あしたのタネをまく、アシタネブログ!

ブログを開設して12年目。記事は1,000を越えました。

考えさせられたプリンターでの大量印刷。

2021年05月19日 05時40分09秒 | ノンカテゴリー
先日、所属する宮崎「橋の日」実行委員会の総会資料を印刷しました。毎年、宮崎市民活動センターの印刷機(A4判、モノクロ1円、カラー10円、紙代別)を利用していますが、コロナ禍で施設利用ができなくなったことが原因です。

そこで今回、表紙はコンビニでカラー印刷。本文は自宅のプリンターで白黒印刷としました。しかし、ブラックインクは約1本消費しました。他の色もかなりの量を消費しました。それも全色。そこでネットで調べたところ下記のことがわかりました。

「1.プリントヘッドのクリーニングのために全色のインクを消費しています。本プリンタは常に良好な印字品質を維持するため、プリントヘッドのクリーニングが必要です。

1お客様が操作パネルを操作して行う手動クリーニングに加えて、
2定期的に自動クリーニングを行っています。

上記1、2の際には、全色のインクを強制吐出してクリーニングを行う為、モノクロ印刷のみを行っていても、カラーインクも消費されています。」
(キャノンホームページより)

との答え。

今頃・・・と言われそうですが、ひとつ勉強になりました。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ZOOM環境、向上計画

2021年02月16日 07時08分42秒 | ノンカテゴリー
オンラインセミナー開催を視野に、PC環境パワーアップ中!

まずは、ZOOMの環境をより良くするために、有線LANで接続してみました。そしてインターネット回線スピードテストを実施しました。なんと、下りで4.5倍、上りで2.5速度と早くなりました!

Wi-Fiでは


なんとLAN環境では

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ミラーレス一眼レフカメラ(F値:1.7)の魅力

2021年02月07日 08時56分42秒 | ノンカテゴリー
主催するオンラインセミナー用カメラとして、また関わっている地域づくりプロジェクトで撮影が必要なため、ミラーレス一眼レフカメラ「パナソニック  LUMIX G8 」を購入しました。

早速ZOOM会議で使ってみたところ、「明るい、画像が美しい」との評判。
PC上の写った自分の顔がイケメンだったら、もっといいのに・・それは無理(*^_^*)。

先週家族とレストランに行ったおり、テスト撮影したものが、下記の写真。
ピントは、野菜に合わせて撮影。キレイに背景がボケていい感じです。スマホでは出せない味だと感じ感動しました。

一眼レフカメラは、これで3台目。今回は、F値の少ない1.7のレンズも同時購入。カメラと同様にレンズも重要なアイテムです。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

パソコンのセキュリティ対策

2020年05月18日 06時06分04秒 | ノンカテゴリー
何度か痛い目にあった。パソコンの盗難、ハードディスクの破損によるデータ消失、なりすまし被害。自分なりにセキュリティー対策を講じているものの、まだ足りないと感じている。

現在、ネットワーク暗証番号(ID・パスワード)は、Webサービスには必須となっている。管理している暗証番号を調べてみると、45あった。ホームページ、ブログ、クラウドのソフト、銀行系など、改めてみると凄い数である。

痴呆や死亡することによる「デジタル遺産」の問題が、話題となったが、身近な問題だと再認識した。

現在、おこなっているセキュリティ対策について紹介したい。


(ID・パスワードの管理)
一覧をつくり、USBメモリに保管。また、プリントアウトしたものを手元に置く。重要なものは3ヶ月~6ヶ月に1回程度、定期的に見直す。

(データの移動など)
個人情報が含まれるファイルは、PCには保存しない。
・自分以外のUSBは極力使わない。
・自らのPCで作業を完結させる。自宅PCからデータは出しても、戻さない。
・データはハードディスク、クラウドに保存するも、クラウドには重要データは保存しない。

(メール)
・メールの文面には慎重に対応:リンク列はクリックしない。リンクの情報を確かめる。(グーグルで文字列を検索)
・楽天などアマゾンからメールの中に、重要とか、大切なお知らせなどの文面があった場合は、表示されているアドレスやメールアドレスが正しいか、宛先に自分を含む多くのメールアドレスが混在している場合は、100%スパムメールである。

(パスワード)
・パスワードは半角英字・数字を組み合わせた8桁以上のものが安全とされている。たとえば、Korega@11ze など。

・桁数を多くする(10桁以上推奨)英大文字、小文字、数字、記号(※注)をなるべく多く組み合わせる(半角英字・数字を組み合わせた8桁以上は必須。)
※注 利用可能な記号は以下4種のみ
「 -(半角ハイフン)」「 =(半角イコール)」「 @(半角アットマーク)」「 _(半角アンダーバー)」

・パスワードを定期的に見直す
パスワードの文字列を工夫し適時変更するなど。
たとえば、頭の文字に2005pass@21の場合、2005を来月には2006pass@21と、奇数月に変えるなど。

以上
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初体験、オンライン講演会で感じたこと。

2020年03月25日 07時01分53秒 | ノンカテゴリー
3月23日、(株)ワーク・ライフ・バランスのメールマガジンに、オンライン講演会についての案内があった。講師は、同社の小室淑恵社長。100名限定で、受講料は、5,000円。

同社としても初めてのオンラインセミナー。メールマガジンには「新型肺炎で外出自粛だからこそ、わが社が出来ることはないだろうかと考えて、3/23(月)に【オンライン講演会】の開催を決定しました!!(中略)遠方からのお申し込みが多く、私も本当にうれしいです。」と書かれてあった。

オンライン講演会を体験したいという思いと、小室社長のお話を聞ける今回の機会とあって、早速申し込んだ。

講演3日前、オンライン講演会の注意点と一緒に、講演用のレジメ(パワーポイントにて49ページ分)がメールにて届いた。講演用のパワーポイントデータを受け取るのも初めてで、とても不思議な感じだ。

そして、迎えた当日。1時間前より、事前に動作確認をしたものの、ちょっと心配だ。つながるだろうか・・・。講演10分前、指定されたアドレスにアクセス。受付画面が表示された。これなら大丈夫。開始5分前には、司会からの挨拶が始まり、時間通り、小室社長の講演が始まった。

WEB上の画面は3列で構成されており、Ⅰ列目にはパワーポイントが大きく表示、その横に会場モニター、さらに右横には、チャット画面。会場モニター面積は全体の1/8位で小室社長が表示されていたが違和感はなかった。時計は12:00、いよいよ講演が始まった。

そして、14:00。質疑応答も含めて終了した。初めてのオンライン講演会。好きな場所でじっくりと聞けること、音量もお好みで調整できること。言葉の強弱や抑揚など臨場感も伝わってきた。

これまで著名な方の講演会は、あまり聞く機会も少なく、また聞けたとしても都市部に飛行機などを乗り継いでいくしかなった。これからは、自宅や事務所などで、自分に合わせた環境で、視聴することができる。メリットは多い。

一方、主催者側の立場で考えると、配信システムの選択、料金設定や原則1名で1台と指定されているが複数での視聴も可能だ、また講演を録画録音をされるなどが、視聴者の倫理に委ねるしかない面もある。また、講演者側の立場からすると、観客の様子がわからないので、一方的な話になってしまう可能性もある。

たとえば、私も講演の際、来場者の理解度などを確かめながら、事例や伝え方をその場に応じて変えていかないと理解が深まらない。また、受講者同士で話し合う演習などができない点もある。しかし、この課題もなんらかの形で解決していくだろう。

そんなことを考えながら、ライブ講演会やYouTubeによる配信などを含め、ITを活用した情報発信について考えた1日だった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

海鮮丼は、やっぱり磯料理「網元(あみもと)」

2020年02月10日 05時35分49秒 | ノンカテゴリー
2月8日(土)、父を連れて、網元の海鮮丼を食べに行きました。網元は、父は、海鮮丼のボリュームと味にとても喜んでもらえました。

料金は、2,200円とお高いのですが、地元産を中心とした海産物はどれも新鮮そのものです。ゲストを呼ぶときには、よく利用しています。

・魚介料理・海鮮料理 網元 (あみもと) 
宮崎県宮崎市青島1-5-5
・予約・お問い合わせ:0985-65-0125 
・日曜日営業、不定休。11:00~22:00(last order 21:00)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

学校は、夢と希望を持って帰る場所

2020年01月24日 06時43分11秒 | ノンカテゴリー
先日の日曜日、散歩がてら母校(小学校)に立ち寄った。あんなに広かった運動場も、今はとても小さく感じる。どっしり立つ栴檀の木、そして青空・・・、それはあの日のままだ。

正門近くで偶然、同窓生のA君に出会った。彼は、母校の校長になっていると聞いていたけれど、まさかこんな時に会えるなんて・・・。「元気にしている?」、「飯でも食べようか」、彼とは同窓会以来1年半ぶり。車にてファミレスへ移動し、お互いの近況を語り合った。

A君は、教育者としての課題についていくつか話してくれた。そのひとつは、「私達の仕事はこども達が20年後、幸せになるための教育をしている」、そのために学校は、夢と希望を持って帰る場所でありたいと考えているとのこと。

しかし、現実には学びを点数だけで評価する教師や親が多い、こどもの学びは点数では表せないという。何故なら、世の中はいろんな生き方(道)がある、かけがえのない自分(自分は自分)があるからこそ、数字だけでは図れないことを知って欲しいという。

点数だけで評価する背景には、昔の価値感(高度成長経済の中で言うことを聞いていれば、良い生活が手に入る)を、社会や多くの大人が子ども達に押しつけているのではないかということだということだった。

その話をここ数日、反芻しながら思ったことがある。以前新聞で紹介されていた米調査会社のギャラップ社が公表した仕事への熱意(エンゲージメント)についての国際比較(2017年)での日本人の働き方についてである。

日本で「仕事に熱意を持って積極的に取り組んでいる」従業員の比率は全体の6%。調査した139ヶ国のなかで132位と、最下位にとどまった。ほかの調査でも同様の結果がでている。与えられた仕事を指示通りにこなす受け身の勤勉性は、それなりに高いものの、自ら主体的に仕事に取り組む姿勢に欠ける現状があること。

たとえば、若い人がアイデアを出しても、多数派である中高年層が抵抗し、跳ね返される。そんなことが繰り返されれば、あきらめムードが広がり、誰も何もいわなくなる。また、若い人達も育たない。しかし、失敗と挑戦の繰り返しのなかで人は磨かれている。

大人として、若い人の声をどう活かすのか、これは職場でも家庭でも同じである。時代は変わっており、そして更に変化を続けるだろう。特に、人口が減少するなかでは、病気と抱えながら働く人、育児と両立する人、LGBT、外国人など、多様な人達が労働市場を構成しており、多様性を活かしながら生産性を上げつつ働きやすいの職場環境をつくっていかなくては、国際競争激化、経済格差などの社会問題をクリアすることができない。

10年後、20年後の社会をつくっていく子ども達、若者には、ぜひ理想とする社会づくりに向け、育て励ましていかなくてはならない。教職ではないので、それはできないけれど、せめて一部でもお手本になるような生き方を見せることも大切ではないかと思う。また、職場では、メンター的な役割が上司やリーダーに求められると思う。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

くじけないで(柴田トヨさんの世界)再掲

2019年11月27日 19時34分42秒 | ノンカテゴリー

先日、柴田トヨさんのDVDを借りた。名前は聞いていたけれど、ビデオで見ると素晴らしい方だなと感じ入ってしまった。90歳から始めたという詩は、シンプルな言葉の中にキラリと光る感性を感じた。

母にプレゼントするために2冊を購入し、送ったところ、「今、二回目の読み直し」とのこと、とても喜んでもらえた。読みやすさも魅力になる。それも大切なことだと気づいた。詩を一部を紹介したい。




目を閉じて
 

目を閉じると

お下げ髪の私が

元気に

かけまわっている

 

私を呼ぶ 母の声

空を流れる 白い雲

どこまでも広い

菜の花畑

 

九十二歳の今

目を閉じて見る

ひと時の世界が

とても 楽しい


母親の存在は、年齢に関係なく大きいと改めて感じる。転じて、ひとりの人間として、こどもたちの父親として、家族へ何を残そうか。詩を見ながら、ふと思う。

ブログを読み返しながら、追記をして再掲いたしました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ある時の立ち話に身につまされる。

2018年11月25日 06時00分05秒 | ノンカテゴリー

自宅の浴室が水漏れしているので、知人に職人さんを紹介してもらった。塗装、大工、室内装飾、3人の職人が入れ替わり、作業をしていただいた。平均年齢は、60台半ば。お互い立ち話で近況などをお伺いした。

70歳。大工の話。
「個人事業主で国保だから、年金が安いのよ。働かざろう得なくてね。こどもが独身なんで心配だ」「生活保護も受ける選択肢もあるけれど、家があるし、身内に扶養できない環境でないと、受けられないらしい。俺は無理だ」「うちの兄が認知症になってきた。先日兄夫婦を連れてドライブした。高速道路を走行中、途中で何度もトイレにいきたいと声を荒げる。しかし、トイレは数分前済ませたばかり。次のトイレまで場所がないので苦労する。そのうち嫁から、兄が怒られて、もうドライブにはいかないという。兄嫁から、弟さんから話してみてと言われるが、兄は聞く耳をもたない」

「身近に家の近くで「小」をする方がいる。あんなにはなりたくないがこればかりは、どうしようもない。そういえば、近くの森で自殺する人が多いと聞く。先日は、サーファが自殺者を助けたが、退院の翌日、首を吊って亡くなった。死ぬことを決めている人は、止めることができない」

65歳の塗装職人。
「嫁から今月いくら稼げるのと、言われるが、そんなに仕事がある訳じゃない」「身体が弱ってきているので、週3日など、間をあけないと続かない」「家は借家がいい、一戸建てはメンテナンス費用がかかる、でも家がなかったら今の年金では生活できない」

 改めて、老いていくことへの恐れ、それは健康であったり、お金の問題であったり、家族の問題であったり、悩みは尽きない。それでも、手に職があるだけで、良いと人からは言われるという。

 30代後半の世代の消費が落ちていると、厚労省の統計にでていた。こんな親達世代の姿を自分の未来に重ね合わせると、消費は控えるよな・・とふと感じた。

お互いボケないように、仕事しましょう。仕事が一番の薬だからと、職人さん達と笑って別れた。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Surfaceを購入。自宅PCやスマホと連動させ、生産性が向上!

2017年11月26日 07時02分12秒 | ノンカテゴリー

創業の準備をすすめている。外出する機会が増えることから、持ち歩きのできるPCの購入を検討していた。強度があり、コンパクト、電池が長持ちすること、軽量が条件だった。また、話題性のあるPCという点も考慮して、Surfaceに決めた。



箱に「Surface」がプリントされている。中を開けるのが楽しみ。



美しい箱を開くと「Surface Book



ペン入力とタッチパネルが使用可能。



キーワードも使い慣れるまでタッチが浅い感じがする。慣れてくると運指もスムーズ。重厚感があるも軽量。
アプリ以外のデータは、ONEDRIVEに格納しており起動は11.5秒(顔認証にて)

今回、PCが移動用と自宅用の2台を連動するため、ATOKの単語登録、グーグルカレンダー、ONEDRIVEを活用している。
これまで、USBを持ち歩いていたが、データはONEDRIVE経由でやりとりが可能となるなど、連携外スムーズになった。

グーグルドライブでは、スプレッドシートの利用で、さまざまな管理ができるようになった。
現在、仕事を含め9つのプロジェクトを同時進行させている。どこがどのように進んでいるか、1~2月先はどうするか。
多くの資料作成などをこなしていかなくてはならない。覚えておくのも限界がある。また数多くの資料やノートを持参するというのも非効率。そんな悩みを解決してくれたアプリである。

PC上でもスマホのアプリでも、このスプレッドシートは閲覧可能で、PCとスマホの連係もバッチリ!
これらの情報源は「1日を3時間増やす超整理術」(髙嶋美里著)。他にも実践可能な手法が公開されている。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リフレッシュナビ。ちょっと、いい感じ。

2017年11月12日 19時28分44秒 | ノンカテゴリー



先月、PCを購入したことをきっかけにATOKをインストール。このATOKには、リフレッシュナビという機能があり、長時間入力を続けると休憩を促すメッセージが出る機能が便利だ。これは、キー入力の状況などから、ユーザの疲労状況を推測し、適宜休憩を促すというもの。

文章を入力することに集中していると、休憩のタイミングを逃してしまう。適宜休憩を入れた方が効率は良くなるが、集中しているとどうしても休憩を忘れてししまう。

ATOKのリフレッシュナビがあれば、リフレッシュナビの休憩を促すメッセージが、休むためのきっかけになる。メッセージが出たら、PCから離れて、ひとやすみ。そうすることでに結局的に効率が良くなる。

リフレッシュナビは結構便利な機能である。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

その時、どう感じたか、どう動いたか。

2017年09月17日 11時40分15秒 | ノンカテゴリー



これじゃ格差がつくはず・・。と憤りを覚えたのは、17年前の西暦2000年頃のこと。当時、ネットショップを開設していた私は、研修先の京都でそう感じた。何故なら、ネットショップの研修会が毎週のように開催され、楽天市場の三木谷社長を始めネットショップの大御所達が毎月のように研修講師として参加していたからだ。

宮崎の入ってくる情報といえば、新聞やテレビでのこと。確かに情報は大事。しかしもっと大事なのは、つながりである。講演前後での参加同志の名刺交換や情報交換が、新聞の書かれる前の情報である。新聞に掲載された時にはもう遅い。
もうすでにいろんな方が先行されており、その情報にうまみはない。

だからといって、ちいさな会社でできる訳もないので、さまざま行政機関に提案して回ったが、足蹴にされる事が多かった。事の重大性に気付いて欲しかったが、地方ではまだIT,ネットショップへの当時意識が低かった。

ちなみに私がネットショップで物販を始めたのは1997年のことだ。ネットでモノが売れると感動して人に話したら、ある方でそんなのあるわけないでしょ・・と鼻で笑われた。その時は本当に悔しい思いをした。その時は多くの人が半信半疑だった。

その後、この状況を打破すべく最新情報を地域の方に提供できるよう何か所が回ったが取り合ってもらえなかった。ところが捨てる神あれば拾う神あり。当時の宮崎県産業支援財団にプレゼンをする機会をいただき、提案が採用された。

そして第一号の講演会のすべてを任せていただくことになった。講師は傘屋ドットコム、宮武和広@心斎橋みや竹さんに知人を介してお願いした。講演は大成功。それから2年間、講演会活動などさまざまな形で関わらせていただいた。

そのご縁で、1年に2回程交流会を開催して17年あまりになる。
「その時どう感じて、どう行動したか」つまり、感じること、そして動く、動かないを含め、どう感じて判断したのか大切なのだと思う。
問われているのは、自分の姿勢だ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

串間市ご当地グルメ「ぶりプリ丼ぶり」

2017年07月15日 17時09分49秒 | ノンカテゴリー



先日串間市に行った折、美味しい料理があるとのことでお昼に大乃屋さん(串間市駅近く)に立ち寄った。
30名程は入れる店内はほぼ満席。人気があるようだ。

ご当地グルメ「ぶりプリ丼ぶり」は、市内では他にあと1店舗提供されているおり、宮崎市内では江戸銀(宮崎市中央通り)にてランチのみ提供されている。
ちなみにこの丼ぶりの定義があるらしい。それは・・・

1、串間市で水揚げされた”活き〆ぶり"を使用すること
2、ぶりの量は、100グラム以上
3、価格は基本一律1,000円(税込)
4、サラダに使う野菜は5種類以上
5、おいしいぶりのアラ汁をつける、となっている。

この丼ぶりの中身は、半分がブリが特製醤油漬けになったものがごはんに乗っている。もうあと半分は小皿の特性ソースと醤油をかけていただくというもの。ぶりの量も多く、またごはんも美味しいので、ペロリと平らげました。ファンになりました。
串間市方面へ行かれる方はぜひ、召し上がってください。きっと満足されると思います。ページ下に紹介ちらしを添付しますので、ご参考ください。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

40年前に考案されたCMノート

2017年06月25日 05時03分32秒 | ノンカテゴリー



アメリカコーネル大学で開発されたノートシステム。先月から数冊使い始めた。
使ってみての感想は、2つ。

1、1ページ単位なので書きながら頭が整理される。
2、キーワードで覚えておく左のカラム、記憶の残す下カラムとの連携がクール

使用例、先日の講演での改善点をまとめたもの。1ページ内に収めるため取捨選択が必要だが、それもトレーニング。
まとめる過程でキーワードを検討し、受容な点は下カラムに記載。そのプロセスで内容が整理されていった。



普通の文具店には、置いていないのでネット通販で購入。
まずは試しに、一般のノートに線を書き込んで使ってみることをおすすめしたい。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

海鮮こぼれ丼、954円!

2017年02月28日 07時02分42秒 | ノンカテゴリー



シニア産業カウンセラー資格取得のため、2月~3月の隔週、合計6日間で行われる「逐語記録と事例報告の作成と検討」に参加している。
昼食を楽しみたいと、研修会場を中心に足を運んで、見つけたのが代々木駅から歩いて1分。磯丸水産の海鮮こぼれ丼。



海鮮こぼれ丼は、954円(税込1,030円)。ネギトロ、たまご、マグロ、海老、カンパチ、サーモン、ズワイガニ、イクラ、煮アナゴがドーンとのっかっていました。ごはんがおいしく、ネタを引き立てています。また、生海苔味噌汁 97円(税込105円)とお安く、満足な一品でした。ごちそうさま!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする