ゆーぱの部屋 ~幸福の科学の教えから~
幸福の科学の教え(大川隆法先生の書籍)で、みなさまの人生の悩みや疑問などを解決するお手伝いをします。
 



アメリカの大統領選って、もうすぐ当選者が決まる段階だけど、ヒラリー・クリントンとドラルド・トランプ、大接戦になってるよね。たとえば、アメリカの初代大統領のジョージ・ワシントンだったら、どっちを支持するのかな? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『アメリカ合衆国建国の父 ジョージ・ワシントンの霊言』(幸福の科学出版)のまえがき(はじめに)で、こう教えておられます。

 今日、アメリカの人々は考え方が小さくなってきたようだ。どうか、楽しかった昔の日々を思い出し、アメリカ建国の父「ジョージ・ワシントン」に思いを馳せてほしい。
 今こそ、合衆国再建の時なのだ。
 「大きく考え」、「より偉大なアメリカ」づくりを再スタートさせよう。
 本書は、ジョージ・ワシントンの本物の霊言である。ページをめくれば、知恵の泉がこんこんと湧き出してくることだろう。
 これが姿を変えた神の声でもあるのだ。
 あなたがたには新しい希望と未来が待っていることを、どうか信じてほしい。
(3ページ)

本書は、本年9月22日に収録された、あの初代大統領ジョージ・ワシントンの霊に対する英語インタビュー(「公開霊言」)の対訳本で、左ページには英語、右ページにその日本語訳が並べて掲載されています。

ご紹介したまえがきも、英文の「Preface」の日本語訳のため、「まえがき」ではなく「はじめに」と銘打たれています。

で、本書の中身はというと、天上界に還っているジョージ・ワシントンが、今一番関心を持っているのはアメリカ大統領選であり、それもドラルド・トランプをハッキリと支持している、というのです。

そして、ジョージ・ワシントン自身が今の時代に生まれており、その名前は…! という、もう驚天動地の内容です。

しかし、ドラルド・トランプが、暴言王なんて激しい非難を浴び続けながら、なぜ共和党の大統領候補に使命され、なぜ大本命と言われたヒラリー・クリントンに対して一歩も引かずに大接戦を演じているのか、一読、疑問氷解の書籍でもあります。

ドラルド・トランプの隠された秘密、そして、その一見暴言と思える発言の本当の意味を知りたい方、必読の文献です。

それだけでなく、本当はアメリカ合衆国の全国民が、この霊言集でアメリカの「神の声」を知ったうえで大統領選に臨むべきではないかと思える、そんな大スクープの霊言集であると私は思うのです。
 

『ジョージ・ワシントンの霊言』大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




幸福実現党って、国政選挙に候補者をたくさん出してきたけど、なかなか当選しないんでしょ。やっぱり、幸福実現党の公認だと当選できないのかなあ? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『国を守る宗教の力──この国に正論と正義を──』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。

 当会の学生部は、いろいろな所で街宣をしていますが、防衛省の前で行うと、「頑張れ」と言われることもあるそうです。防衛省・自衛隊にとって、私たちは数少ない応援勢力のようなので、何とか頑張りたいと思います。
 幸福実現党のほうでも、ぜひとも議席を獲得し、活動したいと思います。今のところ、ネックになっているのは、「宗教への偏見」だけでしょう。
 実は、当会の信者で、地方議員に当選している人はかなりいます。幸福実現党の名前を表に出さなければ、けっこう当選しているのです。
 おそらく、国政選挙でも、政党名をはっきり出さなければ、当選できる人は数多くいるだろうと思います。幸福の科学や幸福実現党には、それだけの人材がいるのですが、マスコミはまだ用心をしているわけです。
 しかし、これに負けてはいけません。幸福の科学が応援している宗教政党として、堂々の当選を果たすところまで、たとえ三倍の圧力がかかったとしても、やらなければいけません。
 今後の政党の活躍を期待したいものです。
(89~90ページ)

今のところ、ネックになっているのは、「宗教への偏見」だけでしょう──。

この御法話が説かれたのは、2012年5月のことでした。

この当時でも、幸福の科学の信者ではあっても、あえて幸福の科学公認で出馬しないことで、当選している方はけっこういらっしゃったわけです。

それから4年半。

10月16日投開票の新潟県の市議選に続いて、23日の鹿児島の市議選でも、幸福実現党が公認した候補が続けざまに当選して、9人目の幸福実現党の地方議員が誕生したとのことです。

あえて宗教政党としての名前を正々堂々と掲げて選挙戦を戦い、少しずつではありますが勝ち進んでいる幸福実現党。

国を守りたい、すべての人々を幸福にしたいというその大きな理想に、心の底から期待したいと私は思うのです。
 

『国を守る宗教の力』大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




自民党の二階俊博幹事長って、なんだかよく分からないイメージなんだけど、ほんとはどんな人なの? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『二階俊博自民党幹事長の守護霊霊言』(幸福実現党)のまえがきで、次のように述べておられます。

 いやはや、何と言うべきか、日本の政治家というものはこんなものか、とため息をつかせる内容であった。
 この国は危うい。マスコミは提灯持ちばかり。
 衆愚政の池の中を、ウナギやナマズのようにヌメリながらひたすら延命を図る。これがこの国の政治屋たちの実態だろう。八月だけで台風が日本列島を四発も直撃するだけのことはある。
 もはや解説は不要だろう。本書をご一読下されば、安倍政権の未来は見てとれる。
 日本国民は忍耐強い。世界から“感動”を呼ぶことだろう。「これでも幸福実現党は不要ですか。」と国民各位にお聞きしたいぐらいだ。
(1~2ページ)

日本の政治家というものはこんなものか。

もはや解説は不要だろう。

この国は危うい──。

いやはや、直接的ではありませんが、かなり厳しいまえがきです。

内容を読むまでもなく、これを見るだけで、自民党の二階幹事長の守護霊の霊言は、かなりのものであることが分かります。

そもそも、本書の帯には、「安倍政権は、この国を“安楽死”させるつもりか。」と大書されているわけで、本書を開く前から、その内容が推定できるというのも、半端な話ではありません。

政権与党である自民党の幹事長の本音が明らかにされたとき、ここまで危険なものであるということが、本書では明らかになっているわけです。

ほとんど話題になっていない、政権を支える陰の実力者が、いったいぜんたい何を考えている人なのかは、もっと世間で批判にさらされるべきではないかと、本書を一読して深く私は感じているのです。
 

『二階俊博自民党幹事長の守護霊霊言』大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




リオ・オリンピックの閉会式でも目立ってたけど、最近も、築地市場の豊洲移転問題とか、東京オリンピック会場の問題とかで、小池百合子都知事、ものすごく目立ってるよね。小池都知事って、どうなのよ? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『小池百合子実力の秘密 守護霊インタビュー』(幸福の科学出版)のまえがきで、次のように述べておられます。

 新・東京都知事になられた小池百合子さんの、当選十二日後の守護霊インタビューである。マスコミの表面的な報道だけでは、わかりえない、心の内を明かしていただけたと思っている。
 このまえがきを書いている前日には、首都東京は十一年ぶりに大型台風の直撃、上陸を許した。八月の台風としては三連発目である。その頃、小池新都知事は、リオデジャネイロのオリンピックで和服を着て旗を振っておられた。
 なぜか安倍首相も閉会式には、パフォーマンス的に参加しており、天皇御一家は軽井沢御静養だった。
 首都東京の都民には、都知事も、首相も、天皇もいなくても回っていく、この国の不思議さ、不気味さが印象づけられた。警察官や、消防署員は、夏休み返上でビショぬれであったことだろう。
 能力は余りても、厳しい船出だと思う。本書が何らかのお役に立てば幸いである。
(1~2ページ)

マスコミの表面的な報道だけでは、わかりえない、心の内を明かしていただけた──。

ご紹介が遅れていましたが、当選十二日後、2016年8月12日に収録されて、8月末に発刊されていた公開霊言集です。

都知事選には、大川隆法先生が総裁を務められる幸福実現党の候補者も出馬して戦いましたので、ほんの少し前までは戦っていた相手であるのですが、大川隆法先生は、正義の立場から淡々と接しておられるようです。

帯にも書かれていますが、本書では、小池都知事の政治家としての本心が赤裸々に語られているだけでなく、その魂の秘密まで、しっかりと明かされています。

これまではあまり発揮する機会がなかった高いポテンシャルを持つ政治家であったことが、本書を一読して強く感じられます。

政治学のテキストの一つとして読んでも、とても勉強になる内容だと私は思うのです。
 

『小池百合子実力の秘密 守護霊インタビュー』大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最近、障害者施設で、なんだかありえないような大量殺傷事件が起きたよね。普通じゃない感じがものすごくするんだけど、霊的な影響なんて、あったりするのかなあ? なーんて疑問もってる人、いませんか?

幸福の科学の大川隆法先生は、『愛と障害者と悪魔の働きについて ―「相模原障害者施設」殺傷事件―』(幸福の科学出版)のまえがきで、次のように述べておられます。

 何とも衝撃的で凄惨な事件が起きたものだ。
 障害者施設を舞台として、そこで解雇された元職員が、夜中に忍び込み、一人で十九人を殺し、二十六人に重軽傷を負わせた。個人犯罪としては、戦後日本では最大規模のものと思われる。
 事件そのものは殺人事件として、警察や裁判所マターとなり、マスコミが障害者施設や容疑者に対する医者の対応を追及していくだろう。
 単なる突発的な事件なら、私の出番ではないが、背後に、「重度の障害者は安楽死させるべきだ」という政治・宗教にまたがる主張があるので、何らかの悪魔的な働きかけがあったと見て、スピリチュアルなリサーチを行ってみた。
 結果は、驚くべき内容で、予兆としては「未来への衝撃」に値するものだった。私たちは、効率的で生産的な社会を夢みるあまり、「神の愛」を忘れてはいまいか。いま一度、障害者問題を宗教的視点で捉え直してみたいと思う。
(3~4ページ)

予兆としては「未来への衝撃」に値するものだった──。

今ごろのご紹介になってしまいましたが、本書は2016年7月末に発刊された霊言集です。

大川隆法先生によって、スピリチュアルなリサーチが行なわれた結果、7月26日に相模原で起きた、この重大犯罪の犯人を操っていた存在として出てきたのは、凶悪な小悪魔、そしてそれだけでなく、その黒幕の大きな悪魔でした。

大川隆法先生は本書の中で、「これは、『ネオナチ的なものが日本に起きてくる序章』と見たほうがいいのではないでしょうか」「これは、十年以内の未来が見えますね。」「一過性の事件だと思わないで用心したほうがいいでしょう。」と、強く警告を発しておられるのが、とても気になる内容となっています(222~223ページ)。

最近、点滴への薬物混入による殺人事件が発覚した病院が、3カ月で50人も亡くなっていたということで、大量連続殺人ではないかとちょっとした騒ぎです。その病院の場所はというと横浜ですから、相模原のすぐ隣です。

しかも、この病院は、終末医療の患者さんが多い病院だという話ですから、「重度の障害者は安楽死させるべきだ」という思想で犯行に至ったという相模原の事件と重なるようにも思えるわけで、大川隆法先生が発された警告との関係が気になるところです。

それはそれとして、本書によって、「魔の跳梁」による大量殺傷事件という不思議な現象が、実際にこの世で起きていたことが確認されたわけです。

「悪魔」という存在は、いったい何を考え、どう行動するものか。その影響力を、どういった形でこの世の人々に及ぼしているのか。

これらの霊的真実を、一人でも多くの方が知っていくことで、その智慧の力で、こんな不幸な出来事がまた起きることを防げますようにと心から私は願っているのです。
 

『愛と障害者と悪魔の働きについて』大川隆法著


(↓ 更新の励みに、ブログランキングに参加しています。このアイコンを毎日1クリックすることで、応援していただけたらうれしいです!)
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )