「男の隠れ家ー陶酔庵」日記

いろいろあってまだ生きてます。世捨て人を気取りながら、その高みにはほど遠い俗世の世迷い人生、命だけが通り過ぎてゆきます。

映画「アラビアの女王 愛と宿命の日々」

2018年01月23日 | 映画・音楽





どうしても体の都合で自宅で映画を観るしかない

今回は珍しくメジャーな映画

と言っても、田舎の映画館で放映されることはない


20世紀初頭、イラク建国の立役者となり、もう一人の「アラビアのロレンス」“砂漠の女王”と呼ばれた

イギリス人女性ガートルード・ベルの生涯を描いている

主演はニコール・キッドマン

まさに砂漠の貴婦人と呼ばれるには十分な風格と気品

「風とライオン」のキャンディス・バーゲンを思い起こさせるがより威風堂々と砂漠を疾走する


驚いたことに映画中にもT.E.ロレンス「アラビアのロレンス」が登場するが

共通するのは、砂漠の魅力にとりつかれ、そこに住むベドウィン 砂漠の民に惹かれる

その理由はと問われ、彼らの自由さ、彼らの尊厳、詩情あふれる生き方と答える


異邦人で砂漠の民に魅せられた二人の理解者

支配する側に立つのではなく、あくまで砂漠の民の自立を願い

二人とも同じようにダマスカスを目指す


果てしなく広がる砂漠の風景に対する憧れは

半世紀ほど昔、最初に映画「アラビアのロレンス」を観た時と同じく

私の心の中で今でも健在である


人気ブログランキング・・・・一日一回ポチットな! 応援よろしく!!

最新の画像もっと見る

コメントを投稿