あしたのたね育てていますか、ブログ「アシタネ」

2020年4月(同)アシタネプロジェクト®を起業。働く人や組織が元気になるお手伝いをしています。

新入社員研修とテキスト

2021年04月11日 10時41分20秒 | キャリアコンサルタント
宮崎県内の事業所で、新入社員研修を2日間(14時間)おこないました。

テキストはFOM出版の「自信がつくビジネスマナー」および「社会人基礎力」を、内容も充実していることから採用しました。

理由は、以下の3点。
1,実践問題や事例が豊富なこと
2,動画の閲覧
(名刺交換や電話のかけ方など、10本が閲覧可能)
3,イラストが多用してあり、わかりやすい。
受講する皆さんには、電話が苦手と話す方が多く、何度も視聴できることは大きなメリットと感じました。また、講師としても、テキストが充実していることから、伝えることに集中できることができました。



一方、経営者からは「対価の仕組み」など、テキストに記載のない項目については、別途資料を作成し、お伝えしました。

グループワークを中心に進めましたが、受講者同士の経験交流がとてもよかったとの声で多く聞かれました。

5月にはフォローアップ研修を予定しており、受講した皆さんに会えるのを楽しみにしています。

コメント

韓国、漢江ウォーキング(再掲)

2021年04月05日 17時36分33秒 | 楽しむウォーキング



妻は韓流ドラマのファン。今回で2回目となる韓国へと旅しました。

ソウルの中心を流れる漢江。東京の隅田川とおなじように、たくさんの美しい橋が架かっています。韓国のドラマでは撮影スポットとして登場しています。この漢江へ向け、宿泊しているホテルから早朝歩いてみました。

8月13日05:37。ホテル前を出発。



未明の街を歩く。対向車はごみ収集車。



歩道橋を渡り、漢江へ。



東湖大橋の途中には駐車スペースが設けられています。



漢江。ウィキペディアによると、大韓民国(韓国)統治圏の北部を流れる河川。全長494km、流域面積35,770km2。洛東江に続いて韓国2位の長さであるが、流域面積は洛東江より広く、韓国1位となっています。



橋の中間地点。橋の中央に線路が、その隣に車道と歩道が伸びたつくりで、電車の走る様子を間近に見ながら橋を歩いて横断できます。



東湖大橋の付近から北側に目を向けると、ソウルのシンボル・Nソウルタワーが見えます。



漢江沿いの道路。市内を走る道路は、ほぼ4車線。



川の南側に橋を渡りきると歩道は終わるので、歩道脇にある階段から橋の下におりることができます。
下ると、「漢江公園 蚕院(チャモン)地区」に到着。漢江沿いの河川敷にある漢江市民公園のひとつで、散策路やサイクリングロード、スポーツ広場などが隣の漢南(ハンナム)大橋まで広がっているそうです。



再び、ホテル近くまで戻る。



立体的に鳥が飛び立つようなデザインのお店。ソウルでは、このお店のように斬新なデザインをしている建物が多いと感じました。
7,990歩。距離にして5.5キロを歩きました。(2017年8月)

コメント

みゆな - 僕と君のララバイ【Official Music Video】

2021年03月29日 06時16分43秒 | アコースティックライブと音楽
みゆな - 僕と君のララバイ【Official Music Video】

TVアニメ『FAIRY TAIL』ファイナルシリーズ 第3クールEDテーマになっている、みゆなの「僕と君のララバイ」ミュージックビデオ。

大人っぽさと迫力に圧倒された、歌声の美しさ、今月、高校を卒業するとNHKで紹介されていた。これからが楽しみな新社会人18歳!宮崎出身。
コメント

The Beach Boys and Lorrie Morgan - Don't Worry Baby

2021年03月20日 20時07分25秒 | アコースティックライブと音楽
The Beach Boys and Lorrie Morgan - Don't Worry Baby

1964年の発表されたビーチ・ボーイズのオリジナル曲「Don't Worry Baby」をロレッタ・リン・モーガン(アメリカのカントリーミュージック歌手)の歌にビーチ・ボーイズがコーラスで参加しています。改めて曲とコーラスの美しさに感激します。


コメント

自分の弱さを認め、支え合う(上野千鶴子さん)ー再掲ー

2021年03月14日 19時23分56秒 | 気になる○○
東京大学入学式の挨拶された上野千鶴子さん(認定NPO法人 ウィメンズ アクション ネットワーク理事長)の言葉が、新聞紙上で掲載されました。東大に入学した学生だけでなく、今生きている私たちにも届くメッセージだと、いまでも印象に残っています。また、下記メッセージを東大生へ向け話した上野千鶴子さんに興味を惹かれましたのでご紹介します。

「がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。

あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。

世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶(おとし)めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。

そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。」


(以下の写真と本文は関係ありません)


コメント