40年前に考案されたCMノート

2017年06月25日 05時03分32秒 | ノンカテゴリー



アメリカコーネル大学で開発されたノートシステム。先月から数冊使い始めた。
使ってみての感想は、2つ。

1、1ページ単位なので書きながら頭が整理される。
2、キーワードで覚えておく左のカラム、記憶の残す下カラムとの連携がクール

使用例、先日の講演での改善点をまとめたもの。1ページ内に収めるため取捨選択が必要だが、それもトレーニング。
まとめる過程でキーワードを検討し、受容な点は下カラムに記載。そのプロセスで内容が整理されていった。



普通の文具店には、置いていないのでネット通販で購入。
まずは試しに、一般のノートに線を書き込んで使ってみることをおすすめしたい。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

天神ウォーキング

2017年06月16日 06時21分56秒 | 楽しむウォーキング

6月27日、長女の結婚式のため訪れた福岡・天神。美しい街並みを歩いた。



中州の明治通り、水上公園。



アルコールを飲みながら、読書できるお店RETHINK。



ここは、イムズホール12F.テラッサ。昼はカフェ、夜はワインなどが楽しめるスペイン風バル。



女性に人気の韓国料理の店で、冷麺を堪能。



地下街を歩くも広く、ナビを頼りにやっと出口にたどり着く。



水上公園にあるおしゃれな1Fのカフェへ。



カフェラテ、幸せな気持ちに・・・。



近くには一欄本店もあり、行列ができていました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

21世紀は人間力の時代

2017年06月11日 20時26分49秒 | ひとりごと

「がっちり!」と社員とともに、決めポーズの後に号泣された大創産業の矢野博丈社長。
6月11日放送のがっちりマンデーのイチ場面のことである。夫婦ふたりで50年前に始めた仕事。夜逃げなども経験したとのことなどを話されたが、あの瞬間どんな想いが駆け巡ったのだろうか。

ホームページによると、大創産業の売上高は2016年3月期で3,850億円を突破し、国内店舗数も3,000店舗を超え、現在も月10店舗~20店舗のスピードで拡大しているという。
100円ショップのアイデアは、さまざまなビジネスを繰り返す中、雑貨の販売に目をつけた社長が、ある時、数多くの商品に値札をつけることに負担を感じて、現在の値札の無い商品販売に切り替えたことが起点になっているとのこと。

番組で語った社長の言葉(記憶違いでしたらごめんなさい)を掲載したい。
アレ(倒産など)がなかったら、今の自分は無かった。
消費者に不利なことこそ、大きく書かなければならない。
儲けようではなく、売れればいい。
売る側の思いが入ってこそ、商品は売れる。(逆に思いのない商品は売れないということですね)
仕入れは格闘技。
倒産しない会社になる。

などが私の心に残った。

朝、全員で実施するラジオ体操、週に1回、全員でする商品の仕分けなど、どんなに会社が大きくなっても、みんなでする。小さなことも大切にするという基本を学んだように思う。そして、元気に働き、社内が統一されていることから、「人」を大切にしていることから理解できた。その想いをホームページにみることができますので、紹介します。

ホームページに矢野社長が挨拶文を掲載されていますので、一部転載させていただきます。
https://www.daiso-sangyo.co.jp/company/msg_philos

放送は、無料ポータルサイト「ティーバ」で、紹介される予定です。
http://tver.jp/

21世紀は人間力の時代

代表取締役社長 矢野博丈の近影

21世紀は「商人」であること、「人間」であることが要求される時代だと思います。

効率やシステムではだめ。マニュアルでうまくいく時代ではないのです。
お客さまに喜んでいただくために、人間としての、商人としての一生懸命な思いをどう鼓舞できるかにかかっている。

いわば、人間というものが一生懸命生きていくにはどうすればいいかということでしょう。
そこがしっかりしていれば、あとは何でもできます。

数年前までは「ゲーム感覚の宝探し」と言っていました。
しかし、これからは「人間力」だと思っています。人間をどうつくるかです。
安さで売るのではなく、人間で売る。人間に優しい店でなければいけません。

だが、これが難しい。具体性はなく、理想として「人に優しい店」というものがあるだけです。
そのためにも、人を育てなければなりません。

人間を重視して、一生懸命に優しい店にしたい。21世紀の流通業はそれしか残れないと思っています。

株式会社大創産業
代表取締役社長 矢野博丈

以上

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

創業スクールで知識を磨きたい。

2017年06月10日 14時37分36秒 | 起業そして・・

宮崎商工会議所で7月から開催される創業スクールに申し込んだ。
内容は、超初心者向けの内容となっている。講座も楽しみだが、講師を始めいろんな方に出合えるのも楽しみである。

◇くわしいことは、宮崎商工会議所
http://www.miyazaki-cci.or.jp/miyazaki/news/2017/05/post_341.html



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

川船で新郎新婦が登場

2017年06月08日 05時42分47秒 | のほほん日記

6月28日(日)長女の結婚式のあと、天神で過ごした。天神の中州川端で、新郎新婦が川から登場するという場面に遭遇した。
場所はアンパンマンミュージアムの近く、博多大橋。


風流だなぁ~晴天に恵まれた日曜日。二人の門出にふさわしい一日だったと思います。



結婚式に駆け付けたであろう方々が待っている。



さてこころから、何かが始まりました。それは・・・

息ぴったりの「恋ダンス」。
若さっていいですね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

父親から新婦への手紙!?

2017年06月04日 10時29分52秒 | 家族、仲間の話題



5月27日(土)福岡市天神にて、長女の結婚式が執り行われ、多くの方に参席していただいた。また、東京や岐阜で働いている二女、三女夫婦も駆け付け、家族全員で楽しく過ごした2日間でもあった。



友人や長女がつくったショートムービー数本が披露され、楽しい時間を過ごした。一方、娘のお陰で私が涙する場面がなくほっとした結婚式。そんな長女には、結婚を祝う手紙を結婚式前日に手渡した。

内容は3つ。大切に思っていること、楽しい思い出は宝物だということ、そして心身の健康が何より大切にして欲しいこと。新婦からの手紙はあるけれど、親からは珍しいかもしれない。しかし、自分の気持ちを整理するためにも、必要な手紙だった。

何もいわなくても、お互いわかりあっていると信じたい、親ばかでもある。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする