で、冷ややっこを作った。



こちらでは、寒いことが多いので、滅多に、こんなメニューにすることなんてない。
まるで、日本の夏みたいだ。



おまけに、暑かったので、スイカも食べたくなって、スーパーで丸ごとのスイカ(スペイン産)を買った。
これが、甘くて美味しかった!



こちらのスイカは、日本のスイカと違って、甘みは強くなく、あっさりしていて、種が非常に小さいので、
気にならなくて、種も食べてしまう。

ウナギと、オクラは、夫には、不評だった。「二度と、作らないでくれ!」と言い渡された。
そういえば、夫が、日本に来た時、ウナギを出した時も、不評だった気がする。(~_~;)
今回も、私ひとりが、ウナギが、無性に食べたくなって買ってしまったのだ。

昔、Southendという所に住んでた時、ウナギのお店に入ったことがある。
Mush and Eel(マッシュ&イール)マッシュドポテトとウナギのお料理のお店。
ウナギは、白いままで、タレなどにつけない。
他の人の食べてるのを見たら、ミントソースをかけて、食べていたので、真似して食べてみたが、途中で、きもち悪くなって、ギブアップ。

あと、ジェリードイールといって、ウナギに透明のゼリーを混ぜたものを売ってることもある。
これも、日本人のお口には、合わない。(-_-;)
イギリス人の口に、日本式のウナギの食べ方が、合わないように、私の口にはミントソースもジェリーも気持ち悪かった。

イギリス人は、オクラなど、ねばねば系も好きじゃないようだ。

豆腐は、最近、イギリス人にも人気がある。
しかしながら、こちらのスーパーで売ってる豆腐は、硬くて、まるで、チーズみたい。(;´Д`)
だから、私は、わざわざ、Brightonの日本食料品店まで行って買うのだ。

近頃は、スーパーでも、冷凍食品コーナーで、枝豆などが売ってるから有り難いことだ。

コメント

将来の不安。迫られる決断。日本に帰るかどうか?

2016-08-21 21:11:40 | 海外生活
思えば、10年以上も、ここで何とか暮らしてきました。
良くも悪くも、ここで、よく耐えてきたものだと思います。

2012年に母が亡くなるまでは、父母の遠距離介護のため、日本とイギリスを半分、行ったり来たりの生活をしてきました。父は、私がイギリスに来て、僅か1年半後に亡くなりました。

最初来たころは、お掃除の仕事にありついたのですが、すぐに両親の具合が悪くなって、日本に帰国。
それから、8年間、行ったり来たりの生活が続いてきました。

こちらで、仕事はしたくても、言葉の壁があり、しかも、この田舎町では、ネイティブEnglish Speakerでも、なかなか、仕事に、ありつけない場所で、いつしか、雇われる仕事は無理だと思えるようになっていました。

この町に住む日本人の子供たちに、ピアノをボランティアで教えるようになったのが、きっかけで、それから、ABRSM(The Associated Royal School of Music)の資格を取得すべく元大学教授の先生について、勉強して、何とか最上級のグレード8を取得しました。

まだまだ上の資格は、勿論あるのだけど。Diplomaは、流石に難しいし、手の小さい私には無理と思い、断念しました。それで、今は、こちらでピアノを教えて暮らしています。
好きな仕事なのですが、やはり、こずかい程度の収入にしかなりません。
生徒集めにも苦労します。
これで、生計を立てていくのは、なかなか難しいものがあります。  

この町は、お年寄りのリタイアメントの町なので、ケアハウスが多く、介護の仕事なら、いっぱいあるようですが、私は、膝や腰が痛いのと、足底筋膜炎なので、とても、出来そうもありません。

もう、私も61歳、昔なら、年金生活者です。
でも、私には、あいにく年金が殆どありません。
シングルマザーだったので、年金は減免申請しておりました。
あの当時は、とても、払えるような金額じゃなかったので。 
今は、65歳まで、何とか払い続けて行くつもりです。
僅かしかもらえないけど、役所の人に昔、言われました。
「障害者になった時には、全額が出るので、減免申請だけでもしておいてくださいね」と。

体力は、年々、衰えていきます。

しかし、あと3年で、このフラット(住まい)も出て行かないといけないのです。
利子だけのモルゲージ(ローン)で、夫が家賃を払うより安いということで、このフラットを
買ったのですが、3年後に、利子だけを払い終えます。
でも、その後、どうするか?ローンの組み直しは、とても高すぎて出来そうもありません。
それに、65歳で仕事があるかどうか?
イギリスの年金は、67歳からです。毎年のように、福祉が削られて行ってます。

救急病棟も、平均で4時間待ちだし、突然、病気になったり、事故に遭ったらどうしようと思ってしまいます。

将来のこと、考えると不安が、よぎります。
日本に住むことも考えてるのです。
夫は、日本に住みたくないと言ってましたが、ここでの家賃を考えると、他に選択技がないように思えます。

今は、この狭いフラット、安い値段で、ローンを払っていってます。
もしこのフラットを賃貸で借りるとしたら、今の3倍くらいのお金を払わないと住めません。

大阪には、傾きかけた両親の家が、一応あります。
地震が来ると、ひとたまりもないような家ですが、ホームレスになるよりマシです。

それでも、夫は、日本に住みたくないと言うので、1年か2年か、私の貯金も崩して、何とか、やってみようかと考えています。

この町は、留学生も多く、ホストファミリーをビジネスとしている人も多くいます。
3寝室の部屋でしたら、家賃は、多分、18万から20万円くらいするでしょう。
ホストファミリーをやって、それで、何とか、家賃分だけでも支払えたら。。と思ったりします。

夫と話し合って、出したアイデア。
65歳になって、この家を追い出されたら、高くても賃貸に2年ほど住んで、ホストファミリーのビジネスをして、それでも、貯金を崩してしか暮らしていけないようなら、日本に帰国を考えています。

夏の暑い大阪は、苦手なので、長野とか北海道に移住しようかと考えています。
夫が言うには、ログハウスなら安く買えるらしいし、その上、どこにでも運んでくれるらしいので、
日本の田舎に土地を安く買って、ログハウスに住めないものかと考えています。


コメント

日本のテレビ番組を見て、日本人作家の本を読む日々

2016-08-21 16:31:30 | 海外生活
こちらに来てから、もう10年以上になるというのに、私は未だに、英語の新聞や、雑誌、
そして、英語でのテレビ番組を観る気がしない。

こちらのテレビ番組で観るのは、Britain's got Talent くらいなもの。(;^_^A
この番組では、かの有名な、スーザンボイドなどが、誕生した。

今、私がハマってるのは、こちらの友人が、JS TVという有料の番組で、こちらの日本人のために録画してくれた、NHKの朝ドラ「朝がきた」

面白くて、やめられない。おまけに録画してくれてるので、観ようと思ったら、いくらでも観れるので、
ついつい、夜更かししてまで、観てしまう。
2時間まで、と自分で決めてるが。。。先が、ついつい、気になってしまうのである。

朝ドラの「まっさん」は、必死で、Youtubeなどを探して、観たけど、削除されてたりしたことも多く、
観るのには、なかなか、苦労した。

本は、伊藤比呂美さんの「犬心」などを読んだ。この詩人(作家)は、カルフォルニアに住んでおり、海外に住みながら、遠距離介護をするところなど、自分に重ね合わせてみたりする。

勿論、伊藤比呂美さんは、有名な詩人で、作家、エッセイストとして成功してるし、娘さんも3人もおり、
犬も飼って、私などから見たら、羨ましい限りの生活だ。

気が滅入った時、何もする気がしないとき、本を読んだり、日本の番組を観る。
こんな贅沢が出来るのも、こんな風に、皆のために、録画してくれたりする友人がいるお陰だ。



コメント

美味しいものを食べると幸せな気持ちになる

2016-08-20 15:35:04 | 料理
先日、隣町のBrightonに行ってきた。
久々に行ったピアノのレッスンの帰り、いつものように、立ち寄る日本食料品店。

このお店、オーナーが変わって、新しいオーナーになった。
働いているスタッフは関西の人たちだが、オーナーは、群馬出身の女性。
見た所、私と同年代くらいの女性。

スタッフも、以前の経営者よりも、ずっとフレンドリーで、会話してるだけで、楽しい気分になってくる。
それに、笑顔がとてもいい。

若い女の子のスタッフ、彼女は、ワーホリで、1年間、来てるのだと言う。
親切に、いろんなアドバイスをくれた。
「この商品は、ロンドンの、アタリ屋さんという仕入先から来てるんですよ。とっても、新鮮なんです」とのこと。
そういえば、アタリ屋さんって、聞いたことあるなあ?
日本人向けの新聞で見たような。。。?

この日は、珍しいものが、いっぱいあったので、たくさん買い物をしてしまった。
まず、いつものように、冷凍された納豆、そして、やはり、冷凍された、うすあげ、これ、自分で、味付けするんだけど、キツネうどんにすると、美味しいのだ。

日本では当たり前の食べ物が、こちらでは、貴重な食べ物になる。

そして、冷凍のきずしも買った。持って帰る間に解凍されたので、その日のうちに食べた。

もともと、きずしは、大好き。でも、自分で作るのは、面倒だし、新鮮なサバも手に入るかどうか、わからないので、(一度、海で魚釣りをしてる人に聞いて、譲ってもらおうかと思ってるのだが)買ってみた。
リーズナブルな値段の割に、美味しかった。
そんな時は、とても、幸せな気分に浸る。



しばし、日本にいるような、錯覚にさえ陥ってしまう。

今日は、犬の散歩の後、ランチに、キツネうどんを作った。



日本で買ってきたカツオの業務用だしを使うと、本格的な、うどんだしの出来上がり。
みりんは、こちらのスーパーでも売ってるものを使う。



んんん~!満足!

昨日は、夫と喧嘩したりで、気分も滅入っていたが、今日は、この美味しい、キツネうどんを食べて、また
元気になりつつある。食べ物によって、こんなにも、気分が変わる、単純な私である。(;^_^A 

コメント

エアーボーンショウも、今日で終わり。

2016-08-14 16:34:25 | 海外生活
今週の木曜日から、エアーショウが、海岸沿いで行われている。
ずっと、お天気の良い日が続いていて、海岸は、大勢の人々、主に、小さな子供のいる家族連れで、賑わっている。
こういう家族連れを見ると、羨ましいし、自分には、欲しくても得られなかったものを、感じる。
息子は、日本に暮らし、お嫁さんの実家の近くに住み、孫たちにも、一年に一度、日本に帰った時に、僅か2,3日しか会えない。
何だか、淋しいけど、仕方ない。日本にいたとしても、滅多に会えないのだから。
女の子を持つ親は、得だなあと、つくづく感じる。

ヨーキーのペニーは、飼い主さんが、エアショウの間、睡眠剤で眠らせるので、お散歩は、しなくてよいと、言われた。

昨日は、もう1匹の犬、コッカプーのミリーを連れて、丘に登った。



ミリーの飼い主のお爺さんは、4つもの癌に侵されていて、来週は、手術を受けると言う。
詳しいことは聞いてないが、奥さんは、車椅子の生活だし、一体、誰が奥さんと犬の面倒を見るのだろうと、
他人事ながら、心配になってしまった。

でも、どうやら、息子さんのお嫁さんが世話をしに来てくれるらしい。
だから、来週は、散歩に来なくてもいいですと、電話が、かかってきた。

ミリーは、いつものことながら、私と夫が迎えに行くと、余りにも、興奮しすぎて、ジャンプしてくる。
それで、暫くは興奮がおさまらなくて、いつも、困ってしまうくらいだ。

丘に登ると、いろんな犬がやってきた。
ジャーマンシェパードなど、ハーディング種(牧畜犬)と言われる大型犬が多かった。
ミリーに、走って近づいてきたので、襲われるのでは、と、ちょっと、怖くなって、「こらあ!」と日本語で、怖い声を出して見せた。
犬には、これが、一番よく効くのだ。「Wait!」と言うこともできるが、「こらあ!」の方が、犬にとっては、効果的なのだ。
ただし、あとから、ついてきた飼い主の人に、「この子は、フレンドリーなのよ」と言われると、何とも、恥ずかしくなる。
そして、「すみません。私の犬では、ないので。。」と言って詫びる。

昔、北海道で、馬に乗ったことがある。その時、馬は全然、言うことを聞かなくて、びくとも、動いてくれなかった。トレイナーの人が、「こっらあ~!」と、怖い声を出して、動物を脅かしていたのを思い出す。
それからは、動物に、甘く見られないためには、ドスの利いた声を、(恥ずかしいけど)出すことが必要なのだと覚えた。

Foot Pathの柵の入り口には、必ず、犬用の入り口も、設けられている。
犬のために、扉を開けてやるのだが、ちょっと、ギロチンみたいで、怖い。
間違って、犬の首に落としたら、えらいことだ。
木で、出来てるから、犬は大けがをするのでは?と思う。



十分に気を付けながら、犬用扉を開けるが、犬も、ちょっと不安そうだ。



犬を思いきり遊ばせた後は、犬もOKのいつものパブに行って夫はビールを、私はアップルタイザーを注文した。(イギリスでは、1パイント500mlまで、ビールを飲んで運転しても、よいことになっている)



夕方は、海水浴に行こうと海岸に行くと、風が冷たくて、ちょっと、海に入る気がしなかった。
すると、RAF(ロイヤルエアフォース)のTayhoonというジェット戦闘機が飛んできた。
私たちのいる海岸の真上を飛んで行った。

その轟音と迫力に圧倒されてしまった。
近くを飛んだ時は、落っこちてきたら、どうしよう!?と不安になった。

そして、耳をつんざくような轟音に、思わず、耳をふさいでしまった。
真上に、垂直に、空高く高く飛び、まっすぐに垂直に、下向きに、急降下してくる。

海に落ちるんじゃないかと思ったところで、平行に移動する。
間一髪、というところで、見ている者を、ハラハラさせる。
私たちは、海のすぐそばのビーチにいたので、このジェット戦闘機が、迫ってくるようで、
ちょっと、怖かった。


そして、その様子は、まさに、「スターウォーズ」の映画をみてるようだった。
こんなのが、戦争のために開発されてるんだと思うと、不思議な気がした。
何だか、サイエンスフィクションみたいだった。

このTyhoonジェット戦闘機の価格は、1台、何と日本円にして、154兆円、
1時間の飛行時間で、何と日本円にして、54万円ほどもするそうだ。



そんな飛行機、飛ばすお金があったら、病院の方を何とかしてくれたら、って思うけど。
この町の救急病棟は、平均で、4時間から7時間待ちなんだから。。(・_・;)

この飛行機は、我々の税金で賄われてるんだよね?
でも、この町の観光として、カウンシルが、このイベントをしてるということは、元が取れてるんだろうか?

あいにくカメラを持ってなかったので、今日は、遠くから写真を撮ってみた。
でも、昨日のような迫力はなかったので、残念だった。

あと、第二次世界大戦で使われた戦闘機も、続々と登場した。
こんなやつが、日本を襲ってきたのかと思うと、複雑な気持ちになってしまった。

広島や長崎に落とされた原爆、戦争を体験した人にとっては、この戦闘機の音は、どう思うだろう?
そして、お盆に、こんなイベントをするなんて、日本人だったら、どう思うだろうか?
コメント