今年最初のアコースティックライブ

2017年01月15日 17時48分50秒 | アコースティックライブと音楽



今年最初のアコースティックライブを開催します。
今月は、のりやすさん、高橋明弘さん、Too★Good!(つぐ)さんがゲスト出演します。
日曜日の午後のひととき、散歩方々聞きに来てください。

■日時:1月22日(日曜日)
■開演:午後1時より(午後2時30分終演予定)
■会 場;英国式庭園喫茶室 宮崎市山崎町 エントランスプラザ内
(宮崎市のフローランテ宮崎より南へ歩いて7分。テニスコート100m程を過ぎたところ(駐車場あり)

■入場無料

☆☆ 演奏曲目 ☆☆

1、髙橋明弘
ああ宮崎たまゆらの宿  作詞:近藤ひろし 作曲:髙橋明弘
Here comes the sun  作詞&作曲:ジョージハリスン
Across the universe  作詞&作曲:レノン&マッカートニー
アゲインストの風に向かって 作詞&作曲:髙橋明弘

 2、「のりやす」(オカリナソロ)
ホームにて(作詞&作曲 中島みゆき)
たしかなこと(作詞&作曲 小田和正)
言葉にできない(作詞&作曲 小田和正)
カラー・オブ・ザ・ウィンド(作詞 Stephen Schwartz)

3、Too★Good!(つぐ)
いっそセレナーデ(作詞&作曲:井上陽水)
花咲く旅路(作詞&作曲:桑田佳祐)
シンシア(作詞&作曲:吉田拓郎)
花束を君に(作詞&作曲:宇多田ヒカル)

4、鶴羽 浩
糸 作詞&作曲 中島みゆき
上を向いて歩こう 作詞:永六輔 作曲:中村八大
海岸通り 作詞&作曲:伊勢正三
大いなる旅路 作詞:小椋佳 作曲:渡辺岳夫
翼をください 作詞:山下路夫 作曲:村井邦彦

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

国道10号線沿いのイルミネーション3か所巡り

2017年01月13日 07時59分54秒 | 旅、風景写真



宮崎から延岡へ移動に合わせて、国道10号線沿いのイルミネーションを見学した。まずは、宮崎駅から。
シンボルツリーを中心に、トナカイや列車のイルミネーションを配置。宮崎駅西口にささやかに飾られている。



次に川南町。川南町のサンA川南文化ホール(トロントロンドーム)前広場には、「かわみなみ電飾大作戦」と題し、およそ25万球のイルミネーションで飾り付けが行われている。



大小さまざまな光のタワーが広場を覆い、キャラクターのイルミネーションや光のトンネルなどが飾られている。
訪れた12月29日には、大道芸の「むっしゅみの吉」さんのライブ感あふれる芸を見ることができた。



最後は、同じく川南町の三原さんの個人宅。電飾 約4万個、毎年5万人が訪れるらしい。



電飾をはじめたきっかけは、15年程前に観た、映画「ホームアローン」 (ニューヨークのクリスマスの時期の映画) とのこと。
イルミネーションは、LEDより、電飾の方が光がキレイだからとの発言に、このこだわりが今の電飾につながっているのだと思った。寒い冬には、あたたかい気持ちにさせてくれるイルミネーションが一番だね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

道頓堀で過ごした、2017クリスマスイブ!

2017年01月08日 09時28分00秒 | シニア産業カウンセラー


(御堂筋のイルミネーション)

12月は、シニア産業カウンセラー育成講座のため3週にわたって週末を、東京・大阪で過ごした。事前課題もあり、また3講座の修了レポート提出を本年1月6日に終え、やっと解放された!今日この頃。今でも、思い出されるのは、ひとりで過ごした道頓堀でのこと。



なんば駅を降り、一路道頓堀へ。



街ゆく人も海外の方が多い印象。



時折、サンタ衣装の方も目に付いた。肩がふれあうほどの混雑。



温度は9度。えびす橋周辺は、絶好の撮影スポット。寒さに耐えきれず、撤収。



ということで、ホテルに帰ってアイスでクリスマス。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

地区新年会で襟を正される?

2017年01月08日 09時04分08秒 | のほほん日記



1月7日(土)住まいのある地区新年会が開催された。今年は、歌を披露して欲しいとのことで、元気な団塊女子のフラダンスや日本舞踊に混じって出演。500円の会費で、鑑賞と飲食、二時間半楽しいひとときを過ごした。

普段話すことのない地区の方々と、膝を交えて話すことのないため、仕事のこと、健康づくりのことなど、お互いの近況などを確認しあった。

場づくりに苦心する役員の方の息遣いなどを身近に感じて、年齢は重ねても役割を果たそうとする責任感や気持ちを見るとき、仕事とは違ったその人の姿勢というものに、襟を正されたひとときだった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

娘からの年賀状

2017年01月06日 06時20分12秒 | 家族、仲間の話題


2017年、いよいよ明けた。今年は、世界情勢も含め先が見通せない年だとマスコミでは報じられている。
そんな中、我が家はいつものように新年を迎えた。

今年は3人の娘も全員、帰省できないままではあったが、年賀状の交換やラインで新年を祝った。
上記の年賀状は、二女がパソコンで描いた自画像にしたもの。

昨年は、長女、三女が入籍。二女が岐阜へ転勤になるなど、家族にも大きな変化の多い年だった。今年は、結婚式や長女が福岡から東京へと転勤、三女夫婦が宮崎で就職するなど、昨年に引き続き変化の多い年となりそうである。

私自身も、11月に資格試験を控え、受験勉強に集中する一年となるだろう。まずは、健康でこころ豊かな一年となるよう日々積み重ねていきたい。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする