山形弦楽四重奏団 ブログ

演奏会のお知らせ・日々の活動など

2019/20年度今後の予定(山形Q)

2019-08-19 03:15:09 | 演奏活動
 今後の予定です。
 まだ確定してない部分がありますが。

-------------
    

戦没作曲家紺野陽吉の音楽 AYu:Mコンサート
19年9月15日(日)15時〜(14時30分開場)
AYu:M(白鷹町)
・紺野陽吉 弦楽二重奏曲
・紺野陽吉 弦楽三重奏曲
・紺野陽吉 木管三重奏曲
・W.A.モーツァルト フルート四重奏曲第1番 ニ長調 K.285(足達祥治:Fl)
               

-------------
    

第73回定期演奏会 19年10月20日(日)18時30分〜開演(開場17時45分)
プレコンサート:未定
後援:尾形米穀店
文翔館議場ホール:ゲスト〜小林路子(Pf)・三崎屋義知(Kb)
・F.シューベルト ピアノ五重奏曲 イ長調 D667「鱒」
・F.シューベルト 弦楽三重奏曲 変ロ長調 D471
・W.A.モーツァルト 6つの前奏曲(序奏)とフーガ K.404aより第3番 ヘ長調

-------------

第74回定期演奏会 20年1月(詳細未定)18時45分〜開演(開場18時)
プレコンサート:未定
後援:ワラヤ酒店・珈琲専科煉瓦家
文翔館議場ホール:ゲスト〜川上一道(Cl)
・曲目未定

 日程・曲目等、都合で変わるかもしれません。お誘い合わせの上ご来場下さい。宜しく御願いします。

 予定変更などの場合、その部分は書き直しします。
コメント

北部☆夏コンサート終了いたしました

2019-08-06 23:14:04 | 演奏活動
 演奏会当日、やはり焼け付く様な暑さに。

 毎年恒例とのたまったものの、人が集まらなかったらどうしようかと不安になります。

 開演時間になり、会場へ入り、いつも通りの盛況であったことにホッと胸をなでおろしつつ、はたと気がつくと冷房の効きが例年に比べて穏やかで。

 やはり今日は暑かった。

 猛暑のなか足を運んでくださった皆様に深く感謝申し上げます。

 そして、毎年われわれ山形Qへお声がけをしてくださる公民館の皆様や地域の皆様に、こころより御礼申し上げます。

 山形Qが三人になってしまった今年は、弦楽三重奏曲の他に、フルートの小松﨑恭子さんにお手伝いいただいてモーツァルトのフルート四重奏曲第1番と第3番も演奏致しました。

 四重奏といっても弦楽四重奏とは大きく異なる響きですが、小さなお子様から人生の大先輩の皆様までその音色を楽しんでくださったご様子で、嬉しい限りです。

 そしてフルートについての楽器解説もしてくださったりと大活躍してくださった小松﨑さんに感謝!!

 こうして色々な楽器編成で、様々な作品を聴いていただくのも良いのかも知れません。

 これからの山形Qの活動にとっても、良い道標となる演奏会だったと思います。

 ありがとうございました!!
コメント

第72回定期演奏会終了(倉田記)

2019-07-17 23:59:59 | 演奏活動
 (写真)プレコンサートゲネプロ中。

 参議院選挙ももうすぐ、大相撲もTVでライヴで見たい!、しかも平日の夜。そんな忙しい季節でも会場に駆けつけてくれるお客様に感謝しつつ、第72回定期演奏会が行われました。

 今日の炎鵬・照強・友風・高安は勝ったのだろうか?と気になりながら会場に来ていただけるのは、ありがたいことです。それにしても安美錦の引退は残念!

 別の話題になりそうです。

 さて、本日の定期演奏会、山形QのTrioの旅〜第2弾いかがだったでしょうか?

 メインにフルート奏者の小松﨑恭子さん(川上一道氏の奥さん)と私の奥さん田中知子さんが加わったF.クーラウ フルート五重奏曲 イ長調 Op.51-3は、殆どの方が知らない曲だったと思いますが、帰る方々から好評で、マイナーな曲でも演奏して良かったと思いました。プログラミングの時に小松﨑さんが、あまり有名じゃないですけどこの曲を演奏したいと推薦してくれたのですが、あまり知らない作曲家を私達が勉強できる良い機会となりました。

 気づいたらプロになってから何十年も経ちますが、まだまだ知らない作曲家・作品があるんですね。嬉しい悲鳴です。

 本日は本当にありがとうございました!!

 次回は、10月20日(日)に同じ文翔館議場ホールで、F.シューベルトのピアノ五重奏曲「鱒」他を演奏します。ピアノ小林路子さん、コントラバス三崎屋義知さんと一緒に奏でます。

 また是非!ご来場下さい。

 次回演奏会(10/20)まで、練習日誌は茂木明人がご案内致します。
      
コメント (2)

定期演奏会の記録(第61回〜第70回)

2019-04-18 23:59:59 | 演奏活動
 第61回のチラシと共に演奏記録。ちなみにチラシ作成は駒込。

 *は、アンコール曲です。

第61回 2016年10月30日(日)18時30分
後援: 風土然・(社)山形交響楽協会・日本音楽家ユニオン東北地方本部
・W.A.モーツァルト クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581 (川上一道)
・F.シューベルト 弦楽四重奏曲第4番 ハ長調 D.46
・F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 イ長調 Op.55-1
*武満徹 秋のうた〜クラリネット・弦楽四重奏のための
*プレ・コンサート 小松﨑恭子&田中知子

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第62回 2017年1月31日(火)19時00分
後援: ワラヤ酒店・郷土料理あげつま・(社)山形交響楽協会・日本音楽家ユニオン東北地方本
・A.ドヴォルジャーク 弦楽四重奏曲第12番 ヘ長調 Op96「アメリカ」
・B.バルトーク 弦楽四重奏曲第3番 Sz.85
・F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 ヘ短調 Op.55-2「剃刀」
*A.ドヴォルジャーク 弦楽四重奏のための『糸杉』 (Cypřiše) B.152より4曲
*プレ・コンサート 三浦奈々&平山燎

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第63回 2017年4月23日(日)18時30分
後援: 風土然・(社)山形交響楽協会・日本音楽家ユニオン東北地方本部
・J.ブラームス 弦楽四重奏曲第1番 ハ短調 Op.51-1
・黛敏郎 弦楽四重奏のためのプレリュード
・F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 ト長調 Op.64-4
*F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 ニ長調 Op.64-5「ひばり」〜1st mov.
*プレ・コンサート 三浦奈々&平山燎

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第64回 2017年7月15日(土)18時45分
後援: 尾形米穀店・(社)山形交響楽協会・日本音楽家ユニオン東北地方本部
・F.メンデルスゾーン 弦楽四重奏曲第5番 変ホ長調 Op.44-3
・F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 ヘ長調 Op.77-2「雲がゆくまで待とう」
・F.シューベルト 弦楽四重奏曲第5番 変ロ長調 D.68
*J.コスマ/武満徹 弦楽四重奏のための枯葉
*プレ・コンサート 松井日菜代&平山燎

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第65回 2017年10月22日(日)18時30分
後援: ワラヤ酒店・(社)山形交響楽協会・日本音楽家ユニオン東北地方本部
・P.ヒンデミット クラリネット五重奏曲(川上一道)
・L.v.ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第4番 ハ長調 Op.18-4
・F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 ハ長調 Op.64-1
*武満徹 秋のうた〜クラリネット・弦楽四重奏のための
*プレ・コンサート 松井日菜代&三浦奈々

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第66回 2018年1月20日(土)18時45分
後援: 珈琲専科煉瓦家・(社)山形交響楽協会・日本音楽家ユニオン東北地方本部
・M.ラヴェル 弦楽四重奏曲 ヘ長調
・佐藤敏直 弦楽四重奏曲第2番
・F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 ニ短調 Op.42
*A.ブルックナー 弦楽四重奏曲 ハ短調〜3rd Mov.
*プレ・コンサート 武田響子&平山燎

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第67回 2018年4月14日(土)18時45分
後援: 風土然・(社)山形交響楽協会・日本音楽家ユニオン東北地方本部
・F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 ヘ短調 Op20-5
・武満徹 ランドスケープⅠ〜弦楽四重奏のための
・F.メンデルスゾーン 弦楽四重奏曲第4番 ホ短調 Op.44-2
*プレ・コンサート 平山燎&斎藤理沙

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第68回 2018年7月16日(月・祝)18時30分
後援: 尾形米穀店・(社)山形交響楽協会・日本音楽家ユニオン東北地方本部
〜ハイドン全68曲完奏記念 〜
・F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 ニ長調 Op.20-4「ヴェネツィアの競艇」
・F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 嬰ヘ短調 Op.50-4
・F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 ハ長調 Op.76-3「皇帝」
*F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲 ト長調 Op.76-1〜3rd mov.
*プレ・コンサート 三浦奈々&佐々木杜洋

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第69回 2018年10月7日(日)18時30分
後援: 風土然・(社)山形交響楽協会・日本音楽家ユニオン東北地方本部
・W.A.モーツァルト ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 K.478(小林路子)
・F.ブリッジ アイルランド旋律「ロンドンデリーの歌」
・G.プッチーニ 「菊」
・W.A.モーツァルト ピアノ四重奏曲第2番 変ホ長調 K.493(小林路子)
*プレ・コンサート 平山燎&斎藤理沙

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第70回 2019年1月28日(月)18時45分
後援: ワラヤ酒店・・ 珈琲専科煉瓦家・(社)山形交響楽協会・日本音楽家ユニオン東北地方本部
・C.M.v.ウェーバー クラリネット五重奏曲 変ロ長調 Op.34(川上一道)
・B.バルトーク 弦楽四重奏曲第4番
・R.ホフシュテッター(伝ハイドン) 弦楽四重奏曲 ヘ長調 Op.3-5「セレナード」
*F.A.ホフマイスター クラリネット四重奏曲 変ロ長調
*今井 東子(2ndVn退団)
コメント

第71回定期演奏会終了(中島記)

2019-04-12 23:08:14 | 演奏活動
 なにかと忙しい新年度の、しかも平日。それにもかかわらず、今回もたくさんのお客様に来て頂きました。毎回来てくださる方に加えて、おそらく初めての方も多く見かけました。オーボエのゲスト柴田氏の力と、最近の山響をとりまく空気が良くなってきていることの影響もあるでしょうか。とにかく嬉しいことです。

 今回からしばらくの間、「四重奏団」でありながら男三人での弦楽三重奏を軸に、ゲストを加えたかたちでやって行くことになりました。

 ステージのヴィジュアル的には殺風景でもあるでしょうが、音楽的には、より充実したものになるようにしたい…

…という気持ちを込めて、特に前半の弦楽三重奏を演奏したつもりでしたが、どのような感想を持たれたでしょうか?

 終演後に声をかけて下さった皆さまには、概ね好評をいただけたようで、ひと安心。やはり山形Qのお客様は、温かいのです。

 特にベートーヴェンは、40分近い大曲でしたが、「よかった」と言ってくれた人が多くいたのは嬉しい限り。恐ろしいほどの集中力を必要とする曲ですから、客席に飽きられてる感じがしてしまうと大変つらい時間になってしまうので、不安でもありました。おじさん三人の、けなげな気迫を、受け取って下さった皆さまに感謝します。

 最後はオーボエ四重奏の、名曲の力と柴田氏の安定の実力で、きっちり締まりました。

 ありがとうございました!


 さて、次回は7月17日。山響のスケジュール変更に翻弄されて2度も会場をとりなおしての、平日開催です。このあたりの苦労は、まだまだ続きますね。

 ゲストには山響フルートの小松崎さんと、ヴィオラの田中知子さんを迎えて、クーラウの「フルート五重奏」など。ヴィオラ2本の珍しい編成の作品です。

 また、ぜひお越しいただきたいと思います。

 次回演奏会(7/17)まで、練習日誌は倉田讓がご案内致します。
    
コメント

2018/19年度の演奏会全て終わりました。

2019-03-28 23:59:59 | 演奏活動
 今年度の山形Qの演奏会は、全て終わりました。

 今年度の一番大きい話題としては、結成以来取り組んで参りましたF.J.ハイドンの全68曲の弦楽四重奏曲の演奏を完奏出来たことです。最初のもくろみとしては、多くの作品を書いている作曲家を取り上げれば、弦楽四重奏団としての基礎作りにもなるし、活動継続の原動力になると考えたからなのですが、ハイドンを定期演奏会で毎回のように取り上げて、ハイドンの生涯を一緒に味わったような大きな財産となりました。

 それともう一つ、8年にわたり2ndVnを担当していた今井東子が、第70回定期演奏会を最後に山形響のオーケストラを中心とした活動にシフトするために山形Qを退団しました。

 それに伴い、山形弦楽四重奏団はメンバー3人になり、新しいメンバーが決まるまで3人で活動することを決めました。既に4月12日の第71回定期演奏会に向けて活動がスタートしています。

 長年親しんできた名称の変更は、今更考えられないので、団体名そのままに3人で活動を続けて参ります。

 そして、いつしか4人に戻ることがあれば、よりパワフルな団体になれるように、個人個人精進して参ります。

 今まで応援ありがとうございました。

 そして、新年度以降も応援よろしくお願いします。
コメント

第70回定期演奏会終了(茂木記)

2019-01-28 23:12:57 | 演奏活動
第70回定期演奏会が無事に終了致しました。

天気が悪いなか会場まで足を運んでくださいました皆様に心より感謝申し上げます。

そして、今回も準備の段階から多くの方々にお手伝いいただきました事に深く御礼を申し上げます。

ゲストの川上さんの演奏は、山形Qが今井さんとともに歩んだ8年間の苦労や喜びをあたたかく思い出させてくれるような、そして今井さんの巣立ちを優しく祝福してくれるような、とても懐が深く慈悲深いものでした。

現在の四人で行う最後の定期演奏会に川上さんと共演できた事は、メンバーの記憶に永くとどまる良い思い出となることでしょう。

そして今まで一生懸命に山形Qの内声を支えてくださった今井さんへ、あらためて最大の感謝を捧げます。

今まで本当にありがとうございました!!

次回の山形Qは4月、残った男衆でお届けする予定です。

これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

 次回演奏会(おそらく4/12)まで、練習日誌は中島光之がご案内致します。
     
コメント

第69回定期演奏会 終了(倉田記)

2018-10-07 23:59:59 | 演奏活動
 台風の影響が心配されましたが、村山地方はちょちょっと風が吹いただけで演奏会には、あまり影響が出ず良かったです。

 季節の変わり目、ホールの空調をどうするか微妙で、ゲネプロ中まではoff、少しだけ湿気取りのために空調つけたら寒いとの声も出て、難しいようです。

 さて、今回、山形Qの定期演奏会を初めて、山形テルサアプローズで行いました。

 舞台の用意もピアノの配置も調律も椅子並べももちろん片付けもホール関係者で行っていただき、すべて今までこなしてきた私どもといたしましては、物足りない気分にも。

 演奏会終了後に、ステージ片付けて、椅子を片付けて・・・腰痛を起こしてを丸18年行ってきたので・・・笑。

 今回はいつもの山形Qのお客様以外に、小林路子さん(本日は本当にピンクタイフーンでしたね!)関係者が大勢駆けつけてくれました。初めて、私達の演奏を聴いた方も多いと思います。

 ピアノの好きな方々が多いと思いますが、弦楽器の響きはどうでしたか??

 もし気に入っていただけたなら、また是非ご来場下さい。

 ご来場ありがとうございました。


 次回演奏会(おそらく1/28)まで、練習日誌は茂木明人がご案内致します。
        
コメント

音楽体験イベント IN 霞城セントラル 終了

2018-09-30 23:59:59 | 演奏活動
 山形響の派遣で、山形駅隣り霞城セントラル1Fにて、ミニコンサートを行いました。

 主催は霞城セントラル管理組合さんで、年に数度こういうイベントを行っているようです。

 もう7、8年前になりますか、一回真冬の霞城セントラルで、山形Qがミニコンサートをしたことがあります。その時の記憶と言えば「寒い」でしたが、今回は、秋の良い陽気で行えたことは幸運でした。

 霞城セントラルに入っている富岡本店さんの生徒さん達も多く参加してくれて、さらに行き交う人でも席が埋まり、演奏から楽器体験まで、短い時間でしたが楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 参加してくれたお友達、そのご両親さん達、準備をしてくれた関係者の皆様に多大な感謝を申し上げます。

 是非、山形の玄関口でのイベントを継続して行って下さい。もうすぐ20周年だそうで。時の流れに吃驚しています。
コメント

山形Q 北部・夏コンサート終了。

2018-07-31 23:59:59 | 演奏活動
 本日も昨日に続き、猛暑でした。

 数年前から恒例になっている山形市北部公民館の夏休みコンサートが終了しました。

 本格的なクラシック音楽と耳なじみのある音楽を弦楽四重奏でお届けする企画。

 毎回ふたを開けてみないとお客様の層が分からないという、少しどきどきな予測不可能の中で毎回プログラムを考えています。子供達が多そうならアニメの曲などを多めにしたり、ご年配の方が多そうなら昭和歌謡や唱歌などを入れる・・・・。当日お配りするプログラムには曲目が並んでしまうので、客層を見て変更不可なので、どっちに転んでも良いようにプログラムを組むようになりました。

 毎回お世話になっている公民館のスタッフの方々や地域の方々には感謝をあらためて申し上げます。

 そして、このコンサートに毎回のように足を運んで下さり、会場をホットにしていただいた方々!!感謝申し上げます。

 暑い日がしばらく続きそうです。

 お体に気をつけて、また来年も会場でお会いしましょう。
コメント

第68回定期演奏会終了(中島記)

2018-07-17 17:38:26 | 演奏活動
 山形Q創設から続けてきたハイドン全曲演奏のシリーズが、昨日もってついに終了しました。

 新聞記事などで「最終回」「ファイナル」などと触れ回っていたのを聞きつけてくださった方もいたようで、100名を超えるお客様に恵まれました。開演前のプレトークを担当しましたが、客席に勢揃いした常連の皆さんが笑顔で聞いてくださるのを見て、感謝で胸が熱くなる気がしました。


 今回のプログラムは、初期・中期・後期から1曲ずつですが、それぞれ「とっておきの」作品なので、飽きずに聴いてもらえたのではないかと思っています。いかがだったでしょうか。


 最後の「皇帝」を弾き終わった時には「感無量」…とまでは言いませんが、こみ上げるものはありました。お客さんにも伝わったのか、いつもより多くの「ブラヴォー」をいただきました。…いいお客さんたちなのです。むしろ、そこにジーンときますね。

 ここで解散してもいいぐらい。


 いやいや、山形Qはこれからも続きます。そして、さらに円熟してゆきたいところです。

 ということで、次回は10月7日。会場は、初めて文翔館を出て、山形テルサのアプローズ。ゲストにピアノの小林路子さんを迎えてモーツァルトの「ピアノ四重奏曲」などを聴いて頂きます。

 
 いつも応援してくださっている皆さんのおかげで、良い「区切り」を迎えることができました。本当にありがとうございました!

 次回演奏会(10/7)まで、練習日誌は倉田讓がご案内致します。
  
コメント (2)

山形Q 明治ホール演奏会終了

2018-05-15 23:52:27 | 演奏活動
 本日、鶴岡市の藤島明治ホールでのコンサートが、無事終了しました。ご来場下さいましたたくさんのお客様、ありがとうございました!

 前回は6年前、震災の翌年でした。様々な演奏会が自粛・キャンセルの中、ご挨拶に伺った時に館長さんが、「力になってやる」とばかりに招いて下さったのを思い出しました。そのような暖かい地域なのです。

 「田植えの時期」ということで客入りが心配された今日のコンサートでしたが、文翔館での定期を上回るような、熱心なお客さんがたくさんの来てくださり、「閑散と…」という状態にはならずホッとしました。

 木造のホールは暖かい響きがします。聴きに来て下さったお客様はどのように感じられたでしょうか?

 前回が6年前、そのまた前回が5年前ですから、次回は5〜6年後でしょうか。私たちも老化が激しいので、ぜひまた近いうちに、呼んでいただけると嬉しいのですが。

 とにかく、良い演奏会になり嬉しく思います。関係者各位に深く感謝いたします。ありがとうございました!

   
コメント

山形Q 第67回定期演奏会終了。

2018-04-14 23:02:07 | 演奏活動
 一番心配だったお天気は、祈り空しく開演頃にポツポツと来てしまいましたが、ひどい降りにはならなかったのは不幸中の幸いでした。こんな中でも会場に足を運んで下さった皆様、本当にありがとうございました!今回も、遠方から含め多くのお客様のお陰で、無事演奏会を行うことができました。

 毎度ながら、お客様の温かい視線、拍手、真剣な熱気には、力強いエネルギーを頂きました。
 
 今回は武満作品を含めた意欲的ラインナップ。いつも邦人作品を取り上げる度、お客様の反応が案じられるのですが、今回の武満も杞憂に終わりました。お客様の柔軟な感性を目の当たりにし、私の方の感性がいかに硬直しているか思い知らされます。

 それぞれに違った聞き方が出来た今回のプログラム構成、皆様からも満足の声を頂戴し、ホッと胸をなでおろしています。

 次回はいよいよハイドンシリーズファイナル。「次も来ます!」というお言葉を下さった方々のためにも、より一層気を引き締めていきたいと思います。

 どうぞ今後とも応援よろしくお願い致します!!

 次回演奏会(7/16)まで、練習日誌は中島光之がご案内致します。
      
コメント

2017/18年度の演奏会全て終わりました。

2018-03-31 23:59:59 | 演奏活動
 今年度の山形Qの演奏会は、全て終わりました。

 今年度は、定期演奏会では、L.v.ベートーヴェン・J.ブラームス・M.モーツァルト・A.メンデルスゾーン・P.ヒンデミット・M.ラヴェル・黛敏郎・佐藤敏直などを取り上げ、毎回のように充実したプログラムに取り組むことが出来ました。同時に定期演奏会のプレコンサートでは若い方々に登場いただいて、フレッシュな演奏を聴いてもらいました。

 昨年度と同じく、母体の山形響からの演奏依頼や自分たちに直接演奏会依頼などがあり、オーケストラの休みの日はほとんどと言っていいほどクァルテット漬けの日々を送ることができました。

 山形Qの18回目のシーズンに明日から突入してゆきます。

 来年度まずは、4/14(土)の第67回定期演奏会に向けて、頑張っていきます。それともう一ついよいよ山形Q結成以来の大がかりな企画〜F.J.ハイドン 弦楽四重奏曲全曲演奏〜が第68回で完結します。達成出来ないかもと思っていた企画をやり遂げる瞬間はもうすぐです。

 応援ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします!
コメント

山形Q 第66回定期演奏会終了。

2018-01-20 23:59:59 | 演奏活動
 大寒の山形。

 本日の演奏会には、遠くは関西の方から東海地方、中部地方、関東地方からもお客様が駆けつけてくれて、ホットな演奏会になりました。もちろん地元山形の方々のご来場にも大感謝申し上げます。

 プレコンサートは、山大生のお二人〜フルートとヴィオラの二重奏曲を演奏してくれました。ドヴィエンヌ良い作品ですね。

 若い子達が頑張っているのだから、叔父さん達も老体にむち打って頑張らなくてはなるまい!!

 大寒の一日は本当はこたつにミカンなのかもしれませんが・・・・。

 今回は、プログラムが素晴らしくて、どの曲もリハーサルを繰り返しても飽きることなく、しかし、いっこうに弾ける気がしてこない曲ばかりでした。

 他メンバー達のアドバイスにお互い耳を傾けながら、なんとか演奏会を終えることが出来ました。

 いつも言っていることですが、演奏する側の努力だけではなくて、いつも応援して下さる方がいらっしゃるのでより頑張れる気がするのです。

 広告を入れて下さった珈琲専科煉瓦家様、会場作りや撤収を手伝ってくれた方々、演奏会に関わった全ての方々に感謝を申し上げて記事を終わらせます。

(倉田記)

 次回演奏会(4/14)まで、練習日誌は今井東子がご案内致します。
  
   
  
コメント