ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



なんだか最近、宇宙人に出会ったり、さらわれたりした人って、日本でも増えてるんだってね? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、最新刊『宇宙人体験リーディング』――「富」「癒し」「幸せ」を運ぶ宇宙からの訪問者(幸福の科学出版)のまえがきで、次のように説いておられます。

 どうやら宇宙への扉が開いてきたようである。
 私の身のまわりにも、宇宙人との接近遭遇体験をしたことのある人たちが増えてきたようだ。こうした神秘現象に関しても「知は力なり」という言葉は通用する。十分に事前に説明や解説を聞いておれば、理解し、友好的に対応することも可能になるのである。
 宇宙人ものといえば映画「E.T.」などの子どもの夢をふくらませるものもあるが、たいていは「エイリアン」的に恐怖をかきたてるものが多い。その本質は、幽霊などの出てくるホラーに似ている。「未知なるものが恐い」のである。
 本書に出てくる三つの宇宙人体験実話は、私自身、映像でも、本でも目にしたことのないものばかりである。「よく知る」ことで「恐怖」が「好奇心」に変わる日も近いだろう。オカルトファンにも、認識転換のため、是非ご一読願いたい本である。
(1~2ページ)

どうやら宇宙への扉が開いてきたようである──。

今日からいよいよ、待ちに待った大川隆法総裁先生製作総指揮の映画「UFO学園の秘密」が、全国で一斉公開されています。

さっそく観に行ってきました。

たくさんの宇宙人が出てくる映画ですけれど、悪い宇宙人だけでなくって、いい宇宙人もたくさん出てきます。美しい映像と音楽で、いろんなことを考えさせられる、とっても楽しめる映画だと思いました。

それはそれとして、大川隆法先生は、地球にやってきている宇宙人は、十種類とか二重種類とかいう話ではぜんぜんなくって、五百種類に達すると説かれています。

それだけ数多い種類の宇宙人たちとの接近遭遇体験というのは、いろんなケースがあるはずで、そうそう簡単にパターン化した話にならないのは当然のことなんだろうと思います。

大川隆法先生は、高度な霊能力を駆使してこの現象の解明を続けておられるわけですが、本書で紹介されたような宇宙人体験の実話が一つ一つ積み重ねられていくことで、この「宇宙への扉」は、本当に開かれていくことになるんだろうと私は思うのです。
 

『宇宙人体験リーディング』大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




怪奇現象が起きるのって、宇宙人と関係あったり、するのかな? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、最新刊『怪奇現象リーディング──神秘体験から読み解く宇宙時代へのシグナル』(幸福の科学出版)のまえがきで、次のように説いておられます。

 私の近くにいる人たちは、神秘現象や怪奇現象を体験する人が多い。私自身が巨大な霊的磁石のような存在なので、近くで何年かいるだけで、霊的な磁力を持つようになる人が次々と出てくる。
 本書に出てくる事例は、心霊現象とも、宇宙人とのコンタクト(接近遭遇)体験とも、ある種のアブダクション現象ともとれるものも多いし、宇宙人認識の低い方には、ポルターガイスト現象にもとれる内容が少なくない。
 「東京都港区でこんな怪奇現象が起きているなんて、信じられない。」という方もいるだろう。しかし、現実の事例にあたってみると、現代最高の霊能力者・超能力者ではないかと自負する私でも、「ウソであってほしい」と願うようなケースが多い。十月十日公開の映画「UFO学園の秘密」の予習・復習用の参考書の一つとなれば幸いである。
(1~2ページ)

十月十日公開の映画「UFO学園の秘密」の予習・復習用の参考書の一つに──。

驚いたことに、怪奇現象というのは、幽霊とかではなくって、じつは、宇宙人がやってきていることも多いことを示す、実例集になっています。

映画「UFO学園の秘密」は、数々の宇宙人が登場する映画だと聞きます。

宇宙人というと、ハリウッド映画によく出てくる、悪い宇宙人とか、いい宇宙人とか、私たちもそれなりに一定のイメージを持っている気がします。

ところが、宇宙人というのは、そんなわずかな種類しかいないわけではなくって、地球には数えきれないほどの宇宙人がすでにやってきている。

その宇宙人が、どういう外形で、どんな生態をもっていて、どう行動するのか。

たしかに、その実例を一つでも多く知っていれば、「UFO学園の秘密」をよりよく楽しめるだろうと私は思うのです。
 

『怪奇現象リーディング』大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今度の幸福の科学の映画って、宇宙人がいっぱい出てくるってんでしょ。作り話のオンパレードじゃないの? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、最新刊『ザ・コンタクト』――すでに始まっている「宇宙時代」の新常識(幸福の科学出版)のまえがきで、こう説いておられます。

 「宇宙の法」に関する情報は、断片的にいろんな形ではいってくる。この秋、全世界で「UFO学園の秘密」―“The Laws of The Universe Part 0”―を公開するにあたって、たくさんの書籍群に散らばっている「宇宙の法」の基礎情報を集めてみる必要にかられた。
 地球に飛来してきたUFOと宇宙人も、十数種類から二十種類ぐらいと考えていたが、それは主だった者たちであって、現実には、五百種類に達することも判った。
 私自身も統一的に「宇宙の法」をまとめるのに困難さを感じるので、今回手頃な要点集として入門書を編んでみた。入門書といっても「世界初」の内容がたくさんはいっている。既刊の『THE FACT 異次元ファイル』とあわせて読んで下さると、映画の内容も、もう一段良くわかるようになるだろう。
(1~2ページ)

たくさんの書籍群に散らばっている「宇宙の法」の基礎情報を集めて、入門書を編んでみた。

入門書といっても、飛来している宇宙人が五百種類に達することなど、「世界初」の内容がたくさんはいっている。

既刊の『THE FACT 異次元ファイル』とあわせて読むと、この秋、全世界で公開される「UFO学園の秘密」―“The Laws of The Universe Part 0”の内容も、もう一段良くわかるようになるだろう──。

霊界の存在さえ信じないような人たちには信じがたい話なのかもしれません。

しかし、UFOや宇宙人というのも、霊界の存在が真実であるのとまったく同様に、現実の話であるわけです。

大川隆法先生の数多くの著書では、その種の情報も(!)満載ですから、興味があるマニアの人たちにとっては必読書ばかりではないかと思うのですが、いかんせん数が多すぎて、どれからお勧めすればいいのか、困ってしまう状況でした。

そこに、「入門書」と銘打たれた、まさに決定版の書籍が刊行されたわけです。

10月10日に封切られる宇宙情報満載の映画「UFO学園の秘密」―“The Laws of The Universe Part 0”を見る前に、本書を手に取って少し予習しておくと、より映画が楽しめるのは間違いないと思います。

この秋、ぜったいお勧めの一冊だと私は思っているのです。
 

『ザ・コンタクト』大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )