就活メイクを教えて

2021年10月20日 05時34分08秒 | キャリアコンサルタント
私は、みやざき女性・高齢者就業支援センターで、週2回程企画広報のお手伝いをしています。YouTubeチャンネル「じょこちゃんねる」第4回目は、「就活メイクを教えて」と題して、配信しています。今後も、配信予定ですので閲覧ください!
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「こころ」の若さって何?

2021年09月26日 02時17分45秒 | キャリアコンサルタント

「こころの若い人知っている?」、そう聞かれたら迷わずに、Mさんと答えるだろう。年齢に限らず、イキイキと生きている人を見ると、こころが若いと感じる。

彼女は写真撮影が趣味で、九州管内はもとより、全国を飛び回っている。ご主人も同じ趣味で行動をともにしている。おふたりで、個展を開いたり、さまざまな大会で受賞経験がある。

以前、撮影をお願いしたところ、翌日には「撮れたよ」と連絡があり、自宅から30キロも離れた宮崎市内まで届けていただいた。
目をキラキラさせながら、好奇心たっぷりにお話しをするMさんを見ると、素敵だなと思う

60歳を過ぎ、遠く県外まで運転、車中に寝泊まりしシャッターチャンスを狙う。何より、あの好奇心と素早い動き。私が同じ歳になった時、そんな勢いがあるのだろうか?

肉体は自然に年老いていくけれど、こころは"意識"や"心がけ次第"で、変えられると誰かが言っていた。案外、毎日のちょっとした積み重ねかもしれない。

ふと、当たり前のことに、感謝したり、感動したり・・・と、こころが自由に動くこと、それがこころの若さかもしれないとも思った。


(写真はMさんの撮影した写真)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

履歴書作成・面接対応セミナー(無料)

2021年09月04日 03時56分49秒 | キャリアコンサルタント
9月22日(水)10:00より、女性とシニア(55歳以上)を対象に宮崎市男女共同参画センターパレットにて、第2回目となる履歴書作成・面接対応セミナー(無料)を会場とオンラインを利用して開催されます。

今回も講師として登壇します。受講対象は宮崎県内で就職を希望する女性とシニア(55歳以上の男女)です。詳細な情報を満載のテキスト、そして事例などを通して、より実践的な内容で、自信を持ってキャリアアピールができるよう応援するセミナーです。ご参加お待ちしています。

・主催:みやざき女性・高齢者就業支援センター(宮崎県受託事業)

くわしくは、下記リンクへ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

好きな言葉「志を立て、以て万事の源となす」吉田松陰

2021年08月22日 03時42分06秒 | キャリアコンサルタント

「志」とは、読んで字の如く「十」の心を「一」にする心だと、以前お話で聞いたことがあります。心のなかで起こる、○○をしたい、○○もしたいと願う気持ちをひとつに絞ることだと理解しました。

しかし、ひとつに絞るということは他の願いを捨てる、または諦めるということになりますので、とても勇気が必要です。

一方、成し遂げたい願い・夢を完遂するには、選択と集中が必要です。しかし、「今日くらいは、休みたい」とか、「他にしたいことできた」などと、目移り、また目の前のことに振り回されそうになります。そんな時、志に試されている自分に気付きます。そこまでの思いだったのかと。
私自身、資格を取得する学びのプロセスを通して、志の大切さを学びました。そのエピソードをお伝えしたいと思います。

60歳までにある資格を取得したいと考えた私は、1回は落ちることを覚悟して4年間という期間を定めました。しかし資格取得には、23単位を評価「C」以上で修了させることが必要です。

受講にあたっては大学教授や専門職講師から、与えられる事前課題作成に2週間。講義への参加(単位によっては、6時間~24時間)、修了レポート提出に2週間。そして評価。それを毎月繰り返すというものでした。1単位を取得するのに3ヶ月の学びが必要なコースもあり、1ヶ月に2コースを併走し、正月休みもない年がありました。

具体的には、週末夜に宮崎を発ち、関東や関西方面への移動。研修後、クリスマス夜を過ごした大阪御堂筋。8月の暑い日のこと、1日8時間の勉強。昼過ぎには行水をして気持ちを切り替えたり、朝5時から単語帳や問題集を解き続けました。50歳を過ぎ、記憶力も落ちた私は、新聞や本、目の前の出来事から学べないかと、毎日、情報ノートを書き続けました。振り返ってみると、1年間に1,000時間以上勉強をしていました。

何度も、これくらいでいいかも・・と思いました。しかし、合格することが目的ではない、支援に必要な力を身につかなけ起業はできても、生き残ることはできないと、自分を鼓舞し続けました。

その後、試験に合格。振り返ってみると、資格取得のプロセスで得たことは、学びの習慣が身に付いたことでした。それは、これから生きる推進力と源となっています。これも、志を立てなければ得ることができなかったことです。

新しい世界で、新しい仕事との出会いするなかで、力不足を感じています。果てなく続く学びの世界ですが、学んだ分だけ人や組織を支援できる力がつきます。悩んだ時、壁にぶつかった時は、「志」を思い出して、気持ちを新たにすることが大切だと思います。

少子高齢化という事象のひとつをとっても、多様性・個の自立・社会環境など大きく変化しています。組織が働く人のキャリアをサポートする時代は、過去の出来事。私たちが自分らしいキャリアをつくっていくためには、どう生きるか、何かできるか、何をすべきかを考え、その中心となるものに思いを実現するために、すべてのことをエネルギーにし、その思いを実現させる。まさに標記の言葉の意味することだと思います。


(写真は松下村塾。標記の言葉は、以前同塾の記念館を見学した折、偶然目にとまった言葉で、大切にしている言葉のひとつです)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

“働く”の100年史|100 YEARS of WORK in JAPAN

2021年08月20日 09時13分28秒 | キャリアコンサルタント
“働く”の100年史|100 YEARS of WORK in JAPAN
120秒の動画。とても、心温まる、素晴らしい映像です。

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

女性と高齢者の就業支援をYouTubeにてご紹介!

2021年07月07日 04時35分22秒 | キャリアコンサルタント
現在、週2日程、女性と高齢者の就業支援の仕事をお手伝いしています。
この事業は、宮崎県の委託事業にて昨年10月より開始されたものです。

新しい事業ですので、どんなサービスができるのかをよりくわしく手短に伝える必要があります。よって動画による配信を企画し、ビデオを制作しました。



ビデオ内容は、地元アナウンサー“みやさん”が、みやざき女性・高齢者就業支援センターの職員の“じょこさん”へ、同センターを紹介するためのインタビューをおこなうという設定で制作しました。

脚本を書き、画像をつくり動画制作ソフトを4分間のビデオをユーチューブにアップロードしています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ブレイクスルーフォーマット体験セミナーのビデオ(無料公開)

2021年06月07日 06時05分26秒 | キャリアコンサルタント
こんにちは、私の所属する「ライブ講師実践会」の主催で、標記セミナーをおこないました。当日は、40名の方から視聴いただきました。

内容は、40代以降の方が、これからの人生を元気に自分らしく生きていくための情報提供、事例紹介です。時間は90分。

当日のビデオを無料公開しています。ご視聴ください。


視聴は、ここをクリックしてください。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

オンラインセミナー(無料)を開催します。

2021年04月14日 05時13分43秒 | キャリアコンサルタント
私の所属する勉強会「ライブ講師実践会」では、講師や士業、ビジネスリーダーといった、人前で話す・教える機会のあるメンバーが、お互いが協力しあい、その技術を磨き合っています。

具体的には、毎週日曜日の定例セミナーのほか、月曜日の読書会、特別セミナーなど、多くの学びを得る機会となっており、私自身も伝える技術、発声や姿勢、企画力の高め方から、情報機器の取り扱い方など、さまざまな知識を身につけています。

講師としては、国家資格キャリアコンサルタントを取得以降、通算82回、1,000名以上の方に、対面型のセミナーをおこなってきました。今後は、オンラインセミナーも併せて開催することで、場所や移動の制限を受けることなく視聴できるメリットをたくさんの方に提供したいと考えています。

オンラインセミナーの改善を進めるために、アンケートやフィールドバックをいただく機会をと企画いたしました。内容は、主に40代以降の方を対象とした豊かな生き方をするための事例や情報提供の紹介です。



■テーマ「未来を手にいれるブレイクスルーフォーマット体験セミナー
■日時;4月22日(木)20:00~21:30
■対象:40代以降の方
■配信方式:ZOOM
■参加費:無料(インターネットへの接続料は各自ご負担をお願いします)
■お申し込み方法:ホームページから直接お申込いただけます。お申込後、招待状メールをお送りします。

詳細は、こちらをクリックしてください。

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新入社員研修とテキスト

2021年04月11日 10時41分20秒 | キャリアコンサルタント
宮崎県内の事業所で、新入社員研修を2日間(14時間)おこないました。

テキストはFOM出版の「自信がつくビジネスマナー」および「社会人基礎力」を、内容も充実していることから採用しました。

理由は、以下の3点。
1,実践問題や事例が豊富なこと
2,動画の閲覧
(名刺交換や電話のかけ方など、10本が閲覧可能)
3,イラストが多用してあり、わかりやすい。
受講する皆さんには、電話が苦手と話す方が多く、何度も視聴できることは大きなメリットと感じました。また、講師としても、テキストが充実していることから、伝えることに集中できることができました。



一方、経営者からは「対価の仕組み」など、テキストに記載のない項目については、別途資料を作成し、お伝えしました。

グループワークを中心に進めましたが、受講者同士の経験交流がとてもよかったとの声で多く聞かれました。

5月にはフォローアップ研修を予定しており、受講した皆さんに会えるのを楽しみにしています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

組織で取り組むワークエンゲイジメント(WE12)

2021年03月07日 19時18分15秒 | キャリアコンサルタント
ワークエンゲイジメントについて、今回で12回目となりますが、今回の組織での取組で最後となります。

1,スモールステップ方式により、実施可能な活動から積み上げる。
たとえば、コミニュケーションを高めるためのチョイ足し。生活の中で何かにちょっとプラスすることで、良くなることはないですか?うどんの薬味、カップ麺に「わさび、チーズ、マヨネーズ」を入れることで、ひと味上手くなるように、朝のあいさつ。おはよう+(今日も天気がいいですね)などをプラスする。そんなスモールステップからスタートしてみるのもいかがでしょうか。

また、全社的な取り組みをすることで環境はかわりますが、熱心な部署とそうでない部署もでてくること思います。まず、熱心に取り組んでいる部署を観察して、なぜ上手くいっているのか、どんな工夫をしているのかをヒアリングしていくこともいいですね。


仕事の資源を高める方法のひとつ、上司や同僚からの困ったこと、わからないことの言える化をしていきます。そのためには、いろんな方法があるかと思いますが、言っても罰せられない、言ったことで不利益にならないという環境をつくっていくことが大切です。くわしくは「心理的安全性」というキーワードで検索してみてください。



2,次にリーダーシップを発揮することです。
そのためには、お手本となるリーダーを見つけることですが、なかなか見つからないという方は、パーツ見本。つまり、良いところを参考にするという考え方もあります。挨拶が素晴らしいとは、準備を整え方が凄いとか、根回しが上手など、参考となるリーダーシップの要素を観察してください。

一方、リーダーが仕事をしやすくするためには、メンバーのフォロアーシップ(助ける、支援する)ことも大切な要素です。何故なら、リーダーシップだけでは組織が回っていかないからです。

以上、簡単ではありますが、ワークエンゲイジメントとは何か、どうすれば、楽しく仕事ができ、かつ生産性が上がるかについて書いてきました。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

週末の過ごし方とワークエンゲイジメント(WE11)

2021年02月27日 15時02分04秒 | キャリアコンサルタント
前回は、これからを考えるという視点で、データをもとにワークエンゲイジメントについて考えていただきました。

今回は、個人でできることの締めくくりとして、週末の過ごし方の提案です。

ところで皆さんは、週末はリフレッシュして、また頑張れる気持ちをつくっていますか。下図では週末の過ごし方を、活動的なものをひとりでできる水泳やジョギング、2人以上で楽しむテニスなどのスポーツと、非活動的なことをひとりでできる読書、音楽鑑賞、2人以上で楽しむ食事やおしゃべりなどの2軸の組み合わせから4つのカテゴリに分類しました。



各カテゴリの中から自分にあった気分転換をみつけるといいですね。幅広いレパートリーを持っていると生活環境が大きく変化したときに役立ちます。次回は、職場での取り組みについて、考えてみたいと思います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

これからの生き方、働き方を考える。(WE10)

2021年02月14日 07時16分27秒 | キャリアコンサルタント
これからの生き方、働き方を考える。



(データから見るいま)
■出生率:1949年:269万人、1973年:209万人、2020年:84.7万人
■100歳以上の人口:1963年:153人 2020年:80,450人
■医療費:60-64歳 平均18万円、65歳~ 平均72万円

少子高齢化、年齢を重ねるごとに医療費も増えていきますね(-_-)

ベストセラーになったリンダグラッドンの『ライフシフト100年時代の人生戦略』(東洋経済新報社、2016年)の中で、リンダ・グラットンとアンドリュー・スコットは、100年人生を生き抜くために無形の資産を身に付けることを勧めています。

それは
(1)生産性資産:仕事の生産性を高め所得を増やすのに役立つスキルと知識
(2)活力資産:肉体的・精神的健康的な家族関係
(3)変身資産:変化に対応できる柔軟な態度と人的ネットワークの三つで、言い換えれば、稼ぐ力、生きる力、変わる力だと言えます。

不確実性に富んだ時代に、長期化した人生を安心して幸せに暮らすには、変化する状況に適応する能力を身に付けなければならないのですね。

仕事にエンゲイジするには、ある程度長期的な目標を立てることが大事です。たとえば、車の運転ではカーナビで行き先を指定しないと、ルートを見つけることはできません。行き先が決まって、初めてルートと所要時間を計算することができます。

運転するときも、目の前の景色だけを見ていると車の動きは安定しません。遠くと近くの両方を見ないと車の動きは安定しないのです。この会社でこんな仕事や役割を担ってみたい、あんな先輩になりたい・・・など、目標を持つことが大切です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

仕事のやり方への工夫(WE9)

2021年01月29日 20時41分54秒 | キャリアコンサルタント
ワーク・エンゲイジメントを高めるための方法として、次に紹介するのが、仕事のやり方の工夫についてです。皆さんご存じことばかりですので、再確認の意味でご覧ください。



1,仕事のやり方への工夫
いつも同じ仕事を同じようなやり方でやっているのでは飽きてしまいますし、なかなか成長できません。可能であれば、やり方を変えたり、取り組む姿勢や考え方(リフレーミング)することでマンネリが打破され、やりがいを生み出せる可能性があります。

事務の方であれば、仕事の内容を付箋に書いて目に見えるところに貼って、終わったものから外していく。仕事を見える化する方法などがありますね。

現場の方でしたら、「一時間以内にこれだけの仕事を終わらす」という時間と量の目標を立てるなどして、目標がクリアできれば次の課題を増やし挑戦したり。小さな目標をクリアしていくことで、単純作業にも楽しみややり甲斐を見いだせるように工夫します。また、達人や職人になったつもりでどんどん高い品質の物を素早く生み出していく努力など。自分の「極み」が見えれば、作業に誇りを持つことができるかと思います。

私自身の例で挙げますと、仕事を取り組む時にその仕事が自分にとって「どんな意味や価値があるのか」という視点で、仕事を見直しています。たとえば、新しいジャンルの仕事の依頼があった場合は、1から学ぶ機会を得たという意味でとらえ、その仕事で成果を出すことで、経験と地域ポイントが付き、自分のスキルレベルを上げる価値ある仕事だと、認識します。また、そうあるべきだと言い聞かせる面もあります。

ちょっと無理があるかな・・と思われる面もあるかと思いますが、身につけた知識やスキルは未来の自分を助けてくれると確信しているからです。もちろん、皆さんの思いも環境も違いますので、自分なりにアレンジして考えてみられてはどうでしょうか。

2,周囲の人への工夫
自分を頼りにしてくれる人や認めてくれる人が職場にいれば、「役に立ちたい」「喜んでほしい」といった利他的なモチベーションが湧き上がってきます。ふだんは関わりのない部署と連携して仕事を進めてみたり、同僚とこれまで以上に積極的にコミュニケーションを取ったりすることで、人間関係を豊かなものにしていくことが仕事を創造的なものにしていくことにつながると思います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

仕事をクリエイトするジョブクラフティング(WE8)

2021年01月19日 08時34分56秒 | キャリアコンサルタント


ワーク・エンゲイジメントを高めるために、私たちができることを考えてみましょう。そのひとつが「ジョブクラフティング」という手法です。

ジョブクラフティングとは、退屈な作業や“やらされ感”のある業務を、自身で考え行動することで“やりがいのあるもの”へ変容させる手法のことです。

「3人の石工」の物語をご存じでしょうか。同じ石工という仕事でも、どう捉えるかによって、仕事に対するモチベーションや幸福感はまるで異なる例をお話します。

むかし、むかしのこと、一人の男が、旅の途上で
石を切り出している場所を通りかかりました。
そこでは、三人の石工が働いていました。
その仕事に興味を持った旅人は、石工に尋ねました。

「あなたは、何をしているのですか?」

1番目のレンガ職人:「レンガ積みに決まっているだろ」→特に目的なし

2番目のレンガ職人:「この仕事のおかげで俺は家族を養っていける」→生活費を稼ぐのが目的

3番目のレンガ職人:「歴史に残る偉大な大聖堂を造っている」→後世に残る事業に加わり、世の中に貢献することが目的。

この中で一番モチベーション高く仕事をしているのは、明らかに3番目の職人です。目的がしっかりしていて、その目的を果たすためにどのような貢献ができるのかを自分で考えるからこそ、より良い仕事をしようとその仕事に積極的に関わる姿勢が生まれます。

たとえば、多くの人が使っている車両のタイアを例に挙げると、タイアは人やモノ、サービスを運んでいます。地球上のいろんな場所で利用されています。飛行機や車、さまざま動力機にはタイアが装着されており、命やモノを運ぶ役割を果たしています。

一見地味で目立たない存在ですが、タイヤがないと、車も飛行機も動けません。タイアをつくっている人の仕事の意義のひとつは、ここにあるのではないかと思います。

このように、目の前の仕事にどんな意味と価値を見出すか、自身で考え行動することで“やりがいのあるものへ変容させることが大切です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

みやざきの女性・高齢者の就業を支援しています。

2021年01月14日 20時23分45秒 | キャリアコンサルタント
私が週2回ほど勤務している、みやざき女性・高齢者就業支援センター(宮崎県委託事業)にて、女性、高齢者を支援するオンラインセミナーと職業相談(オンライン含む)を無料でおこなっています。

コロナ禍のなか、広報手段も限られていますので、こちらでお知らせさせていただきました。宮崎県内で求職中の女性、高齢者(55歳以上)の皆さんに紹介いただければ、ありがたく思います。
https://josei-senior.pref.miyazaki.lg.jp/

ユーチューブにもCMを流しています!
みやざき女性・高齢者就業支援センター2021
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする