50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

アトピー悪化しました!友人たちの手術は成功したようです。

2019-11-28 11:20:54 | 日記/料理

このところ、忙しくてブログUpする暇もありませんでした。

あと、毎日のように、日本の友人から手術の前後の経過報告があり、そのたびに、励まし続けてきました。
彼女は、手術の前に、有名な先生のところに行き、相談したそうです。
何と、夜の11時くらいまで、診察の順番を待っていたとのこと。
全国から、その先生を訪ねてやってくる人々で、いっぱいだったそうです。

最初は、友人は、先生の話を聞くまでは、週に2回に亘る大手術をするのが、恐ろしいと言ってました。
そのことで、子供さんたちとも相当、もめたようです。
でも、結果的に、先生の話を聞いて、この先生なら、信頼できると考え、大がかりな手術を受ける決断をしました。
同じころ、85歳のキャシーも手術をしました。

手術の後、1回目の手術の後、痛みはあったものの、元気だということ、そして、2回目の手術も無事、終了して、何と、車椅子に乗れるほどにまで回復したとのことでした。
それを聞いて、私は、肩の荷が下りるくらい、ほっとしました。

忙しかったこともあり、瞼の周りのアトピーが悪化しました。
ステロイドクリームも、もう使わないようにと医者に言われ、どうしたものかと、悩んで、また医者に行き相談して、やっと、飲み薬のステロイドを処方してもらいました。

15年ほど前、やはり、全身が酷いアトピーになった時、夜も眠れないということで、ステロイドの飲み薬を日本の皮膚科で処方してもらったことあります。

今日で、ステロイドの飲み薬も3日目です。瞼の腫れは少し引いたような感じですが、まだ痒いです。夜はコットンの手袋をして寝ます。ひっかいても大丈夫なように。

食事療法も考えています。
先日は、夫の友人夫妻の家に招かれました。
ビーガンの夫婦です。

実は夫の同僚のダグは、一年前にビーガンになったとのこと。
なんとその理由はというと、やはり、彼もアトピーが気になって、食事療法をすることにしたそうです。
そしてダグは、以前見たときよりも、かなりスリムになっていました。
相変わらず、背も高くがっちりしていて、大きい人ですが、お腹がへっこんでいて、びっくり!
肉も魚も、卵も乳製品も一切食べないビーガンのお料理、どんなのか、気になりました。



豆のスープの前菜、美味しかったです。
メインコースは、野菜のシェパードパイ風で、お腹がいっぱいになりました。
そして、デザートはフルーツと、ソイビーンで作った、アイスクリーム、もうこの段階で、お腹がいっぱいで苦しくて食べれない状態でした。

食事の後は、暖炉の前で、くつろぎました。雨ばかりの暗い日々で、暖かい火を囲むとなごみますね。



でも、前日、フランシスさんのお宅に招かれ、その食事が、ビーフシチューで、デザートがまた、美味しい手作りのケーキ、バターやクリームがいっぱい使われていました。
食い意地の張ってる私は、お腹がいっぱいなのに、思い切り食べてしまい、その夜は、アトピーが悪化しました。

やはり、アトピーには粗食が良いみたいですね。
ビーガンの料理も思った以上に美味しかったけど、でも、肉を食べた時の満足感とは、ちょっとちがうかな~と思いました。

私も、少しビーガンをまねて、野菜中心の粗食にしてみようと思いました。
でも、サバやイワシは、OMEGA3が豊富で、アトピーにも良いので、多いに食べたいものです。



長いこと閉まっていたChinese Groceryも、またオープンして、レンコンが手に入るようになったので、早速、レンコンのきんぴらです。
レンコンは冬のシーズンに売ってるので、夏には手に入りませんでした。
日本だといつでも、手に入るのにね。

シイタケと炒め、ネギとポン酢で頂きました。

今年は、スペイン産の柿が豊作みたいで、スーパーで安く買えるので、毎日のように、柿をデザートに食べています。甘いお菓子もアトピーには大敵です。



野菜たっぷりのムール貝のスープをつくりました。
近くの海岸沿いに魚屋が一軒あるので、海岸の近くに住んでる私にとっては、とても便利です。
サバは今の時期、小さいのしか売ってません。シーズンは夏らしいです。
1月になると、スコットランド産の大きなサバが出回るらしいです。
イワシもあいにく、売ってませんでした。これも夏のものらしいです。


パンには、バターでなく、フモス(豆のすりつぶしたもの)を塗って食べてます。


でも、やっぱり、甘いものも、やめられない私です。(;'∀')
マークスアンドスペンサーの、Tea Cake、小さなケーキです。



下はビスケットの生地、そしてマシュマロ、薄いミルクチョコで、コーティングされていて、あっさりした甘さの小さなケーキです。これが気にいってます。
一日に1個か2個なら許されるよね?







にほんブログ村
コメント

Jazz Evening イベント、なんとか無事終了しました(;^_^A

2019-11-17 22:24:32 | 楽器演奏

昨日は、Jazz Evening のイベントでした。

6時半からの予定でしたが、キャシー率いるベリーダンスグループ、シニアの方々ばかりですが、皆、綺麗なコスチュームで現れました。

一人、ものすごーく背が低くて、太っていて、ものすごーく目立つ格好をしてるおばあちゃんがいるのですが、この人の姿を見るのを、夫は絶対に避けたがっていました。

いつもは、アナウンスとFilming(撮影)はキャシーの夫のリックの役目なのですが、この日は、リックの姿を見かけませんでした。
足が悪くなって、それどころではないのだろうと思います。
もう、彼も82歳くらいだから、さすがに、しんどくなったのでしょう。
未だに、PCを使いこなすし、頭は、しっかりしている人ですが。(;^_^A

この日、キャシーは何を思ったか、私の顔を見るなり、いきなり「誰が、私たちのグループの紹介をしてくれるの?」と言い出しました。
「え?そんなこと、聞いてないわ」(;´Д`)というと、「何を言ってるの?!あなた、私がダンスグループをやってるってこと、何年も前から知ってるじゃない!」(# ゚Д゚)と怒りだしました。
本当に目をむいて怒り出したので、びっくりです! 

で、夫に向かって「ねえ、あなた、やりなさいよ!」と言い出しました。

夫は、「いや、今からピアノの椅子を取りにいかないと!」と、それを口実に逃げ出しました。実は歩いて遠いところに車を止めてあったので、また車を持ってきて、それを一時駐車のところに止めて、椅子を下ろして、また車を止めるところを探さないといけないので、嫌がっていたのですが。

この日、MCは、私の友人のYさんがやってくれることになったのですが、突然、この日の朝から電話がかかってきて、「大変なことになったのよ!実は、昨日、ロリーポップを食べていて、前歯の差し歯が取れちゃったのよ!」と。
それで、速攻で、歌を2曲歌う予定の私の元生徒さんのダルシアに電話して、MCをやってもらうことになりました。

その日、会場のホテルに着いた途端、急にキャシーが怒ってそんなことを言い出すので、「あら? どうしちゃったの? この人、こんなに怒るなんて? もしかして、Dementiaになっちゃったの?」と思ったくらい。
大慌てで、ダルシアのお母さんに電話して、早めに来てくれるようにお願いしたら、「今から家を出るところよ」との返事が返ってきて、ほっとしました。
そして、彼女が着くなり、キャシーのところに連れて行くと、怒りは収まっていて、一人のダンサーの旦那様が、撮影に協力してくれることになったということで、やれやれ。。。。

ドラマーのクライブは忙しい人で、なかなかリハーサルもできない状態でしたので、不安は残りましたが、ちょっと早めに来れるということで、Kさんと短い時間、リハーサルをしました。

6時半くらいから、お客さんが現れました。殆どのお客さまが、私の友人や、私の生徒さん、生徒さんの家族ばかりでした。
「よく来てくれました」と挨拶して、ハグしあったり、握手しあったり。
ダンスの間、私は忙しく、あちこちのテーブルに、挨拶をして回っていました。
こんな経験、初めてです。パーティの主催者になったような感じでした。

喜ばしいことですけど、いろんな人に気配りしないといけないので、結構大変ですね。
生徒さんも、たいていは、家族とかで、来てくれてるのですが、一人で来られていた人もいたので、友人と同じテーブルに座ってもらったりしました。
でも、ホント、一人ででも来てくれるなんて有難いことです。

ピアノ演奏、歌、ドラムとのセッション、十分なリハーサルができてないのと、ピアノが、やはり、Fキーが音がでるようになったものの、(朝、キャシーから電話があり、ピアノの修理ができたとのこと)音が小さいキーがいくつかあり、弾きにくいということもあり、失敗、ミス連続でした。
しかし、皆、満足して、このような下手な演奏でも、褒めてくれて、有難かったです。

10分間くらいのベリーダンスが終わり、皆が拍手して、その後、ダルシアが曲を紹介してくれて、最初にKさんのオリジナルの曲から始まり、次に私の演奏、最後にスコットジョップリンの曲のメドレーで、Brightonから電車に乗って来てくれたグライアムさんが、締めてくれました。

大成功とは、言い難いですが、自分でオーガナイズして出来た初めての企画。

会場は、人であふれて、途中、奥から、テーブルを椅子を運んでくるような感じでしたので、おまけに、忙しくて来れないと言ってた私の生徒さんも来てくれたり、なんだか、ちょっとした人生ドラマみたいでしたね。私にとっては。。

そして、またこういうイベントをやってみたくなりました。
今回来れなかった人も今度は来てくれるかな?という思いもあります。







にほんブログ村
コメント (2)

イベント準備で、Hectic week (大忙しの週)

2019-11-11 16:11:03 | 楽器演奏

先週あたりから、本格的にJazz Evening (演奏のイベント)の準備で忙しくなってきた。

しかし、ホテルのピアノのF5のキーの音が出ない!
どうしたら良いかと、編曲をし直したりして、F5(左から数えて5オクターブ目のファの音)の代わりになる音に変えてみたり。

しかし、メロディだけは、どうしても変えられない。
歌の入る曲は、歌ってくれる人にメロディを任せて、と思ったりしたけど、やはり、F5の音が出ないとなると、どうも弾きにくい!

ホテルの方では、修理をしてくれるらしいけど、今週の土曜日までには、間に合わないようだ。
イベントは土曜日!
さあ、どうする?!

それから、Play List を作ったり、ポスターを作ったり。
チラシも作って、私の生徒さんや、友人知人に渡したり。
先日なんかは、友人のExhibitionに行った時に、ついでに来客者にチラシを配ったりした。

元生徒さんのお母さんなんて、同僚に宣伝してくれたり、生徒さんも、「是非、行かせてもらうわ」と言ってくれる人も多く、嬉しかった。
でも、いったい何人くらいくるのか、予想がつかない。
何しろ、Freeのイベントだ。チケットを売るイベントなら、何人来るか、大体わかるだろうけど、まったくわからない。

おまけに、85歳にしてベリーダンスをシニアの人々に教えてるキャシーが、彼女のダンスグループのダンスを前座として踊りを披露したいというので、6時半からのイベントに、彼女のダンスグループがダンスすることになった。

夫は、「やれやれ。見たくないよ~! 太いバアサンばっかりだろ? お腹出して、あんなの見せられたら、皆、帰っちゃうんじゃないか? 若いスタイルの良い女性なら、魅力的かもしれないけど」と言うけど、何しろ、キャシーのお陰で、ホテルでの演奏をできることになったのだ。
これくらい、我慢してもらわないと!
それで、お客さん、特に私の生徒さんたちが、帰ってしまうわけないと思ってる。

その他、いろんなことで、ドラマーやKさんと打ち合わせしたり、私の元生徒さんやKさんとも、リハーサルしたり、もう、ネガティブなことが、頭をよぎる暇がないくらい、忙しい日々が続いてる。

楽器も何とか、Kさんのキーボードを持っていくことで話しが決まり一安心。。。(;^_^A

プログラムは、Kさんが作ってくれた。

ピアノ演奏は、私のジャズピアノの生徒でもあるKさんが一番最初に演奏する予定。

二番目に私が演奏。うち2曲は、私の元生徒さんのダルシアが歌ってくれる。
そして、ノラジョーンズの曲は、Kさんが歌ってくれる。

最後の締めは、Brightonから来るKさんの友達のグライアムさんが、スコットジョップリンの曲のメドレーを弾いてくれる。この人の演奏は、プロ並みに上手!!

MCは、最近、私のところにジャズピアノを習いに来たばかりのYさんがやってくれることになった。

とても、Excitingで、考えるだけで、わくわくドキドキしてしまう。

失敗しないだろうか?失敗してもいいけど、止まるのだけは、ダメだ!!



子供の頃の、ピアノの先生が意地悪で、無理やり、発表会に出演させられた。
しかも、手の小さい私にオクターブで弾く、「クシコスポスト」を演奏しろと言って。

私の大嫌いな曲だった! 今でも大嫌いだ。

その先生、ことあるごとに、「ベートーベンなんてね、手が小さいのが悩みで、手の真ん中を切ったのよ」とか、あることないこと言ってた。
「嘘だ!」と心の中でつぶやいたものだ。

本当にあの先生に習ったお陰で、人前で弾くことが出来なくなった。
本当は、ランゲの「花の歌」を弾きたかったんだよね。

発表会の当日、頭が真っ白になってしまって、弾けなくなっちゃった私。
泣きそうになりながら、また弾きなおした。
皆、拍手してくれたけどね。あれ以来、二度と発表会に出たくないと思ってしまった。

そんな私が、こんなバアサンになって、人前で演奏することに、わくわくするなんて、昔の私なら、考えられなかったこと!

しかも、この企画、今回は自分が中心になって、オーガナイズするんだから、自分でも驚く。
勿論、いろんな人の協力があって出来ることなんだけどね。


金曜日は、久々に、ぺにーを借りて、ギルドレッジパークにお散歩。
リスだらけで、びっくり!!

秋なんだな~



このところ、ずっと雨嵐の日々が続いたので、とても気持ちよかった。



日本のような紅葉はないけどね。



晴れたら清々しい。



そして、あちらにも、こちらにもリスが!!可愛い!ナッツを持ってくればよかった!






にほんブログ村
コメント (2)

こんなピアノで演奏できるかしら?

2019-11-04 22:51:55 | 楽器演奏

今月の16日に演奏する予定しています。
日曜日に、ホテルのピアノを見てきましたが、ファの音がでないのです。
真ん中から1オクターブ上のファの音がでないので、いろんな曲が、思うように弾けません。

それに、以前は気づかなかったけど、このピアノ、ベビーグランドピアノで、一応、グランドピアノなのですが、7オクターブしかないのです。

たいていの曲は7オクターブで十分弾けますが、ファの音が出ないのは困るのです!
高い音のファが出ないのなら、まだ何とかなるけど、よく使うキーだから。

日本人の友人知人、そして私の生徒さんたちを招いたのですが、
この音では、ちょっと、残念な気がします。
今さら、キャンセルというわけにもいかないし、あとは、私の生徒さんが持ってるキーボードを使って演奏するか?

いろいろ問題が出てきました。何をするにも、一筋縄で行きませんね。
人前で演奏するということは、難しいです。

場所や、楽器や、他の条件もいろいろと考慮にいれないといけません。
こちらでは、良い楽器が置いてある所、少ないんですよね~~(-_-;)
勿論、一流のホテルなら、ちゃんとしたピアノありますが、このホテルは、寂れたホテルで、どっちかというと閑古鳥が鳴いてるようなホテル。
一応、海岸沿いにありますが。

このホテルを紹介してくれた私の友人のキャシーは、ホテルのオーナーに、
なかなか連絡つかないと言ってますし、彼女は金曜日に手術ですから
きっと、キーボードは、直してもらえないと思います。

ファの音が出ないまま弾くと、曲がちゃんと弾けない~~(;´Д`)どうしよ~?
って感じです。本当にまあ、次から次へと問題が出てきます!

今日も一日中、うっとおしいお天気でした。雨が降ったりやんだり。
何だか気が滅入ってきます。
特に朝起きた時とか、夜寝る前とか、ついつい息子のこと考えてしまいます。
何故???何故???
あまり、ネガティブなこと書くと、またクレームっぽいコメントが来たら困るので、あまり
書きませんが。心の中にためておくのは、つらいものがありますね。






にほんブログ村
コメント

たった一人のイギリス人の友達

2019-11-03 19:19:40 | 海外生活

この年になると、友達を作るのが、とても難しくなる。
いや、若い時から、なかなか、私は、友達を作るのが苦手だったかもしれない。
きっかけがなかったと言ってもいいかもしれない。
職場での友達も、長続きする友達は、なかなか出来なかったし。

イギリス人の友達を作るのは、特に難しい。
周りの日本人の友人たちに聞いてみても、やはり、イギリス人で、心を許せる友達を作るのは
なかなか、至難の業のようだ。

そんな中、キャシーは、私にとって、数少ない唯一のイギリス人の友達なのだ。
彼女は、なんと現在85歳。
それでも、年齢の差を感じさせない人なのだ。
いつだって、とても行動的で、好奇心旺盛で、動き回ってる。
知り合いや友達も多い。しかも、世界各国に友達がいるというのも驚きだ。

彼女は、日本人の友達にでも話せない悩みを聞いてくれたり、いつだって暖かく迎え入れてくれる。夫とともに招かれたり、夫と喧嘩して、落ち込んでる時に、急に彼女の家に行って、
愚痴を聞いてもらったり、本当にお世話になった。

しかし、たいそう忙しい人で、今までは、1年のうち、半分くらい旅行をしていた人だった。

知り合ったのは、かれこれ、12、3年前だったと思う。

ある時、海岸沿いの小さなフィットネスクラブで一緒になり、帰り道、声をかけてくれたのが、キャシーだった。
「今から、軽いランチを食べていかない?うちは、すぐそこなのよ」と誘われて、驚いたものの、これは、イギリス人の友達を作るチャンスだと思い、遠慮なく、彼女のフラット、海岸沿いの眺めの良い最上階のフラットに招かれた。

彼女のフラットの大きな窓から見る景色は、いつも、魅力的だ。
ずっと、眺めていたくなるほど。

実は、昨日も彼女のフラットに行ったばかりだ。
彼女のフラットの横にホテルがある。
彼女はそのホテルのオーナーとも友達なのだ。

今回、私の生徒さんのKさんが、人前で演奏したいというので、私が、キャシーに聞いてみた。
Kさん、そしてKさんの友人で、ピアニストのグライアムさん、そして、去年、一緒に演奏したドラマーのクライブ、私の元生徒で、歌の上手なダルシアと一緒に、そのホテルで、演奏させてもらえることになった。

勿論、そのホテルのオーナーに口をきいてくれたのは、キャシーだった。
演奏できるとなって、皆、大喜びだったけど、昨日、ホテルのピアノを見に行ったら、高い方の音階のファの音が出なくなっていた。
これは、問題だと思って、キャシーに早速伝えに行った。
彼女も、長い間、チューニングしていないピアノのことを気にしていたようだった。

実は、5年ほど前に、私はここで、歌手のマルゴットとともに演奏したのだ。
キャシーのバースデーパーティで、それはそれは、Big Eventだった。

彼女は、シニアの人々に今もベリーダンスを教えてる。
それは、主にダンスのパーティだったけど、私にピアノを弾いてと頼まれたのだった。

昨日は、酷い嵐だった。
彼女のフラットの大きな窓から眺める風景は、海と空がダイナミックで、波がすぐそこまで来ていて、まるでターナーの絵を見てるようだった。
こんな風景を水彩画で描いてみたいなと思った。

キャシーは、この金曜日に何と足の手術を受けるという。
なんという偶然なのだろう?
私の中学時代の親友も?腰の大がかりな手術を受けるということで、悩んでる同じ時期に!

キャシーの手術が成功しますようにと、願ってる。
そして、私の友達の手術も簡単なので済むようにと!

二人の大切な友達のために祈りたい。








にほんブログ村
コメント